ドラマ

麒麟が来る10話 動画/10話/再放送3月22日無料視聴大河ドラマ再放送/見逃した配信まとめ

麒麟が来る10話 動画/10話/無料視聴再放送大河ドラマ3月22日再放送/見逃した配信まとめ
 

放送地域にない方2020年3月22日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる(10)「同盟のゆくえ」』が放送されます

 

麒麟が来る 10話動画10話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 10話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)10話/ /番組内容

光秀(長谷川博己)と別れ傷心の駒(門脇麦)京で久しぶりに伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する一方光秀は道三(本木雅弘)の命令で尾張に入り信長と邂逅(かいこう)する

番組内容
光秀(長谷川博己)と別れ、傷心の駒(門脇麦)は京で、久しぶりに自分の過去を知る伊呂波太夫(尾野真千子)と再会し、自分を助けた武士の秘密を知る。一方美濃の光秀は、道三の命令で再び同盟を結ぶ尾張に入り、帰蝶をたずねるが、そこで織田信長(染谷将太)と運命の出会いを果たす。

 

麒麟がくる 第10話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,門脇麦,川口春奈,檀れい,尾野真千子,高橋克典,堺正章,本木雅弘

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画10話までの感想、ネタバレ、レビュー

 

今川義元は松平広忠に手を貸すと戦になる前に様子を見に行きますが襲われます。

峠で戦いになりますが、松平広忠達は矢に撃たれ槍に刺され亡くなりました。

抵抗しようとしていた短刀を出す暇もなく短刀形見になりますが菊丸が届けます。

尾張の織田信秀は美濃の斎藤道三と手を組んだばかりなのでまだ早かったみたいです。

那古野城の織田信長は前日会わなかった、帰蝶に会いますが誤っています。

俺の嫁と村人に紹介して帰しましたが、村人は化物を恐がっているので繁栄の為に行っていた信長も見た事がありません。

お腹がすいた信長と帰蝶は硬い物を食べてから、織田信秀と土田御前(檀れい)と信長と帰蝶は挨拶に行きました。

父道三が作った松のように織田家を支えていきたい帰蝶で嫁入りの引き出物を信秀に差し上げた信長ですが箱の中身を見て土田御前も見て帰蝶と部屋を出ます。

織田信秀は怒ってましたが、信長は褒められたくてしたことです。

うつけが傷が痛む信秀でしたが、斎藤道三と手を組んでまだ日が浅い今戦えば勝てぬ愚か者と言っています。

土田御前は帰蝶にあの箱と中は見てはならぬ、開けてはならぬ箱もある。織田信勝と竹千代は囲碁をしていましたが、竹千代まいりました。

人質の竹千代は母にも会えない事を帰蝶に話ましたが、狭い所から出られない竹千代は金魚を見ていました。

美しい金魚を帰蝶と見ていました。

帰蝶と竹千代は三河と美濃の人質になります。

那古野城に帰った信長と帰蝶は鉄砲を撃ちました見事に的に当てた信長で帰蝶も撃ってみるように誘い的にかすった帰蝶は筋がいいみたいです。

信秀と道三が大嫌いな時もある二人いつもの事みたいな信長です。

明智光秀は鉄砲に興味があり興味をもつと調べてみる。

面白き男明智光秀になりました。

美濃の光秀は米を持ち光安に頼まれたので行きました。

煕子に会わせる為に行かせていましたが、子供達とかくれんぼをしていた煕子花びらを持っていますから見つかります。

子供の頃に会っている、光秀と煕子昔話をしていましたが、お嫁にすると子供の頃に光秀は言っていましたが子供の時の話です。

光安と牧は囲碁をしながら話してましたが、身を固めてほしい光安で光秀の父と約束していました。

兄との約束光秀が身を固めたら明智光秀に譲る事にしていました。

年頃になる煕子の所に行かせました。

廊下や庭を覚えている事に嬉しく思った煕子です。

明智家に帰るのが遅くなった光秀はお酒をふるまわれて今日は寝る事にします。

京の東庵は戦が絶えないから空き家が増えるネズミの住み家叫んでましたが、ネズミの事考えてました。

駒は針治療をしてましたが、失敗し東庵先生を呼んでくるように言われ呼びに行きました。落ち込んでいる駒ダメみたいどうした駒と言っています。

箱の中身竹千代を命がけで守る菊丸は見ていました松平広忠が戦っていた所を亡くなった後に短刀を届けています。

紀行:土岐市妻木城跡妻木にある山の土焼き物陶器の里が故郷の煕子は後の明智光秀の妻になります。

明智光秀と煕子波瀾万丈の人生になります。

 

麒麟が来る第10話動画(大河ドラマ)までの感想、ネタバレ、レビュー

 

面白そうな所は、織田信長の登場をじっくりと観れる所です。

今まで織田信長が、魚を売っているシーンのちょこっとしか観れなかったので楽しみです。
信長に嫁いだ帰蝶が、ついに信長と出会うシーンも注目です。

まだ信長が、どういう人物なのかは、分からない状況ですが、帰蝶と波長が、合いそうなので楽しみです。

今までのドラマでは、うつけものと呼ばれていた時代の織田信長は、荒々しい印象が、あったのですが、魚を売っている信長は、優しそうな一面もあるそうで従来の信長のイメージとは、ちがうフインキになりそうですね。

このドラマの面白い所は、今までに作られていた歴史上の人物像のイメージをかえてくれそうな所です。

主役の明智光秀もこのドラマで庶民の事を想う優しい人物だったと分かりました。
注目は、光秀の妻になる女性との出会いです。

光秀は、今までにも女性からモテモテでは、ありましたが、どこか煮え切らない態度でした。

その光秀が、女性に惹かれるシーンが、楽しみです。

今回は、信長と帰蝶の恋愛と光秀の恋愛の二つを楽しめそうな展開でキュンとしそうな回ですね。

信長と帰蝶が、父親の話題で意気投合して距離を近づけるシーンも楽しみです。
恋愛ドラマとしても面白いなと思います。

帰蝶姫(川口春奈)の夫・織田信長(染谷将太)は、明智光秀(長谷川博己)の眼鏡に適うのでしょうか。眼鏡といいますのは、明智光秀は、美濃国・土岐源氏の一族。

織田は、越前国・朝倉家の家臣出身で、今は尾張国にあって、守護職・斯波家の家臣。国を治めるのは、守護職の家柄という室町秩序にあっては、大名家に連なる血筋とその他の大勢といったところ。

 プライド高き光秀が嗅ぎ分ける未来予想図の内容。戦は虚しいとも、「麒麟がくる」劇中で発言してもある当人が、どの武将と痛みを共にするのか、興味深いところです。

刀で斬られる、鉄砲で撃たれる。並大抵の痛みでない訳ですから、フィーリングというか、感性や感覚の合わない人と苦痛を共有するというのは、非常にイヤな事のはずです。

 そこで、気になるのは、帰蝶姫の気性。光秀が仮に信長に好意を持っても、同盟の象徴であり、人質でもある帰蝶姫が離縁するような事になれば、意味をなさなくなってしまいます。

川口春奈演じる帰蝶が、マムシの道三譲りのはね返り気性で、信長を侮辱してしまわないか、案じられる訳です。

 ところが、祝言の場に信長は現れず。

また持参品の「なってなさ」。うつけと言われた振る舞いを直すつもりを見せない。

帰蝶は、それのどこを気に入ったのか、常識人といわれた光秀にわかったのでしょうか。

 この帰蝶姫が光秀との親密さを維持していれば、本能寺の変のような事にはならなかったでしょうに。同郷同門の感覚、女将さんが目を光らせていれば…、大相撲のよう、ですね。

前回は駒と帰蝶、そして十兵衛の3人それぞれの想いが明らかになり、甘酸っぱい雰囲気がありました。幼い頃から仲の良かった十兵衛を想う帰蝶は信長の元へ嫁入りします。そしてその嫁入りを後押しするも、見送りには行けない十兵衛。2人の本当の気持ちを知りながらも、十兵衛を想う駒。世の中の流れには逆らえず、3人の想いは叶うことなく終わってしまいます。

9話の面白そうなところは、流れ着いた現実にも新しい感情や人との出会いがあるということです。信長に嫁入りした帰蝶は、その人柄を知って雷に打たれたようなときめきを覚えます。自分で掴み取ったものだけが幸せとは限らないようです。

自分の思い通りにならなかった先にも、幸せだと思える時間はやってくるのです。

一方で十兵衛にも縁談の話が舞い込んできます。明智光秀は愛妻家だったという説があるので、幸せな夫婦になるのではないかと想像できます。

2人と同じように駒にも幸せになってほしいものです。そして、もうひとつは織田と今川の争いの行方です。

帰蝶は織田へ嫁いだ訳ですが、美濃の守護土岐頼芸は織田と手を結ぶことに消極的。

十兵衛の幼なじみであり、斎藤道三の息子である高政も、どちらと言えば土岐家寄りの考え方です。織田と手を組まずに独立して今川と戦うのか、織田と手を組んでその豊かさを享受しつつ成長していくのか。

情に流されることなく、国を守るということに目を向ける十兵衛が、この先どのような選択をしていくのか楽しみです。

麒麟が来る第10話動画10話までのネタバレ

明智光秀を主人公としたこの大河ドラマの第9回タイトルは「信長の失敗」。

前回の「同盟のゆくえ」では、美濃を支配する斉藤道三の娘である帰蝶が、尾張を支配する織田信秀の嫡子である織田信長へ嫁ぐまでの様子が、主に美濃側の視点から描かれました。

ただし、婚儀当日に、肝心の夫となる織田信長が不在という珍事が発生したのです。

うつけ者の評判にたがわない織田信長の振る舞いですが、翌朝ようやく帰ってきた時には前日の不在を詫びる上、領民に慕われる様子も見せつけ、帰蝶も必ずしも怒るわけではないようです。

その上、織田信長と父母の仲は悪い様子を見て、帰蝶は自分と父親である斉藤道三との関係を思い、織田信長に寄り添う様子。

もっとも、織田信秀も数多くの男子を持ちながら、織田信長を嫡子の座からはずそうとはしなかったわけですし、自分の息子に何かしら期待を抱いているとも思いますがね。

また主人公である明智光秀も、後に奥さんになる熙子と懐かしい再会を果たすそうで、こちらも2人がどういう関係なのか、そして恋の行方も気になるところです。

次回は、物語全体を貫く2組の夫婦の誕生のお話といった様相が強いようですね。

まとめ

 

3月15日放送での見どころは、帰蝶が信長の妻として輿を入れることになり、婚儀への信長の祝い品に対して、信秀(親)から激しく叱責される場面だと思います。

信長は「うつけもの」として嫌われる存在と言われていますが、それは、もはや「戦国という乱世の時代」に突入していたにも関わらず、和歌や蹴鞠等、従来の仕来りを遵守しなければならず、それを行わなかったが故であるそうです。

しかしそういうスタンスであったからこそ、戦乱の世を早く終わらせるために必要な「斬新な行動」ができたのだと思います。

海に面していた尾張の国は、信長が帰蝶と婚儀を行うこの頃から南蛮との交易も行われていたと思われ、おそらく信長は、キリスト文化の結婚にちなんだ祝い品を、信長独自の観点で選び持参したものと思われます。

が、信秀からすると、当然キリストの文化を知らないということもありますが、従来の仕来りから逸脱した、祝いの場である婚儀を穢す、穢れた「物」に移ったのではないでしょうか。

しかし、この考え方に対する親子の在り方が、しいては国の在り方になり、乱世を終わらせる方向へ繋がっていくものと考えますと、この「叱責」という一瞬の時をどのように捉えるかではないかと思います。

こういった視点で見てみますと、現代も「従来の考え方のみ」では立ち行かなくなりつつあると思われます。従来の視点からみますと「誤っている」と感じられることもあるでしょうが、しかし、信秀・信長親子のように「切り裂く」のは簡単です。

もしもこの時、信秀が信長の考え方を(ある程度)受け入れていたらどうでしょうか。

「民を豊かにするとは、交易を豊かにすること」

「商売人からの成り上がり」と同じく嫌われていた斎藤道三とも、政略的ではなく、本当の意味で同盟を結ぶことができ、後に起こる「延暦寺焼き払い」と言った強硬手段を取らなかったのではないでしょうか。

しいては、今回の大河主人公である明智光秀にも討たれず、逆に信長の重臣として、新たな日の本を創り上げる中心メンバーになっていたかもしれません。

相反する考え方とどう向き合うか。

信秀・信長親子のケースから学べることは何か。

そう言った視点で見ると、楽しめると思います。

 

 

麒麟が来る動画10話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 10話/無料視聴フル