バラエティ倉庫

ネコメンタリー 猫も、杓子も/動画/見逃し配信/再放送/尾崎将也,NHK無料視聴4月1日2020年

ネコメンタリー//再放送/尾崎将也,NHK無料視聴4月1日2020年

 

2020年4月1日22時50分からNHK Eテレで『ネコメンタリー 「尾崎将也とグーとばななとロビンとダリと鏑とさくら」』が放送されます

 

見逃した放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ネコメンタリー//NHK無料視聴
 

ネコメンタリー/番組内容

 

もの書く人と愛猫との日々を描く異色ドキュメント。「結婚できない男」などで知られる脚本家・尾崎将也編。6匹の猫たちを愛しつつも翻弄される暮らしとは?朗読は阿部寛。

番組内容
もの書く人のかたわらにはいつも猫がいた。今回は「梅ちゃん先生」「結婚できない男」など数々の人気ドラマの脚本を手がける尾崎将也。動物を飼うことに興味がなかったにも関わらず、いつの間にか6匹の猫と同居。表情も執筆のペースも崩さない泰然自若の脚本家と自由奔放な猫たち。関心がないように見えながら「すべて家族」と断言する、そのまなざしに6つの個性はどう映っているのだろうか?ドラマさながらの?ユーモラスな日々

 

ネコメンタリー 出演者

 

出演
尾崎将也,

朗読
阿部寛

 

ネコメンタリー/見逃し配信/NHK無料視聴ストーリー性

 
超有名な脚本家の「尾崎将也」さんが手がけるドキュメンタリーなので凄く興味があります。

過去にも面白いドラマを数多く手がけていらっしゃるの方のリアルな猫とのドキュメンタリーなのですごく面白そうなと思います。

脚本家の日常を普段知ることが出来ないのでどのような日々を過ごしているのか、どういうながれで素敵な作品が生まれるのかを見れるのが楽しみです。

中々、脚本家と動物のコラボレーションのドキュメンタリーは珍しいと思ったので色々含めて楽しみです。動物を飼うことに全く興味がなかった「尾崎将也」さんが6匹の猫をきっかけにどのように変化していくのかを拝見するのが楽しみです。

猫と脚本家の異色の組み合わせがいい味をだしてくれそうだなと思います。

猫の自由奔放な良い部分がドキュメンタリーに花を添えてくれそうだなと思いました。

このドキュメンタリーを見たらどんな風にして素敵な作品が生まれるのか、ヒントが見えそうだなと思いました。

普段見ることがない素の部分を見るのが一番楽しみです。また、朗読は大ファンな阿部寛さんということでその点もすごく楽しみです。

すごく深みのある低い声、渋さ、でダンディーな声質が感じがこのドキュメンタリーにぴったりだと思います。

ネコメンタリー/ 見逃し配信楽しみな点

 
楽しみな点は二つあります。一つ目の楽しみな点は脚本家の生活を知れるところです。今回は人気ドラマの脚本を数多く手掛けている尾崎将也のドキュメンタリーということで、どのように執筆されているのか、また私生活はどのように過ごされているのか気になります。

そして二つ目の楽しみな点はただ生活を追うのではなく、一緒に暮らしている猫にも注目したドキュメントであることです。

人物に密着するドキュメンタリーはよくみますが、人だけでなく一緒に住んでいる猫たちにも焦点を当てているのは珍しいと思います。

また、6匹の猫を飼われているということで、それぞれ6匹の猫達はどんな子でどんな特徴があるのか気になりますし、飼い主である尾崎さんとどのような暮らしをしているのかも気になるところです。

また、尾崎さんはもともと動物を飼うことに興味がなかったそうで、なぜ今6匹もの猫を飼っているのかその心境の変化にも興味がありますし、猫たちのことをすべて家族と断言しているそうで尾崎さんの猫への愛の深さも垣間見れるのではないかなと期待しています。そして尾崎さんの暮らしは猫に翻弄されているということで、どのように翻弄されているのか、翻弄されている姿も面白そうです。

作家さんと猫って絵になりますよね。
今回、脚本家の尾崎将也さんは6匹の猫ちゃんと暮らしているとか。

タイトルにある、グー、ばなな、ロビン、ダリ、鏑、さくらが猫ちゃんの名前なんでしょう。

猫好きとしては6匹の猫ちゃんの姿が見られるだけで幸せです。もう、ただただ猫ちゃんが動き回る姿を見ていたいです。

猫ちゃんを飼っている作家さんは、作品に猫を出したり、猫エッセイを書いたりするイメージですが、そういうのはないんでしょうか。

尾崎将也さんの作品は原作のある作品が多いように思うので、制限があるのかもしれませんが、ご自身の猫感などを書いて欲しい気もします。

そして、猫好きとはいえ6匹も飼うというのは相当の猫好きだと思います。

最初から6匹ではないでしょうから、どういう経緯で猫を飼うようになり、何故6匹まで増えていったのか。そこは興味がありますね。

そして、売れっ子脚本家さんの猫ちゃんと暮らすご自宅がどんな感じなのか、見られたら嬉しいです。

猫好きの方のお家は、キャットウォークなど猫ちゃんが喜ぶ作りになっていることが多いので楽しみですね。もともと動物が大好きで猫を飼い始めたわけではない脚本家の尾崎将也さんがなぜ1匹の猫と一緒に暮らす生活を始めたのか、その後どうして次々と猫の匹数が増えていくのか。

きっとそこには猫と一緒に生活している人にしかわからない猫の魅力がじわじわと感じられる何かがあるのでしょう。

猫の魅力に取りつかれた方は猫のいない生活は考えられない、と話されることが多いのですが、きっと尾崎さんも同じように自由奔放な猫との共同生活の中でご自身が気付かないうちに猫の魅力に取りつかれ、ペットではなく家族として共同生活を送っていくこと毎日の心地よさを感じられているのだと思います。

6匹の猫と一緒なら仕事もご自身の思うとおりに進まないこともあるかと思うのですが、それすらも楽しんでお仕事をされていらっしゃるのかな、と想像すると、猫のいない生活を送っている人にも猫のいる生活の面白さや味わい深さを感じられる日常を垣間見れるところがとても興味深いです。

阿部寛さんの落ち着いた声で朗読されているることで、大げさな表現のない、尾崎さんと猫のいつも通りの穏やかな生活風景を感じられる番組になっていると思います。

夜更けの静かな時間帯の放送ですのでお茶を飲みながらゆっくりと猫の魅力を堪能したいです。
 

まとめ

 
動物を飼う事に興味の無かった尾崎さんがなぜ猫を飼うようになりそして6匹と同居になったのかが気になります。

私も長年猫を飼っていますが1匹でも日々癒されつつ翻弄されています。

1匹でも甘ったれなので要求激しいです。

結婚して今まで猫と縁の無かった主人も今や猫の虜になりおはようから始まって寝る前にも話しかけています。

とはいえ6匹は大変なのでは?と思いますし執筆中も可愛く邪魔してくれそうな気がします。

にゃんこの自由奔放さ、甘え方は猫によっても個性があるので6匹のにゃんこ達の甘え方や表情にも注目かなと思います。名前も欧米系の名前と和名半々なので同じ猫種ではないのかな?

純血種も雑種もそれぞれ可愛いのでネコメンタリー楽しみです。

猫達と尾崎さんの日々の猫達との生活に阿部寛さんのナレーションに癒されそうな番組だと思います。

ネコメンタリーという事なので猫目線で尾崎さんの日常をドキュメンタリーにするのか客観的に猫重視でドキュメンタリーにするのか番組の目線にも注目したいと思います。

総評

個人的には名前からばななちゃんが気になっています。あまり明るい話題の少ない昨今なので癒し系番組に家でのんびり就寝前のリラックスタイムに癒されたいと思います。

もの書きと飼い猫との関係というよりも共生を描いた、ネコ好きにも作家という人種に興味がある人にもお勧めの「ネコメンタリー」が再び登場します。

今回はドラマ「特命係長只野仁」や「鬼嫁日記」などの脚本家である尾崎将也さんと6匹の猫です。

個人的には尾崎さんというと福士蒼汰さんが出ていたドラマ「お迎えデス」が好きでした。それにしてもネコを6匹も飼ってらっしゃるんですね。

名前もそれぞれ個性的で「グー」「ばなな」「ロビン」「ダリ」「鏑」「さくら」です。

それぞれどうしてその名前をつけたのかというエピソードだけでも25分はあっという間に過ぎてしまいそうですね。尾崎さんはそもそも生き物に興味がなかったというのに、6匹ものネコと住むことになったのはなぜなのでしょうか?

まあネコ好きならば、それがネコというものだ、と言われれば納得してしまいますが、人それぞれ、ネコそれぞれに様々な理由があるのでしょう。

いずれにせよ6匹のネコとの暮らしは羨ましくもあり、大変そうでもあります。

尾崎さんとネコたちの距離感みたいなものを見て、いずれネコを飼う時の参考にしたいなとも思います。コロナウイルスとか不穏な雰囲気も、6匹のネコたちに癒してもらえそうだと期待しています。

もの書きと飼い猫との関係というよりも共生を描いた、ネコ好きにも作家という人種に興味がある人にもお勧めの「ネコメンタリー」が再び登場します。

今回はドラマ「特命係長只野仁」や「鬼嫁日記」などの脚本家である尾崎将也さんと6匹の猫です。個人的には尾崎さんというと福士蒼汰さんが出ていたドラマ「お迎えデス」が好きでした。それにしてもネコを6匹も飼ってらっしゃるんですね。

名前もそれぞれ個性的で「グー」「ばなな」「ロビン」「ダリ」「鏑」「さくら」です。

それぞれどうしてその名前をつけたのかというエピソードだけでも25分はあっという間に過ぎてしまいそうですね。尾崎さんはそもそも生き物に興味がなかったというのに、6匹ものネコと住むことになったのはなぜなのでしょうか?

まあネコ好きならば、それがネコというものだ、と言われれば納得してしまいますが、人それぞれ、ネコそれぞれに様々な理由があるのでしょう。いずれにせよ6匹のネコとの暮らしは羨ましくもあり、大変そうでもあります。尾崎さんとネコたちの距離感みたいなものを見て、いずれネコを飼う時の参考にしたいなとも思います。コロナウイルスとか不穏な雰囲気も、6匹のネコたちに癒してもらえそうだと期待しています。

 
ネコメンタリー /pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ネコメンタリー /