ドラマ

卓球の王将/ドラマ/見逃し配信/1話/再放送/無料視聴まとめ初回4月9日~最新話

卓球の王将/ドラマ/見逃し配信/1話/再放送/無料視聴まとめ初回4月9日~最新話

2020年4月8日24時59分から『卓球の王将-#01』がOAされます

 

見逃した方や見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

卓球の王将1話見逃し配信1話無料視聴できるサイト
 

卓球の王将- /番組内容

 

20XX年、世は空前の卓球ブーム。東京を舞台に激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生達。彼らの優劣を決めるのも勉強や喧嘩の強さではなく、卓球の勝敗。卓球の強い高校は神の様に崇められ、下位校は上位校に絶対服従!誰かがこの時代を「卓球戦国時代」と呼んだ…▼2020年音楽シーン注目No.1マルチクリエイター「まふまふ」が主題歌プロデュース▼人気漫画家「おげれつたなか」がキャラクターデザインを担当!

 

卓球の王将- キャスト

 

佐野勇斗、古川毅/小笠原海、草川拓弥/森崎ウィン、板垣瑞生/北村匠海ほか

 

卓球の王将見逃し配信1話ストーリー性

 

近藤勇美役森崎ウィンさん

森崎ウィンさんて日本人離れしたハッキリした顔立ちで顔もカッコイイですよね。
ハリウッド映画デビューを果たしているのもスゴい。それもスピルバーグ監督の作品で、オーディションですからね。

しかもミャンマー出身で3か国語をしゃべれてしまうというところもステキ。

だけどその高いキャラクター歌唱力にも注目して欲しいですよね!俳優で歌手の森崎ウィンさんは、PRIZMAXのメンバー。

歌唱力や演技、そこに加えてイケメンだなんて。そのどれかひとつでも分けて欲しいもんですよね。

このドラマでは卓球に青春を捧げる男子高校生役。

でもドラマの主題歌も歌ってくれてるんですよね。

歌唱メンバーには、ドラマ主演の佐野勇斗さんや、北村匠海さん始めとする恵比寿学園男子部メンバー達6人。

卓球で争う、それぞれの高校のテーマソングもあるのだから楽しみ。

恵比寿学園男子部の魅力をこれでもかと堪能できるドラマになっていること間違いない!?

青春ものはヤバイですね。

みんなの色んな表情を引き出してくれるはず。

試合でみせるカッコイイ姿にハートを奪われ、美しい友情にキャーってなって、時にはクスッと笑えたり、それはもう幸せな時間が待っていることでしょう。たまりませんね。

EBiDANによる、卓球バトルロイヤルここに開幕!
 

卓球の王将ドラマ/見逃し配信1話たのしみな点

 
人間はみな平等だといいます。

しかし人間は大小関わらず集団を形成すると、そこには自然と優劣が生まれ力関係というものが存在してしまいます。この力関係を生み出すものはというと、頭脳・体力など人間の持っている能力的なものであったり、金・土地などの物的な要素であったりもします。

優劣の決め方はさまざま、その集団の価値観によって異なり、多種多様です。

そんな中、とある時代の東京の高校の優劣は卓球が全てでした。

偏差値でも喧嘩でもなく全ては卓球の勝敗で決められていたのです。

2020年4月放送開始のドラマ「卓球の王将-」では卓球で全てが決まってしまう高校生たちの熱い戦いが繰り広げられます。

激戦区・東東京のなかでも絶対王者として君臨する薩川大学付属渋谷高校、圧倒な強さで他を寄せ付けません。常に勝利を求められるのは王者の宿命、しかし、そんなプレッシャーも跳ね除けて多くの高校を傘下に置いています。

そんな中、打倒・薩川を狙い忍び寄る影が・・・、というのが大まかなあらすじなのですが、これは卓球のお話です。

成績の良い優等生も、どうしようもなく手がつけられないクソガキも高校生活の全てを卓球に捧げる新しい青春ドラマなのです。この戦いから目がはなせません。

 

卓球の王将/見逃し配信/1話/視聴者感想

 

高校の序列が、卓球の強さのみで決まるという設定のドラマのようです。

今まで、アイドルや人気のグループが戦う設定のドラマでは、野球やサッカーなどが題材とされてきました。その中に卓球が入るなどとは、誰も思っていなかったはずです。

しかし、近年の卓球人気はその厚い壁をも打ち破ったのです。

4年前のオリンピックで注目され、地道に行ってきたジュニア育成が男女ともに実を結び、次々とスター候補が現れるようになりました。

世界選手権だけでなく全日本選手権のことまでワイドショーに取り上げられるようになり、常に話題に上る競技の一つになれたのです。

卓球競技は、実際に演じるには難しいと思います。

しかし、今の映像技術であれば試合での壮絶な打ち合いも再現はできるでしょう。他の作品でも打ち合いの魅力は伝わってきます。

しかし、タイトルになっている卓球での技術の話ならば今までの演出だけでは足りません。

名前の通りウソの動作でカットの切り方や回転のつけ方を錯覚させるための動きのことです。この動作はCGではなく演じることでしか伝わりません。

それだけに、この技術について皆が面白いと感じられれば、卓球はさらなる魅力を手に入れられます。

どうかできるだけ現実の卓球に近い状態のものを見せて欲しいです。アニメのように必殺技が出るような演出でないことを祈ります。
 

まとめ

 

映画や漫画の最新刊などのネタバレサイトは数多くあります。

「〇〇 ネタバレ」と検索エンジンで参加すると多くのサイトがヒットしますが、その中に視聴者の声として多数のインスタグラムやTwitterの感想が述べられていて、当然その中に「犯人が〇〇だったなんて~!」「〇〇が死んだシーンで泣いたわ!」というネタバレが大量に含まれています。

これは視聴後の人、漫画の最新刊をすでに読んだ人には問題ないのですが、視聴前の人は映画の公開情報や漫画の前回までのあらすじを知りたかっただけなのに、先にネタバレされてしまうのでかなり気分が悪いです。

そしてこういうSNSの感想が無断転載されていた場合、ネタバレされた人の怒りの矛先が転載されたSNSに向くことになります。

SNS投稿した本人は、フォロワーやすでに見た人向けに書いた感想のつもりなので、勝手にネタバレサイトに転載されたことなど知る由もありません。

それなのに「こいつはアニメのファンをかたってるけど、ネタバレするなんてファンの風上にも置けない奴だ。」と思われてしまうのは心外です。

他人のSNSをネタバレ用のブログに無断転載するのはこのように、ネタバレされる側にもSNSを無断転載される側にも迷惑な行為なので絶対にやってはいけません。

他人のSNSから無断で引用し他のサイトやブログで悪く言う行為は、やっていることがそもそも悪いことを拡散していることに気づいて欲しいです。

それがたとえば「ネタバレ」などというものであるならば、拡散した人がネタバレと認識して広めることで、実際ネタバレとして拡散した張本人へ集まるべき怒りが、元凶が悪いと元々そのようなつもりが全く無かった元のアカウントに怒りが集中してしまいます。

その様子を見て笑っているのは、やれ「ネタバレ」だと騒ぎ立てて、その情報に怒りを感じた人の「怒り」を助長しもとの自分が感じたことを少し呟いただけの人を、傷つけるよう差し向ける、周りを躍らせて自分は見ているだけ、現代の日本における悪質なマスコミのようなものと同じに私は感じます。

対象の背景を気にせずに物事を悪く捉え、揚げ足をとることに喜びを感じて、対象の人も、その情報を耳に入れて怒る人も誰も得をしない、多くの人間を不の感情に落としいれ、喜ぶのは自分だけです。このような人たちは多くの人の不幸を眺めて、笑ってられる存在なのです。

私は情報が高い価値を持つこの情報社会で、とても悪質な情報を流すこのような人たちがより多くの人に、気づかれて欲しいと思います。
 
卓球の王将1話見逃し配信1話無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

 

卓球の王将1話見逃し配信1話無料視聴できるサイト