バラエティ倉庫

奇跡の生命スペシャル/見逃した配信/第2弾/無料視聴(2020年4月6日)再放送

奇跡の生命スペシャル//見逃した配信第2弾無料視聴(2020年4月6日)再放送

 

2020年4月6日21時から『奇跡の生命スペシャル【未来を信じて生きる…人形のように17歳少女は今?】』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

奇跡の生命スペシャル/見逃し配信無料視聴サイト/第2弾
 

奇跡の生命スペシャル/あらすじ

回の「奇跡の生命スペシャル」で取り上げる家族のことが、とても気になっています。アメリカ合衆国に暮らすジョンソン一家の9才から12才までの4人の子どもたちは、全員が「毛細血管拡張性運動失調症」という病と闘っているそうです。

聞きなれない病名ですが、いったい、どんな病気なのでしょうか。家族の1人が重い病を抱えているだけでも大変なのに、4人の子どもの全員が不治の病に侵されているなんて、どれほど辛いことでしょうか。子どもたちの病気は、今も常に進行しているそうです。

そんな過酷な運命と向き合う家族の姿を紹介してくれます。

また、ニュージーランドで暮らす13才の「ゾーイ」は、生まれながらに「ウォルフ・ヒルシュホーン症候群」という病を抱えているそうです。

いったい、どんな病気なのでしょうか。医師からは、1才の誕生日を迎えられないかもしれないと宣告されていましたが、奇跡的にそれを乗り越えて、現在は妹と一緒に学校へ通っているそうです。

しかし、成長障害や知的障害もあり、困難な毎日が続いているようです。そんな「ゾーイ」を支えているのが、まだ11才の妹です。番組では、愛情溢れる家族の姿を伝えてくれるというので、楽しみにしています。
 

奇跡の生命スペシャル/見逃し配信/第2弾みどころ

 
奇跡の生命スペシャルは、小頭性原発性小人症の患者である女の子が体調を崩して深刻な状態になってしまっているということなので、とても心配に思いました。

この病気は20歳まで生きることはできないと言われている中、少女は17歳ということなので、もしかしたらもうその時が来てしまうのかもしれないなと怖いです。

お母さんが涙の決断ということなので、命を機械で長らえさせるか、それとも自然と亡くなる道を選ばざるを得ない状態になるのかもなと思いました。

どちらにしても後悔が残らないようなお別れになるといいなと思います。

また、難病の姉を支える妹の姉妹愛もとても気になりました。

一歳の誕生日を迎えられないかもしれないと言われていたのに、今13歳だなんて、まさに奇跡だなと感じました。

しかし、知的障害などいろんなハンデを背負ってしまったお姉さんを妹が支えているというからびっくりです。
年頃の女の子なら、自分のことで精一杯なはずなのに、お姉さんのことを考えて行動できるなんて凄すぎます。

きっとお姉さんのことが大好きなんだろうなと思いました。

この少女がどんな気持ちでお姉さんとの日々を過ごしているのかについてぜひ聞いてみたいです。
小頭性原発性小人症の患者とその家族に迫る番組だそうですね。

この小頭性原発性小人症という病気は、ほとんどの人が20歳まで生きられないという難病であるらしく、そういった運命が待ち受けていることがわかっているうえで、家族はどんな決断をしていくのだろうという点に注目していきたいです。

なんと番組はその患者を13年にも渡って取材を続けているらしく、これは貴重なものが見られるのではないかと期待しています。

13年にも渡って取材しているということは、その子が20歳までしか生きられないと仮定したらその人生の半分以上を取材しているということになります。

病気と戦う姿や、苦しんでいる姿など、考えさせられるような機会にしたいですね

。病気といえば、今世の中では新型コロナウイルスで多くの人が苦しめられていますね。

日本でも感染者は増えていく一方で、いつ納まってくれるのかという不安があります。

もちろんこのウイルスは小頭性原発性小人症に比べたらそれほど難病ではないかもしれません。しかし、人を苦しめていることには変わりはありません。
 

奇跡の生命スペシャル/見逃し配信/第2弾楽しみな点

 
ケナディさんは17歳でこの病気の人は20歳までしか生きられないようですがケナディさんはどうなるのかとても気になりました。

また、13年間にもわらたり取材を続けてきたそうで人生の半分以上を取材してきているのでケナディさんのほとんどが知れそうなので楽しみです。

また13年間も一緒にいるとスタッフさんも愛情が湧きそうですし、ケナディさんも心を許してくれると思うのでこちらの番組でしか見られない素顔のケナディさんが見られそうですね。

20歳まで生きられないと知っている母親の気持ちを考えると17歳という年齢になったケナディさんが心配だろうと思います。

この病気は脳卒中や心筋梗塞といった突然死が多いそうですがケナディさんが取材中に体調不良になるそうでどうなっていくのか見どころだと思いました。

普通の母娘でも母親は何歳になっても娘の心配をするものですが病気のケナディさんならより一層母親も心配し大切に育ててきたと思います。

母親の愛情やケナディさんから母親に対する思いなども知れそうなので楽しみです。

2つめは4人の子供すべてが病に侵されている家族。子供はみんな宝物です。その子供すべてが病気になってしまうと考えると私なら耐えられません。どういった方法で乗り越えるのか楽しみです。

 
今回の番組に出てくる方は余命があと10年ほどということで長く生きることができないという風にあらかじめわかっています。

それは非常に残念なことかもしれませんが私も高齢になればそのような時が必ず訪れますなのでそういった意味ではある意味人間として同じなのかなという風に考えることもできます。

しかしながらやはり余命を宣告されるということはとても辛いことだという風に思いますなのでそれによってどのように考え方が変わったのかどのような考えを持つようになったのかどのような生活してるのかなと非常に気になるところが多いですのでの番組を早く見たいというふうに考えています。

また誰でも病気になる可能性はあるので見ておいて損は全くないという風に思います。

自分も健康ではありますがこれから病気になる可能性は十分にありますのでその方を特別して自分は大丈夫と思って生活するのではなくて何そのようになってしまうのかもしれないということを心において今の人生を楽しもうかなというふうに考えていますなのでやり残したことがないように今の時間を十分に悔いのないように楽しんでいきたいなというふうに考えています。

特に人生の考え方や自分自身もあと数十年しか生きられないと考えると共通しているところがあるのかなという風にも感じますので色々な人の意見を聞いてみたいというふうに考えています。

奇跡の生命スペシャル/見逃し配信/第2弾 視聴者感想

 

カナダで暮らしているけナディという17歳の少女は、100万人に1人という難病にかかり、13年間も番組が取材を続けてきたということです。ということは、まだほんの幼児の時に20歳まで生きられないという死の宣告を受けていたということです。

本人はもちろん、親たちにとってどんな苦しみだったでしょうか。今年になっていよいよ体調が悪化したということですが、そこに親と子の深い絆が見えてくるかと思います。

アメリカのジョンソン一家には4人の子供がいるのに、その4人がすべて同じ病気だと診断されたというのです。現在のところそれは不治の病だということですが、もしかしたら治療法が見つかるかもしれないというほんのわずかな希望に生きているのかもしれません。

そして最後は、ニュージーランドで暮らす13歳のゾーイという少女で、生まれた直後に医師から1歳まで生きられないと診断されたというのです。

しかし、病気が完治したわけではないけれど、なんとか今は学校に通っているというのです。

11歳の妹テスが、病気の姉を支えるという覚悟をしているということで、ここには姉妹愛があります。

これら3つの例を通して、視聴者は生きることの大切さ、家族愛の暖かさ、そしてすぐそこに迫っている死の切なさなどを、感動して見せてもらえるのではないでしょうか。

まとめ

 
4月6日の放送を是非見ようと思いました。カナダのケナディーは、100万人に一人の小頭性原発性小人症になりましたが、母ブリアンが、懸命に看病する姿を見たいです。

20歳那で生きられないこういう難病があるのを、初めて知りました。

名前も始めて聞きました。兄だけではなく、3つ子の姉妹も難病に、本当に、強いお母さんですね。家族の未来が、良くなってほしいと願うばかりです。未来を信じて、病と戦うって素晴らしいことです。

昔、がんになった男の子が、がん、治れ、無くなれって、心で念じてがんを治したドキュメント番組を見ました。

私も、乳がんを治し、今は更年期で、不調続きですが、頑張らなきゃ、こんな強いお母さんもいる事に、感動しました。

家族が、未来を信じて、前へ進んでいく姿是非見たいです。世の中本当に色々な難病があり、今は新型コロナウイルスで日本中の方々が、感染予防のために色々対策しています。外出も、ままならない状態です。

テレビ見ている人が多いと思います。
 

テレビ東京系列で放送される『奇跡の生命スペシャル』は、一般にはほとんど知られることのない珍しい病に罹ってしまった子どもたちと、その家族に密着するドキュメンタリー番組です。

今回は【未来を信じて生きる…人形のように17歳少女は今?】と題して、 障がいを抱えながらも懸命に明るく生きる人々の姿を追っています。

カナダで暮らす17歳のケナディは小頭性原発性小人症の患者で、その発症率は100万人に1人と言われています。

常に心筋梗塞や脳卒中などの危険にされており、20歳まで生きるのは大変難しいと言われる病気です。

ケナディは前回2019年3月の放送でも登場し、その家族愛や絆の深さに感銘を受けた方も多いでしょう。ケナディ一家は現在どうしているのか、一日一日を大切に生きる姿に前回同様目が離せません。

また番組では他にも、4人の子ども全員が毛細血管拡張性運動失調症という不治の病に侵されてしまったアメリカの家族や、ウォルフ・ヒルシュホーン症候群を持って生まれた姉と、姉を支える妹の姿とり上げています。

難病に立ち向かう子どもと家族の姿は、私たちにも家族の在り方や絆について考える機会を与えてくれます。ぜひとも家族全員で見てほしい番組です。

奇跡の生命スペシャル/見逃し配信/第2弾pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

奇跡の生命スペシャル//第2弾