ドラマ

レミゼラブル 見逃し配信nhkドラマ2話1話初回2020年3月22日無料視聴まとめ

レミゼラブル nhkドラマ見逃し配信2話1話初回2020年3月22日無料視聴まとめ

 

2020年3月22日23時からNHK総合で『レ・ミゼラブルだ12話』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 2話無料視聴まとめ
 

レミゼラブル nhkドラマ /番組内容

 

ヴィクトル・ユゴーの名作が、新たによみがえる!偽名を使い別の人生を送っているジャン・バルジャンと、仕事を求めてやって来たファンテーヌがモントルイユの町で出会う。

番組内容
マドレーヌという偽名を使い、モントルイユの人々の尊敬を集め市長となったジャン・バルジャン。工場も経営し、巨万の富を得ていた。そんな町へ、仕事を求めてパリからファンテーヌがやってくる。運よく仕事を見つけられ、すべては順調に行くかと思われていたが…。時を同じくして、トゥーロンの徒刑場の元看守ジャベールが警部として警察署に着任。市長マドレーヌが、元囚人のジャン・バルジャンではないかと疑いを持つ…。

 

レ・ミゼラブル キャスト

 

ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,リリー・コリンズ…永宝千晶,アディール・アクタル…丸山壮史,オリヴィア・コールマン…林真里花,ジョニー・フリン…中村章吾

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日みどころ/h2>

 

ストーリーは主人公「ジャン・バルジャン」が「マドレーヌ」という偽名を使い始めて金銭的にも社会的にも成功を収めているころのお話。

成功を収めたジャン・バルジャンですが、かつての彼を知る警官から疑いの目を向けられます。

罪を犯した主人公が過去を消して、成功するというストーリーはすでに確立されていて多くのリメイク作が作られています。

疑いの目を向けられながらも人のために生きていく主人公の姿が美しいストーリーです。

自分の過去を消してやり直したいという人は多いでしょうが、ジャン・バルジャンのように過去を悔いて高潔に生きていける人は現代ではというより前時代を通してなかなかいないのかもしれません。

日本でもディーン・フジオカさんを主役にしたリメイク作が最近つくられましたが、なかなかいい作品でした。

ディーン版では設定が日本の時代状況を織り込んだものになっていて、主人公が最後に警察に出頭する結末となっていました。

今回放送されている『レ・ミゼラブル』の結末もどうなるのか非常に気になります。
ジャン・バルジャンの声をベテラン声優の井上和彦さんが担当しているのも面白そうですね。
 

レミゼラブル 2話/NHK/2020年3月22日視聴者感想

 
吹き替えなしのミュージカル調の映画でしたが、その時代の残酷さや差別、「夢破れて」の歌には圧倒されてしまい一気にこの名作「レ・ミゼラブル」の虜になってしまいました。

NHKで新しく作り替えた「レ・ミゼラブル」を放送すると知り予約録画をして第一話を観ました。第二話では市長となって暮らすジャンバルジャンが元囚人だったのではないか?と疑われるシーンもあるようです。

物語は何も変わらず、世界観も変わっていないので感情移入はしやすいドラマです。パンを盗んだ疑いで長いこと囚人として暮らしてきたジャンバルジャンと階級の違う恋愛で恋に破れる女性は次回出会うようです。

このレ・ミゼラブルは、残酷な時代の話だけれどそれでも人を愛することや子供を守ること、希望を捨てない、自由になれると訴えているように感じます。

心にグッと重い負荷がかかるストーリーですが最後は希望を高らかに宣言するラストが待っています
 

「レ・ミゼラブル」は、記憶に新しいところでは2012年のミュージカルの映画化ですね。

ヒュー・ジャックマンが主役を務め、かなりの話題作になりました。

映画ならではのアングルや特撮も随所に取り入れ、当時の街並みも楽しめる大作でした。

そもそも基になったミュージカルもこれまた名作。

名曲ぞろいです。一般的なミュージカルでは一曲のメロディに一つの歌詞がつき、
たまに2度3度と出て来ることがあっても「同じ曲」であるのに対し、
「レ・ミゼラブル」ではメロディは同じでも別な人物が別な歌詞で歌います。

これはちょっと考えると単なるメロディの使いまわしと思えるけれども、
そのメロディの歌う感情が共通していることを表しています。

そしてもちろん、大元になったヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」。

これが長い……。大著。登場人物たちの物語としても十分書き込んでいるのですが、
この小説の主人公は「その時代のパリ」なので、これを読むとパリがいかなる都会だったかがわかります。

今回のドラマはおそらく原作と同様「パリ」の描写に重きを置いた作りになることと思います。

制作が歴史ものを作らせたら世界一(かどうかは定かではない)のイギリスですから。

まとめ

 

ヨーロッパで問題となっている移民問題が、レ・ミゼラブルが生まれた街を舞台に描かれています。主人公はこの街の移民たちを見張る役割を担う犯罪防止班に配属されます。

複数のグループに分かれている少年たちを取り締まるのですが、防止班のやり方が乱暴なようで裏では住民の不満が高まっていました。

そして、ある少年が引き起こす事件の対処を間違ったことで、彼らの怒りが爆発し警察に対して住民たちが暴動を起こしていくという展開のようです。

この作品では、舞台がフランスであることから移民の問題をベースにしていますが、社会に対する不公平感が見えないところに溜まっているのは日本も同じでしょう。

さらにフランスでは、権力に対しデモによって意思を表すことは市民の権利として認められており、少しぐらい激しい行動に出ていても社会が理解してくれます。

しかし日本では、集まって街を行進するだけのデモであっても迷惑と理由だけで批判にさらされることがおります。

これでは、社会に対する鬱屈が深くなるのも無理もありません。

この映画の中の行動を、すべてを肯定するわけではありません。

しかし、苦しい思いをしている人たちが自分の意志を表明することの大切さを、作品を見て感じられればと思います。

そして、市民が社会を変えられるというエネギーを自分の中に取り込めることを期待します。

 

レミゼラブルは舞台や映画で何度も公演されているのは知っていましたが、私がはじめて目にしたのは2012年放映の映画でした。

ミュージカル調でありながら残酷で見ているのが苦しくなってくる感じを今でも覚えています。

悲しくて、苦しくて、貧しくて。

その声を上げた人達は次々と悲惨な目に遭っていく。

でも、声を上げるきっかけはごくごく小さな不満。

今回の映画「レミゼラブル」はその歴史の血で繰り広げられる現代版の悲劇です。

予告編をみましたが、それだけで胸が苦しくなるんです。

迫害された人種、未だに続く差別。現代だから声を上げられるデバイスもあって動画撮影やドローンなど現代らしい戦い方をするようです。

レ・ミゼラブルは過去の事だと思っている人に今も続く悲劇を届けたい。

そんな監督の思いが凝縮された作品のようです。

ラストが衝撃すぎると話題ですが、前回の映画も衝撃だったので覚悟して観るつもりです。

現実の世界から目を背けてはいけない。

未だに苦しみと戦っている人がいることを忘れてはいけない。

この作品を観たら余計に平和について考えると思っています。

自分の生活とのあまりにもかけ離れた理解しがたい本当の話。

実話ならではのリアリティに包まれながら悲劇の中から何かを見つけ出したいです。

 

作品名を見た時は、誰でも知っているあのミュージカル映画かと思っていましたが、映画の内容はその同じ舞台となったフランスで、今もなお繰り返される現代社会が抱える「人種差別の悲劇(レ・ミゼラブル」を描いた、メッセージ性の強い作品だということが分り、カンヌやアカデミー等の色んな映画祭で話題になって、沢山の賞も獲得している作品なので、とても興味が沸きました。

監督自身もアフリカ系移民で、世界でも一番差別感情の強いフランスに育ち、そこで実際に起こった事実に基づいて描いているので、ニュースを通してしか知る事の出来ない私達にとっては、現状を真実を知る事の出来る良い機会になるだろうとも思います。

また、その地域の犯罪を権力や暴力で何とか封じ込めようとする警察の犯罪防止班達と、彼らに憤り立ち向かおうとする移民者、中でも若い世代の子供達がその封じ込められたエネルギーを力に変えて戦うラスト30分にいったいどんなことが起こるのか、早く観たい気持ちでとても期待が高まります。

更に映画を観終わった際に、自分の中でどんな気持ちの変化が感じられるのか、フランス国民や他国の人達にはどんな感情が沸き上がっていくのか、そしてそれが今後移民問題の解決の糸口を見つけ、国籍に関係なく誰もが幸せに生きる権利を持てるように繋がっていければ良いなと思っています。
 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日初回無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日初回無料視聴まとめ