アニメ

キングダム/3期/動画/1話/nhk/アニメ/b9/pandora/Dailymotion/2020年4月5日まとめ

キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴2020年4月5日まとめ

 

2020年4月5日24時15分からNHK総合『キングダム 第3シリーズ (1)「迫り来る合従軍」』がOAされます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴
 

キングダム /番組内容

 

天下の大将軍を志す元・下僕の信と若き秦王・エイ政。運命的に出会い共に「中華統一」を成し遂げることを誓うが、この夢を阻むように突如秦国を国家存亡の危機が襲う。

番組内容
紀元前の中国・秦。下僕出身の身ながら“天下の大将軍”を目指す信は、武功を重ね、千人の部下を抱える“千人将”となっていた。自らが率いる“飛信隊”の軍師として河了貂を迎え、戦いに明け暮れていた信。そんな中、独自に各地の様子を探っていた秦国の将軍・騰と再会した飛信隊は、彼らから、趙国を中心に、各国に不穏な動きがあると聞く。それは秦国に未曽有の危機をもたらす大きな”嵐”の前触れであった。

 

キングダム キャスト

 


森田成一,福山潤,釘宮理恵,野島裕史,仲野裕,玄田哲章,諏訪部順一,森川智之,鈴木達央,上村祐翔

 

キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴ストーリー性

 

合従軍編ははずせない

原作の漫画は現在も連載中、原泰久さんによる大大大ヒット作品。

コミックスの累計はなんと4700万部超え。

それだけ多くの人に読まれているのも納得しかないです。

もう本当に面白いんですよね。

実写化された映画も大ヒット。

これだけ売れていると今更手を出すのもと気が引けている人もいるかもしれませんね。

もしかしたら歴史物という点で苦手意識を感じる人も?

だけど第3シリーズから観てみたって面白いと感じるのがキングダムだと思います。

もちろんそれまでのエピソードが分かっているとより深みやつながりが面白いわけですが、ただ合従軍編は初の人でもとりあえず観てみて欲しいものなんですよね。

合従軍編はキングダム史上最大規模の戦いとも言われてるんですよね。

秦国の王都に合従軍が攻めてくるという大ピンチ。強い六国が手を組む。

その猛威に秦国は太刀打ちできるのか、というそれはもう壮絶な戦いが始まります。

観れば原作ファンが合従軍編を猛プッシュする理由がよく分かりますよね。

毎週熱く盛り上がり続けるストーリー、ドキドキさせられること間違いなしですね。

ストーリーがすすむにつれてキャラクターの魅力がさらにアップしていくのもキングダムだとも思うんです。

ここでのキャラクター達の活躍や生きざまをしかと目に焼き付けたい!

 

キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴 楽しみな点

 

期待の高いストーリー

合従軍編はキングダムの中でも最大規模と言われる戦い。

第3シリーズの放送がとにかく楽しみですよね!

楚、趙、魏、燕、韓、斉、手を組んだ六国。

その侵略を迎え撃たねばならない秦国の運命は?どうなってしまうのかハラハラしっぱなしですよね。

中国統一はやはり簡単にいくものではないにしても、あまりに見応えのありすぎる展開!

圧倒的な数、武力、この未曾有の危機にどう立ち向かうのか。

新章をスタートさせるアニメキングダム、オープニング曲やエンディング曲も気になりますよね。

オープニング曲はBiSHでTOMORROW。

BiSHといえばかなりクセの強いアイドルグループですよね。

唯一無二の女性アイドル。

楽器を持たないパンクバンドのBiSHがどんな主題歌でキングダムを盛り上げてくれるでしょう。

そして、waterweedのDeep insideがエンディング曲に。

これは嬉しい!どんなカッコイイエンディングになることでしょう。

waterweedの曲に、キングダムの映像が重なるなんて最高にテンション上がります!

絶対イイ!

waterweedにとってテレビアニメタイアップは初とのこと。

コメントでキングダムが大好きとも語っているのもなんだか嬉しくなりますよ

 

キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴 視聴者感想

 

待望の第3シリーズ

大人気過ぎる原泰久先生の漫画キングダム。

アニメだけでなくゲーム、実写映画などにもなったり、とにかく話題をさらってきましたよね。

バラエティー番組でもキングダムファンの有名人がテレビでその魅力を熱く語っていたのも印象的でした。

大人でもここまで胸を熱くさせられる漫画はそうはないですよね。

国民的人気と言っても過言ではないのでは?

原先生が色々とエピソードを膨らませたりオリジナルを加えたりして、ここまで盛り上がるストーリーにしているわけですが題材は中国の歴史。

この漫画から中国の歴史に興味を持つようになった人はたぶん大勢いるでしょう。

いよいよアニメの第3シリーズが始まりますね!

もう沢山の人がこの時を待ち望んでいましたよね。第2シリーズが終わって、これから合従軍編に突入しますからね。

原作でも特に人気のあるエピソードとなっている熱い戦い、これは見逃すわけにはいきません!

原作者である原先生が監修というのも胸熱ポイントですよね。

合従軍編で新たに登場するキャラクターも必見ですが、この合従軍編で武将達それぞれがどのように動いてどんな結末へと向かうのかをしっかり見届けたいですね。

迫力の戦いがアニメーションでどのような映像になっているのかも必見ですよね。

 

まとめ

 

今までの戦いは秦vs戦国七雄の1国という、1国vs1国という図式でした。
しかし今回は秦の国力が増した事に警戒した他六国がまさかの大連合を組みます。
そして秦vs他六国という戦いになるわけですから、今までのシーズンで最大級のピンチ。
これを秦がどう乗り越えるのか?が最大の山場であり楽しみですね。

合従軍を迎え撃つは、秦への入口である函谷関。
函谷関といえばこの時代のみならず、三国志の時代でも名高い要塞です。
圧倒的不利にもかかわらず、その勝機となるのはこの函谷関だと思うんですよね。
函谷関を死守すれば、敵は秦国へ侵入出来ませんから。
また函谷関以西は秦の領地ですし安全地帯です。
ですので函谷関守備兵への補給路は確保できていますし、輸送距離も短くなるので兵站は容易でしょう。

逆に敵はどうでしょう?
秦に近い韓ならまだしも、楚からすると秦までの距離は相当です。
たしかに楚は秦に並ぶ大国ですが、兵站を考慮するとこの遠征軍はかなりキツイはず。
また函谷関を越えねば秦へ侵攻出来ないというのもキツイと思うんです。
いくら大連合とはいえ、入口が狭いと大軍のメリットを活かせませんから。
だからといって長々と函谷関で足止めを食らうと、兵站の問題が明るみになります。
ですので短期決戦を臨む所なんでしょうが、それを理解してる秦は函谷関の守備を徹底するはず。
いくら合従軍が大軍とはいえ、今回の戦いは楽観出来るものではないでしょう。

ただそれを、合従軍を纏めている存在・趙の軍師・李牧が黙ってみているはずありません。
果たして李牧はどんな手を打ってくるんでしょうか?

そしてそれを受ける秦はどう対応するのか?

千人将・信はどう動くべきか?

秦から一番離れた国・斉との外交はどうなるか?

シーズン3は色々と見どころがあり、凄く面白そうで期待しています

ストーリーは既にしっています。それでも、強敵である李牧(りぼく)が裏で暗躍して、嬴政(えいせい)が率いる秦国に6つの国が結託して襲いかかってくる亡国の危機に、いったい嬴政や信はどのように死線をかいくぐって秦国を守り抜くのか、その姿を動画で見られるワクワクは止まりません。

ここから先は、ネタバレを含むので、注意してご覧ください。秦国は、戦場で7人の大将軍達が率いる軍団によって、迫り来る合従軍を迎え撃ちます。話の主な場所は戦場なのですが、実は外交でも活躍している人がいます。

それが、呂不韋(りょふい)の「4つの柱」の1人 蔡沢(さいたく)です。蔡沢は合従軍を構成する6つの国の1つである斉国に顔が利きます。それを活かして「今回の合従軍に参加することで得られる財産の、倍を提供することを約束します」という旨の交渉を持ちかけることで、合従軍の中でも一番東にある斉国を、合従軍から離脱させました。

こうすることで、残った5つの国の合従軍は西に秦国、東に斉国によって挟まれて、戦力の分断を余儀なくされます。この成果は、戦場で強く戦いぬく主人公たちを描くこのキングダムでは、あまり上手く描写されていないように思います。

果たしてアニメ版では、この最高の外交にどれだけスポットライトを当てるのか、楽しみです。

歴史が好きな人であれば、だれもが血がたぎるシチュエーションは、おそらくは合従軍編のラストスパートの方になると思います。

そのシチュエーションとは、不測の動きで迫ってくる李牧(りぼく)の軍団に立ち向かうために、秦王・嬴政(えいせい)みずからが武装して兵士たちを従えて、首都・咸陽(かんよう)から、最後の戦場となる蕞(さい)の城へ出陣するシチュエーションです。

ですが、蕞には民間人と必要最低限の門番ぐらいしかおらず、到底迫りくる敵を迎え撃てるはずはありませんでした。主人公の信たちは辛くも生き残りますが、蕞でひとまずの休憩をすること以外には考えられないほどに消耗していました。

そんな絶望感を吹き飛ばすように、煌びやかな鎧の嬴政と軍団を目の当たりにした信は、絶望的な状況を伝えるも泣きながら希望を見出していました。いったん休息をとった兵士たちは戦力と言えるほどの数は残っておらず、いったいどうやって合従軍を迎え撃つのか、信は焦りを見せていました。

ですが、ここで嬴政は凄まじい力を見せます。それは「民間人の心に戦う火をともした」ことです。嬴政の演説によって子供が、老人が、女が武装して戦うために、心を一つにしたとき「うおお!!!」と雄たけびを上げて湧き上がる蕞の民たちに、私も一緒に雄たけびを上げたくなりました。

今回の第3シリーズの放送を楽しみにしていました。

秦国に多数の国から成る連合軍が進軍してきたことにより、国は存亡の危機に陥りますが戦力や軍力を駆使して敵を退けるストーリーです。

紀元前の中国で実際に起きた出来事がモデルとなっていますが、主人公サイドは言うまでもなく敵国側の武将にたくさん魅力的な人物がいることが見どころだと思います。戦をすればどちらかが勝ち、どちらかが負けますが敵味方どちらも登場人物が魅力的なので物語の世界にどっぷりと浸ることができます。

敵国側の武将には高い戦略眼を持った李牧を筆頭に、秦国の兵士に家族を殺され復讐の鬼と化した将軍や、肉弾戦ではなく毒を用いて戦う将軍、巨大な女将軍など個性的でユニークなキャラクターが多く見応えがあります。

秦国への侵入口となる大きな門を守るための戦いとなりますが、門を越えて国内に侵入するために様々な作戦が展開されるのも見どころだと思います。

紀元前の中国にはそのような戦闘器具があったのかと驚かされるようなものも登場します。

また多民族国家中国ならではの様々なルーツを持ったキャラクターが登場し、それぞれの特色を活かして戦うところも注目したいポイントだと思います。

アニメ・キングダムは秦が一勢力から中華統一を果たすというもの。

当時は戦国七雄といい、秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓という七つの国がありました。

この七つの国でバランスが取れていたわけですが、その中で秦が飛びぬけてきます。

私達の日本にも「出る杭は打たれる」という慣用句があるように、他の六国からすると強大になった秦は排除しなければならない対象となります。

そこで他六国がとった手段は、6か国連合。

いくら秦が強大国でも、他六国が力を合わせて攻め入れば秦恐るるに足りず!と攻め込んできたわけです。

これが合従軍であり、大国であった秦が窮地を迎える事となります。

秦に所属している千人将・信にとって、これは他人事ではありません。

というかこの戦に勝たねば秦に未来はなく、秦も天下の大将軍という夢を絶たれてしまいます。

自軍には王賁・蒙恬といった頼りになるライバルはいるものの、敵のには趙の天才軍師・李牧とい強敵がいます。

さらに秦から近い韓は、秦から度重なる侵略を受けており、秦に強い恨みを抱いています。
その戦意は強烈。

果たして秦国はこの猛攻撃に耐えられるのか?
また秦宮廷内の不穏な動きを秦王政は抑えられるのか?

秦中華統一のクライマックス部分でもあり、この第3シリーズは凄く楽しみです

 
キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴/b9/アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

キングダム/アニメ/3期/動画/1話nhk無料視聴