ドラマ

レミゼラブル nhk/ドラマ/動画/2話1話初回2020年3月22日無料視聴まとめ

レミゼラブル nhkドラマ動画2話1話初回2020年3月22日無料視聴まとめ

 

2020年3月22日23時からNHK総合で『レ・ミゼラブルだ12話』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 2話無料視聴まとめ
 

 

レ・ミゼラブル キャスト

 

ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,リリー・コリンズ…永宝千晶,アディール・アクタル…丸山壮史,オリヴィア・コールマン…林真里花,ジョニー・フリン…中村章吾

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日みどころ/h2>

 

レミゼラブルは、若いころ、映画をみました。感動して、涙が止まらなかったのをよく覚えています。

フランス革命後、王政が復活した1815年飢えた妹の子供のためにパン一つを盗んで、20年の刑をうけたジャンバルジャンが、19年目にやっと、仮釈放されました。現在の日本の法律、裁判はおかしいと思います。

日本では、パン盗んだだけで、20年も牢屋に入れられることはないですし、見ていると、殺人とか、加害者に対しての罪が軽すぎるように思います。

加害者のための裁判ではなく、加害者が得をする裁判です。

この荒れたフランス革命後に、ジャンバルジャンが、教会の司祭に、親切にしてもらい、目覚めて、マドレーヌという名前を変えて、貧者の見方になる市長になったってすごい事です。見ごたえがあると、思います。

ドラマが、どのように進んでいくか楽しみです。

署長ジャベールに、追われた可哀想なジャンバルジャン、そして、時代背景がうかがえるファンティーヌの出来事、前歯を売ったり、売春婦になったりと、貧しい人には生きずらかったと思います。昔見たレミゼラブルを、もう一度楽しんで、ゆっくり味わってみようと思っています。

 

 

レミゼラブル 2話/NHK/2020年3月22日視聴者感想

 

このドラマの面白そうな点は、19世紀のフランスの雰囲気や生活の様子などを、手軽に知ることができる点です。

海外の昔の様子は、なかなか触れる機会がありません。

学生時代には海外の歴史についても学びましたが、教科書に載った資料を少し見たくらいでは、いまいち想像できない部分も多々ありました。

しかし、映像ならそうした不満を感じることはなさそうです。

19世紀フランスが舞台となるこのドラマなら、見ている人が不自然に感じないくらいには、しっかりと時代に沿った作り方をするでしょう。

毎週見ていけば、かつてのフランスがどんな国だったのか、日本のお茶の間で知ることができるわけです。

そのため、下手に教科書などを読むより、勉強になりそうな気がします。

また、面白いストーリーと一緒に楽しめる点も、注目したいポイントのひとつです。

文字だけで歴史についての情報を集めていると、退屈に感じることもありますが、ドラマを見る方法なら楽しみながらできそうです。

そもそも、ドラマは娯楽として楽しむものであり、当時の様子がわかることは、お得なオプションのひとつです。

いろいろなことを学びつつ、最も重要な要素であるドラマ部分も、思う存分楽しみたいと思います。
 

まとめ

 
レミゼラブルはミュージカル舞台でしか見たことがありません。

映画で新たに撮影されて見た予告は、考えさせられる内容だと感じました。

貧困と権力者はよくある構成ですが、監督は、実際にあった出来事をモデルに撮影をしていることが映像の重苦しい雰囲気に説得力を与えていると思いました。

私はドキュメンタリー映画が好きなので、私たちの身にも起こりうることだと考えさせられる物語は見ていて人生の糧になります。

自分もこの登場人物たちの立場になったら同じことをしてもおかしくないとよく思います。

レミゼラブルの映画でも民衆たちが権力者に怒りを向けるというのは、私の周りでも日々あることだと感じました。

海外のことは現地に行かないとわからないので、この映画を通して何か得るものがあれば良いなと思います。

住民たちが暴動を起こしてまで訴えたいことが何なのか?を細かく追って行きたいです。

賞をたくさん受賞しており、来年のアカデミー賞候補になるのでは?と思いました。

レミゼラブルの地域では、まだ貧困の現状が続いているのですね。

社会が悪いのか、誰特定の人間が悪いのか?見てみぬふりをしてきたことが後半に爆発して急展開を迎えそうで、そんな結末になるのかが見所の一つだと思いました。

楽しみにしております。

 

レ・ミゼラブルは、前作のレ・ミゼラブルの舞台となった町の悲惨な現在について描かれるということなので、どんな現実があるんだろうかと気になりました。

しかも、かなりリアルに描かれた衝撃作ということなので、わたしが知らない世界のことを知らそうだと楽しみにしています。

権力に抑圧されている人たちが描かれるということだけど、どんなふうに暮らすことを余儀なくされているんだろうかと気になりました。

日本でも権力のない人は抑圧されてるなんて言われるけど、そんなレベルのものじゃないんだろうなと思います。

レ・ミゼラブルの舞台となった町は、低所得者や移民などがたくさん暮らす町だそうで驚きました。

しかも、そのせいで犯罪がとても多い劣悪な町だというこで、これは負の連鎖じゃないかと感じました。

生きるためには犯罪をしなければいけない、犯罪をして生きていくのが当たり前という環境は怖いなと思いました。

また、この抑圧された人々が、政治や社会への不満を爆発させて暴動が起こるということだけど、どんな大きな事態になるんだろうかとドキドキします。

ラスト30分間がとても見どころだということなので、その緊迫した雰囲気を味わいたいです。

さらに、衝撃の結末が待っているそうなので、かなり期待しています。

 

新作映画の『レ・ミゼラブル』、私が思っていたイメージとは違う映画でした。

「ヒュージャックマンが主演でアン・ハサウェイが出ていたあの映画でしょ、そのリメイク?」と思ったら大間違いです。

主人公は行き過ぎた警察官。権力VS民衆。黒人のしいたげられた社会を描いています。

ブロードウェイをにぎわせたあのミュージカル映画じゃないので、途中には「Who Am I」や「This Is Me」など有名な曲はなし。意表をつかれます。

あらすじは、パリ郊外に赴任してきた警官。尊敬されていると主張する先輩の警官がいるものの、新任の警官は疲弊してしまった社会を見てしまう……。

ライオンが盗まれたと思ったら子供達を疑い、力でねじふせて「俺たちがルール」という警官たち。そして、予告編でのラストは「悲劇の連鎖」と見た人だけにネタバレされるという結末。

ユゴーは華やかな『レ・ミゼラブル』の作品を描いたけれど、そこには見世物小屋としてのサーカスが舞台。

ひげの生えた女性や小人など人種としてはマイノリティを描いています。

その舞台となった場所でのリアル……。

見た後は衝撃をうけそうなので、見るのがちょっと怖いけれど、あの名作がうまれた舞台を知りたい気持ちが強くなっています。

 

最新版の映画『レミゼラブル 』が公開されることが分かり、非常に楽しみにしていました。

ヒュー・ジャックマン主演『レミゼラブル 』では、貧富の格差などの描写もありましたが、最終的に希望の光が見える展開だったことが印象に残っています。

しかし、最新版『レミゼラブル 』では、常に緊張感ある過激な展開が多く、全く別の作品の印象を受けました。

どちらの『レミゼラブル 』を見終わった後に、どこか繋がる部分や感じることがあるのか、新旧の映画を見比べることが楽しみです。

そして、未成年がここまで荒れてしまった背景には、一体何があったのかとても関心を持ちました。

ただの非行では済まされないほど、命の危険を感じる行為や争いのシーンもあり、警察だけでは制御できない世界にゾッとしてしまいました。

平和な日本に住んでいる人ほど、この映画を見るべきだと考えます。

そして、世界各国で起きている犯罪や闇について、考える必要があると思いました。

また、最新版の映画『レミゼラブル 』では、かつてないほどの驚きのラストが待っていることが分かり、どんなラストなのかに期待を寄せています。

平和とは何か、争いとは何かを考えながら、映画を視聴したいと思いました。

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日初回無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日初回無料視聴まとめ