ドラマ

テセウスの船/動画/最終回/10話 最終話 pandora/Dailymotion/youtubeまとめ

テセウスの船/動画最終回/ 10話 (最終話) 見逃し配信pandora/Dailymotion/youtubeまとめ
 

2020年3月22日21時からTBSテレビで『日曜劇場「テセウスの船」最終話【過去を変えろ!黒幕との最後の対決】』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

テセウスの船ドラマ動画最終回10話無料視聴

テセウスの船 /最終回動画10話あらすじ

文吾(鈴木亮平)が連続殺人犯として逮捕!心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は激しく動揺する。真犯人は一体誰なのか?心は過去を変えることができるのか!?
番組内容
一連の殺人事件の容疑で逮捕された文吾(鈴木亮平)。黒幕の罠だと訴える心(竹内涼真)だが、和子(榮倉奈々)は激しく動揺する。文吾の逮捕に家族は大きく揺れ、家族の絆は失われそうになる。そこに黒幕から届いた恐るべき最後のメッセージ。過去を変え家族の未来を救うため、心はある決意をする。そして迎えた黒幕との最後の対決。黒幕の正体とは!?事件の驚くべき真相とは!?待ち受ける家族の未来とは!?

 

毎回毎回ドキドキハラハラしながら見ているドラマでした。

ついに日曜日の夜の楽しみだったのにと最終回を迎えてしまうことが寂しくもありつつ、やっと決着がつくのかとわくわくして待っています。

最後の最後まで誰が黒幕なのか、どんな目的で行われているのか全く分からず、最終回ではどのような結末を迎えるのかすごく楽しみです。

家族でも誰が黒幕なのかと話していても全く結論が出ず、みんなでどんなふうになってしまうのかと不安と期待でいっぱいになりながら見ることになると思います。

謎がたくさんありすぎるので、伏線が全て回収されて、納得できるような結末、なおかつハッピーエンドだったらと期待してしまいます。

出演されているキャストの方々がすごく豪華で、演技にも惹きつけられてしまいます。また時代を行き来しているため、かなりの年の差を演じられているにも関わらず、全く違和感なくてすごいなと感心してしまいます。

そして、子役の子たちもかわいらしいだけではなく、お上手でびっくりしてしまいます。

鈴ちゃん役の子の素直で素朴な感じのかわいらしさに癒されながら見ています。

また、みきおくん役の子の演技には毎回ぞぞっとさせられているのですが、あの虚無感がある瞳には何が隠されているのかも最終回で明かされていくのではないかなと期待しています。

 

テセウスの船 第10話最終回キャスト

 

竹内涼真、榮倉奈々、安藤政信、貫地谷しほり 小籔千豊、六平直政、せいや(霜降り明星)、今野浩喜、白鳥玉季 上野樹里(特別出演)、笹野高史、麻生祐未、鈴木亮平

 

テセウスの船/最終回動画/10話予想あらすじ

 

第9話を観て、みんなが怪しいと思いますが消去法で一人ずつ消していくと、まず和子さんを監禁されるとき、道中に野菜の箱がおいてありましたが農家を営む徳本が怪しいと思い、また、文吾を誘拐するには子供では文吾を運べないと思いますのでみきおの犯人はちょっと薄いかなと思います。

また、文吾を包丁で解放するとき、その次の場面に徳本が農家で野菜を切っている包丁が映しられましたが包丁が違うことから徳本の犯人はちょっと薄いのではないのでしょうか?

井沢さんも次回の予告で文吾が犯人に対し『お前が犯人だったのか』という口調をしていたことから井沢さんにそういう言い方をしないという思いますのでちょっと薄いのかなと思いました。

校長先生も音臼村の祭りで主催者になっており、色々知っていそうですがおじいちゃんが文吾さん一家を監禁することができないんじゃないかと思い薄いのかなと思いました。

残る一人正志ですが駐在日誌の第一発見者でなぜあそこにいたのかたとも疑問に残りますし、石坂先生がなぜ正志の近くにいたのか?監視していたのか?わかりませんが正志の家族は崩壊していましたので幸せそうに暮らす佐野一家を恨んでいたのかとも思い、正志が一番に黒幕に近いと思います。

また、佐野家はハッピーエンドになるのか?期待しています。

テセウスの船/最終回動画/10話ネタバレ

 

毎回、ハラハラドキドキしながら楽しみに見ています。この人が犯人では!?と予想していると、殺害されてしまったり、と予想を裏切る展開で、真犯人が本当に気になります。最終回を目前に、周りの人全てが怪しく見えています。

ですが、木村さつきは殺されてしまったし、霜降りせいやも殺されてしまったので、犯人ではないのかなと思います。そうすると残りは、校長先生?毒キノコ事件との繋がりは、どうなっているの?気になることがたくさんあります。

今日で最終回かと思うと、早く見たい気持ちもありますが、まだまだ見たかったな〜という思いもあります。

今日の最終回では、犯人の他に、犯人の動機も気になります。どんな恨みがあったのか。。あとは、心が現代またタイムスリップして戻った時に、未来はどうなっているのかも気になります。無事に、幸せなハッピーエンドになるといいなーと思います。

今までは、ミステリー系のドラマや映画をほとんど見たことがなく、ハマったことはありませんでしたが、今回このドラマを見てミステリーの面白さを感じることができました。竹内涼真もカッコよくて、素敵でした!!

1番の楽しみはやはり黒幕が誰かに尽きます。犯人が子どもみきおである事が判明しましたが、そのみきおも操れる黒幕には文吾を最終的に殺してまで復讐したいというどんな動機があるのかが気になります。また、心が文吾を助けだし、汚名を晴らし死刑を免れて、佐野一家が30年後にみんなが幸せであるハッピーエンドを期待しています。

ドラマ内で起こる、ん?これは一体どうなったんだという疑問点もぜひ最終回で全て回収される事を望みます。例えば、文吾が第1回であかねちゃんを連れて雪山を歩いていたシーン、ユースケこと金丸刑事が心を学校に送って行った時に出会い、「おーっ」と挨拶した相手は誰なのか?

第8回で、さつき先生と校長が言いあいしていた内容も知りたいです。黒幕が分かっても謎が残りそうです。

私の黒幕予想ですが、さつき先生と校長が共犯で、主に校長がさつきやみきおを操って動かしていたと思います。

1977の音臼祭で出されたきのこ汁に間違って何かが混入し被害者が出ましたが、文吾がその犯人を誤認逮捕し表彰されました。

しかし実はその犯人が校長の本当の息子で、それに恨みをもつ校長が今回の黒幕で、文吾が疑われるように罠を仕掛けてきたのだと思います。

校長はみきおから、心がタイムスリップしている事も全て聞かされ知っているんだと予想します。

テセウスの船/動画/10話最終回感想

 
楽しみな所は、みきおの共犯者が、分かる所です。

注目は、心が、タイムスリップして未来が、ちょぅとづつかわっている所です。
本来の未来と心のかえた未来が、どうなるのかも注目です。

現在の状況では、文吾が、なぜか自供してしまい逮捕される未来になってしまいます。

しかし、心も和子もみきおが、犯人である事を知っているので文吾の自供は、嘘だと分かっています。

文吾の自供でみきおの共犯が、どう動くのか注目しています。
展開予想としては、みきおの共犯は、村人全員だと思います。

村人だけが、抱えるお祭りの日の真実が、あると思います。

文吾は、覚えてないけれどお祭りの日に何かを目撃しているのだと思います。

それを思い出されないように文吾を殺害しようとしているのだと思います。

みきおの共犯は、みきおに指示をだしている事から校長が、怪しいと思います。

しかし、共犯が、みきおを同じオレンジジュースを飲んでいるシーンが、あったので意外と若者かもしれないとも予想しています。

注目は、心は、タイムスリップするごとに文吾も状況を把握して犯人を追い詰めやすくなってきているのでラストでタイムスリップできたらみきおも共犯者も捕まえられそうです。

ついにラストになってしまうのが、寂しいドラマですが、犯人を予想してドキドキしたり楽しかったです。

楽しみな所は、みきおの共犯者が、分かる所です。

注目は、心が、タイムスリップして未来が、ちょぅとづつかわっている所です。

本来の未来と心のかえた未来が、どうなるのかも注目です。

現在の状況では、文吾が、なぜか自供してしまい逮捕される未来になってしまいます。

しかし、心も和子もみきおが、犯人である事を知っているので文吾の自供は、嘘だと分かっています。

文吾の自供でみきおの共犯が、どう動くのか注目しています。

展開予想としては、みきおの共犯は、村人全員だと思います。

村人だけが、抱えるお祭りの日の真実が、あると思います。

文吾は、覚えてないけれどお祭りの日に何かを目撃しているのだと思います。

それを思い出されないように文吾を殺害しようとしているのだと思います。

みきおの共犯は、みきおに指示をだしている事から校長が、怪しいと思います。

しかし、共犯が、みきおを同じオレンジジュースを飲んでいるシーンが、あったので意外と若者かもしれないとも予想しています。

注目は、心は、タイムスリップするごとに文吾も状況を把握して犯人を追い詰めやすくなってきているのでラストでタイムスリップできたらみきおも共犯者も捕まえられそうです。

ついにラストになってしまうのが、寂しいドラマですが、犯人を予想してドキドキしたり楽しかったです。

今クールのドラマの中では「テセウスの船」が一番面白いので、最終回は本当に楽しみにしています。毎回衝撃的な終わり方をするので、早く次が見たくなります。

原作も読んでいますが、ドラマは原作とは違う犯人と公式では言っていますので、一体誰が真犯人なのかを考えながらじっくり見ています。1回だけだと分からないことも沢山あるで、毎回録画をしてもう1度見るようにしてます。この2度見ることでより小さな気づきも得ることができるので、その後さらにTwitterやYouTubeなどで考察をしている人の投稿をみています。

最終回は、竹内涼真が演じる田村心は鈴木亮平が演じる佐野文吾を無実を証明することができるのかというところがまず気になります。

どのように無実であることを証明していくのか、そして真犯人は一体誰なのかもかなり気になるところです。自分としては、今野浩喜が演じる徳本卓也が怪しいと思っています。しかし、動機が未だに不明です。

1977年の音臼村祭りの時に食中毒で徳本卓也の母親が亡くなっていることと佐野文吾とどう関わっているのかが、未だに不明です。これが真犯人を解く鍵を握っていると思います。

仮に徳本卓也の母親が佐野文吾のミスによって食中毒で亡くなったとすれば十分な動機になります。以上のことから真犯人は、今のところ徳本卓也と考えています。

テセウスの船動画10話最終回みどころ

まず、一番に楽しみなのはなんといっても本当の黒幕が明かされるということです。

今まで何人も怪しい人が出てきて今度こそ犯人か?と思いましたが全員違いました。

また、自分が犯人だと言ったみきおまでもが本当の犯人によってやられてしまったので犯人のねらいはなんなのか、いったい誰なのか楽しみにしています。

佐野文吾をなぜそこまでして狙うのか、最初は娘のすずちゃんが狙いでみきおがすずちゃんを自分のものにするために家族を崩壊させたのかと思いました。

しかし、幼少期のみきおがやられたことで新たな犯人がいることが分かりました。予想では心がけますの他にもタイムスリップしている人がいて、それが大人のみきおなのではないかと思っていましたが、子どもの自分に毒を飲ませたりはしないと思うのでこれは違うと思いました。

庭に青酸カリが埋められていたことから犯人は絶対に身近な人物であると思います。

今までの放送を観ていて、佐野家の家族の絆に毎回感動させられているのでなんとか幸せになって欲しいです。

特にお母さんのかずこには元気でいて欲しいです。

まさかのお母さん犯人は無いと思うので家族の絆で黒幕をあばいて欲しいと思います。

また、現代に残されている由紀とももう一度寄りを戻して欲しいです。今までが報われていなかっただけにハッピーエンドに期待しています。

 

まとめ

 
「テセウスの船の最終回」の楽しみな点は、一連の事件の黒幕の正体がついに明らかにされるということです。

真犯人だと思われていた子供のみきおまでもが襲われて、もはや音臼村の人全員が怪しく見えてしまう展開に、ハラハラドキドキ目が離せません。当初は校長先生が黒幕だとふんでいたのですが、前回の内容を見ると、村人全員が怪しい動きをしてるので、”村人全員グル説”もあるかもしれないと思いました。

また、音臼村祭りで起きた事件が、文吾とどのように関わっているのか?なぜ真犯人はそんなに執拗に、文吾を犯人に仕立て上げようとするのか?真犯人がサイコパスすぎて、本当に怖いのは人間だと改めて思います。

また、前回から登場した小籔千豊さんがとても嫌な警官の役柄なので、今回も文吾を追い詰める警官役として、どれくらい嫌な役柄になれるか、その演技力にも注目しています。

また、文吾は文吾で、真犯人の悪夢のシナリオから逃れられることができるのか?心は、父・文吾を黒幕の魔の手から救い出すことができ、明るい未来に変えることができるのか?その辺の展開にも大注目です。

個人的に、心がとても頼りなく見えてしまうので、最後くらいは、父親の為にぶつかっていってほしいなと心から願います。佐野家の未来がハッピーエンドに変わることを期待しています。

ついに最終話の「テセウスの船」。ジリジリジリジリ…、時空間が揺れているかのような地響きが鳴り響いています。

船のパーツの交換による同一性の問題というより、時空を渡る船のような印象も受けます。では!?、真実に辿り着くのは、誰のどういう点なのでしょうか。
 繰り返す歴史の改変。令和の田村心(竹内涼真)さんのタイムスリップに介入された平成元年の歴史。歴史が変われば、人も変わるのでしょうか!?。

仮に職業が変われば、結婚しなければ、子どもが生まれなければ。この点、最初の歴史で、心さんの妻だった由紀さん(上野樹里)は、入れ替わった令和の中で様子が変わっていました。しかし、れっきとした同一人物で、やはり心さんとの相性も普通の良いレベルを超えていました。

ならば、罪のない人は罪がないに決まっている!。いい人はいい人なんだ、と思いたい。

 ならば、執拗に心さんの父・佐野文吾(鈴木亮平)さんに罪を着せようとする犯人は…!?。恨みなのか、それとも!?。文吾さんが気づいていない怨恨はないのでしょうか。平成元年が今となっては昔気質の世界のように見える部分があり。

その気質の文吾さんを破壊しようとする犯人は誰なのか。子煩悩で人なつっこく、笑い声が大好き。家族の賑やかさは、女性不平等につながる要素ありやなしや。

そんな事も話しに出ない家父長寄りの田舎の家庭。そういう文吾さんが気に障ったのだとすれば、木村さつき(麻生祐未)さんが怪しい。

「音臼村の精神」をイメージさせるオカルト文学のようなテロを目指しているなら、音臼小の石坂秀夫(笹野高史)校長が。

 しかし、タイムスリップした心さんを全く怖れない犯人、ただ者ではないはずですが。
3月22日放送・テセウスの船の最終回です。本作は原作が漫画です。

最終回の見どころは大きく3点です。

まず、犯人との対決で、犯人をつかめることができるのか、という点です。前回放送までは共犯者は出て来ているのですが、動機・犯人は出て来ていません。ただ、前回放送で出てきた連続毒殺事件の10年前の夏祭りが関係しているのは間違いないように思います

。そのときに、犯人と佐野文吾が何らかの事件で関係を持ったのではないかと思います。

第2に、真犯人との対決後の、田村由紀との最終的な関係です。第1話では、田村由紀は、主人公の田村心の妻で、子供を産んだ直後に亡くなってしまいます。しかし、田村心が過去に戻り事実を変えたことにより、変わった現在では、田村由紀は妻ではなく、記者となります。

再度、過去に戻った今回、犯人を捕まえるグッドエンドか、バッドエンドかによって、田村由紀との関係性も変わってきそうです。

最後に、田村心の父・佐野文吾と、その家族がどうなるかです。

第1話においては、家族は全員生きているのですが、佐野文吾は死刑囚として捕まっております。田村心が一度過去にタイムトラベルし、戻ってきた現代においては、家族の中で、母・兄が死んでおり、姉は整形などをし、より悪くなった現代になっており、佐野文吾も死刑囚のままです。

今回、犯人との対決を終えて現代に戻った田村心が出会う家族はどういったものになっているのか、という点は楽しみです。

テセウスの船動画10話最終回最終話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

↓ ↓

 

テセウスの船動画10話最新話無料