バラエティ倉庫

えんげいグランドスラム2020動画/見逃し配信(園芸グランドスラム]3月28日(3/28)無料視聴まとめ

えんげいグランドスラム2020動画/見逃し配信(園芸グランドスラム]3月28日(3/28)無料視聴まとめ

 

2020年3月28日21時からフジテレビで『えんげいグランドスラム』が放送されます

 

見逃したかた放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

園芸グランドスラム/えんげいグランドスラム動画//2020/ 3月28日/無料視聴
 

 

 

えんげいグランドスラム 番組テーマ曲

 

RIP SLYME「JUMP with chay」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)

 

えんげいグランドスラム/2020/動画/3月28日/みどころ

 
今回違うのはスタジオに観客を入れずに放送することです。実は芸人さんによっては観客の反応が自分の予想に反しているとネタの出来に響くと感じている人も多いようです。

特にこの番組は東京での放送であり、元々関西の劇場を拠点にしていた芸人さんが出演すると時にはやりづらさを感じる人もいるようです。

しかし無観客であればネタを観客の顔を伺わずにやり切れる可能性も高いということから、元々遠方でテレビ収録の観覧には縁のない地方の人たちが違和感なく楽しめるのではないかと期待しています。一方で今回は前回までと違って出演する芸人さんの数がかなり少なく、芸の系統が偏ってしまって期待外れになるリスクもあると思われます。

お笑い番組はどの年齢層でも受け入れられることが望ましく、また今回はこのご時世で少しでも視聴率をアップさせて外出自粛の助けになるべきものだと思います。

今回の出演者の中では毎回トリとして出演している爆笑問題のお二人はお笑い界の中でもキャリアがある上、確実に笑いを取れる芸人さんとして知られていることからあえてトップに持ってきたのではと思っています。

今回はネタにとどまらず傑作選など特別編成でやっているようなのでいつも以上に楽しみにしています。今回は新型コロナウィルスの影響もあり無観客で収録放送といういつもと違ったやり方になっていますが、今のような状況のなかコンテンツを作って提供してくれる芸人さんや制作スタッフには感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、まず注目したいのは、無観客という状況で芸人さんたちがどのように芸を披露できるのかという点です。芸人さんにもおるでしょうが、お客さんの反応を見ながら芸を進行していくという人も多いと思いますので、無観客となったことでどんな変化が見られるのか見られないかには着目したいところです。

それから個別の内容では「芸人がスゴイ!と思ったネタの傑作選」という企画には期待大です。貴重な映像となるとのことですが、過去の映像なのか?

あるいは今回披露してくれるのか?はわかりませんが、それぞれの芸人の傑作とされるネタを見せてくれるのは嬉しいですね。

それから、雨上がり決死隊の蛍原徹さんが1人で出演とのことですが、蛍原徹さんがピンで芸をやるのだとすれば、ピンで芸をやった時にどんな面白さが出てくるのか?はかなり興味があります。もしかしたら新たな可能性が見いだせるかな?とも期待しつつ番組を拝見したいと思います。

まとめ

 

テレビ映像、特に人気の俳優やアイドルが出演しているドラマの名シーンをキャプチャしている人が悪質だと感じます。名シーンを振り返りたい、見たときの気持ちを分かち合いたい、など私も感じることがありますが、そういった感情を利用してアクセス数を伸ばしていると思います。

また、実際にその番組を見ずとも、番組の内容をまとめたものなどもあり、テレビを観ずとも情報が得られる状態になっています。番組の内容をまとめたことにより、あたかも自分が調べたかのごとく、役にたつ情報が掲載されていることから、そちらもアクセスが伸びるのだと思います。

他人から得た情報を横流しし、アクセスを伸ばし、広告収入を得ている人も多数いると思います。特にブログなどは私自身がアクセスしていても、広告サイトに移動してしまうこともよくあるためにそのように思います。

SNSだとさらに悪質、ということもあります。

テレビなどの公的な情報でなく、個人の情報を自分が知り得た情報として掲載していることになりますが、そのことが気付かれにくいからです。他人の情報を引用して、人気を得る、ということは、引用元をきちんと記載しない限り、あってはならないことだと思います。
自分の考えや気持ちを作品として表現したもの(著作物)について、原則としてその製作者(著作者)には、どのように利用、複写されるかを決める権利(著作権)があります。
なぜ著作権が制度化され、著作者が守られているかを考えると、この権利の意味が理解できると思います。
作品は、製作者が労力と時間をかけて作業をすることで生み出されます。そのようにして作品がたくさん世に送り出されることで、文化が形成されます。文化は、人類社会を豊かにし、人々に娯楽や幸福をもたらします。

もし世界に著作権という概念がない場合、作品が簡単に複製されたり、その人のためになるような利用をされたりしても、問題ないことになります。

そうすると、製作者がいくら頑張っても、それを複製したり利用したりする人の方が簡単に自分の利益を生み出せる状態なので、製作者は報われず、次の作品を生むモチベーションがなくなってしまいます。

もちろん、利益だけが製作の目的ではない人もいるかもしれませんが、製作者の母数が減ることは、多様な作品を生む土壌がなくなり、文化の形成が難しくなる原因となります。

主題の「他人のSNS無断引用したり、テレビ映像を勝手にキャプチャして、ネットやブログに投稿する行為は、まさに著作権を侵害する行為」は、まさに作品を複製したり利用したりする行為で、こうした行為が広く横行すると、これまで著作権制度によって守られてきた文化形成の力が損なわれ、じわじわと人類社会に悪影響を与えると考えられます。

「自分さえ得すれば良い」という考えが社会秩序を乱すことは歴史が証明しているため、それを予め防止するためにも、全員で協力して制度を守っていく必要があります。

えんげいグランドスラム/2020/動画/3月28日/無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で
(無料視聴できます)
 

↓ ↓

 

えんげいグランドスラム/2020/動画/3月28日/無料視聴