アニメ

ヒロアカ 4期 24話/動画/24話/3月28日放送日アニメ無料視聴/見逃し配信

ヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日放送日アニメ無料視聴/見逃し配信
 

日本テレビで『僕のヒーローアカデミア「ヒーロービルボードチャートJP」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日放送日
 

僕のヒーローアカデミアヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日放送日/番組内容

 

雄英高校の寮で、相澤先生とミリオを中心に壊理の面倒を見ることになったデクたち。一方、平和の象徴を失って初めての、現役ヒーロー番付『ヒーロービルボードチャートJP』下半期の結果が発表されようとしていた。正式なNo.1となったエンデヴァー。しかし、そのエンデヴァーをNo.2のホークスが煽り始める。果たして、ホークスの思惑とは?

 

僕のヒーローアカデミア キャスト

 

緑谷出久:山下大輝 エンデヴァー:稲田徹 ホークス:中村悠一 切島鋭児郎:増田俊樹 麗日お茶子:佐倉綾音 蛙吹梅雨:悠木碧 常闇踏陰:細谷佳正 上鳴電気:畠中祐 八百万百:井上麻里奈 飯田天哉:石川界人 爆豪勝己:岡本信彦 耳郎響香:真堂圭 芦戸三奈:喜多村英梨 葉隠透:名塚佳織 障子目蔵:西田雅一 砂藤力道:奈良徹 相澤消太:諏訪部順一 通形ミリオ:新垣樽助 天喰環:上村祐翔 壊理:小林星蘭(他)

 

ヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日夢に懸けたジェントル・クリミナルの結末

雄英高校の裏手の山でハウンドドッグとエクトプラズムに見つかり、緑谷を吹き飛ばし、
ラブラバを助けるために自首を願い出ます。

しかしハウンドドッグは地面のえぐれた跡と緑谷の匂いがすることを見逃さず、
ジェントル・クリミナルに言及します。

吹き飛ばされた緑谷はジェントル・クリミナルのもとに走ります。
ジェントル・クリミナルはラブラバの罪が軽くなるように、自分が相場愛美をさらってラブラバとして洗脳していたと言います。

緑谷はハウンドドッグとエクトプラズムにジェントル・クリミナルと戦ったのかと聞かれ、雄英高校にちょっかいを出そうとしていたから少し揉めたといいます。

それを聞いたラブラバは泣き崩れます。

警察に連行される際にジェントル・クリミナルは緑谷に自分はヒーロー志望の落伍者のなれの果てといい、緑谷の夢が達成されることを祈って連れていかれました。

緑谷はエクトプラズムと一緒に買い出しの品を急いで取りに戻ります。

緑谷はカフェの店主から買い出しの品を受け取り、急いで雄英高校に戻るのでした。

緑谷とジェントルは似ている、そのとおりだと思います。
緑谷がヘドロに襲われている爆豪を助けようとしたあの行為も下手をすると公務執行妨害になりかねません。

だからサー・ナイトアイはそういったことを起こさせないためにも状況を判断して動けといったのですね。

オールマイトは状況判断しながら直感的に動くので、まだまだ緑谷は不安定ですね。

ヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日ステージ開演!

イレイザーヘッドに報告するオールマイトの言葉が聴こえたのか、エリは緑谷の姿がないことを心配します。
しかしミリオのフォローによって助けられます。

緑谷は不在のままステージの幕が開きます。
緑谷はギリギリ間に合い、ステージに立っていたのでした。

爆豪の殺人的な掛け声を合図に、hero tooの演奏が始まります。
芦戸たちのダンス、耳郎たちバンドの演奏、そして曲中に青山のネビルレーザーがステージを彩り、
観客を熱狂させていきます。

緑谷は青山の登場とともに裏方に回り、青山を体育館の端から端まで移動させます。
天井近くで待機していた切島と轟が氷を降らせ、轟は体育館の天井近くに氷を発生させ、仮のステージを作りダンス隊はその上で踊り、

そして耳郎は両親にヒーローになりたいと打ち明けた時のことを思い出し、音楽の楽しさを噛み締めながら演奏を終え、観客を熱狂させたのでした。

エリがオーバーホールの影から解き放たれた瞬間のシーンが感動的です。
サー・ナイトアイの名前を出すのは反則です。
泣いてしまいます。

演奏シーンで音楽が聴けるのはアニメならではですね。

ヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日女の戦いとエリの笑顔

ステージを終えた緑谷は、ハウンドドッグとエクトプラズムとオールマイトに連絡をしなかったことを注意されます。
ハウンドドッグはオールマイトの監督不行き届きとオールマイトを本気で怒ります。

ステージの片づけに戻った緑谷は笑顔で興奮するエリを見て、笑顔を取り戻すことができてよかったと安心します。

いつも以上に片づけを急ぐ峰田。
峰田はミスコンの特等席を取るために片付けに必死になっていたのでした。

拳藤はドレス姿で演武を披露し、観客を魅了します。
しかし絢爛崎が派手さで観客の注目をさらっていきます。

波動の番になり、波動は個性の波動と空中飛行で妖精のようなパフォーマンスで観客を虜にして優勝します。
存分に雄英高校の文化祭を楽しんだ1年A組のメンバーとエリ。

エリが帰る前に緑谷はエリにりんご飴を渡します。
文化祭の出店になかったため、緑谷が砂藤に教えてもらって作ったのでした。

ジェントル・クリミナルの一件があったものの、雄英高校の文化祭は無事に終わったのでした。

警察の事情聴取を受けるジェントル・クリミナルとラブラバ。
ラブラバはハッキングのプログラム能力を買われ、警察からスカウトを受けますが断ります。

ジェントル・クリミナルはラブラバは事件に一切手を出していないことを主張し、ラブラバの罪の軽減を願います。

ジェントル・クリミナルはヒーローになれなかった落伍者として犯罪に走った道を今日止まれてよかったと警察に言われ、机に伏して泣くのでした。

考察

1年A組のメンバーが披露したオリジナル曲「Hero too」。
作曲はヒロアカ劇中音楽を手掛ける林ゆうきさん、全編英語の作詞はロックバンドDizzy Sunfistのあやぺたさん、歌は米ロックバンドAgainst The Currentのボーカルのクリッシー・コスタンザさんが担当しています。

ボーカルの声が別人とは思えないほど耳郎にマッチしていて驚きました。
ステージの演奏シーンは一瞬一瞬にすべてを懸けるみんなの姿が感動的で、鳥肌が立ちました。

この演奏シーンはYouTubeの東宝アニメーションチャンネルで動画が公開されているので、見逃した方、またもう一度見たい方は必見です。

耳郎の演奏シーンの良さは笑顔が素敵なところです。

ただの笑顔ではなく演奏の高揚感を感じさせる笑顔で僕のヒーローアカデミアのアニメーターさんはすごいと思います。

耳郎が並々ならぬ覚悟でヒーローの道を選んだこと、それと同じくらいに音楽が好きなことがよく伝わってくる演出でした。

エリの笑顔も自然でこの上なく幸せに満ちた笑顔で泣きそうになります。
サー・ナイトアイの回想を挟んだり、オーバーホールの影からの解放も反則的に感動的です。

爆豪もメチャクチャですがキチンとドラムで演奏を引っ張っているところはさすがだと思います。

ジェントル・クリミナルこと飛田弾柔郎は公務執行妨害で家族にも見放され、同級生から疎外され、憎しみとこの世に名を残すためだけに動画を上げ始めたのでしょう。
しかし、それに救われたラブラバがいて、ジェントル・クリミナルは間違いなくラブラバのヒーローだったのです。

ジェントル・クリミナルが自分の個性をコントロールできていたのなら結末は変わって、ヒーローになっていたのかもしれません。

そのくらい大変なところを1年A組のメンバーは通ったという事になります。
峰田の一瞬に掛ける執念深さも才能の一つなのかもしれません。

爆豪がヴィランにならないのは、ヴィランは何でもありで卑怯な戦い方が多いため、気に入らないのでしょう。
オールマイトは卑怯な手を使わなくても強い、それが爆豪のヒーロー観の根幹だと思います。
だから何事も1番でなければいけないと自分に課しているのでしょう。

そのおかげでバンドは助けられました。

次回はプロヒーローランキングを発表するようです。
エンデヴァーとホークスどちらが1位になるのでしょうか。

ホークスは映画にも出てきましたし、エンディングで何かの訓練を受けている小さい頃のホークスが出てきます。
常闇がインターンとして向かった事務所でもあり、ホークスがどういう人間なのか語られることに期待しています。

 

 

ヒロアカ4期動画24話アニポ、anitube、kissanime、b9/「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ヒロアカ4期 24話/動画/24話/3月28日放送日