アニメ

アルテ/アニメ/動画 1話 無料視聴/4月4日/放送地域/関西/大阪/北海道/静岡などに放送局がない時に見る方法

アルテ/アニメ/動画1話無料視聴!放送地域/関西/大阪/北海道/静岡などに放送局がない時に見る方法

 

2020年4月4日22時からTOKYO MX『アルテ 1話動画(アニメ)』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アルテ動画1話
 

アルテ /アニメ第1話動画番組内容

 

舞台は16世紀初頭イタリア・フィレンツェ。絵画や彫刻などの芸術が盛んなルネサンス発祥の地。そんな活気ある華やかなる時代に、貴族の娘として生まれたアルテは、物心ついた頃から絵を描くことに夢中となった。しかし女性がひとりで生きていくことに理解がない時代、好きなことをまともにすることも許されなかった。

結婚してまともな生活をしてほしいと願う母親に反発し、アルテは画家になるべく工房への弟子入りを志願する。同じ後悔なら自分の望むことをして後悔したいー時代の流れに抗って、画家になる道を選んだ少女・アルテの物語が始まる。

 

アルテ キャスト

 

アルテ(小松未可子 )
レオ(小西克幸)
アンジェロ(榎木淳弥 )
ヴェロニカ(大原さやか)
ダーチャ(安野希世乃)
ユーリ(鳥海浩輔)
カタリーナ(M・A・O)

 

アルテ/アニメ/動画1話ストーリー性

 

楽しみな所は、貧乏貴族のアルテが、画家を目指す所です。

現在のように女性が、夢を持ち一人で生計を立てるという事に理解が、ない時代に画家になるというアルテの勇気は、すごいです。

舞台が、イタリアという所も面白そうです。

ルネサンス発祥の地で芸術にあふれているイタリアでアルテは、どんな人物と出会い画家として学んでくのかも楽しみです。
注目は、画家工房の親方のレオです。

無愛想ですが、弟子の事をきちんと面倒みてくれる頼れるキャラクターです。
渋い大人の魅力を感じます。

アンジェロは、アルテに恋をしそうですね。

年齢的にもお似合いのカップルになりそうです。

しかし、アルテは、恋愛より絵に夢中だと思うのでアンジェロが、アルテを振り向かせるのは、苦労しそうです。

ユーリもアルテに興味を持っているのでアンジェロとの三角関係になりそうです。

アルテを通して登場人物達も生き方をかえてきそうな所に注目です。

農家の娘のダーチャは、アルテに文字の読み書きを教わる事で今までとは、ちがう価値観ももちそうです。

ソフィアも自分の意見を言えずにいましたが、女性として自立しようと奮闘するアルテをみて考え方をかえそうな所に注目です。

アルテが、どんな絵を描くのか楽しみです。

 
職人として成功したいと願って人生を突き進むヒロインアルテの姿が描かれる作品となっています。普通なら貧乏な立場から這い上がるために頑張るというのが定番なところを、今作の主人公アルテは裕福な貴族の出なのに、画家になるという厳しい道を行きます。

貴族の立場に甘んじず、親の七光にも頼らず自分で自分の身を立てようとする強い生き様に感動すると思います。

凛として美しく、心は芯が取って強い。現代の日本社会にも求められる強い女性像が見られて、見ると気分が良いものになると思います。

時代柄、女性が一人で職業人として食べていくのが難しいとされる世界設定になっているので、きっとアルテは多くの困難にぶち当たるはずです。

多く登場する人物たちや流れる時代とも付き合って、衝突して助けられて前に進むという女性のサクセスストーリーが見られるのが楽しみです。

キレイな西洋世界でファンタジーのような雰囲気もあるのに、やることはしっかりとリアルな社会に向き合う女性を描くという硬派な物語性が気に入りました。

中世の西洋建築、キャラクターの優雅な衣装、そしてヒロインはじめキャラクター画の美しさが気に入りました。可愛いヒロイン達の物語が見られるのが楽しみです。

アルテ/アニメ/動画1話 楽しみな点

 

アルテは大久保圭さんによる日本の漫画で大久保さんの初連載作品であり作者大久保さんにはルネサンス期のイタリアを舞台を描きたいという熱意があり、その熱意に編集がほだされる形で連載が始まったと言われていましたので、どのくらい大久保さんがルネサンス期のイタリアについて漫画に取り入れられるのかが気になりました。

背景とかはこっているけど設定や目標がきちんと定まっていてぶれない感じがいいですね次代に逆らって生きる女性の物語は最近は、あまりやらないような気がします

日本の女性はもうそういう時代じゃなくなったんだろうと思うから。

男女差を均等にしてよ。と叫ばなくなったというべきかな日本もだいぶ進んだんだなあと感じます。

でもこの物語は頑張る少女の物語偏見をこえて女性画家の道を歩むそこへ協力してくれるやさしい男性の画家さんも出てきて道が開かれていくでも彼女はとてもお金もいの家の子と言う設定女性を捨てても画家になりたいなんて面白い子ではある応援してあげたいまっすぐさを備えている腕を磨いてコネを使って?画家としてのお仕事をしていくんだろうなあ原作は小学館らしいので夢を持っている子供たちに人気なのでしょうね

次代が違ってもないかを目指すのは大変なことまっすぐ進む姿に影響される子供もたくさんいると思いますフィレンツェを描いているらしく背景がオシャレになっています主人公の絵もさっぱりとしているけれどかわいらしく女性的な感じがしますね。

 

アルテ/アニメ/動画1話 視聴者感想

 
月刊コミックゼノンで連載中の大人気マンガがついにアニメ化されるということで、自分自身ワクワクしています。

このマンガは16世紀ルネサンス期のイタリアのフィレンツェを舞台としているのですが、ルネサンス期のイタリアを舞台にしたマンガというのは、他にあまりないので自分は興味深く楽しんで読んでいました。

主人公のアルテは、天真爛漫で明るい性格で負けん気がとても強い女の子なのですが、恋愛などには疎くてその描写なども読んでる読者からするとキュンとすることもよくあります。
今コミックスは全12巻まで出ているのですが、アニメはどのエピソードまで話が進んでいくのかというのも非常に楽しみな点です。そしてアニメスタッフもとても豪華で、主題歌が声優の坂本真綾さんが歌い、監督はアニメ版テニスの王子様の監督を務められた、浜名孝行さんということで非常に期待が持てます。浜名さんが監督を務めるので、男性だけではなく女性の方にも人気が出そうなアニメとなる予感がします。

そして肝心の声優陣もまた豪華キャスティングで嬉しい限りです。

主役のアルテにプリキュアの香久矢まどか役でおなじみの小松未可子さん、その他にも小西克幸さんや鳥海浩輔さんなど一線級のかたが声を当てられているので、声優ファン的にも放送が非常に楽しみなアニメになっています。

。舞台が、16世紀初頭のイタリア フィレンツェっていうのがいいですね。

浪漫があります。絵画や彫刻などの芸術のさかんなルネサンスの発祥地ですよね。

貴族の娘として生まれたアルテは、物心がついた頃から、絵をかく事に夢中、夢がありますよね。私は、絵の才能がないので、ある人がうらやましいです。

絵を鑑賞するのは好きです。一応芸術短大を出ています。

彼女がの親が、彼女が普通に結婚をするのを望む気持ちも良くわかります。でも、アルテは、画家になるべく、工房へ弟子入り、立派です。

同じ後悔するなら、して後悔する、なかなかたくましい女性ですね。共感します。

私も、しないで、後で後悔するより、して後悔する方が好きです。彼女の生き方を、見たいと思います。

どういう展開になっていくのか、楽しみです。

画家ってかっこいですね、最近画家になるドラマはなかったように思います。

私の好きな分野なので、毎回ように見ようと思っています。

彼女から生き方を学びたいと思います。かっこいい生き方ですね。
 

まとめ

 

アルテを支えるレオに注目したい作品です。

レオは、芸術の世界へ足を踏み入れたアルテの師匠となる人物です。

社会の中心が男性という時代に女の子であるアルテを弟子に迎え入れるなんて、レオの懐の広さは素敵だなと感じます。

ただ、レオのキャラクター設定は「無愛想」のようなので、「レオって優しい」とため息が出る場面は少ないのではないかと思います。

目をパチパチと瞬きさせるようなうっとりする機会があるというよりは、レオの態度や言葉から「うわっ、そういう優しさ、愛情表現もあるのか」と勉強になりそうです。

現代社会に照らし合わせると、レオが上司でアルテが部下という関係でしょうから、レオの振る舞いを参考にすれば、実生活で生かせる「上司の在り方」が身に付きそうです。

そもそも、レオは時代の流れに逆らうアルテを迎え入れる側の人間です。

相当、胆が据わっていないとレオ自身も危うい目に遭うでしょう。

アニメ「アルテ」の世界は、現代社会でも難しいとされる男性と女性の共存がテーマでもあるとも思います。

女の子であるアルテが男性の社会に飛び込むのも勇気がいるでしょうし、反対にレオが女性であるアルテを弟子にするのも覚悟がいることです。

なので、主人公アルテの気持ちを汲み取れるレオがどんな活躍を見せるのかに注目していきたいです。

 

女の子が主人公のアニメは、見ているだけで共感できそうです。

アルテは貴族という身分は高いのですが、中でも貧乏階級というそこそこなお育ちなんです。

周囲からは羨望の眼差しを受けるけれど、同種からは舐められるような立場というのは、アルテだけでなく働く女性達には理解しやすい設定なのではないかと感じます。

イメージすると、「なんであの大学にいったあなたがここで働いているの?」みたいな状況でしょうか。

アルテの身分のためか、彼女の母親はありきたりな結婚という選択を臨んでいます。

貧しい身分は身分でも、奇跡とも玉の輿ともいえる結婚がアルテの将来に期待できるかもしれない、そんな思いで母親は彼女を育てていたのでしょう。

「このやろう!」精神の高いアルテですから、大好きな絵の世界に反発心から挑んでいくのもムリはないなと感じます。

むしろ、「アルテ、頑張れ!」と応援したくなります。

しかし、アルテの舞台は男性が優位の時代でした。つまり、絵の世界に飛び込んでだら飛び込んだで、周囲から反発を買う時代です。

大好きな気持ちだけでは、必ずしも夢が叶わないどころか、人間としてアルテに向けられる言葉や態度は彼女の想像を上回るでしょう。

夢への道程は遠く険しいものになるのではないかと思うと、アルテの心が折れないか心配です。

でも、同じ女性として、頑張ろうと立ち向かうアルテです。

きっと、彼女の明るい笑顔や言葉で周囲の人達とも「好き」を分かち合えると信じています。

アニメ「アルテ」を見ながら、私も好きに向かって頑張りたくなりました。

アルテ/アニメ/動画1話アニポ、anitube、kissanime、b9/「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アルテ/アニメ/動画1話