ドラマ

ゴールド/NHKドラマ/再放送3月27日無料視聴まとめ第43回 創作テレビドラマ大賞

ゴールド/ドラマ/再放送NHK3月27日無料視聴まとめ第43回 創作テレビドラマ大賞

 

 
再放送がない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ゴールド!/再放送/ドラマ無料視聴
 

ゴールド! /ドラマ/2020年3月27日再放送NHK番組内容

 

ゴールド免許保有の高齢ドライバー(藤竜也)がまさかの信号無視!?誇り高き主人公が自らの“老い”を受け入れ、認知症の妻との関係を見つめ直していくヒューマンドラマ。

番組内容
50年間ずっと無違反の元教師・柴田政継(藤竜也)は、信号無視を理由に若い警察官・西井(坂東龍汰)の取締りにあうが、頑として違反を認めない。一方、最愛の妻・冨美代(吉行和子)は認知症で柴田のことも分からなくなっていた。そんな中、知人の交通事故を目の当たりにした柴田はハンドルを握れなくなってしまうが…。誇り高き主人公が自らの“老い”を受け入れ、妻との関係を見つめ直していく姿を描くヒューマンドラマ。

 

ゴールド! キャスト

 

藤竜也,坂東龍汰,小川未祐,大野泰広,林和義,渋江譲二,鴻明,藤夏子,品川徹,吉行和子,


原扶貴子

 

ゴールド/ドラマ/再放送NHK3月27日無料視聴ストーリー性

 
高齢者ドライバーによる事故が多発している世の中、こういうドラマはとても貴重だと思います。

恐らく高齢者ドライバーは年々増え続け、特にずっと無事故無違反の方であれば、幾つになっても自分は運転ミスはしないと思っています。

年齢と共に身体的能力も反射的能力も劣ってきている事を認める事が出来ません。自分がそんなことをやる訳が無いと思っているので、ミスにも気が付かないし、ぼんやりそうかと思っても認めたくないのです。

恐らくこのドラマの主人公柴田は、最初は頑として認めなかった自分の老化に、知り合いの交通事故を見たり、認知症の奥さんを看たりする中から気付いていき、自分自身も昔と同じ事が出来なくなってきているという事を理解するのではないかと思います。

そして最後には自分から車の運転をやめ、免許を返還するのかな、と想像しています。

家族など周りの人も運転をやめるように説得すると思うのですが、説得されて免許を返還するよりも、柴田自身の考えとして返還する形になって欲しいと思います。

こんな単純なストーリーではないかもしれませんが、例え想像が出来るストーリーであっても、それをどんな風にドラマ化しているのかがとても楽しみです。

柴田役の藤竜也さんと言えば往年のダンディ俳優さん、頑固でミスを認めない役でもキマッているだろうなと思いつつ、あの藤さんが既に高齢者ドライバー役か、と時間の経つ速さにびっくりします。

俳優として60年近くのキャリアが有り、年齢を重ねてもカッコいい藤さんが、どんな風に主役を演じてくれるのか、頑固なだけでなくちょっとお茶目な部分もある人かな、と想像すると楽しいです。

まだまだ運転は大丈夫と思っている高齢者の方々の考えを変えるきっかけを作ってくれる事を期待しているとともに、普通のドラマとしての面白さを楽しめると良いな、と思います。

ゴールド/ドラマ/再放送NHK3月27日無料視聴 楽しみな点

 
藤竜也さんの素敵な老い方にまず目が止まりました。

ロカビリー調のヘアと、ワイルドで端正な顔立ちに優しさが加わり、こんなおじ様なら年を取るのも悪くないなと思いました。ドラマ名が「ゴールド」というので、すっかり良きイメージで、オリンピックも近いことから何かに挑戦したのちゴールドに輝いたのかと思いきや、50年もの間無事故無違反のゴールド免許のことでした。

主人公の元教師・柴田政継こと藤竜也さんは、信号無視を理由に若い警察官・西井こと坂東龍汰さんの取締りにあうが、頑として違反を認めない。

つまり、違反をした覚えが無いわけです。私にも記憶にございません的な要素は多々あります。

そしてゴールド免許のプライドとあります。

容易く、はい違反しましたとは認められません。また、最愛の妻である冨美代こと吉行和子さんは認知症ということで、現代社会において高齢化からこうした認知症を患う割合は年々増加傾向にあります。

身内のことさえも分からないという情況で日々の暮らしを送らなければならない訳で、想像以上に大変だと思います。

そんな中、知人の交通事故を目の当たりにしてしまった主人公柴田はハンドルを握れなくなってしまうことになります。

「老い」受け入れて妻との関係を見つめ直していく姿はこれからの私の課題となると思われます。気持ちの変化に注目したいです。
 

ゴールド/ドラマ/再放送NHK3月27日視聴者感想

 
主人公である柴田は、50年間無事故無違反なのに、ある日突然信号無視で切符を切られてしまうというのがびっくりです。

もう年齢も年齢だし、おそらく老化現象なんじゃないかなと思いました。
だけど、柴田本人は自分が信号無視なんかするはずがないと、自分の切符を切った警察官に敵意を向けるというのが心配です。

そこまで自分のことを過信していたら、真実を知った時に相当落ち込むんじゃないかなという気がします。

また、警察官の尻尾を掴んでやろうと追い回す中で、悪質なドライバーを捕まえたり、警察官の役に立つような行動を柴田がするというのは、なんだかおもしろそうだなと思いました。

その中で、警察官に対する敵意が少しずつ和らいでいくのかもなと思います。

さらに、柴田には認知症の奥さんがいるというのも、ストーリーの中で大切な役割を果たしそうな予感がします。

自分のことを忘れてしまった奥さんの介護は大変だろうと思います。

奥さんが失踪した時に警察官が手を貸してくれるそうだけど、無事に発見できた時、柴田は何を思うのかが気になります。

 

まとめ

 
このドラマでは、50年もの間、無違反でゴールド免許を保有する元教師が信号無視をしたという事で、警察官の取り締まりを受けるも違反を認めないという事ですが、高齢者による事故が近年多発しています。

コンビニの駐車場で高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違え、コンビニに突っ込んでコンビニを破壊したという物損事故のニュースを幾度も見ました。

私が住む地域でも、葬儀場の駐車場で高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違え、葬儀場の出入り口を破壊する物損事故を起こしており、他人事とは思えずにいます。

物損事故ですめばまだ良い方で、公道で人を巻き込む人身事故も起きているのが現実です。

高齢者の人達は、自分の運転は問題ない、自分が違反をしたり事故を起こす訳がないという自信があるから、高齢になっても運転をするのだと思います。

もちろん、車以外の交通手段が充実していないために、仕方なく運転している高齢者もいると思いますが。

今回どのような形で、柴田がどのように老いを受け入れていくのか興味を持っています。
面白そうな点は、認知症を患っている冨美代役の吉行和子の演技力です。認知症を患った冨美代は、夫の事も分からないとの事なので、冨美代役の吉行和子がどのように演じるのか興味があります。

ずっと何年も運転の経験も積んできて、自分の運転にも自信があったのに自分でも気づかないうちに信号無視をしてしまったり、自分と同世代の知人が交通事故を起こしてしまったり、急に自分の老いを感じ始めたら絶対に怖いし認めたくないし、悔しくてたまらないだろうなと勝手に想像してしまいました。

このドラマの中では、そんな現実をゆっくりと受け止めていく主人公が描かれているようなのでこれを見た主人公を同世代の人たちも、しっかりと今の自分の状況を見つめて受け入れて、運転を控えたり、免許の返納を考えるきっかけになったらいいんじゃないかなと思いました。

若者の警察官との交流もたくさん出てくるので、これを見て私自身もおじいちゃんおばあちゃん世代の人たちとどうやってコミュニケーションをとっていくのが良いのか少しでもヒントを貰えたらいいなと思っています。

高齢者ドライバー、免許返納、認知症など現代の問題がたくさんテーマになっているドラマなので悲しい気持ちにもなってしまいそうな気がしますが、最後には心が温かくなるような結末を期待しています。

ゴールド/ドラマ/再放送NHK3月27日無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ゴールド/ドラマ/再放送NHK3月27日無料視聴