バラエティ倉庫

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年)無料視聴4月5日

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年)無料視聴4月5日

 

2020年4月5日21時からTBSテレビ『「下町ロケット」3週連続!~特別総集編・第1夜~』がされます

 

地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年)無料視聴4月5日
 

下町ロケット 特別総集編 /第1夜/番組内容

 

「夢見て何が悪い!」町工場が大企業に勝負を挑む!愛と涙のエンターテインメント巨編の再び~全ての働く人に元気と希望をお届けします!第2夜は12日、第3夜は19日!

番組内容
元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」を経営する佃航平(阿部寛)。一度は諦めかけた夢のロケット製造を進めるも、特許侵害でライバル企業に訴えられ絶体絶命のピンチに…!一方、大企業の帝国重工ではロケット開発が難航。佃製作所が特許を持つ部品が欲しい宇宙航空部の財前部長(吉川晃司)が出した意外な提案とは?果たして、佃たちはこの危機をどう乗り越えるのか!?

 

下町ロケット 特別総集編 キャスト

 

阿部寛、土屋太鳳、立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、山崎育三郎、中本賢、谷田歩、中村倫也、阿部進之介、竹内涼真、佐野岳、真矢ミキ、小泉孝太郎、石倉三郎、高橋光臣、バカリズム、篠井英介、平岳大、世良公則、今田耕司、木下ほうか、恵俊彰、倍賞美津子、吉川晃司、杉良太郎 ほか

 

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年) 4月5日ストーリー性

 

主人公の阿部寛さんが頼もしく、物語全体に説得力を持たせていると感じました。そして、あることからロケット開発に携わることになっていきますが、そこからの展開が物凄く面白く感動したことを覚えています。

今回は特別総集編なので、一気にドラマを楽しめることが嬉しくて仕方ないです。

そして、主人公の夢だったロケット開発への道はどうなっていくのか、特別総集編でハラハラドキドキしながら見たいと思います。

また、このドラマでは夢も沢山詰まっていますが、従業員との絆も見どころだと思っています。ロケット開発には尋常じゃない工場の技術が求められており、その技術に対するプレイヤーや焦りなども丁寧に描かれている作品です。

そのため、どうやって夢を実現していくのか追っていくのが面白い作品だと思っています。

特別総集編で『下町ロケット 』を見て、明日も頑張ろうという勇気をもらえたら嬉しく思います。

 
中小企業で働く人々にも夢を持たせてくれる熱いドラマだと思います。

佃製作所で働く人たちのものづくりに対する情熱が見ていて伝わってきますし、大企業でなくても情熱を持ち奮闘し続ければここまでできるんだという希望溢れるストーリーが素敵だと思います。

大企業側の人々が決して悪者扱いされているわけではなく、それぞれが自分の置かれた場所で誇りを持って働く姿を見ていると生きるということ、働くということについて深く考えざるを得ません。

この作品には30代以上の中堅・ベテラン俳優が多数出演しており、どの方も表情で魅せる演技が非常に上手なのが見どころだと思います。

演技力のある俳優陣が集結するとここまで密度の濃い作品が生まれるのかと感心しました。

また、土屋太鳳さんはとても可愛らしく、作品に華を添えていると感じます。見ているとストーリーにのめりこみ、いつの間にか主人公を応援している自分に気づかされます。

正義は勝つというテーマで最後にすっきりとする展開が待っているところも大きな見どころだと思います。理不尽なことの多い世の中で思い通りにいかないことばかりですが、主人公のように真っ直ぐに信念を貫いて生きてみたいと思いました

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年 4月5日楽しみな点

 

楽しみな所は、人気作家の池井戸潤先生が、原作の「下町ロケット」を特別総集編で観れる所です。
しかも特別総集編という事で3週連続するので見ごたえもありますね。
主人公が、下町の町工場からロケット開発を目指す物語なのでロケット作りは、どうなってしまうのかラストまでドキドキの展開ですね。

どの時代もロケットは、夢のある乗り物だなと思います。

下町の町工場で開発したロケットが、宇宙を飛ぶ姿をみてみたくなりますね。

面白そうな所は、特許の問題が、登場する所です。

特許問題は、他会社とのもめ事でよくおきますね。

製造するときは特許問題に注意していないともめ事になるなと思いました。

注目は、大企業もロケット開発をしていて町工場で作っている部品を欲しがっている所です。
どちらも目標は、ロケット開発なので協力しあう関係も期待できそうです。

楽しみな所は、ロケット開発を夢見て大企業とも勝負する所です。

前向きな主人公の姿に勇気が、もらえそうです。

出演者も豪華俳優が、勢揃いしていますね。

人気若手俳優の竹内涼真さんや中村倫也さんが、出演しているのも注目ポイントです。
下町の町工場は、大企業との勝負に勝てるのか展開が、楽しみです。

 

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年 4月5日視聴者感想

 

高視聴率を記録した下町ロケットが特別総集編で戻ってくることを知り非常に興奮しました。そして、あの感動を再びリアルタイムで楽しめることにワクワクしています。

今回は3週連続で下町ロケットの特別総集編をするため、テンポ良くストーリー展開が進み視聴者を飽きさせないと思いました。

主人公の働く下町の工場は、技術力の高さからロケット開発の仕事に挑戦し、そこで大きなトラブルに悩まされることになります。

そこには、ライバル企業の陰湿な嫌がらせなども絡み、特許を巡った争いに発展していきますが、とことん正直で真っ直ぐな主人公に応援の気持ちが強くなっていくこと間違いありません。

そして、ライバル企業には、映画キャストが集結したような豪華キャストが集結しておりスケールの大きさを感じます。

阿部寛さんの夢を叶えたい気持ちが視聴者に真っ直ぐ伝わってくるので、今回の特別総集編も視聴率が高くなると予想しています。

どんな困難が待ち受けようと真っ直ぐにやるべき事を行う阿部寛さんの姿は、今の日本に元気や勇気を与えてくれると思います。

夢を諦めない姿は、ぜひ子供から大人まで下町ロケットで学んで欲しいと感じました。

夢と希望に溢れた総集編になっていることを期待しています。

 

まとめ

 

下町ロケットの魅力はなんといっても「自らの努力で困難を克服する」というストーリー構成です。

誰しもが日々の生活の中でそれぞれの門団に直面し悩み苦しんでいるとおもいます。
しかし、ただ悩んでいるだけでは問題は解決いたしません。

問題を解決するために誰しもがもがき苦しみ様々な試行錯誤をしながら日々の暮らしをいきています。

下町ロケットは東京の下町にある中小企業が多くの苦難に直面しながらも、佃社長をはじめ、従業員がそれぞれの立場でもがき苦しみ様々な試行錯誤を繰り返しながら問題を解決していく姿はまさに、私たちひとりひとりの人生の縮図そのもんだとおもいます。

だかからこそ、多くの視聴者がドラマ展開に自分の人生を重ね合わせて見入って、物語の展開に一喜一憂しながら見守り佃たちが困難を克服したときに自分もいまの直面し苦悩している問題を必ず解決できると信じて明日から頑張る気持ちになるからこそ、このドラマが高視聴率につながる理由はそこにあるとおもいます。

今回は総集編ということで短い時間の構成ですが、内容が内容なだけに十分に忘れていた生きる勇気や頑張る活力を私たちに与えてくれると信じています。

コロナ騒ぎで過酷な状況にみんなが置かれているからこそ、元気や生きる希望を与えてくれる下町ロケット総集編に期待しております。

 

「下町ロケット」は2015年のパート1、2018年のパート2があり、いずれも東京の下町にある中小企業が舞台です。パート1は大企業が中小企業を傘下におさめようとする数々の法的・経済的な手段を、主人公の社長をはじめ、技術力や結束力・情熱で跳ねのけていくことを主に描いた内容です。4月5・12・19日にされる総集編は番組案内HPを見ると、どうやらそのパート1のもののようで、中小企業を法的に買収しようとする勢力や企業を金儲けの道具としか見ていない、主人公の目から見ると邪悪な存在を次々と退けていく内容です。この総集編は1週あたり2時間のですから3×2時間=6時間という長編で、大変見ごたえのあるものとなるでしょう。

当時本ドラマを見逃した方はもちろん、当時の感動を再びという方のニーズにも応えるものとなるはずです。

見どころはやはり特許侵害を訴える企業に対しさまざまな対抗手段を講じたり、その裁判の模様を描いたドラマ前半部分でしょうか。

主人公が裁判長に技術に対する考えを述べるシーンはドラマ史上に残る名場面と言っていいほどで、ぜひ視聴をオススメしたいです!

本ドラマは2015年の当時、緊急特別番組として総集編が放映された過去がありますが、それとどう異なった編集が行なわれているかも注目です。

蛇足ですが、本ドラマで重要な役柄で出演し、後日不祥事を起こした俳優の出演シーンをどのように処理しているかも注目して視聴したいと考えています。

あの人気ドラマの総集編が返ってきた!ということで、とても楽しみです!

今夜のを楽しみにしています。

下町ロケットは明日からまた頑張ろう!

という力をくれるから見ていてとても胸が熱くなります。阿部さんが演じる主人公の佃航平は、どんな困難があっても諦めずに何が自分にできるのか?模索し続ける強さと信念があります。

そんな信念に心を動かされる社員たちも一丸になってロケットの部品製作に取り組みます。

私もこんな会社があったら、こんな社員思いの部長の下で働きたいなあと思いました。

現代社会の覚めた感じとは正反対の人柄なんですよね。

敵側にあたる帝国重工もやり方は割り切りがすごい面もありますが、それは良い商品を作りたいという思いは、佃製作所と一緒なんですよね。

どんなに大きな障害が佃を襲っても、必ず這い上がってくる強さをだんだん帝国重工の人間も理解していきます。

佃の熱意と情熱は、たとえ敵対する人間をも巻き込む魅力があるんですよね。

人間が協力し合うと、こんなにも大きなことができるんだなあと感動させられます。

また、佃はどんなに相手が酷い仕打ちをしてきても、それすらも超越して受け止めるだけの優しさもあります。

見ている人を魅了する佃の生きざまを、ぜひ堪能してほしいです。

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年)無料視聴4月5日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

下町ロケット 特別総集編/動画/第1夜(2020年)無料視聴4月5日