アニメ

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/第2期再放送1話(15話)続編2次/無料視聴まとめ/地上波4月8日

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話)続編2次/無料視聴まとめ/地上波4月8日

 

2020年4月8日22時からTOKYO MXで『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部 #15』が放送されます

 

見逃したかた見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話)二次無料視聴サイト
 

本好きの下剋上 /番組内容

 

いよいよ神殿の巫女見習いになることになったマイン。神殿に入るまでの間、これまでのことをベンノに報告したり、カトルカールの試食会をしたりと、慌ただしく過ごす。そして、マインが神殿へ行く日がやって来た。 フェルディナンドによって誓いの儀式が行われ、青色巫女見習いとして認められるマイン。そして、これからマインの身辺の世話をするという側仕えたちを紹介されるのだが……。

 

本好きの下剋上 キャスト

 

マイン(井口裕香)
フェルディナンド(速水奨)
トゥーリ(中島愛)
エーファ(折笠富美子)
ギュンター(小山剛志)
ルッツ(田村睦心)
ベンノ(子安武人)
オットー(日野聡)
マルク(前野智昭)
フリーダ(内田彩)

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話)ストーリー性

 
第一部から見ていて、マインの真っ直ぐ努力する芯の強さを知っているためこれからどうやって自分のやりたいことを叶えていくのかが楽しみです。

色々な人に協力してもらいながら自分の夢を叶えていくマインはとても魅力がたくさんあるし、いつもどんなことが起こっても前向きなので色々な人が惹き付けられ心を動かされる、そこがこのアニメの見所だと思います。

また第二部からは舞台が神殿へ移って新しいキャラクターも出てくるのでそのキャラクターがどうアニメを面白くしてくれるのかが楽しみです。

マインの側仕えが個性豊かそうなのでマインを引っ掻きまわすのかな、それをマインはどう対処してどう自分に惹き付けていくのかが見所になるのではないかと思います。

また声優も豪華なので声にもうっとりしてしまいそうです。

フェルデイナンドもマインにとってどのような存在になるのかも気になるところです。

またマインの本音がポロポロと出てくるのもこのアニメの笑えるところだと思うのでそれも楽しみにしています。

最初は敵意剥き出しの相手がどんどんマインのペースにそしてマインの思う通りになっていくのが見ていて気持ちがいいので今回の第二部もそこを期待して見ていきたいと思います。

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話) 楽しみな点

 
主人公マインのセリフも古い紙の匂いだの地上の楽園だのと、活字の世界のよさを知っている人のセリフがそのまま出ています。

しかも見た目は幼い少女ですが中身は大人、巫女見習いを志願して神殿入りするも、神殿長とは犬猿の仲だったり戸惑ったりと、なかなか先々の展開が読めなさそうな分、各キャラとの関わり合いがとくにおもしろそうです。

何といってもイラストの嫌味のなさがいいですね。

今のアニメにありがちな、キャラクターの変に媚びたような感じやけばけばしい雰囲気がなく、子どもから若者、大人に至るまでキャラ全体が素直なタッチで描かれていると思いました。こういうアニメもなかなかないと思います。

とくにグスタフ、オットーあたり知性のようなものが感じられます。

登場キャラ全体が今風のタッチで描かれながらも嫌味や無理やり感のようなものがなく、表情の一つ一つに知性の欠片のようなものを感じます。

マインの行方を始め、神殿にいるフェルディナンドの訳アリ事情や人間らしさを取り戻していくプロセス、あどけない感じなのにルッツが知っているというマインの秘密のこと、ケンカっ早くても根は素直で仲間思いのギル、マインに固く心を閉ざしながらも感心するフラン、男性恐怖症になったヴィルマの過去・・・キャラ一人ずつの個性や、マインとの関わりによって変わりつつあるそれぞれの心境の行方も楽しみです
 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話)視聴者感想

 

小説が原作の漫画化もされた異世界転生ものの今期はアニメの第二期。

監督は、一期から続投の本郷監督で最近の代表作は見当たらないが、過去にクレヨンしんちゃんの監督を務められていたなど実力はあるようです。

作画は丁寧に、かつ声優陣も実力者メンバーが多い。マイン役の井口裕香さんをはじめ、まわりを子安武人さん、速水奨さん、少年役に箱の人、田村睦心さん、三瓶由布子さんと安心の布陣ですね。

井口さんは最近あまり見ない気がしますが、歌手活動で忙しいんでしょうかね。それともゲームの吹き替えでしょうか。

また、今期からは神殿編ということで、愛する家族と別れることになるが、これから展開が面白くなっていくかな?というところでしょうか。

PVも見ましたが、一期同様、井口さんの存在感が大きそうですね。

たまにでるデフォルメキャラも、少しマンネリ化したストーリー展開でもスパイス的な役割を果たすでしょうか。

公式HPにて、井口さんと速水さんが対談しているページも読みましたが、速水さんお若く見えますね。61歳とは思えないです。

収録現場で、お昼ご飯に茹で卵を持参してくる人が多くて、板東英二さんか。

と速水さんがつっこんだり、キャスト陣でバーベキューに行かれたりと、現場は和気あいあいとされているということで、今後の収録にうまくつながってくれたらなと思います。
 
本好きのマインが神殿にある本を読むため、神殿勤めをする事となりました。
平民の子供であるマインは孤児等がなる灰色巫女見習いとなる所を、マインが神殿長相手にブチ切れて貴族の子息がなる青色巫女見習いとして勤める事となりました。
表面的には神殿長との交渉は上手く行ったように感じます。
しかしだからといって、マインの神殿勤めは大変なんじゃないかな~って思うんです。

自宅から通うという条件を取り付けたとはいえ、神殿はマインにとって完全アウェーです。
一番の権力者は神殿長ですし、その神殿長相手に暴力的な交渉をしたわけですから。
神殿長としては平民であるマインを青色巫女見習いとして迎えるのには不服ですし、マインの使い道なんて魔力にしかないと考えています。
当然神殿長は不服でしょう。
形式上は青色巫女見習いとして迎えたとしても、神殿長がマインを冷たくあしらうような指図をしそうなんですよね。

マインの両親は神殿内にはいません。

マインの理解者であるベンノやフリーダもただの商人ですし、どちらかというと神殿と対立している側。

一番の味方であるルッツは商人見習いを始めたばかりですし、ただの子供にすぎません。
今までは神殿外で過ごしていたのでマインは周囲から助けられていましたけど、助けのいない神殿でマインは無事過ごせるんでしょうか。

しかも神殿内はマインに対する悪意に満ちているという環境で。

普通に考えたら相当無理があると思うのですが、マインは転生者。

前世は社会人として就職するぐらいの年齢まで生きていたわけですし、その知識と経験で乗り越えていきそうですし、その辺りを楽しみにしています。

まとめ

 

神殿勤めをする事になったマインですが、これがなかなか大変そうなんです。
まずマインは子供ですが、転生者として現代日本の知識を持っています。
その知識によりこの世界にはないキレイな髪飾りを作ったり、紙作りを成功させました。
この娘には何かある!しかしこのままではマインの才能をわが物にしようという悪意がマインを襲うに違いない!と考えた商人ベンノはマインを保護してくれました。
これによりマインは紙作りという偉業を果たしたというのに、周囲からは知られずにすんでいたわけです。

しかし神殿勤めをするとなると、今まで隠していた事が神殿側に露見してしまいそうなんですよね。
神殿で働きたい!とマインは神殿長に大金を差し出しました。
そんな大金を気軽に出せるということは、マインは貴族のご息女だと考えて神殿勤めを許可しようとしたわけです。
しかしマインの親と会ってみたら、なんと平民。
ガッカリです。
そしてあの大金をマインはどこから出してきたのか?と神殿長は考えます。
神殿長からすればマインなんてただの平民です。
マインが金の生る木を持っていると知れば、それを奪えばいいと考えるでしょう。
そして最悪なことに神殿長はマインに好意を抱いていませんし、そうするだけの権力もあります。

今まではベンノの力でこういった悪意にさらされて来なかったマインですが、さすがに神殿長もマインを調べるでしょう。
となるとマインの工房や紙作りが出来るなんてことがバレるのはほぼ確定。
マインはどう対策するんでしょうか。

マインは転生者ですが、転生前は社会人になる直前で亡くなっています。
学生レベルの知識しかないわけです。
そんなマインが神殿勤めをするのは相当大変なリスクになるとは思うのですが、どう乗り越えていくかを楽しみにしています。

今回の話を見てみて、神殿の巫女見習いになることができたマインがどんなふうにこれから成長していくのであろうかと楽しみにしながら親目線で見させていただきました。

フェルディナンドによって誓いの儀式を行なっている場面を見たときには、あのマインもやっと巫女見習いになったんだなと実感しました。

そしてマインは青色巫女見習いとして認められましたね。マインにとって青色巫女見習いになるということはまさにピッタリだと思うし、運命なのかなと思いました。

巫女見習いになると側仕えが就いてくれるということなのですが、その側仕たちをマインは自分で選ばなければならないということでしたね。

側仕ということは一緒に仕事をしていくいわばパートナーといっても過言ではないような大事な人なので、マインはいったいどんな人を側仕に選ぶのだろうかと思いながら見ていました。

その側仕を選ぶことができたマインであるが、なかなか側仕の皆さんはなんとも言えないような表情をしていましたね。

なんだか体の小さいマインをバカにしているような、なぜこの小さい子と仕事をしなければというような顔をしていましたね。

彼らとの今後の関係がどうなっていくのか心配ですが、見守っていきたいです。

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話)b9/アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)などでみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

本好きの下剋上/第二部/アニメ/見逃し配信/再放送1話(15話)無料視聴