バラエティ倉庫

ネコメンタリー/動画/見逃し配信(2020)尾崎将也,NHK無料視聴4月1日2020年

ネコメンタリー/動画/見逃し配信尾崎将也,NHK無料視聴4月1日2020年

 

2020年4月1日22時50分からNHK EテレでOAの『ネコメンタリー 「尾崎将也とグーとばななとロビンとダリと鏑とさくら」』の記事です
 

見逃した方、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ネコメンタリー/動画/見逃し配信NHK無料視聴
 

ネコメンタリー/番組内容

 

もの書く人と愛猫との日々を描く異色ドキュメント。「結婚できない男」などで知られる脚本家・尾崎将也編。6匹の猫たちを愛しつつも翻弄される暮らしとは?朗読は阿部寛。

番組内容
もの書く人のかたわらにはいつも猫がいた。今回は「梅ちゃん先生」「結婚できない男」など数々の人気ドラマの脚本を手がける尾崎将也。動物を飼うことに興味がなかったにも関わらず、いつの間にか6匹の猫と同居。表情も執筆のペースも崩さない泰然自若の脚本家と自由奔放な猫たち。関心がないように見えながら「すべて家族」と断言する、そのまなざしに6つの個性はどう映っているのだろうか?ドラマさながらの?ユーモラスな日々

 

ネコメンタリー 出演者

 

出演
尾崎将也,

朗読
阿部寛

 

ネコメンタリー/動画/見逃し配信NHK無料視聴ストーリー性

 
猫好きは必見!

『ネコメンタリー』は、猫のドキュメンタリー。

作家や脚本家、文筆業などものをクリエイトする人々の周囲に猫がいた…。

大作家で『バカの壁』を執筆した養老孟司さん、角田光代さんなど有名作家のそばには猫がいたエピソードを聞くと、どんな猫が執筆活動に役立ったのか、インスピレーションのおともをしたのか気になるのが私たち。

過去には絵本作家のますむらひろしさんも登場したネコメンタリー、今回は尾崎将也さんのお宅に潜入。

グー、ばなな、ロビン、ダリ、鏑、さくらの計6匹の猫を取材します。

実は、尾崎将也さんってどなた?何をしてらっしゃる人なの?と思う人も多いかもしれませんが有名ドラマの『まだ結婚できない男』の脚本を執筆。

『特命係長只野仁』シリーズや「g@me」にもかかわっています。

『まだ結婚できない男』のようなブラックユーモアのあるようなドラマを手がけていて、ヒット作を生み出すのも大変だと思います。

その背景には猫たちのサポートがあった…?

猫好きは猫が動いている様子や人とかかわっている様子だけで楽しいと思いますし、有名人のお宅に潜入できるのも貴重。

猫と作家さんがどういった日常をくりひろげているのかも見ることができるドキュメンタリー。

これは猫好きはもちろん、作家ファンも必見です。

 

ネコメンタリー動画/見逃し配信 楽しみな点

 

梅ちゃん先生で有名な脚本家、尾崎将也さんが、6匹の猫ちゃんと一緒に同居しているんですね、初めて知りました。

物を書く人と、愛猫ちゃん達との日々を描く異色のドキュメンタリー番組すごく楽しみです。

私は、猫が大好きで、小さいころから、実家には猫がいて、最高やはり6匹いました。

動物は死ぬので、それが嫌ですね。

猫は、自分の死期を悟ると、飼い主のもとから去ることが多かったです。

猫と一緒に過ごして、脚本をかく、楽しそうで、状況が目に浮かびます。

仕事もはかどるでしょうね。

猫は癒しになるので、大好きです。

猫カフェ大好きですが、山口市内は、無いです。東京には沢山あるのでしょうね。

やはり、猫と一緒に住まれているので、優しい目線で、ドラマをかかれるのでしょうね。

視聴率も高いと思います。

是非、4月1日、NHK Eテレを犬が大好きな主人と、猫が大好きな私が、見ようと思います。

NHKは、猫の番組が多いですね、大好きです。

ネコメンタリーという題名も興味がわきます。

猫派、犬派に分かれますが、やはり動物を飼われている方は、優しい方が多いです。

猫は、お散歩させないでいいので、飼うのに楽ですよね。

実家では、もう親が年なので、飼っていませんが、最後の黒猫たまは、なんとかわいい猫でした。

中堅ハチ公のような猫で、母が朝お寺へお参りの時、お見送りで、玄関
先で待ち、帰ると、母にたわむれていました。

ネコメンタリー今から楽しみです。

 
ネコメンタリー「尾崎将也とグーとばななとロビンとダリと鏑とさくら」は、物を書く人のそばにはいつも猫がいたというのがなんだかすごく良い光景なんだろうなと感じました。

物を書く人の傍に猫がいるというだけで、もうなんだか文学的な感じがするなと思いました。

今回は、人気ドラマの脚本を手がける尾崎将也さんと猫の生活を取材したそうだけど、尾崎将也さんは6匹もの猫を飼っているというからびっくりしました。

かなりの愛猫家なんだろうなと楽しみです。

ドラマの脚本などを書くようなすごい人を猫が支えているというのも面白いなと感じました。

尾崎将也さんは猫のどんなところが好きで、どんなふうに仕事に対するパワーをもらっているのか気になります。

6匹全員が家族だと公言しているそうなので、自分の子供たちのような感覚なんだろうなと思いました。

尾崎将也さんには、6匹の猫がどんな風に映っているんだろうかと楽しみです。

また、6匹の猫たちの可愛らしい姿も見てみたいなと思いました。

自由奔放な猫といっても、家族同然のようにご主人に愛されていたら、かなり尾崎将也さんに懐いているんじゃないかなと楽しみです。

猫たちの姿に癒されたいなと思いました。

ネコメンタリー 動画/見逃し配信視聴者感想

 

題名から、制作側の猫愛が溢れているので、それだけでこの番組が猫を愛する人たちと感覚を共有するために作られたということがわかります。

ネコメンタリーって、登場人物は有名な脚本家なのに、主役は猫だということをしっかりアピールしているのでしょう。

脚本家の名前のあとにずらずらと続く猫たちの名前が、猫が格下のペットではなく、人間と同程度の権利を有する存在として扱われていることがわかります。

これだけの猫愛が感じられるのですから、内容も、単にかわいい猫を紹介するような企画ではなく、猫と愛のある生活を送っている男の映像であることを期待しています。

有名な脚本家のようなので、彼は彼でかなり個性的な人なのだと推察します。

個性的でないと、脚本という作品はかけないと思うのです。

実際、かなりマイペースの泰然自若な人みたいですね。

そんな個性的な人が、気ままな猫たち、しかも6匹と生活できるというのが結構な驚きでした。

でも猫は人と触れ合うことをあまり好まない場合もあるので、ほどよい距離感が良いのでしょう。

無関心に見えながら「すべて家族」と言い切る、と番組紹介で書いてあるので、べたべたしすぎない姿が想像できます。

単に接触があればいいというものではないという、人間の対人関係でも参考にできるような姿がこの番組で放送されるのではないでしょうか。

この7人のふれあいから、色々学ぶことができそうです。

 

まとめ

 

私は脚本家の尾崎将也さんと言うかたを詳しく知らなかったので少し調べてみたのですが梅ちゃん先生の方だったんですね!

すごい方が今回中心人物となって番組に出演されるんだなと思いました。

そして猫を6匹も飼っているなんて、どんな感じで過ごしているんだろうと言う気持ちになりました。なかなか六匹も飼うとなるとエサ代とかが大変だと思うのですがどうなんでしょうか。なかなか難しいと思いますし私だったら無理です。

そんな感じで物書きをされているなんてすごいなと思うのでどんな感じでお仕事されているのか気になっています。

また、語りが阿部寛さんなので私はあの方の低いしっかりとした声がものすごく好きなのでいいなと思っています。阿部寛さんの語りでいろいろなことがわかりそうなのでゆっくり待ったりしながら過ごせそうな気がしています。

そして主人公はどうやってあの梅ちゃん先生のような作品を書くことができたのか、詳しく知りたいので楽しみにしたいと思います。今回はきっと主人は興味ないかなと思うので私一人でまったりと見ようかなと考えています。なかなか一人でゆっくりと見れる時間がとれないので録画をするかもしれません。猫との暮らしを見てのんびりしたいです。

 
ネコメンタリー 動画/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ネコメンタリー 動画/