ドラマ

エール ドラマ/動画 1話(3月30日)(3/30)(20200330)~最新話無料視聴まとめ

エール ドラマ/動画 1話(3月30日)(3/30)(20200330)~最新話無料視聴まとめ

 

2020年3月30日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第1話動画の記事です

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ
 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ /番組内容

 

いよいよ始まる「エール」第1回! 福島出身の青年が、歌手を目指す女性と出会い、激動の昭和を駆け抜けていく。人生を音楽とともに歩んだ夫婦の物語がスタートします!

番組内容
激動の昭和という時代、音楽の力で人と人とを結んで勇気づけたある夫婦の物語。昭和39年、10月10日、東京オリンピック開会式の日。聖火ランナーが東京の街を走り、国立競技場でまもなく開会式がはじまろうという時、会場に来ていた古山裕一(窪田正孝)が姿を隠してしまう。あわてて裕一を探しまわる妻の音(二階堂ふみ)。裕一は、自分が作曲した開会式の音楽を皆が受け入れてくれるか不安だったのだが、その時…

 

エール ドラマ動画キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,唐沢寿明,菊池桃子,中村蒼,萩原聖人,渡辺憲吉,加藤満,

語り
津田健次郎

 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHKみどころ

『エール』の面白そうな点は、「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」等の耳馴染みのある曲の作曲者であるにもかかわらず、あまりその人生を知らない古関裕而さんをモデルにしているところです。

ヒット曲を作り、音楽の力で人々を元気付け、戦時歌謡を作るなど時代に流されながら、音楽に寄り添って生きた人物の姿を少しでも知ることができるのはとても貴重な機会ですし、興味深いと思います。

また、波乱万丈な物語に再構成されてお話を描かれているということで、ドラマとしてお話を楽しむことができるのも、とっつきやすくて楽しみにできると思いました。

音楽にまつわる物語であり、音楽担当の方も当時のサウンドを学ばれつつ当時の音を再現されたということで、お話の中で耳にする音にも期待して観たいと思いました。

また、花子とアンの木場朝市役で活躍された窪田正孝さんが主役の古山裕一を演じられるということで、どんな演技が見られるのかも気になるところです。

そして、古関夫婦の物語をモデルにしているところもあり、やはり二階堂ふみさん演じる古山裕一の妻になる関内音にも注目したいです。

夫の才能を信じる妻の姿は女性としては必ず感銘を受ける点があると思います。

夫の夢を支えながら自らの夢も追い続ける女性の姿を見届けたいです。
 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日/ネタバレ

 
二階堂ふみさんの演技力は毎回驚かされます。

バラエティー番組などでお見掛けすると、すごくかわいらしい感じなのにも関わらず、映画ではとんでもないような役も多く、普段と全然違うと思うことばかりでした。

今回の朝ドラ「エール」では、作曲家の夫を支えながら、自らの歌手という夢を追う女性を演じられるとのことで、二階堂さん本来が持っていらっしゃるかわいらしさや明るさ、やさしさが存分に発揮される魅力的な女性を見れるのではないかと楽しみにしています。

そして、二階堂さんの表情にはいつもどこか強さを感じることも多いので、今回の役の強く生きる女性にぴったりなんではないかとすごく期待しています。

そして、二階堂さんのくるくると変わる表情がすごく好きなので、このドラマでもいろんな二階堂さんの表情を見ることができたらいいなと期待しています。

特に笑顔がかわいらしくて大好きなので、ドラマ中でも二階堂さんの笑顔を楽しみにしています。

また、窪田正孝さんとの夫婦役ということもすごく楽しみです。

窪田さんも男前だと思うので、窪田さんと二階堂さんは絵になるような美男美女夫婦となるんじゃないかなと楽しみです。

そして、お二人とも演技も実力派で、お上手だと思っているので、相乗効果で素晴らしい作品になることを期待しています。
作曲家・古関裕而の妻・金子さんがモデルであり常にポジティブ、要するに明るく前向きな関内音役を演じることが分かりました。

金子さんの生まれ故郷である愛知県豊橋市はとにかく祭りが盛んで、ドラマの中では外海も登場するので、何よりも自然を感じることが考えられます。

一方、裕而さんがモデルとなった古山裕一を演じる窪田正孝さんを一生懸命支える役でもあり、「結婚しても歌手の夢はあきらめない」という強い意志を持っているところがあります。

自分と正反対な性格、要するにネガティブ、つまり、気弱で内向的で不器用なことから学校でもみんなにいじめられがちな裕一とひょんなことから知り合います。

そこで2人が文通をはじめ、恋に落ち、互いに音楽の道を歩もうと決めます。

結婚後も音は歌手を目指していることから本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学します。

常に頭の中にメロディーが鳴り響く裕一は音楽家を夢見るようになり、作曲家に目覚めるようです。「裕一さんならできる!」と音は夫を励ますことが欠かせません。

古関裕而さんの代表曲である「オリンピック・マーチ」は1964年に開催された東京オリンピックのテーマ曲として有名で、視聴者にとって、最も期待できそうです。

エール ドラマ/動画 1話 3月30日/感想

2020年3月30日から放送されるNHKの朝ドラ「エール」。

朝ドラといえば主人公は女性が多いですが、今回の「エール」は男性が主人公でいつもとはちょっと違った感じになりそうで楽しみです。

主人公の古山裕一さんを演じるのは、窪田正孝さんで、朝からイケメンが見られるとあって期待大です。

そして、他の出演者は唐沢寿明さんや菊池桃子さんなど、朝ドラはいつもキャストが豪華ですが今回も楽しみです。

物語は多くの名曲を生み出すことになる作曲家のお話のようで、現在放送中の「スカーレット」とは全く違う世界観が楽しめそうです。

老舗の跡取りとして育てられた男性のお話で、何だか苦労せずに育っていそうで、朝ドラ特有の苦労して頑張って何かを成し遂げた感がどのように描かれるのか見ごたえがありそうだと思いました。

最初の舞台は福島県のようで、最近は関西が舞台の朝ドラが多かったのでその点も魅力に感じました。

そして、時代は明治から戦時中も描かれ、今とは全く違った時代背景に興味がわきました。

そして、最近ニュースにもなっていましたが、柴咲コウさんが出演することが決まり、最近テレビであまり拝見することのなかった柴咲コウさんが朝ドラで見れることが楽しみすぎます。

「スカーレット」から引き続き「エール」も楽しく見たいと思います。

まとめ

 

2020年のテレビ小説「エール」は凄く面白そうです。

福島県の有名人ってあまりいないよなと思っているのですが、古関裕而さんという素晴らしい作曲家がいたことを誇りに思います。

様々なスポーツに関連する曲を作っていたことはもちろん知っているのですが、この歌も作っていたの?とびっくりするような曲もあります。

「高原列車は行く」「モスラの歌」など、こんな有名な曲まで作っていたことを知らなくて福島県民の私も改めて驚きました。

窪田政孝さんが主人公で、古関さんをモデルにした古山祐一さんというキャラクターの人生を演じます。

野球の応援歌などの多くも彼が作ったわけですが、どんな気持ちで曲が生まれたのかとなど、そういう所もドラマに描かれたらいいなと思います。

興味があるのは戦争時代のことですね。

戦時中は軍歌のような戦争に関する曲作りをしていたわけですが、とても複雑な気持ちで曲作りをしていたと思います。

でもその後東京オリンピックの曲を作ったりと明るい未来が待っているわけなのですが、改めて古関裕而さんは素晴らしい日本を代表する作曲家だと思います。

みんなが知っている六甲颪も彼の曲ですし、野球好きな人にもこのドラマを見て欲しいです。
今回の面白そうな点は、呉服屋さんに生まれた待望の長男がなんだか頼りない感じなのに、音楽とであって世界が変わっていくというところが魅力的だなと思っています。

なにも取り柄がないなんて生きていてもしょうがないと思うことの方が多い気がしますがこの方はそんなことにならないで良かったと思う反面、自分がう食った歌でどんどん戦争で亡くなっていってしまうなんて気持ちが辛いことと思います。

私自身なんの取り柄もなく今まで過ごしてきて、やっぱりどこか生きている心地がしないような感じを感じられるのでしょうか、このままではいけないなと思うことが多いので、そういうところで才能に目覚めたということをやるようなのでこれをきっかけに私も何か才能が発揮できればいいのにななんて思っています。

役者さんとしては二階堂ふみさんが出ていますのであの方の独特の雰囲気を感じとることができればと思います。

また、昔ながらの着物姿も拝見できると思いますので、気物好きの私にとってはとても気になるところです。

着方などを参考にしながら着物を着るときの参考になればいいなと思います。

なかなかじっくりと鑑賞できそうな作品だと思っていると同時に心境が複雑でもあります。

二階堂ふみさん演じる関内音さんが歌手になるという夢を懸命に追い求める姿が目に浮かびます。

私も昔、バンドを組んで演奏していたことがあり、同じく音楽の夢を追う女性として共感できる部分が多々あると感じています。

舞台は大正時代ですが、その時代の女性たちが自分の夢をもち自らの力でたくましく、力強く、そして美しく生き抜いていく様子が描かれることをとても楽しみです。

私はどんな時も私たちのそばには音楽があり、その音楽が持つ力で人々を勇気づけてきたと信じています。

戦時中、日本が混乱の渦に巻き込まれる中、いつもそばにあった音楽の力を信じて奏続け、人々に勇気と希望を与られる存在を夢見て様々な困難に出会っても諦めないヒロインの姿は、現代の人々の心を打ち、勇気付け、見た人全員にエールを届けるのではないかと感じています。

音楽と共に二階堂ふみさん演じる関内音さんがどのように成長していくか、そして関内音さんによって周りの人々がどのように変化していくのかとても注目しています。

音楽に人生をかけ、大きな夢を抱き挑戦を続ける2020年の朝ドラ「エール」は、今からとても放送が待ち遠しくワクワクしています。

このドラマはきっと毎朝私たちの心にエールを届けてくれると思っています

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール動画1話