ドラマ

エール/ドラマ/動画/2話/3月31日無料視聴(3/31)まとめ

エール/ドラマ/動画2話/3月31日無料視聴(3/31)まとめ

 

2020年3月31日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール ドラマ第2話動画の記事です

 

、今すぐに放送後の本編を見たい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール ドラマ/再放送 3月31日/NHK無料視聴ネットサイトまとめ
 

エール ドラマ第2話動画youtube公式NHK/番組内容

 

内気な少年・裕一(石田星空)は、ガキ大将の村野鉄男(込江大牙)に目をつけられてしまう。将来天才作曲家と呼ばれることになる男の少年時代を、ぜひご覧ください!

番組内容
明治42年。福島の県下有数の老舗呉服屋「喜多一」の店主・古山三郎(唐沢寿明)とまさ(菊池桃子)に、待望の長男・裕一が誕生する。三郎は大喜びで当時はまだ珍しいレジスターを奮発して買ってしまったほど。…それから10年。両親の愛情をたっぷり受けて育った裕一(石田星空)は、不器用で内気な少年で、同級生からもいじめられがち。乃木大将と呼ばれるガキ大将の村野鉄男(込江大牙)にも目をつけられてしまい…。

 

エール ドラマ第2話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,唐沢寿明,菊池桃子,中村蒼,萩原聖人,渡辺憲吉,加藤満,

語り
津田健次郎

注目のキャストは、森山直太朗さんです。
人気歌手の森山直太朗さんが、俳優として出演するという事で楽しみです。
表現力が、豊かなので演技の方も期待しています。

裕一の小学校の担任で音楽に力を注いている役柄なのでドラマ中にきれいな歌声を聴けるのも楽しみにしています。

音楽をテーマにしているドラマなので森山直太朗さんは、ピッタリの配役だと思います。
そして、中村蒼さんにも注目です。

NHKドラマ「赤ひげ」で船越英一郎さんと共演して若手医師の役柄を熱演していたので今回の出演も楽しみにしています。

ガキ大将から作詞家になるというギャップのある役柄なので子供の頃の大牙と大人になってからの大牙の性格にも注目です。

ガキ大将でありながら詩を愛するロマンチックな一面を持つ所が、魅力的な役です。
主人公の窪田正孝さんも期待の注目キャストです。

実力派若手俳優として着実にキャリアを積んできたので今回のドラマも期待しています。

音楽に情熱をかたむける役柄なので夢中で詩を書いている姿など楽しみでしています。

主人公は、マジメで純粋な青年なので好感のもてる主人公だと思いました。

ドラマなので主人公の若い頃か高齢になるまでを描くのでそこも注目です。

エール ドラマ/動画2話3月31日/ネタバレ

 
NHK連載テレビ小説「エール」の注目キャストについて、一番の注目キャストは主演の窪田正孝さんです。このところずっと女性主演のドラマが続いていましたが、ここへきて男性主演のドラマとなりました。

窪田正孝さんといえば、様々なドラマに主演として出演されており最近はプライベートでも結婚をし公私ともにものすごく順調にいっている俳優さんです。演技力とすれば、表情が豊かであり、シリアスな作品からギャグ的な作品まで幅広くこなしているのがすごいと感じました。

ヒロインである二階堂ふみさんの演技も注目しています。

昨年は「翔んで埼玉」に主演として出演され、かなり気合の入った演技で話題となりました。
今回は王道ドラマのヒロインともあり、演技の幅がものすごい二階堂さんがどれぐらいの演技力を見せてくれるのか期待しています。

あと、二階堂ふみさんの姉役で出演される松井玲奈さんも注目しています。

松井玲奈さんといえば、もとSKE48の一員として活躍していました。

最近は女優業をメインで行っており様々なドラマに出演されています。

個人的には、ドラマの主演を飾れるほど魅力的な方だと思っているので、このドラマでどのような演技を見せてくれるのか注目しています。

人類にとっての音楽をちょっと振り替えって、昭和39年の東京オリンピックでの古山裕一(窪田正孝)と妻の様子が。

2話からは、裕一が生まれそこから10年というところを描くんですね。

父三郎(唐沢寿明)の浮かれっぷりが観られましたが、親にこんなに喜ばれて生まれてくるのは幸せですよね。

喜びのあまり走り出してしまう夫、生んだ可愛い我が子を抱いて妻のまさ(菊池桃子)も幸せでいっぱいでしょうね。

裕一が生まれたのは明治42年の福島県。将来天才作曲家になっていくなんて事は、この時はまだ誰も知るよしもなく。そんな男がどんな少年時代を送っていくことになるのかをこれから楽しく見守っていきたいですね。

裕一の家は、福島の県下有数の老舗呉服屋。

そんな喜多一は、店主である三郎夫婦の間に待望の長男が生まれ喜びに沸いている様子。

三郎は奮発して当時はまだ珍しかったレジスターを買ってしまうほどの浮かれ様。

暴走しがちな夫に、ちょっと冷静な妻という夫婦なのかもしれませんね。

その頃はまだレジは珍しいんですね。

きっと今よりもずっと高価なんでしょうね。

そしてレジがなかったなら、今までよりもグッと仕事も便利になるでしょうね。当時のレジがどんな形だったのかも観られるんですね。

 

エール ドラマ/2話動画3月31日/NHKみどころ

 

特に、裕一と音がどんな夫婦なのかということが、たった何分かのやりとりですごくよく伝わってきたのが良かったなと思いました。

裕一は作曲家だというくらいだから、変わり者で自信家な感じなのかと思っていました。
それなのに、全くの真逆でかなりびっくりして笑ってしまいました。

オリンピックの開会式の曲を任されるほど音楽家として認められていながら、自分の作った曲がもしかしたら評価されないかもしれないなんて、ものすごく不安がってておもしろかったです。

そして、そんな才能はあるけど自信のない裕一を支えている奥さんの音のキャラクターがすごく良いなと感じました。

尻に敷いているという感じではなかったけど、とても強い女性で、きっとここまでくるまでも、裕一の自信のなさを補いながら共に生きてきたんだろうなというのがよく伝わってきました。

おしどり夫婦という感じではないけどと言われていたけれど、とてもステキな夫婦だなととても思いました。

自分の母校の小学校の校歌や、戦争を終えた長崎の歌などなど、いろんな曲を世に送り出しているということなので、ぜひその曲を聴いてみたいなとこれからがとても楽しみです

 
森七菜さんが注目キャストだと思います。主役のお二人は、昔から大人気の俳優さん、女優さんで演技もとても楽しみですが、そこでさらに注目したいのは、まだお若く経歴も少ない森さんです。

ドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」にもクラスメイトの一人として出演され、また天気の子でも圧巻の演技力を見せつけている森さんですが、まだ18歳と大変お若く、フレッシュで清楚な印象を毎回与えてくれます。

それと同時に力強い演技を見せてくれて多くの視聴者が心を惹かれていると思います。

そんな森さんが今回、ヒロイン・二階堂さんの妹役として出演されて、どのような演技を見せてくれるのか、そしてどれほど世間に影響を与えるのか、注目されることと思います。

NHKのドラマは昔から、駆け出し中のお若い俳優さん、女優さんが多く起用されてきました。

ドラマの演技力が世間で話題になり、さらに有名になっていく、という道すじは今輝いている若手女優、若手俳優の皆さんも辿っているのではないでしょうか。

今回始まるエールでは、森七菜さんが歴代の俳優女優の方々と同じように注目されて、今後もより一層輝き、日本のドラマや映画などエンターテイメント業界で活躍されることになると思います。

エール ドラマ/2話動画 3月31日/みんなの感想

 

テーマソングはどんなものか楽しみにチャンネルを合わせましたが、いきなり山が噴火したりフラッシュモブでプロポーズしてフラれるシーンが流れて驚きました。
今日はテーマソングが流れないのかな?と思っていたら、エンディングで流れてまたもや驚きました。

明日からはオープニングで流れるのか、これからもエンディングで流れるのか、テーマソングの行方がまず気になってしまいました。

明治生まれの主人公なのでもっと古風な雰囲気のドラマになるかと思いましたが、オープニングで音楽の素晴らしさを紹介するシーンでインパクトある文字が流れてきて、現代的なものを感じました。

古い時代のストーリーは退屈に感じて苦手意識がありましたが、このオープニングのシーンで面白くなりそう!と思いました。これからエールを見るのが楽しみになりそうです。

また、私も楽器をやっていて音楽が大好きなので、主人公の裕一や音に共感することが多くなるのかなと思いました。

オリンピックの開会式のシーンを見ていると裕一はとても繊細で心配になりますが、それを妻である音がしっかり支えていて微笑ましいふたりでした。
これからふたりの出会いやふたりにとっての音楽が描かれていくかと思うと、とても楽しみです。

 

エール ドラマ/動画2話ユーザーレビュー

 

オープニングの曲がなくて、しかも紀元前1万年から話が始まるとは斬新な演出でした。
音楽がいろいろなシーンで人々に悲しみやエールを送ってきたことを映像で見せたのは面白かったです。

窪田正孝のフラッシュモブも面白かったです。

みんなで踊り出すのはインパクトがあって良かったです。

しかもオチまでついて。

幼少期に入る前にラストをしっかり描くのも、今までのパターンと違っていてびっくりです。

東京オリンピックの音楽という大役を果たした主人公の素晴らしさと、臆病な性格、それを励まして支えたであろう妻の二人の姿が良かったです。

ちらっと出てきた警備員が萩原聖人なのはビックリでした。

二人の仲の良さそうな雰囲気がすごくいい感じで表現されていて、これから半年間見るドラマの安心感をすごく感じました。

ラストシーンをしっかり見せた後での、主人公の生まれた明治へ話が飛んで、いよいよ始まるなという感じになって楽しみですワクワクしてきました。

そしてオープニング曲へ。

最後にオープニングを持ってくるのは斬新だなと感じました。
Greeeenの曲も良かったです。

音楽の持つ楽しさや、応援する感じがすごく表現されていました。
これから半年間、毎朝が楽しくなりそうでうれしいです。

 

 

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エールドラマ動画2話