ドラマ

盲亀浮木 再放送/見逃し配信 ドラマ/もうきふぼく/NHK(日本×タイ)無料視聴(2020年3月28日放送)

盲亀浮木 再放送/見逃し配信 ドラマ/もうきふぼく/NHK(日本×タイ)無料視聴(2020年3月28日放送)
 

2020年3月28日18時5分から放送されます『日本×タイ ドラマ「盲亀浮木もうきふぼく~人生に起こる小さな奇跡~再放送/見逃した配信」』についての記事です

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盲亀浮木/
ドラマ再放送/見逃し配信無料視聴はこちらをクリック

 

盲亀浮木 /ドラマ/3月28日番組内容

 
楽しみな所は、志賀直哉が、80歳の時に執筆した原作をドラマ化している所です。
驚いたのは、この原作が、80歳の時に執筆されていた所です。
寓話になぞらえて作られた物語なのですが、モチーフになった亀の寓話も面白いですね。
百年目に首をだした亀が、偶然にひとつしか空いていない穴から顔をだすという展開が、面白いです。
そういう偶然ってあるかもしれないなと思わせます。

注目は、タイの放送局と日本のNHKが、協力して作品を作っている所です。

志賀直哉の物語の舞台をタイにして演出するという事でどんなフインキのドラマになるのか楽しみです。
タイのスタッフが、志賀直哉の小説をテーマに選んだ理由も知りたいです。

タイのスタッフが、語る小説の魅力も聞いてみたいです。

面白そうな所は、主人公が、亀の寓話のように偶然におきた出来事を描いている所です。

主人公は、意識しては、いないけれど偶然の重なりから意外な出来事が、おきたという物語の展開が、楽しそうです、

とてもゆったりとしたドラマになりそうですね。

タイの街並みもこのドラマの見どころだと思います。

シンプルだけれどふと考えさせられる物語ですね。

タイの俳優達の演技も楽しみにしています。

盲亀浮木 キャスト

 

アンクリット・アシャチャリヤーソーポン,パカワット・タンホーム

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡再放送/見逃し配信ドラマストーリー性

 
日本とタイの公共放送が協力して制作したということが、感動作品を生み出してくれそうだなと期待します。

なぜタイなのかという点も気になりますが、この番組を観ればそれはうまい方向に解決するのでしょうか。このテーマにそった内容が、タイにあっていたのでしょうか。

私は志賀直哉原作の「盲亀浮木」を知りません。

志賀直哉の本を読んだこともなければ、あの作品があるとぴんとも来ません。ただ、歴史上で学んだ人だなと言う覚えがあるだけで、恥ずかしい話、どんな人かもよくわかりません。

それでも、タイを舞台に今一度描かれるこの物語に対してひかれるものがあります。

男性をとりまくなにが小さな奇跡を起こすのか。

小さな奇跡とはどんなものなのか。彼は一体どんな境遇で、どんな人物像なのか。

考えれば考えるほど、想像が止まりません。

短編で構成されているのはそれぞれの話のなかで、伏線があるのでしょうか。

その伏線か繋がり、短編で綴られた話が小さな奇跡から大きな奇跡に変わるのかもしれません。

志賀直哉の原作を読んでみてから観てみようかなと思います。

そして、この番組を観てから、もう一度読んでみたらまた感想も変わるのではないかと、楽しみが増えた感じで、とても期待しています。

盲亀浮木 ドラマ再放送/見逃し配信楽しみな点

 
タイと日本の公共放送が協力して制作した、志賀直哉の「盲亀浮木(もうきふぼく)」が原作のドラマで、どんな内容なのか楽しみです。

現代のタイを舞台に、日本文学の名作がよみがえります。

志賀直哉の晩年の原作は、「盲亀浮木」の寓話になぞらえ、身の回りで起こった偶然を描いた短編作品が多くあります。

私は恥ずかしながら志賀直哉の作品は読んだことがないので、今回を気に一度目を通したく思います。

有名な方なのは存じ上げているのですが、全く作品を知らずに来ました。

ドラマをみてぜひチェックしたいです。

日本の作家が書いたものをタイを舞台に描かれていることが魅力的で、どんな風になるのか気になります。

タイにも興味があったので、注意深く見たくもあります。
主人公の男に起こった小さな奇跡とは、いったいどんなものなのか?

出演者はアンクリット・アシャチャリヤーソーポンさんなどで、日本とはまた違った風景にも目を凝らしてみたいものです。

志賀直哉の世界観が、タイでどういかされるのかワクワクしながら見たいドラマです。

 

盲亀浮木 nhk再放送/見逃し配信視聴者感想

 
盲亀浮木という言葉がお釈迦様の話された、寓話をもとにした言葉で簡単に言ってしまうとめったに起こらないこと、あり得ることが難しい事、有難い事、転じて「ありがとう」の語源をあらわした物とされています。

そんな仏教的な言葉をタイトルにして日常の小さな偶然の奇跡的な出来事を描いた志賀さんの原作を、タイの方が選らんでドラマにするという事にとても興味をそそられます。

タイは人口の95%が仏教徒だと言われています。

その、タイの方々が、短編の内容をどのように理解し、また、アレンジして表現されるのかとても気になります。そして、現在のタイの社会情勢や、文化、風習などの要素も入ってくるだろうと予想されますので、興味が増します。

さらに個人的には、志賀直哉さんが「仮りに偶然としてもただ偶然だけではなく、それに何かの力の加わったものである事は確かだ」と語られている部分をタイの方がどういう理解を示されるのかが、気になります。

偶然だとしてもそれは人の努力や思いが生み出した必然なんだと語られているように私は自身は思います

 
盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡~は、NHKとタイの公共放送局がコラボして作った作品ということなので、おもしろそうだなと思いました。

日本文学の名作を、タイを舞台として描くなんて、とても新しいしどんなふうに出来上がるのかが楽しみです。

原作は、志賀直哉の盲亀浮木ですが、志賀直哉が80歳の時に発表した小説だということに驚きました。

だけど、逆に歳を重ねているからこそ人生を俯瞰して捉えられ、趣深い内容になっているのかもしれないなと楽しみにしています。

ストーリーは、盲亀浮木の寓話になぞらえて、身の回りで起こった数々の寓話が描かれていくそうだけど、どんな出来事が起こるのかが気になります。

きっと、それぞれ起こった寓話が、一つにつながっていくんだろうけど、その繋がる様子はとても心地いいんじゃないかなと楽しみです。

また、舞台がタイということなので、タイらしさも出る作品になるといいなと思いました。

志賀直哉さんの小説とは少し違うテイストになるかもしれないけど、それはそれで新しくて良い作品になりそうです。

さらに、タイの公共放送局がなぜ志賀直哉さんの作品を選んだのかということも気になりました。
それはドラマを見たらわかるのかもなと楽しみです。

志賀直哉の短編の一つである盲亀浮木がタイを舞台にドラマ化されると聞いて興味を抱きました。

盲亀浮木という言葉には人生においてなかなか起こり得ないような偶然が重なって生まれた奇跡のような出来事という意味がありますが、タイを舞台にどのような奇跡が見られるのかとても楽しみです。

タイのドラマや映画は今までに一度も見たことがありませんが、旅行で訪れたことはあります。田舎町を訪ねた際に野犬が人々の日常に溶け込み、共生していた様子が印象に残っています。このドラマでも犬が登場すると知り、日本とは異なる人間と動物の関わりが描かれるのではないかと思います。

また、志賀直哉は愛犬家だったことで知られていますがこの作品を通して彼の動物愛が感じられる場面があるのかという点にも注目しています。

ドラマを通して普段は知ることができないような日本とタイの文化や生活習慣の違いを感じることができたらと思います。特にタイの子供たちがどのように暮らしているのか、食生活なども気になります。

コロナウイルスの影響でタイに渡航することは難しくなってしまいましたが、この作品を通じてタイへの理解をより深めることができるようになればと思います。放送を楽しみにしています。

まとめ

 
つい一月ほど前にタイに住んでいる翻訳家の知人が数年ぶりに新作の本を出していた為に、最近個人的にタイに思いを馳せることが多くなりました。

そのエピソードとこの作品とは別に全く関係がないのですが、その知人から聞くところのイメージではタイの人は非常にざっくばらんというか、大雑把でおおらかな国民性なのかなという雰囲気を感じます。

そんな国民性があるタイで、何故わざわざ志賀直哉の盲亀浮木を撮影しようと思ったんでしょうか。タイは仏教国であり、それで盲亀浮木が伝えようとしているテーマから何か感じる部分があったのかもしれません。

ストーリー自体は志賀直哉の盲亀浮木と全く一緒なのかも気になる部分です。

といってもわざわざタイで撮影している点や、原作の盲亀浮木にはCGでもなければ撮影しにくいエピソードがある点から、アレンジがあることはほぼ確実でもありますが。

タイ国営放送と連携して製作したのだから、タイで撮影したからこそ伝わってくる盲亀浮木になっていると良いと思います。日本で撮影するのと同じような内容になってしまってはつまらないですしね。

ただ、この作品の良さ自体を映像作品で伝えられるかという点に関しても疑問はあります。
文章であり、主人公の独自があるからこそ伝わる部分もあったと思うのです。
それを映像でどう表現していくかも見ものだと思います。

まず、アジアの子どもたちを取り巻く社会状況の相互理解を目的としているという番組のコンセプトが素晴らしいなと思いました。民法の番組ではなかなかありません。

同じ地球に住む子どもたちがどのような生活を送っているのか興味があるし、それを知ることで何気ない日々の見方が何か変わるかもしれないと思います。

そして取り上げる内容もすごいなと思いました。

日本文学を現代のタイを舞台に描くとは一体どんな作品になるのでしょうか。

まず日本人であるのに志賀直哉の盲亀浮木といく小説を知らなかったので、まずはそれを知るきっかけになるといいなと思います。

志賀直哉さんは有名ですが、名前をよく聞く城の崎にてや、暗夜行路ではなく、この作品を取り上げるところにNHKの製作のすごさを感じます。

あらすじを見るかぎりではどんな映像になるのか全く想像もつきません。盲目の亀が起こした小さな奇跡となぞらえて、どのようにストーリーが進んでいくのか注目して見ていきたいと思います。日本文学が海外の人の目にはどううつるのかというのも気になります。

また、タイが舞台ということで、全くしらないタイの風景やタイの人々の暮らしを間近で見られることを期待しています

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡/ドラマ/nhk/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡無料視聴/再放送/見逃し配信