ドラマ

麒麟が来る 11話 動画/11話/再放送無料3月29日見逃し配信

麒麟が来る11話 動画/11話/無料再放送3月29日見逃し配信

放送地域にない方2020年3月29日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる(11)「将軍の涙」』が放送されます

 

麒麟が来る 11話動画11話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 11話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)11話/ /番組内容

竹千代を手に入れた今川義元(片岡愛之助)は尾張への侵攻を開始する。窮地に陥った尾張は、美濃の斎藤道三(本木雅弘)に兵を出すよう依頼するが、美濃はまとまらない。

番組内容
竹千代を手に入れた今川義元(片岡愛之助)は尾張への侵攻を開始する。窮地に陥った尾張は美濃の斎藤道三(本木雅弘)に援軍を依頼するが、美濃の国衆は道三に従わず、兵は出せない。光秀(長谷川博己)は道三の使者として再び尾張へとぶ。

 

麒麟がくる 第11話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,西村まさ彦,川口春奈,伊藤英明,片岡愛之助,高橋克典,本木雅弘,

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画11話までの感想、ネタバレ、レビュー

 

〈駒の命の恩人〉
駒は光秀のことが忘れられず、仕事も手につきません。

そんな中、伊呂波太夫の旅芸人の一座が京にやって来ており、太夫と再会します。

太夫は東安の家に寄り、尾張の話をします。

駒は太夫に美濃に行って来たことを話すと、光秀の名前を太夫が知っており、心がざわつきます。

太夫は顔が広く、信秀や久秀とも交流があったのでした。

太夫は駒を団子屋に誘い、駒が一座に来たときの話をします。

そして美濃から帰ってきてから駒の様子がおかしいと東安が心配していると言う太夫。

光秀を好きでもかなわないと太夫に話します。

でも火事から助けてくれた命の恩人が美濃の人だとわかったというと、太夫は駒を助けた侍は桔梗の紋の入った着物を着ていたと母から聞いたと言い、それを聞いた駒は家に戻り、牧から貰った扇子を開き、命の恩人は光秀の父親だとわかり、心が引き裂かれそうになるのでした。

〈三河の情勢悪化と揺らぐ和議〉

1549年、天文18年11月、三河と尾張の国境にある三河の領地の安城城に今川の軍が攻め込んできたのでした。

安城城は落ち、城を守っていた織田信広は捕らえられてしまいます。

三河の情勢悪化は道三の耳に入り、光安と光秀は稲葉山城に呼ばれます。

信広と竹千代の交換の話が出ていると光安と光秀に話し、光秀は織田との今後のことについて道三から意見を求められます。

光秀は信秀が信広を見殺しにはできないのではというと、道三は見殺しにすればまだ信秀は見所があるといい、呆気にとられる光秀に道三は尾張に行き、情勢を探るように言います。

道三の無茶ぶりに怒りながら、光秀は帰蝶に会うことを口実に尾張に向かうことに。

尾張の末盛城では、信長が信秀に竹千代を今川に引き渡すことはならないと抗議していました。

信秀は信広が命を救おうと竹千代と交換しようと考えますが、信長は信広は戦下手だから捕らえられた、自業自得、信広を見殺しにすればいい、三河の次期当主の竹千代は渡さないといい、末盛城を去って行きます。

それでも信長に家督を継がせようとする信秀に、土田御前は信勝のほうがふさわしいと言いますが、順序をかえれば良からぬ事が起きると土田御前の最初の子供である信長に家督を継がせることを譲らないのでした。

光秀は尾張の熱田で菊丸に会い、菊丸に味噌を用意させ、那古野城に運ばせるのでした。

那古野城への道中、菊丸は光秀に那古野城に行く理由を譲らない尋ね、光秀は帰蝶のご機嫌伺いとはぐらかしますが、竹千代が那古野城に移されたと言う話を聞いたという菊丸に光秀は初耳ととぼけます。

三河を案じる菊丸に、光秀は竹千代は尾張に残るほうがいいのかと菊丸に聞くと、竹千代が生きていればどちらでもいいと言います。

帰蝶に面通しをした光秀。
菊丸は味噌を運ぶために席を外します。

帰蝶と話していると、信長が帰ってきます。

帰蝶が光秀のことを先日話した鉄砲に詳しいものと話すと、信長は一丁の鉄砲を光秀に渡し、どこで造られたか当てるようにいうのでした。

光秀は渡来のものではなく、近江の国友村の助太夫や徳左衛門が作ったというと、信長は助太夫に作らせたと光秀が当てたことに喜び、茶を振る舞います。

信長は浜で光秀に会ったことを覚えており、浜にいた理由を光秀に聞きます。

帰蝶に命じられて信長がどのような人物か探っていたと話します。

信長は釣りに出たのは昔に土田御前に大きな魚を釣って誉められたからだ、しかし最初だけで土田御前は誉めてくれなかった、しかし漁師は誉めてくれ、魚を売れば皆が喜ぶ、それが楽しいと話しました。

そこに竹千代が那古野城に信長が会いにやってきて、信長は帰蝶と光秀も同席するように言います。

将棋を指したいという竹千代の申し出を断る信長。

広忠の首を取ったことを気にしていた信長に、竹千代は母を見捨て今川についた広忠は討たれて当然といいます。

それを聞いた信長は光秀と帰蝶に席を外させ、竹千代と将棋を指します。

信長は光秀と明日鉄砲の話をしたいと会う約束をして竹千代との将棋に戻ります。

信長は竹千代に信広との交換で今川に行くことをどう思うか聞きます。

竹千代は今川は討つべき相手、敵の(–;)を知るために今川に行ってみたいと言います。

そしてその様子を天井裏から菊丸が覗いていたのでした。

感想と次回考察

切ない駒の恋のエピソードから始まったと思いきや、やはり戦国の乱世。

今川の軍が動き出します。

信長の考え方というのがよくわかる展開でした。

腹違いの兄の信広に情は掛けず、戦下手は死んで当然、情より大局を見るべき。

竹千代も切れ者で、広忠を殺した信長を許し、信長に助言を求める豪胆さ。

天下人同士の会話は違いますね。

信勝との家督争いの伏線が張られていきますね。

信秀が死んだあと対立する信長と信勝。

信長によって信勝は殺されるのですが、土田御前の信長への行動が引き起こした結末と考えると皮肉なものです。

土田御前が信長に愛を注いでいれば事態は少しは違っていたのかもしれません。

次回はついに頼芸が不満を露にし、光秀が信長の助言で美濃、尾張平定のために義輝のもとに向かうようです。

頼芸ももうすぐ道三の手によって美濃から追放されますね。

足利義輝も三好長慶と対立が始まったころで1549年の6月に戦をしているので、その後の京に光秀は向かうわけですね。

今川も動きだし、桶狭間の戦いまで動乱が続きそうです。

 

麒麟が来る第11話動画(大河ドラマ)までの感想、

 

麒麟(きりん)がくる』の楽しみな点、面白そうな点について

 信長は、いかに両親に愛されていないのか、信長の考えた婚礼の引き出物に激怒された件で、良く分かります。

結局は、父の葬儀の際、位牌に焼香を投げつけています。

そして信長は帰蝶に会ったときから、運命的のものを感じて、また帰蝶も素直で、孤独で、自分の似た境遇信長を愛したのだと思います。

これから本能寺の変までずっと寄り添っていくのだなと思うと心が痛みます。

一方、幼いころから好意を持っていた帰蝶に、美濃の国のため、信長との縁談を進めた光秀は、かなり寂しい気持ちだっただろうなと思います。

光秀を好きだった駒も、光秀の気持ちを知ってしまい、気の毒に思った。

ちょっとだけ疑問に思うのは、この時代でも従兄妹同士の恋愛はありなんでしょうかね。

そして失意の光秀は、幼馴染のひろこに出会うらしいです。

光秀は幼馴染に縁がありますね。後に正妻になるのです。

ちなみ光秀はかなりの愛妻家で側室も持たなかったと聞きます。

そんな中、駿河・遠江の権力者、今川義元との対峙、そして人質の竹千代こと徳川家康とのからみもこれから、楽しみです。

ドラマでの光秀と竹千代との初対面は、信秀の屋敷でした。

その竹千代が成長して、信長のご接待を受る立場となり、接待係の光秀は・・・ 

光秀、信長そして家康と・・・

これからワクワクします。

 

麒麟が来る第11話動画11話までのみんなの感想

 

帰蝶が織田信長に輿入れすることになります。信長と帰蝶の結婚というのは歴史の教科書でも習ったことですが、実際にこの二人がどんな関係だったかは、あまり聞いたことがありません。

歴史で学んだことを思い返すと、信長の子供はみな側室が産んでいたはずですし、帰蝶との間に子供はいなかったと思われます。

果たして、この二人は仲が悪かったのでしょうか、それとも、戦略的に子供を作らなかったのでしょうか、日常生活での接点ややり取りはどうだったのでしょうか、など疑問点がありますが、この辺りについて、どのように描かれるのかが楽しみです。

また、光秀と帰蝶は仲の良いいとこですが、帰蝶は光秀のスパイのような役割も果たしていくのでしょうか。

このように帰蝶に関しては、いろいろと気になることがあります。代役として注目されてきた帰蝶も川口春奈のイメージが定着し、徐々に落ち着いてきたと思いますし、今後さらに出番も増えていくものと思われます。

そして、さらにしっかりとしていき、信長の正室としての役割を果たしつつ、そのイメージが我々の脳裏に定着していくことでしょう。

これからの「麒麟がくる」におけるヒロインである、若くて美人の帰蝶にも注目していきたいと思います。

 

まとめ

 
帰蝶が信長と婚姻をしたことで、美濃はしばらくの間は静かになりそうです。

光秀にとっては、帰蝶の望みを叶えられなかったり高政との関係が悪くなったりと辛い決断でした。

しかし、初めて道三の領民に対する想いとそのために必要な海の話を聞いたことで、すでに彼の心は決まっていたようです。

光秀が出発したことで帰蝶もすぐに彼の想いを理解していました。

駒が感じていたように帰蝶には、光秀に対し親戚以上の想いがあったのかもしれません。

そして、帰蝶と信長の生活が始まります。

2人が協力して鉄砲を撃つ場面や信長が実母の土田御前に嫌われていることは有名で他の作品でも描かれています。

しかし、帰蝶が信長の前に土岐家との政略結婚をしていたことは、この作品で初めて知りました。

共に親に大事にされていないという寂しい想いが、2人の絆となっていくようです。

光秀にも婚姻の話が出てくるようで、物語もしばらくの間は尾張が中心になりそうです。

ただ、しばらく先になるとしても、この婚姻で一番の見せ場は道三と信長の対面です。

染谷さんと本木さんが、対峙する姿を想像するだけでワクワクしてきます。

2人が向かい合う場面で、隠されていた信長の非凡さを染谷さんがどのように演じるのかとても気になります。

その時を迎えるまで、静かに待ちましょう。

 

麒麟が来る動画11話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 11話/無料視聴フル