アニメ

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画 1話(15話)続編第2期/2次/無料視聴まとめ/地上波4月8日

本好きの下剋上/第二部/第2期アニメ/動画1話(15話)続編2次/無料視聴まとめ/地上波4月8日

 

2020年4月8日22時からTOKYO MXで『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部 #15』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画1話(15話)二次無料視聴サイト
 

本好きの下剋上 /番組内容

 

いよいよ神殿の巫女見習いになることになったマイン。神殿に入るまでの間、これまでのことをベンノに報告したり、カトルカールの試食会をしたりと、慌ただしく過ごす。そして、マインが神殿へ行く日がやって来た。 フェルディナンドによって誓いの儀式が行われ、青色巫女見習いとして認められるマイン。そして、これからマインの身辺の世話をするという側仕えたちを紹介されるのだが……。

 

本好きの下剋上 キャスト

 

マイン(井口裕香)
フェルディナンド(速水奨)
トゥーリ(中島愛)
エーファ(折笠富美子)
ギュンター(小山剛志)
ルッツ(田村睦心)
ベンノ(子安武人)
オットー(日野聡)
マルク(前野智昭)
フリーダ(内田彩)

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画1話(15話)ストーリー性

 
現代人の少女が、現実の世界では図書館への就職が決まった日に死んでしまい、ファンタジーの異世界へ転生してしまうストーリーの二期ということで、原作は300万部売れており、人気の作品と言えます。

転生した先の世界では、兵士の娘であるマインとしてなんなく受け入れられたようですね。

二期からの新キャラクターには、子安武人さん、日野聡さん、前野智昭さん、内田彩さんが追加キャストで登場するようですね。

きらきらとしたかわいらしいビジュアルで、見ている人の心を癒やしてくれそうです。

主人公は、この世界でこのまま生きるのか?それとも、なんらかの形で現実の世界に生き返って戻る展開もあるのか?原作と違う展開を迎えるのか?など、気になるポイントがたくさんありますね。
二期のエンディングである『エフェメラをあつめて』も鈴木みのりさんがどんなふうに歌われているのか、またどんな絵で表現しているのかも楽しみにしています。

本が好きな人にとって、共感できる面も多いかもしれませんね。

本がない世界に本を作ってやる!という主人公の意気込みも私はすごいなと思いました。

新しい世界で挑戦する主人公を応援して、見守っていきたいですね。元気が貰える作品です。

司書になるためには手段を選んでいられません、漫画が原作のこちらの作品ですが、現代を生きる本大好き女子大生が不幸な事故で命を落とし目を覚ますと全く知らない世界だったと、いわゆる異世界転生ものと言われる作品です。

なんだ、よくあるじゃんと思った方も多いでしょう。

しかし他の作品と違うのは、主人公が分かりやすくヒーローではないということです。

主人公が勇者になったり、前世の知識で街を救ったりというのがよくある転生ものですが、この作品の主人公は本大好き高校生です。

そして彼女が転生した世界では本がとんでもない高級品、彼女はその世界で本を作ることに情熱を燃やします、といった内容です。

そして次回第二部15話ではいよいよ主人公マインが巫女見習いとして神殿へ入ります。

第一部の最後では商人のベンノから教わった交渉術によって貴族にしか認められない青色巫女見習いとして神殿に入ることを許されていました。

無事望み通り事を進める事が出来たマインでしたが、平民と分かった途端に態度を変える貴族がいたりとなんだか色々先行きが不安です。

神殿に行ってからも今までのようにたくさん事件が起こると思うのですがマインはどのように乗り越え解決していくのでしょうか。

第一部の続編となる15話、楽しみです。
 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画1話(15話) 楽しみな点

 

本が好きなために司書を目指していた女子大生・本須麗乃が、夢を叶える前に亡くなてしまうという切ない設定の物語ですが、中性ヨーロッパの異世界で少女マインとして目を覚ますととても興味深いファンタジー作品です。

そして、題名のとおり本好きな女の子が下克上のようにあらゆる困難に立ち向かって行く物語です。

異世界でも本が好きなために、本の無い世界ならば自分で本を作製しようとする主人公マインの前向きな性格がこのアニメの魅力的な所です。

そして、神殿に図書室があることを知り、巫女を目指すマインの本の為なら何でもする行動的な性格がとても潔くて格好良く感じます。

もし、自分が亡くなって気が付いたら国も時代も違う世界にいたとしたら、それを受け入れることができるでしょうか。マインにとってはそのような混乱の中でも、自分が本が好きであることが唯一の心の支えなのだと思います。

巫女になることが難しい時代でも必死に頑張るマインの姿は、応援したくなるものがあります。

マインは無事巫女になり神殿の図書室で本に触れることができるのかとても楽しみです。

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画1話(15話)視聴者感想

 

マインちゃん、ほんとうにけなげでかわいいです。強さや特別な才能を武器にするのではなく、一生懸命考えて工夫していくマインの姿勢が好きです。

弱さを抱えながらもがんばるヒロインは、応援したくなりますね。かわいいだけでなく、がんばる姿はかっこいいです。元気や勇気を分けてもらえるような気がします。

最初は、本や図書館が好きなので、タイトルに魅かれて観ていましたが、あっという間にマインのキャラクターにはまりました。

世界観も、キャラクター設定もとてもよい作品で大好きです。

いよいよ本格的に神殿での仕事をしていくことになったマインの今後が気になります。

新生活が始まるこの季節、共感しながら観ている人も多いのではないでしょうか。

マインもきっと期待や不安を抱えてドキドキしているんだろうなと思います。

これからのマインや、マインと周囲との関係がどんなふうに変化していくのか、展開が楽しみです。
これから働いていくうえでもいろいろたいへんなことが待っていそうな雰囲気ですが、きっとマインなりの強さで解決していくのだと思います。

どんなふうにマインがこれからのことを乗り越えていってくれるのか、応援しながら観ていきたいです。
 

まとめ

 

この作品はとても面白そうで今からワクワクしています。

その理由は、私は子供を出産する前まで司書をしていたからです。

なのでなくなってしまった女性が主人公ですが主人公がいる世界は本が読みたくても庶民には手の届かないというところと言うことで本のありがたみと言うかなんと言うかとても日本は幸せだなと感じることが多いです。

本を自分で作ればいいという発送も素敵ですし、登場人物の名前がとてもファンタジーといいますかとても幻想的な感じなところも注目したいと思います。また、本好きにはたまらないようなので
ますますみたくなりますし、いい番組ではないかなと感じています。

恐らく私は一人で集中してみたいと思っているので、一人でこっそり見ると思います。

主人公の今後の行方や本に対してのすむ世界の価値観などを味わいながら見ていきたいと思います。

やっぱり本がなければ生きていけないという人にはおすすめしたい作品だと思います。
 

この物語は本好きの主人公が司書になる前に亡くなってしまって中世のヨーロッパで目覚め、その世界では本はすごく高価な贅沢品で庶民には手の届かない代物で、主人公は自分で本を作り出すようになるという面白い展開です。

今の現代では当たり前のように本が読めて手に入れることが出来るし、スマートフォンやパソコンなどネット環境があればオンラインで本が読めてしまう時代です。

このアニメの舞台となる中世のヨーロッパの時代は簡単には手に入らない本だからこそすごく貴重に扱われているし、本に対しての価値がすごく違うような気がします。

このアニメを通して本の素晴らしさなど伝わったらいいなと思います。

そしてたくさんの本と触れ合いたくさんの本を読んできた主人公がこの世界でどんな物語を書き、どんな本を作り上げていくのかすごく見どころだと思います。

主人公の本がないなら自分で作り上げてしまえばいい精神が素晴らしくて尊敬します。

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画1話(15話)b9/アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)などでみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/動画1話(15話)無料視聴