ドラマ

帝一の國/地上波/2020/動画/4月6日/ノーカット版/テレビ/無料視聴まとめ

帝一の國/地上波2020/動画/4月6日/フジテレビ/フル無料視聴まとめ

 

2020年4月6日21時からフジテレビで『映画「帝一の國」【菅田将暉 野村周平 竹内涼真ほか豪華俳優陣多数出演】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

帝一の國/地上波2020/動画/4月6日/フジテレビ/フル無料視聴まとめ
 

帝一の國 /2020年4月6日/動画/番組内容

 

全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが通う、超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一(菅田将暉)。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。そのためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「2年後の生徒会長選挙で優位に立つためには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」誰よりも早く、野望への第一歩を踏み出す帝一。しかし彼を、想像を絶する罠と試練が、友情と裏切りが待ち受ける!

 

帝一の國 キャスト

 

菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大  永野芽郁 鈴木勝大 萩原利久 岡山天音 三河悠冴 井之脇海 木村了  榎木孝明 山路和弘 真飛聖 中村育二 吉田鋼太郎 他

 

帝一の國/地上波2020/動画/4月6日ストーリー性

 

今の日本の芸能界を席巻している若手俳優たちの共演が最大の注目ポイントです。主演の菅田将暉さんを筆頭に共演者には、間宮祥太朗さん、竹内涼真さん、志尊淳さん、千葉雄大さん、野村周平さん、岡山天音さん、井之脇海さん、永野芽郁さん、吉田鋼太郎さんなど豪華なキャストが揃っています。

今では主演として活躍される皆さんが共演されるということで非常に楽しみです。また、この「帝一の圀」は脚本にも注目です。

「ROOKIES」のいずみ吉紘さんが脚本されているということもあり、本編はテンポの良く、ところどころでコメディなシーンとシリアスなシーンがバランス良く配合されています。

海帝高校の生徒会長を目指す、という最大の目的のもと、しのぎを削り合う役者陣の姿をしっかりと演出しています。

コメディ作品かなと思い込んで見ると、結構驚かれるかもしれません。

劇中では二転三転、どんでん返しの連続でハラハラドキドキとさせられます。

若手俳優をやたらと出している映画作品は他にもありますが、青春やラブコメとは一線を画す作品です。

是非一度は見て頂きたい作品です。私のお気に入りのシーンは何といっても、ラストシーンの菅田将暉さんの演技です。

菅田将暉の凄みをみた瞬間でした。

 
この映画の面白そうなところは、生徒会選挙を題材にしている点です。

主人公の帝一は、あらゆる手段を使って生徒会長を目指すということなので、とても面白い頭脳戦が期待できそうです。

生徒会選挙といえば、全校生徒が参加する割には若干地味なイメージもありますが、この作品はコメディということなので、あまり心配はしていません。

ギャグ漫画ならではのびっくりするような選挙活動を行う可能性もあるため、退屈することはなさそうです。

特に、裏切りや罠の要素には注目しています。

生徒会選挙の物語なら、ただ普通に選挙をするだけでは、やはり物足りません。

ずる賢い人物が登場し、反則ギリギリの手段でライバルを蹴落とすような展開があると、かなり盛り上がると思います。

味方側だと思っていた生徒が、実は敵対する陣営と裏でつながっていて、ここぞというときに裏切るパターンも好きです。

この映画でも、そのような驚きの展開が見られることを期待します。

また、笑いの要素も楽しみです。

コメディ映画なので、テンションの高い楽しい選挙が行われることになりそうです。

登場人物のビジュアルも面白いことになっているので、楽しい雰囲気が伝わってきます。

暗いニュースが多いこの時期だからこそ、思い切り笑って楽しみたいと思います。

エリートが集まる名門校で起こる生徒会選挙、もうあらすじからして面白そうな予感がします。秀才たちがどのような手段で生徒会選挙を勝ち抜いていくのか、どんな罠と試練が待っているのか、策謀渦巻く話が好きな私としては見逃せない映画となりそうです。

友情と裏切りというフレーズからも頭脳戦や心理戦の要素が伺えるため、面白くないはずがありません。

ただ学園政権闘争コメディという一文もあるため、本格的な頭脳戦や心理戦ではない可能性があります。

たとえば頭のいいバカといった感じの人たちがわいわいがやがやと騒ぐ映画かもしれません。とはいえ私はコメディ映画も大好きであるため、ばかばかしい手段で生徒会選挙を勝ち抜いていくという方向性であってもウェルカムです。

というかその方向性のほうが面白そうです。コメディ映画ですから、多分おバカな戦いが繰り広げられるはずです。バカと天才は紙一重という言葉もありますから、そういうある意味すごいと思わせるような権力闘争を見てみたいです。

いったいどんな映画なのか、お腹を抱えて笑う準備をしながら見たいと思います。

帝一の國/地上波2020/動画/4月6日楽しみな点

 

現実世界ではあり得ない、名門高校で生徒会長を務めた暁には内閣入りが確約するというストーリー。

馬鹿げているコメディなのに、この映画に実力派の若手俳優達がこぞって出演するのだから見ないわけにはいきません。

海帝高校への入学がただのステップで、学園内での様々なバトルが生徒会長になるために起こるのかと思うと、2時間半でまとまりきるのかという不安も浮かびました。

しかし、4/6の放送では本編ノーカット放送だということなので、この点は問題ないかと思います。

またストーリーを見るに、主人公が生徒会長にかける想いは並々ならぬ物であるとわかりますが、他の生徒がこれをどのように考えているのかが全く分かりません。ライバルを蹴落とす必要が本当にあるのか、そして、どのような汚い手段が出てくるのか、この点にも期待しています。

思い返せば学生時代の生徒会選挙でも、成績優秀者が生徒会長に選ばれていたかというとそうでもなくて、人気投票のような点もあったかと思います。

帝一はカネもコネもるようなので、もしかしたら、そのような「汚い」手段を使ってしまうのではないか?と感じました。

学園物ということなので、校則にこの点が触れてしまうという危険材料も浮かびますが、あくまでもコメディなので、面白おかしく描かれる全ストーリーに期待したいです。

 

帝一の國/地上波2020/動画/4月6日 視聴者感想

 
マンガ原作のドラマや映画作品は今や巷に溢れています。

この映画、「帝一の国」も原作は漫画です。総理大臣になり自分の国を作るため、超エリート校の海帝高校で生徒会長になろうと奮闘する赤場帝一が主人公です。

この映画の凄いところは、沢山のキャラクターが出てきますが、その誰もがイケメンばかり。演じるのは錚々たる若手俳優達です。

まずは主人公、赤場帝一役は菅田将暉さん。

その演技力には定評があり、クールな役から素朴で真面目な役、女装も似合う可愛らしい役まで、まさにカメレオン俳優と呼ぶに相応しい活躍ぶりです。

他にも帝一の親友、榊原光明役に志尊淳。外部入学の苦学生、大鷹弾役に竹内涼真。帝一をライバル視する東郷菊馬役に野村周平。冷静だけど怒ると怖い森園億人役に千葉雄大。唯我独尊の社長令息、氷室ローランド役に間宮祥太朗。

もう名前を見ただけでウットリするような面々じゃないですか。

 

まとめ

 
この作品の舞台となるのは、日本一の超エリート高校。

この高校の生徒会長という地位には、将来の入閣が確約されるという伝説があります。

主人公の帝一は将来の夢である総理大臣になるために、1年生でありながら生徒会長を目指した活動を始めます。しかし、彼の前には想像を超える罠や裏切りが立ちはだかり、命を賭けた戦いとなっていくという学園系のコメディ作品です。

主演を務めたのが、菅田将暉さん。

彼は、笑いからシリアスな作品まで本当に幅の広いジャンルの演技ができる俳優です。

そして、この作品ではりませんが同じ年の作品で日本アカデミー賞も獲得し、すでに日本の俳優界の中心にも立っています。

彼の俳優人生の中で、最初の円熟期を迎えた演技を存分堪能してください。

さらに、菅田さんという存在の影響は、同年代の多くの俳優達に刺激を与え成長を促してきました。その代表格ともいえるのが、竹内涼真さんや志尊淳さんです。

彼らも、この作品に主要キャストとして出演しています。同年代の俳優たちが集まったからこそうまれる一体感とバチバチのライバル心は、作品を素晴らしいものにするための燃料となりました。

20代という俳優の世界では最も若手の彼らが、気合や勢いでなく確かな演技力で作り上げた作品を、みんなで楽しみましょう。

「帝一の國」は映画館に見に行きました。

イケメンの動員力がメインの映画かと思ったら、役者たちがそれぞれ力いっぱい演じていてなかなか面白かったです。

主役の菅田将暉は特に力が入っていました。全体的にそうですが、何よりも吉田鋼太郎との掛け合いを見て「おや、役者だな……」と思いました。あの親子のシーンはもっと見たかったくらいです。
インパクトがあるシーンなので長すぎても興ざめですが。

次に目立っていたのは野村周平です。

マッシュルームカットのインパクトでもおいしい役だし、
その上、これでもかというくらいに卑怯な役。笑える悪役です。

間宮祥太朗、志尊淳はビジュアルの勝利でした。

間宮祥太朗は傲慢な男が、志尊淳はカワイイ系男子がぴったりでした。

カワイイ系男子といえば普通に考えると千葉雄大の役どころなのですが、
今回の顏ぶれの中では少し年上ということもあり、いつもと違って物静かな策士の役柄でした。

これも目新しくて良かった。

このような個性的な役柄に囲まれて、竹内涼真は少し損をしたかもしれません。

竹内涼真はひたすらまっすぐで爽やかな男!という設定でしたから。

往々にしてそういう役はインパクトという意味では弱くなりがちです。

ただこの役が本当に魅力的じゃないと成立しない話なので、
そこを成立させた竹内涼真はかなりがんばっていたと思います。

笑える映画なので今にぴったりかも。
あ、出番は少な目ですが、永井芽郁も可愛かったので良かったです。

 
帝一の國/地上波2020/動画/4月6日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、bilibili、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

帝一の國/地上波2020/動画/4月6日