アニメ

かいけつゾロリ/eテレ/nhk/アニメ/動画/1話/2020年4月5日初回~

もっと!まじめにふまじめ

かいけつゾロリ/アニメ/動画1話/2020年/nhk/eテレ/4月5日初回

 

2020年4月5日19時からNHK Eテレ『アニメ もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ 2020年動画「はなよめとゾロリじょう」』がOAされます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ2020/eテレ/アニメ動画1話
 

もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ 1話動画アニメ/番組内容

 

いたずらの王者をめざすキツネのゾロリの夢は、花よめさんとお城を手に入れること!弟子のイノシシ・イシシとノシシと修行の旅をしながら行くさきざきで大活躍する冒険物語

番組内容
世界三大彫刻(せかいさんだいちょうこく)のひとつ、ブタンカーメンがなくなった!? 「さがしてきてくれた人には100億円(おくえん)」というそれをぐうぜん手に入れたゾロリたち。これで億万長者(おくまんちょうじゃ)!ゆめだったおしろとおよめさんも、かんたんに手に入れられるはず! しかし、ゾロリ以外にもブタンカーメンをさがしてきた人が4人もいてー本物はいったいどれだ?!

 

もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ キャスト

 


山寺宏一,愛河里花子,くまいもとこ,玉川砂記子,原ゆたか,塾一久,北沢洋,坂本くんぺい,三浦千幸,漆山ゆうき,鈴江梨沙,三瓶雄樹,佐久間元輝,永井真里子,江頭宏哉,新祐樹,武田太一,美波わかな

 

かいけつゾロリ2020/eテレ/アニメ動画1話 4月5日まとめストーリー性

 

人気子供向けテレビアニメの『かいけつゾロリ』が、『もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ』として帰ってきました。

このアニメは過去に『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』と言うタイトルでテレビ朝日系列でテレビアニメ化されましたが、今回は約13年ぶりにHNKのEテレにおいて4月から放送される事になります。

原作はポプラ社から出ている児童書シリーズで、昨年の12月に66冊目の『かいけつゾロリ スターたんじょう』が発売されました。

前回のアニメ化は一年の予定が人気によってさらに放送が展開され、劇場版も公開されていました。

放送時間はテレビ朝日系列の時は毎週日曜日の朝(7時)となっていて、今度のEテレにおいての場合は曜日は同じ日曜日ですが、放送時間は12時間遅く19時(午後7時)の放送となっています。

ストーリーとしては主人公でキツネのゾロリが「いたずらの王」を目指すと言うもので、双子のイノシシ兄弟イシシとノシシ達を子分として修行の旅をして言うとったものです。前回のアニメ化と同様に、今回のアニメにもオリジナルキャラクターが登場する事になっていて、原作とオリジナルの話で展開するそうです。

『もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ』での、これからのゾロリたちの活躍が気になるところです。

もうすぐ40歳の足音も聞こえてくる、おじさん真っ最中の私が子供の頃から学校の図書館にシリーズが並んでいた「かいけつゾロリ」。

当時あまり本が好きではなかった小学校低学年のころの私ですが、かいけつゾロリを全巻制覇したいがために図書館に足しげく通いました。

市が運営する図書館には、学校にないシリーズもあったりして、それを見つけたときの衝撃と喜びたるやいまでも鮮明に覚えています。

そんな大好きなかいけつゾロリシリーズは、今やアニメ化されて動画で見ることができるんですね!

あの頃はそんなサービスがなかったので、自分の頭の中でアニメーションを作成していたわけですが、現代っ子はそのまま動画で見れる訳です。

うーん、羨ましい・・。

とは思いつつも、あのころからアニメ化されていたら、きっと本を読む習慣がなかったんだろうなぁ、なんて思ったりもして。

今、自然に本に親しめるようになったのは、ゾロリのおかげと言っても過言ではないかもしれません。

こんなことを書いていたら、久しぶりにゾロリシリーズに触れてみたくなりました。

童心に戻って見てみようかなぁ。きっとあの頃の様子が思いだせるんだろうなぁ。

声優は誰がやるんだろう?なんて想像してみるのも楽しいですよね!

 
アニメ「もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ」が、2020年4月からNHK Eテレで放送されます。

「かいけつゾロリ」は、子どもたちから大人気の児童書が原作で、著者の原ゆたかさんの大ファンでもあります。

そしてもちろん我が家の子供たちも「かいけつゾロリ」が大好きです。

すでに「かいけつゾロリ」が誕生から30年以上もたつようで、累計発行部数は3,500万部以上を誇り、今でも図書館で予約待ちがあるくらい大人気です。

主人公はキツネのゾロリ。

そしてゾロリといつも一緒にいるのが、イシシやノシシといったかわいいキャラクターです。
まだ映像化されていない原作や、アニメだけのオリジナルキャラクターなどが登場する予定で、これは絶対に見逃せません。

大人から子供までみんなが夢中になるゾロリですが、もしまだ「かいけつゾロリ」を知らない人も、きっと楽しめる内容となっていること間違いなしです。

これを機に、もう一度全巻読んでみたくなりました。

もしEテレで「もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ」が始まると知れば、子供たちは大喜びすると思います。

さっそく学校から帰ったら教えてあげたいです。

そして、4月から始まるゾロリを一緒に見て楽しみたいと思います。

かいけつゾロリ2020/eテレ/アニメ動画1話 楽しみな点

 

2000年代に放映されていた「まじめにふまじめ かいけつゾロリ」のアニメがパワーアップして、再び放映されるということなので、とても楽しみです。

「かいけつゾロリ」の原作は30年以上も前から多くの人たちに親しまれて読まれている作品で、今だに新しい作品が出版されてされています。子供の頃に読んだことがありますが、児童文学として型にはまらない、とてもユニークで楽しい作品でわくわくしながら読んでいました。

原作だけ読んでも、退屈しないとても面白い作品です。アニメではそれに複雑な動きや声も加わるので、「かいけつゾロリ」の面白さがより増していると思います。

お馴染みのキャラクターである主人公のゾロリやイシシ、ノシシに加えて、原作にはないオリジナルキャラクターも登場するようなのでどんな展開になるのか楽しみです。

原作にはあってもそこには描かれていないような、オリジナルのストーリーがあるのかもしれません。その違いや新たな展開に期待します。

どちらかといえば、「かいけつゾロリ」は子供が見て楽しいと思えるアニメです。

しかし、原作の内容がとても面白いので、大人が見ても楽しいアニメになっていると思うので、放映されるのが楽しみです。

 

かいけつゾロリ2020/eテレ/アニメ動画1話 視聴者感想

 

本作の主人公となるゾロリの夢は、「いたずらの王者になること」「可愛いお嫁さんをもらうこと」「自分の城を持つこと」などと、沢山の夢を目的にしながら、イタズラの王者になる為に修行の旅を続けている悪党と思われてしまいますが、本人は日頃の行いのせいで引き起こしてしまうミスや、持ち前なドジな性格と、また悪人になり切れず、困った人を見捨てられない性格ゆえに、悪党にもなれず、かといって正義の味方にはなりたくないと、奇妙な立ち位置にいるヒーロー像な彼。

それがゾロリの面白さでもあります。

イタズラが好きと、イタズラで人を驚かせるも、決して怪我や深刻な追い込みなどをせず、子どもの様な気持ちで、イタズラをすると、一見憎らしくとも、どこか愛着を持ってしまい、また自分よりも悪党がいれば、真正面からそれを邪魔をして、困った人を助けようとすると、まるでガキ大将の様な心持の人物な姿は、いうなれば、アンチヒーロか、もしくはダークヒーローの様な存在感でもあります。

ただ真面目で良い子な作品ではなく、イタズラ好きな悪い子でも、心根には良い心を持っているのだと、そんな思いを、新しい世代の子ども達に伝えてくれる、ヒーローになってくれる楽しみがあります。

 

まとめ

 

プラ社の人気児童書シリーズで、原ゆたか先生作品で最も親しまれている「かいけつゾロリ」を題材にしたアニメーション作品である「まじめにふまじめ かいけつゾロリ」の続編となる「もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ」は、小憎たらしくとも、どこか憎めない、そして悪になり切れないと、イタズラ好きなガキ大将を彷彿させる、そんな主人公ゾロリが、再びテレビに帰ってくる新シリーズ。

かつて幼いころに見た、悪役のゾロリが、ズッコケた活躍を魅せながら、悪党を気取っていても、本心では困った人を決して見捨てない、そんな不器用な優しさを見せ、そして結果的に誰かを救ってくれると、そんなヒーロー像は、アンチヒーローな姿があるも、ライトなダークヒーローを彷彿とさせます。

イタズラの王者になると、悪の道を究めようとするも、どこか抜けていて、またすごくお間抜けな性格をして、痛い目にあってしまうも、懲りずにまたイタズラをしていくと、お間抜けながらも、どこか憎めずに、またそれなりの思い入れを持ってしまう、癒しのキャラクター像に加えて、彼が関わるだろう事件を、決して中途半端に見捨てずに解決の為に努力をしていく、そんな不器用ながらの優しさを見せてくれるゾロリが、新しい時代の子ども達に面白さと楽しさを与えてくれるような気がします。

 

ゾロリ先生と呼ばれる意地悪やイタズラの修行者という、せめて探偵を名乗って欲しいという感じがあるキャラクターを取り扱うということです。

NHKが昨年秋放送したフーテンの寅さんの少年時代のドラマ「少年寅次郎」の寅さんでも、中学校中退の啖呵売りさんでしたが。中退というより失踪でした(戦後の中学なので)。

 そして、二本脚歩行のおしゃべりキツネのゾロリさん。さらに、同タイプのイノシシのイシシとノシシが「ゾロリ先生」と呼んでいるイタズラの弟子で、一緒に旅をしているんですね。
 イシシとノシシは、化かしのキツネさんよりも純朴で、豆の木の芽を鼻の穴から生やしてしまって、そのまま旅をするときがありました。少し苦しそうでしたけどね、動物のへっちゃらさからすれば、それも修行なんでしょうね。はーっくしょん!!とかわいそうでしたが、かわいかった。

 何だかよくわからない教育方針の話かというと、そういう動物キャラの素朴なタフネスさとお近づきになるいい機会です。テレビニュースを見て、鼻がムズムズして、マスクが必要な時も、ちょっと思い出すイシシとノシシの元気さのお話でした。

かいけつゾロリ2020/eテレ/アニメ動画1話/b9、アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ