バラエティ倉庫

グレーテルのかまど(2期)動画/ 続編/フジコヘミング2020年3月29日~最新話を無料視聴で見る方法

グレーテルのかまど2期/動画/ /続編/フジコヘミング2020年3月29日~最新話を無料視聴で見る方法

 

2020年3月30日22時からNHK Eテレで『グレーテルのかまど「フジコ・ヘミングのカルトッフェルプッファー」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グレーテルのかまど/動画/2期/2020年3月29日~最新話を無料視聴
 

グレーテルのかまど/番組内容

 

苦難の人生を歩みながら、60歳を過ぎてブレイクした“魂のピアニスト”フジコ・ヘミング。懐かしい父の思い出を重ねる、生まれ故郷ドイツのスイーツとは?

番組内容
ドイツ・ベルリンで生まれたフジコ・ヘミング。ドキュメンタリー番組をきっかけに注目を集め、80歳を過ぎた今も、情熱的な演奏で世界を魅了し続けている。大好きなスイーツが、りんごのソースをかけて食べる、ジャガイモのパンケーキ・カルトッフェルプッファー。父の思い出を重ね、いまどのように味わうのか?ヘンゼルは、じゃがいもを使った素朴なパンケーキを初体験!

 

グレーテルのかまど 出演者

 

瀬戸康史,


キムラ緑子

 

グレーテルのかまど/動画/2期/2020年3月29日~ユーザーレビュー

 
楽しみな所は、ピアニストのフジコ。ヘミングさんの思い出のお菓子を作る所です。
故郷のドイツのお菓子という事でどんなお菓子になるのか楽しみです。

フジコ・ヘミングさんの絵日記に書かれていたお菓子ですが、戦後の食糧事情もうかがえますね。

貴重なジャガイモを使って作ったお菓子なのでより味わい深かったと思います。
フジコ・ヘミングさんの父親との思い出話も興味あります。
ジャガイモをすりおろして作るパンケーキなので野菜キライの子供でも美味しく食べれるスイーツですね。

冷蔵庫にジャガイモは、あると思うのであとは、リンゴを買ってすぐに作れますね。
日本でも作りやすいドイツのお菓子だと思いました。

この番組の面白い所は、著名人の思い出のスイーツを作る所です。

どんなスイーツを食べているのかが、分かる所が、面白いです。

そのスイーツを瀬戸康史さんが、手際よく作ってしまう所も見どころです。

童話の世界に迷い込んだようなスタジオでスイーツを作るのでまさにヘンデルとグレーテルに登場するお菓子を作っていた魔女のキッチンみたいなフインキを味わえます。

瀬戸康史さんのお菓子つくりの腕前が、見事です。
 
60歳を過ぎてからブレイクしたフジコ・ヘミングさんの思い出のおやつで、ドイツの『トッフェルプッファー』という、おやつだそうです。

『トッフェルプッファー』は、すりおろしたじゃがいもを焼いてリンゴのソースをかけて食べるそうですが、日本では、すりおろしたじゃがいもを焼いた後、塩や砂糖醤油などで味付けをして、子どものおやつなどによく出されます。

基本はジャガイモで同じ材料を使ったおやつなのに、文化の違いが味付けの違いに出ているところが今回の見どころだと思います。

日本の味付けに慣れ親しんでいても、フルーツを使ったソースにすることで、ドイツのおやつに出来るなら、一度作って食べてみたいです。

60歳を過ぎてからブレイクし、80歳を過ぎた今でも世界を魅了する演奏を続けるフジコ・ヘミングさん。フジコ・ヘミングさんが亡くなったお父さまを思い出しながら、
『トッフェルプッファー』を食べるときの表情を想像すると、とても楽しみです。

その味は80歳を過ぎたフジコ・ヘミングさんを子ども時代に戻してくれると思います。

グレーテルのかまど/動画/2期/2020年3月29日~最新話をみんなの感想

 
その甘味への見方も変わる事があるほどです。

そしてこの番組のもう1つの特徴が聞いた事がない甘味を何度も何度も紹介してきた事です。この甘味は地元のどこかで売っているのかというほど珍しい物の時もあります。

今回もまさしくそれで文字を見ただけではどういうものか全く想像がつきませんしそれ以前に舌を咬みそうな言葉でまともに読む事すらできません。

逆に言えば全く知らないからこそどういうものか大変好奇心も湧くというものです。

さてとこれはどんな甘味なんだろうとワクワクしながらHPを覗いてみました。

そしたらこの甘味なら1度味わいたい、もし可能であるなら自分でも作って味わいたいと思えるほどでした。

ジャガイモもリンゴもパンケーキも好きですし、ジャガイモのパンケーキにリンゴソースを掛けるとどのような食感でどのような味になるのだろうかと想像がつかないので1度どのような味なのかぜひと思いました。

その辺りはフジコ・ヘミングさんのこの甘味に対する思い入れや気持ちを知る事ができればどんな味か想像もつきそうです。

 
フジコさんの過去のエピソードは興味深いです。

濃そうな話が聞けそうですね。80歳を過ぎてまだピアノの演奏をされているって、凄いですね。この番組では、フジコさんの思い出のスイーツ、カルトッフェルプッファーが紹介されるとのことですが、ジャガイモをすりおろして作ったパンケーキに林檎のソースをかけた物なんですね。

とても美味しそうで、是非レシピを知りたいです。

戦後、14歳の時に書いていた絵日記には、食料が乏しい中でも甘いものを作って楽しんでたとの事ですが、その絵日記の実物が番組で紹介されたら良いですね。その絵日記に書かれているのが、このカルトッフェルプッファーで、分けてもらった貴重な食材で作ったなんて、泣ける話ですね。お父様の思い出も話されるのでしょうね。

このカルトッフェルプッファーを食べると、当時が蘇るのでしょうね。

戦後のドイツの話を聞ける貴重な機会です。フジコさんは、現代の日本人が経験した事のないよう苦労をされたのでしょうね。

まとめ

 
グレーテルのかまどは、フジコ・ヘミングさんのドイツでの思い出の味である故郷のスイーツということなので、どんな味なんだろうかと楽しみにしています。

そのスイーツが、りんごのソースをかけて食べる、ジャガイモのパンケーキ・カルトッフェルプッファーというそうだけど、ジャガイモでパンケーキだなんてどんなふうに出来上がるんだろうかと気になりました。

りんごのソースは、ヨーロッパで「大地のりんご」とも言われるりんごのピュレということなので、これはきっとすごく甘くて美味しいんだろうなと思いました。

このパンケーキは、戦後、物資の乏しい中でも甘いものを作ったということなので、きっと思い出の味になったんだろうなと思います。

分けてもらった貴重なジャガイモを使ったなんて、子供の時だったら、すごくワクワクするようなデザートだったんだろうなと楽しみです。

フジコ・ヘミングさんが14歳の頃に描いたという絵日記があるというこなので見てみたいなと思いました。

そこには何が書かれているのかとても楽しみです。

また、何十年の時を経て、今もう一度このデザートを食べた時、どんなことを思うのか気になります。

思い出がたくさん蘇ってくるんだろうなと思いました。

 

グレーテルのかまどは毎回ビデオ録画して見ています。

瀬戸くんが弟役のヘンゼルで、自由奔放なお姉さんのグレーテルのためにお菓子を作るという設定が面白いですよね。
瀬戸くんとかまどのやりとりも毎回面白いです。

この番組でお菓子作りをしてきて、かなり上手になった瀬戸くん。

最近はお菓子を作る作業も手慣れてきましたよね。

たくさんお菓子を作ったので、もうそろそろお菓子のネタも無くなってきたんじゃないのかななんて思うのですが、今回はフジコ・ヘミングさんのカルトッフェルプッファーを作るみたいです。

というか、カルトッフェルプッファーってなんでしょう?初めて聞いたお菓子の名前です。

なんでも、カルトッフェルプッファーはドイツのお菓子で、ジャガイモのパンケーキなんだそうです。

ジャガイモのパンケーキって初めて聞きました。ドイツらしいな、という感じがしますね。

ジャガイモなので、パンケーキの生地自体は甘さはあんまりないのかなあ、と思います。

りんごのソースをかけていただくみたいなので、それで甘さを出すのでしょうか。
ドイツの素朴なパンケーキという感じで良いですね。

グレーテルのかまど/動画/2期/2020 youtube【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】テレビ本編は見れないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グレーテルのかまど/動画/2期/2020年3月29日~最新話を無料視聴