ドラマ

レミゼラブル nhk/ドラマ/4話動画/4話2020年4月5日無料視聴方法

レミゼラブル nhkドラマ4話動画/4話2020年4月5日無料視聴方法

 

2020年4月5日23時からNHK総合で『レ・ミゼラブル 4話』が放送されます

 

見逃した方や動画がないため、見れない方は(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル nhkドラマ4話動画/
 

レミゼラブル nhkドラマ4話動画/ あらすじ

 
レ・ミゼラブルというのはフランス語で「悲劇」という意味です。

言わずと知れた名作ですが実は私は名前だけは知っていて物語の内容はよく知らないまま生きてきました。

せっかくの機会なので登場人物から紐解いてみると、主人公のジャン・バルジャンは貧しい家に生まれ、盗みの容疑を掛けられて長い間捕まり、釈放されたと思ったらまた盗みの容疑を掛けられ逃げ回りという悲劇的な状況です。

ファンテーヌは金持ちの若者と間に子を持つものの自分で育てていくうちに転落していき病気にかかります。

ファンテーヌの娘、コゼットはテナルディエの宿で不遇な状況で育ちます。

テナルディエは軍人から貧しい宿屋になり、詐欺を企てて財を成そうとしますがうまくいかずさらに悪事を重ねていきます。

マダムテナルディエは強欲で金の亡者、息子のガブロージュ、娘のエポニーヌは親から愛情を受けず育ちます。

ご覧のように登場人物は誰一人として恵まれておらず正に悲劇の塊ですね。

この登場人物たちが織り成す悲劇の中にわずかな人生の希望の光を見出せるのかそれとも見いだせない悲劇のままで終わるのか、そう考えると物凄く面白いと思いますし私は結論は知りませんが、知らない人も知ってる人も楽しめるドラマだと思います

 
単にそのまま映像化されただけでなく、翻案されることもあり、例えばNHKで制作された時代劇ドラマ『いのち燃ゆ』は、舞台を日本の江戸時代に変えて、『レ・ミゼラブル』を翻案・再構成した作品となっていますね。

今回のドラマは、2018年にイギリスで制作されたもので、原作をそのまま映像化した、正統派の『レ・ミゼラブル』と言えるのではないでしょうか?

特に、ジャベール警部が、主人公ジャン・バルジャンを逮捕しようと、執念を燃やす様は、原作のキャラクターを非常に忠実に再現しているように感じられました。

また19世紀のフランスの風景や雰囲気が忠実に映像として再現されているために、小説を読んでいるだけでは、想像力の不足で認識できなかったリアリティを感じることができました。

小説を読むと、各人物の内面を詳細に知ることができますから、ドラマで『レ・ミゼラブル』を知った人には、原作を読むこともお勧めしたいですね。
まさに時代を越えた名作です。

レ・ミゼラブル キャスト

 

ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,リリー・コリンズ…永宝千晶,アディール・アクタル…丸山壮史,オリヴィア・コールマン…林真里花ほか

 

 

まず、レ・ミゼラブルと聞くと舞台が思い浮かびました。乃木坂46の生田絵梨花さんなどがやって国内でもやっていました。

また海外の舞台でも沢山されている話です。

本題に戻りますが、まず注目したいのは、この話がパリに舞台を移したという点です。

次に注目したいのは、ストーリーです。

この話はある女性がパンを盗む事から始まるストーリーなのですが、間違えられた人が逮捕され裁判で女性が自分がとなのるのですが、男性は有罪となってしまいます。

このようにタイトルに付けられた意味は悲惨な人々という意味なのですが、NHKでどのくらい激しいシーンなど放送されるか楽しみにしてます。

宣伝を見る限りほとんどのシーンがそのまま使われてるようです。

そしてキャストたちの姿などを見ると重厚そうな話がしっかりと入ってきそうで期待が出来ます。フランスのテレビでは、第一部をファンティーヌ、第二部をコゼット、第三部をマリウスで描き同時並行で話が進んで行きます。

映像は同じのを使っているとは思いますが、放送時間などの都合もあると思うので一体どんな風になっているのか、今からワクワクします。

最後にこのレ・ミゼラブルは、ストーリーが面白いので見ごたえあると思います。楽しみです。
 

レミゼラブル nhkドラマ動画/4話2020年4月5日視聴者感想

 

レ・ミゼラブルと言えばフランス人作家ヴィクトル・ユゴーが1862年に執筆したフランス文学の傑作小説です。

過去にも何度も舞台化並びに映像化が行われており、2012年にヒュー・ジャックマン主演で映画化された作品は記憶にあたらしく思います。

しかし、映画作品は上映時間がかなり限られていたため、相当なダイジェスト版で撮影されていたように感じるため、今回のイギリスBBC作成のテレビシリーズはより繊細な描写が期待できるのではないかと思います。

ジャン・バルジャンがテナルディエ夫妻の宿屋で働かされていたコゼットをファンティーヌとの約束により救い出し、パリへ逃亡する話が第4話で描かれているようです。

映画版ではとてもファニーに描かれていたテナルディエ夫妻がどのように描かれるのかが個人的な注目点です。

また、ジャン・バルジャンを親の仇のように執拗に追いかけているジャベール警部の捜索の手がどこまで2人を追い詰めていくのか、そしてコゼットがどのようにマリウス達と出会っていくのか、スリリングな展開が波のように絶えず押し寄せてくるので、あっという間に1時間が経過してしまったと思わせる脚本にも期待します。

 
もともと日本では『ああ無情』で翻訳された作品です。2012年にミュージカル映画化され、口パクではない撮影で特に評価が高く現在では『レ・ミゼラブル』のタイトルの方が有名になっています。

この物語はフランスのパリを舞台にパンを盗んだたことで19年間監獄された主人公のジャン・バルジャンをメインに、様々な悲惨な人々(レ・ミゼラブル)が関わっていくものになっています。

放送のあらすじとしては、人間不信になっていたジャン・バルジャンは、ミリエル司祭との出会いで生まれ変わりその後モントルイユの市長マドレーヌとして活躍します。

彼は工場を持っていて、そこにシングルマザーを隠してファンテーヌが雇われるのですがバレてクビになり娘のコゼットの預け先から多額の養育費を闇金のように請求されてボロボロになってしまいます。

それを知ったマドレーヌは責任を感じて彼女を介抱をし、彼女の娘を呼ぼうとするわけです。

その一方でマドレーヌはジャン・バルジャン冤罪裁判を知り、向かい自分が本物のとバラしてしまい逮捕されてしまいます。

そしてファンテーヌはコゼットに会えないまま、とうとう亡くなってしまいました。

ドラマの方は、いよいよ中盤に差し掛かります。

マドレーヌはファンテーヌの娘を呼ぶ(保護する)約束を果たす事は出来るのか展開が楽しみです。

まとめ

 

映像も美しいので抵抗感なく話に入れそうで楽しみになりました。

内容もやっとコゼットを救い出せたのにまだまだ迫りくる追手。

バルジャン達は無事に逃げ切れるのか。その攻防戦はハラハラドキドキするもので、その展開がとても楽しみです。同時にテナルディエの悪党ぶりにも腹が立ったり、法律的には正義であるはずのジャベールが悪人に見えてきたりと本当にこの話には色々な登場人物が出てきて皆一筋縄ではいかないところがとても面白そうだと思います。

激動のフランスの時代を懸命に生きた人々の物語。今の時代とは社会も価値観も何もかも違うけれど、愛というものは何よりもの活力になるのだということ、それは今も昔も変わらないのだということがこの話からはうかがい知れます。

レミゼラブル nhkドラマ4話動画/2020年4月5日無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 4話/NHK/2020年4月5日無料視聴まとめ