ドラマ

盲亀浮木 動画 ドラマNHK(もうきふぼく)(日本×タイ)無料視聴(2020年3月28日放送)

もうきふぼく盲亀浮木 動画 ドラマNHK(日本×タイ)無料視聴(2020年3月28日放送)
 

2020年3月28日18時5分から『日本×タイ ドラマ「盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡~動画」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盲亀浮木/
ドラマ動画無料視聴はこちらをクリック

 

盲亀浮木 /ドラマ/3月28日番組内容

 

NHKとタイの公共放送が協力して制作。原作は志賀直哉の『盲亀浮木(もうきふぼく)』。志賀直哉晩年の原作は、大洋をただよう浮木を求めて、百年目に海底から首を出した目の見えない亀がたまたま木に一つしか開いていない穴から首を出した、という「盲亀浮木」の寓話になぞらえて、身の回りで起こった偶然を描いた、滋味あふれる短編。現代のタイを舞台に日本文学の名作がよみがえる。主人公の男に起こった小さな奇跡とは。

 

盲亀浮木 キャスト

 

アンクリット・アシャチャリヤーソーポン,パカワット・タンホーム

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡動画ドラマストーリー性

 
志賀直哉の短編「盲亀浮木」をNHKとタイの公共放送がドラマ化、現代のタイを舞台にし出演者はタイの方たちのようです。この国際協力ドラマはアジアの子どもたちを取り巻く社会状況の相互理解を目的とした子どもドラマシリーズとか。

05年から開始されこれで17回目。盲亀浮木という言葉はなかなか巷で聞くことはありませんがめったにないことのたとえ(百年に一度だけ水面に浮かび上がる目の見えない亀が漂っている浮木のたった一つの穴に入ろうとするが、容易に入ることができないという寓話に基づく←NHKのサイトだとこの亀が、たまたま木に一つしか開いていない穴から首を出した書いてありましたが…)。

原作は身の回りで起こった偶然の数々を描いた作品で「軽石」「モラエス」「クマ」という3つの話から成っています。劇中写真では犬を連れた人が写っているようなので、いなくなった犬(「クマ」という名前)を偶然見つけることができた…という「クマ」はあり(に違いない)、海岸もあるので「軽石」(拾った軽石の二つがピッタリという偶然)もあり(に違いない)、「モラエス」は?(夢に符合して訪ねてくる人の話)ワンちゃんが出てきそうなので楽しみ。どんな味わい深い作品になっているでしょうか。

 

盲亀浮木 ドラマ動画楽しみな点

 

志賀直哉の作品というだけでもとても興味のある内容だとおもいます。加えて、100年以上も昔の原作が今となって短編小説になっていること、かつタイの公共放送と協力して制作したということについても興味が尽つきません。

『盲亀浮木』という作品は今回初めて聞いたものですが、あらすじにある盲目の亀が主人公で浮木を追い求めているというのもこの作品の結末がとても気になります。この日本文学の名作が現代のタイにどんな興味を持たせたのか、今回のドラマは「盲亀浮木」を基に何を描きたかったのか、視聴者の我々に何を問いかけているのか気になって仕方がありません。また、このドラマの主人公に起こる小さな奇跡というのも気になります。

原作の作品名から「盲亀の浮木」を調べると「めったに巡り合わない」という意味だと知りました。この意味から日本語の「有り難い」という意味に近いと思い、タイの方は今回の作品にめったに巡り合わない有り難さというものを小さな奇跡として表現したいのではないかと考えました。

モノや情報にあふれている今般、有り難さについてあまり感じない現代ではとてもぴったりな内容だと思い、その点についてもおもしろそうだと感じました。

 

盲亀浮木 nhk動画配信視聴者感想

 
日本が舞台の原作が、タイを舞台にしてドラマ化されるみたいでどんな風になるのか想像つかなくて面白そうだと思いました。

アジアの子供たちの現状を幅広く理解してもらうことを目的とした企画ということで、確かに私も日本以外で暮らす子供たちの現状については詳しく知らないし、興味を持ったこともなかったなと気づいたので、このドラマを見て少しでもアジアの子供たちがどんな風に生活しているのかを理解出来たらいいなと思います。
私みたいな人はたくさんいると思うので、より多くの人がこのドラマを見てアジアの子供たちの現状を知ったり、今の自分に出来ることを考えるきっかけになったらとてもいいと思います。

今回でこのプロジェクトは17回目になるそうですが、これからもずっと続けていってほしいプロジェクトだと感じました。

原作は少し難しそうで本で読むのはハードルが高いけど、映像化されることでハードルも下がると思うので普段はあまり本を読まない人にも作品が知ってもらえるいいきっかけになりそうだと思います。

50年以上も前に書かれた日本の小説が、タイの人の心を打ってドラマになるなんてなかなか無いことだと思うので最初から最後までしっかりと見届けたいです。

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡/ドラマ/nhk/pandora、dailymotion、など無断投降の違法性の危険性まとめ

 

無断で引用することは楽ですが、それはオリジナルを作成した人の努力をかき消す行為だと考えています。

文章ならまだしも動画などを投稿するのは、ありえません。

その作者さんがどれほどの時間や努力をかけたかも知らないで自分の投稿の観覧数を増やしたいがためにやっていると思うとても悪質で、他人への配慮がないのだなと思います。

ブログなどに投稿するのであれば自分が作ったかのような発言をするのではなく純粋に引用としてのせればいいと思います。なぜ自分のものにしたいのかがわかりません。

TwitterなどのSNSアプリで同様な行為をやっている人は本当に理解ができません。というのも、Twitterなどではリツイート機能というものがあり、簡単にほかの人にその投稿をシェアすることができるのです。なので「この動画面白いな!

皆にも見てもらいたいな」と思うのであれば純粋にリツイートボタンを押せばいいのです。

なのにわざわざその動画をキャプチャーして自分の投稿かのように普通にSNSにアップロードするのでたちが悪いと思います。

最近ではそのような行為をする人は冷たい目で見れらるような風にTwitterではなりつつあり、それらの投稿のコメント欄は批判が多いです。

そのような現状でもその行いようをする人たちを私は理解できません。

無断引用や無断転載してブログやSNSにアップすることで、アクセス数を上げようとする人がいます。ただ、この行為の大きな問題は無断引用・無断転載した人を取り締まったところで、一度ネットにアップしてしまった情報は完全に取り消すことが難しいという点にあります。元の情報を削除しても、他の人が拡散していたり保存しているとその人を起点として再び情報が広がってしまうのです。

テレビ映像は著作権によって守られていますが、そこで定められている「映像や音声」の定義が曖昧な部分があります。

引用をすることで著作権に抵触せずにネットやブログに投稿することが許されていますが、この引用が正しくされていない投稿がとても多くなってきています。

それは、SNSなどでの文字数制限があったり、正しいネットのマナーが浸透していないことも関係しています。現在は誰でもネットに情報を簡単に公開することができることと、ネットに公開することは時間をかけずに即座に行うことが出来ます。

一呼吸おいて考える時間がない分、皆がやっているから大丈夫という大衆意識により、法律の範囲が認識できていないのです。

また、ネットに投稿することを違反だと思っていない、つまり悪質性のない投稿をしている人たちも多くいます。

自分がやっていることの違反性をわかっていない人たちをどのように取り締まっていくかということが今後の大きな課題になると考えられます。

 
盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡/ドラマ/nhk/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡無料視聴/動画