ドラマ

麒麟が来る12話 動画/12話/無料/再放送/4月5日見逃し配信

麒麟が来る12話 動画/12話/無料再放送4月5日見逃し配信

放送地域にない方2020年4月5日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる(11)「将軍の涙」』が放送されます

 

麒麟が来る 12話動画12話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 12話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)12話/ /番組内容

光秀は、妻木の里である再会をする。一方織田信秀の病状はいよいよ悪く、信長(染谷将太)は家督が誰につがれるのか気が気でない。落ち込む信長を前に帰蝶は一計を謀る。.

番組内容

光秀(長谷川博己)は、妻木の里である再会をする。一方織田信秀(高橋克典)の病状はいよいよ悪く、信長(染谷将太)は家督が誰につがれるのか気が気でない。落ち込む信長を前に、帰蝶は病床の信秀のところに考えを聞きにいく。

 

麒麟がくる 第12話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,西村まさ彦,川口春奈,伊藤英明,片岡愛之助,高橋克典,本木雅弘,

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画12話までの感想、ネタバレ、レビュー

 

〈竹千代今川へ〉
1549年、天文18年11月、竹千代と信広の人質交換が尾張の笠寺で行われました。

信秀は信広がかすり傷ひとつなく帰って来たことに不甲斐なく感じ、流れ矢の傷の影響で弓の弦が引けなくなっていることに焦り、尾張の行く末を案じます。

信秀は政秀に今川から目を離さないように命じるのでした。

駿河の今川義元の館に着き、義元に面通しをする竹千代。

竹千代に三河を救うための戦といい、義元は織田との戦の準備を始めます。

〈迫りくる今川の脅威〉

1550年、天文19年夏、信秀の弱さが露呈し、今川の軍勢は尾張の熱田近くまで迫っていました。

美濃の稲葉山城では尾張に軍勢を派遣しようとする道三と義龍たちが揉めていました。

義龍たちは刈り入れ時のため、兵が集まらないといい道三と対立します。

そして光秀は使者としてその旨を政秀に伝えに那古野城に行きます。

それを聞いた政秀は激怒します。

退席した政秀に変わって信長がやってきます。

情勢の悪さを理解していた信長は光秀に義輝に和議の仲裁を頼むようにいい、光秀は京に向かうことになります。

そのために頼芸に文を書いてもらう必要があり、光秀は義龍に今後何でもいうことを聞くといい、金を出さない道三の代わりに頼芸から文と金10枚をもらいます。

長慶が義輝に対して挙兵し、内紛が起きている京を近江に逃げた義輝を探します。

とある宿で身分を隠して過ごしていた藤孝と出会います。

今川と織田の和議を義輝に頼もうと考えていること話し、義輝に拝謁できないかと光秀は藤孝に頼みます。

藤孝は義輝のいる朽木に光秀を案内します。

義輝に頼芸の文を見せた光秀。
義輝は藤英に抗議していた光秀に励まされ、それが嬉しかったと光秀の頼みを聞き入れます。

義輝は今川と織田の和議のために使者を出すと約束します。

感想と次回考察

竹千代の豪胆さに感服です。

倒すべき今川義元の顔を見るためにご機嫌取りをする竹千代が凄かったです。

最終的な天下人の風格が感じられます。

義龍とその場しのぎで光秀は何でも言うことを聞くいってしまいましたが、やはり道三を討つクーデターに参加させられそうです。

1550年になり、信秀の命もあと二年になりました。

次回は信秀がついに亡くなってしまうようです。
ということは頼芸も道三によっ手美濃を追われますね。

家督が信長に渡り、土田御今が信勝を持ち上げるため平手政秀の悩みが多くなります。

光秀は義輝の麒麟の話に感化され、平らかな世を目指す気持ちが強くなります。

本能寺の変に行くまで、その動機づけは複雑になりそうです。

次回1554年になれば、信長は清洲城に移り、美濃では道三が隠居し、義龍が家督を継ぐのですが道三と義龍の対立は激しくなります。

桶狭間まであと10年くらいになってきましたが、信長と光秀の心情の変化に注目して今後の展開に期待したいと思います。

麒麟が来る第12話動画(大河ドラマ)までの感想、

 
今川義元は人質の交換をして、松平竹千代と織田信広を済ませて尾張に侵攻していきます。竹千代は今川義元の手に渡り今川邸で岡崎を通り来ていたので、懐かしく思ったと今川義元は三河の為に戦をすると、三河に帰れるのはいつになるのですか竹千代は言っています。織田を滅ぼしたら三河に帰れるしばしの辛抱です。三河を救う為の戦と言って今川義元は笑っています。織田信秀は弓が弾けないくらいに弱っていましたが、信広は帰って来た信勝はまだ若い織田信長は何を考えているか分からない。尾張一の弓の使い手織田信秀は斎藤道三(利政)に援軍を求めます。明智光秀に那古城にいる信長に会いに行くようにしますが、美濃は稲刈りの時期で誰も動かないと高政達は言っているので、援軍は出せない事になりましたが斎藤道三は笑っていました。尾張の次は美濃になる事が分かっていた道三は会った事のある光秀に行かせましたが、一文も出さない斎藤道三はケチと光秀はこっそり言っています。那古城に行った事のある光秀は信長の家臣と話してましたが、信長は相撲をしている最中です。家臣は光秀と何を話したのか聞いていましたが、鉄砲の事だけの途中で相撲が終わった信長が来ました。家臣は今川と戦をしている時に相撲をしていた信長に呑気な事をと言って下がります。稲刈りがあるので援軍を出せないと伝えに来た光秀は謝りましたが、仕方ない今戦をしている城はなかなかの使い手尾張の地図を見て言っていました。帰蝶は当時の土岐家の時に和議をしたことがあると話しています。戦が長引けば人質の帰蝶が危険になります。尾張の織田がダメなら駿河の今川と手を組めばいいと考えていた斎藤道三です。光秀に帰蝶が美濃に帰るべきか斎藤道三が裏切った時の事考えています。美濃の守護土岐頼芸に高政は会えるので、光秀は高政に頼みます。尾張の次は美濃が餌食になる和議を早くしないといけないので何でも言う事をきく、忘れるなよと頼芸に会いました。美濃の守護になろうとしていた斎藤道三今回の事は道三が巻いた種ですから、父道三を殺せるのか高政といいました。道三の側室深芳野は土岐家の人です。文を書いて京に届けるには金がかかる織田と今川が和議する文を届ける使者に光秀がなりました。京の都は戦が続いて近江に落ち延びていた将軍足利義輝はいます。三好長慶達が足利家に不満を持って戦を繰り返してましたが、京と近江を往復していた細川と会い近江の朽木で足利義輝将に会った明智光秀は3回足利義輝に会っています。光秀が言った事を覚えている将軍義輝は武士の鏡うちは揉め今やるべきだと言っています。武士の鏡に使われたと不満に思い三好長慶達は戦乱の京にしました。明智光秀みたいに叱ってくれる人もいない励まされたみたいですから、織田と今川の和議の文を書きました。よい国を作りたい足利義輝ですが、戦乱の世にしてしまった父の言葉麒麟がくる舞い降りてくる。誰も見た事がない麒麟がくる道は遠い。土岐頼芸は鷹の絵を書いていた人です。
紀行:滋賀県高島市興聖寺朽木荘、京から日本海に繋がる物資豊な場所です。室町幕府足利義晴は息子足利義輝を京の戦乱から逃れ室町幕府の覇権を目指した場所です。

 

麒麟が来る第12話動画12話までのみんなの感想

 
帰蝶の幼馴染で、母方の従兄であり、かつこのドラマの主人公である明智光秀も、幼馴染で後に妻となる熙子と再会するようです。

明智光秀と熙子の関係性については、未だ明らかになっている部分がほとんどなく、2人が互いにどのような想いを抱き合っているのか注目したいですね。

また、明智光秀に想いを寄せつつも、その前から去った駒の今後の立ち位置も気になるところです。

この「麒麟がくる」は主人公の明智光秀に加えて、今後は織田信長が物語の中心に位置することになると予想されますが、それぞれ2人を支える妻となる女性も姿を現したわけで、ドラマ全体を通して見ても、重要な回となりそうですね。

今回の『麒麟がくる』では、史学界における最新の知見が脚本に反映されているそうで、とりわけ織田信長などは、従来描かれてきたイメージとは異なるキャラクターとなっている可能性があります。

そこも楽しみに見守ろうと思います。

 

9話「信長の失敗」では、ストーリーが尾張に嫁いだ帰蝶は夫となる信長とついに対面。その風変わりだが、愛嬌のある不思議な人柄に魅かれ始めます。

この出来事で帰蝶と駒も光秀のもとから去り、幼馴染のひろこの再会をするようで、恋愛もようが中心の話になってきます。

でも、タイトルが信長の失敗なので、なにを失敗するのでしょうか。

次の話の布石になりそうな予感です。

公式サイトには、撮影に使われるセットを360°カメラで撮影していて、登場人物に近い視点で見ることができます。

セットはなかなか一般に公開されることはありませんし、公開されてもイベントなどで一部だけ公開な上に実際に上がることができないなど制約があるので、これを観て本編を観たらさらに楽しさ倍増じゃないでしょうか。

それに、出演者がいる状態といない状態もあるようで楽しみも二通りです。細かいところまで観ることができ、これを作る苦労が伝わってきます。

写真で見るのとは違って、これはWebの良さを活用できていてこのコンテンツはぜひ観ていただきたいです!

また、セットの設計のこだわりが書かれているページや衣装、音楽、題字などのスタッフインタビューも載っていて、『麒麟がくる』のこだわりがよくわかるコンテンツがたくさんあります。

放送まで楽しみに読んで待とうと思います。

 

明智光秀の新解釈ということで個人的に、神経質で少し爪が甘いイメージのある明智光秀をどう解釈していくのか楽しみで仕方ありません。

最終は本能寺から豊臣秀吉に負けるまでやるのかそれとも諸説ある天海同一人物説を推してその先の徳川まで話をするのがとても楽しみでもあります。

今の段階でも私の考えていた明智光秀とは違っていてワクワクしながら見させてもらってます。これがあるからこそ大河ドラマは面白いと思います。

制作途中にもいろいろありましたが、これから最後まで素晴らしい中身のまま走り続けていって欲しいです。

私個人としては織田信長という人物が好きなので彼のこれからも、先を知っているとはいえ、気になるところです。

二人の人物のどんな考えどんな行動によって本能寺に至るのか。

その中身こそがとても楽しみな点でもあります。

この時代は、いろんな戦国時代から治世の立役者が浮上しては消えていく妥当な時期だと思います。

だからこそ魅力的で何度でもいろんな場面で表現されていくのだと思います。

いろいろな解釈があるからこそ、楽しい。

それが歴史であり、大河ドラマというものだと思いますので、タイトルの通り麒麟が来る姿を見たいと思います。

 

明智光秀の新解釈ということで個人的に、神経質で少し爪が甘いイメージのある明智光秀をどう解釈していくのか楽しみで仕方ありません。

最終は本能寺から豊臣秀吉に負けるまでやるのかそれとも諸説ある天海同一人物説を推してその先の徳川まで話をするのがとても楽しみでもあります。

今の段階でも私の考えていた明智光秀とは違っていてワクワクしながら見させてもらってます。これがあるからこそ大河ドラマは面白いと思います。

制作途中にもいろいろありましたが、これから最後まで素晴らしい中身のまま走り続けていって欲しいです。

私個人としては織田信長という人物が好きなので彼のこれからも、先を知っているとはいえ、気になるところです。

二人の人物のどんな考えどんな行動によって本能寺に至るのか。その中身こそがとても楽しみな点でもあります。

 

まとめ

 

この時代は、いろんな戦国時代から治世の立役者が浮上しては消えていく妥当な時期だと思います。

だからこそ魅力的で何度でもいろんな場面で表現されていくのだと思います。いろいろな解釈があるからこそ、楽しい。

それが歴史であり、大河ドラマというものだと思いますので、タイトルの通り麒麟が来る姿を見たいと思います。

NHKの大看板である大河ドラマですが、『麒麟がくる』は、芸能界に激震が走った、沢尻エリカの逮捕によって、はからずも例年以上の話題作としてスタートしました。

放送開始が2週間遅れるという大混乱のなか、高視聴率をマークし上々の滑り出しとなりました。

まず特筆すべきは、映像の美しさ、鮮明さ。

大河ドラマでは初の試みである4K放送によって、役者陣の衣装や農村の風景が目の覚めるような鮮やかさで展開されます。

美しいのは映像だけでなく、役者の動き、ちょっとした表情の変化も実に鮮明に納められているのが見どころです。

戦国時代という、歴史ドラマとしては超、王道、超、人気の時代、ということで、そのストーリー展開や、人物の描き方には、好みが割れそうな気もします。

沢尻エリカに代わって川口春奈演じる帰蝶は、今のところ戦国の世の姫君には見えず、これからどうなるのかなあという印象です。

信長は、あらゆるドラマ、文学で、すでに多く描かれています。

しかし、『麒麟がくる』の信長は、豪放磊落な暴君、激しい夢に生きた天下人、というイメージではなく、深い哀しみをひそかに抱える、ごく普通の人間味も併せ持った人物になるのではないかなと思います。

 

麒麟が来る動画12話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 12話/無料視聴フル