ドラマ

浦安鉄筋家族/実写/ドラマ/動画/1話/初回/1発目pandora/Dailymotion/9tsu/まとめ

浦安鉄筋家族/実写/ドラマ/動画/1話/初回/1発目無料視聴まとめ4月10日

 

2020年4月10日24時12分から『ドラマ24「浦安鉄筋家族」1発目 コンプラ上等ダメ親父に愛の禁煙刑』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

浦安鉄筋家族/ドラマ/動画/1話/初回/1発目無料視聴
 

“>浦安鉄筋家族/ドラマ/動画/1話/初回/1発目無料視聴
 

浦安鉄筋家族 /ドラマ1話動画番組内容

 

佐藤二朗主演!シリーズ累計4400万部超えの大人気ギャグ漫画原作を、地上波のギリギリに挑戦して初の実写化!なんでもありの大沢木家が、今日も波乱を巻き起こす!?

番組内容
限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。タバコ大好きなタクシー運転手・大鉄(佐藤二朗)はある日、妻・順子(水野美紀)による家族裁判で「禁煙刑」を言い渡されてしまう。彼氏・花丸木(染谷将太)とのデート代が欲しい長女・桜(岸井ゆきの)をはじめとして、家族総出で父の禁煙作戦に協力しようとするが、それがまさかの

監禁・チェイスととんでもない大波乱の展開に!果たして、大鉄の禁煙作戦は成功するのか!?とにかくパワフルで極端な家族が巻き起こす、エクストリーム・ホームコメディ!

 

浦安鉄筋家族 キャスト

 

大沢木大鉄…佐藤二朗 大沢木順子…水野美紀 大沢木桜…岸井ゆきの 大沢木晴郎…本多力 大沢木小鉄…斎藤汰鷹 大沢木裕太…キノスケ 大沢木金鉄…坂田利夫

花丸木…染谷将太 麻岡ゆみ…松井玲奈 仁ママ…宍戸美和公 タクシー客…滝藤賢一

 

浦安鉄筋家族 ドラマ動画1話 ストーリー性

 

浦安鉄筋家族はとにかく家族それぞれが、めちゃくちゃで毎回いろんな事件を起こします。

時にはすごく下品な回もあるのでどこをチョイスしてこられるのか今から気になります。

佐藤さんが演じる大鉄はチョー適当で、めんどくさがりな人間です。

タバコをカートン毎吸う姿は見られるのでしょうか。

禁煙すると貧乏ゆすりを起こし、数々の災害を起こしてしまうというのも懐かしいですね。
あと、タクシードライバーで運転スキルは神がかったものを持っているので片輪走行が映像で見られるかもしれません。

どこまで振り切って演じられるのか、テレ東さんがどこまで映像として遺すのか注目です。またもう一人登場人物として注目なのが大鉄の息子の子鉄です。大鉄の子供というだけあってかなりぶっ飛んだ設定でした。

とにかく頭が悪く、算数のテストでも気を失うなど勉強が大の苦手です。

ただ体育だけは成績が良く、特にマラソンは得意でした。

意地悪な要素も持ってますが、比較的友達付き合いは良く誰とでも仲良くなれる性格の持ち主です。好きな子のリコーダーをなめ回す回もあり、ストーカーの要素もあります。どんな子役が演じるのか楽しみですね。

浦安鉄筋家族は少年チャンピオンで連載されており、小さい頃に友達皆で笑って見た記憶があります。
そんな当時の記憶を呼び起こし、今の家族と楽しく見れる作品となることを願っています。

 

浦安鉄筋家族 ドラマ動画1話 楽しみな点

 
幼い頃から…〇ンセンスギャグ漫画には”一目置く”おじさんでして、真似したい心が「一もつを大きく」なんて言いたいけれど。

「興味ない、今日観ない!?」

世間では…調べない”ネタ”かもと思ってると、一発でHITしたキーワードが「出た~」で喜んでいますぞぃ。

…さて。

話はココまぁまぁにして…ギャグ漫画を”冷静に分析”もする、そして人気の秘訣を”例正に気分接近”で探るとさぁ。

来ました~の漫画…そしてドラマ化も”出ました~”となる4月でして、考えるより感じる系にしないと「騙した⤵」と言って欲しくないからさぁ。

「浦安鉄筋家族⤴」

ぜひ…笑いたい”本能”で観て欲しい、主演も太鼓判なる方なので「本望」なるおじさん心に気づいてねっと。

アニメもあるし…漫画も”読める”今って、事前準備が有利なる「様子見る」の待ちが有効ですよっと。

基本、原作が”あると助かり”ましてねぇ…大まかなストーリーが”ある等確かに”把握しやすいんだけれども。

どうもさぁ。

浦安鉄筋家族に関しては…世界観が”実写化”では難しい疑惑が浮上しまして、大ハードなギャグって「実社会可」なのか不安なファンになってますよ。

しかも…。

「キャラ全員が、喜やらかす善意!?」

相当ハードル高い設定でして…主演”佐藤二朗”さん以外の名前が出るのを、心待ちだけど「再度心労」なる本音もあるんですねぇ。

但し⤴。

「馴染みのキャラが出る、真面目にギャラが出る!?」

と…余計な”お世話”な話ですが、ファンが熱望するキャラを演じる方達には「押せ話」になる演技は期待させるからさぁ。

「破壊力ある、破壊・利欲ある登場人物!?」

兼ね備えたキャラ達で…主演”俳優”が困るかも知れないアドリブも欲しがる、そして「HIGH・YOU」にさせたい皆の期待を待つぞぃ。

放送地域、放送時間

TV東京系
3030年4月~(金曜日)深夜0:13~

リアルに再現すると…恐ろしく”金が掛かる”ネタもあるけど、純粋に楽しんでもイイ「簡易で可がある」セリフかと⤴。

 

「そう言えば、家族に慣れようよ~♪」

と言っておく…何故なら”全員が”ネタ仕込みなキャラと言えそうなんで、原作通りに進むと知らなければ「損便」をお送りするから~⤴。

「多分、破滅的にハマる鉄筋!?」

うかうかしてると、佐藤二朗さんを困らせる”為に仕組まれた”キャストが来てしまうのでして…。

放送までには鉄筋で鍛えた心じゃないと「駄目にしくじり増せる」笑いで崩壊顔になりそう軟でねぇ。

「家族構成が、加速恋うSAY⤴」

言わして欲しいキャスト名…そして”金架かる”のはセットな仕込みじゃない、家族構成をオチ等”兼ねて書ける”人達として期待してるぞぃ。

もう…笑いが”出てしまう”のは、主演の方が「ダッシュしてる」アドリブパワーを想像させるからですぞぃ。

  

大沢木大鉄(佐藤二朗さん)

他 

記憶と記録…どちらも”狙う姿勢”としつつ、喜LOCKさせる「願いを視線」に感じてる製作者達っす。

 

原作:浜岡賢次さん「浦安鉄筋家族」

チーフプロデューサー:安部真士さん

プロデューサー:藤田絵里子さん・神山明子さん

プロデューサー:瑠東東一郎さん

脚本:上田誠さん

アニメ版も再拝見…そして”熟知”しようと試みるも、浦安鉄筋家族の輪に入れない「承知」した普通の私がイイやぁ~になるかも。

何故なら…決して”人間界”ではマネ不可能なる、よくある些細なネタが「人間害」かもの話へエスカレー等するしさぁ。

「まともな人を探すのは待ってもう~⤵」

直観…居ないと判断するのは”本能素敵”な証でして、こうなると極端人を探してる「本能図式」なる自分が発見出来るからねぇ。

「もっと笑い求め、元話題を!?」

何とか真似を試みる…我が家で”元・話題”になるネタを探し、大鉄風に振舞いたいけどニセ「妄想話題」しか出ないから~⤵。

「笑うに専念キュン⤴」

お灸据えた気分で”刺激”だけでも頂くとする…結局は熟知無しでも「狙撃」された爆笑ハートになる・招致・したいTV前の話でしたっと。

自分なら…誰に”なりたい”かを決めて観よう、だけど全員無理な答えは「泣き寝入り隊」になるルールってヤバいっすねぇ。

 

一応…最後に推して観る方法としてはさぁ。

「なりたい自分に慣れる!?」 

そう…慣れて観ようでして”普通無理”とは言わせない、通常ドラマだと推しキャラ合戦に華が咲く「普通有利」な会話ですからねぇ。

なので、おじさん⤴。
 
迷わず…悪魔寄らずの雰囲気も感じてしまう”大沢木大鉄”をなりたいと言う、我が家の会話でも1人で「大騒ぎ抱いて」愛して止まないキャラとしておくけれども。

「嫌われる我が子の目がキラリ枠!?」

思惑通りのオチにはなる我…しかし”その後ドラマ”での推しが疑われる、危険なゲームも提案したい「損のGO道理魔」の紹介は無視しても良いぞぃ⤵。

 

浦安鉄筋家族 ドラマ動画1話視聴者感想

 

子供の頃によく読んでいた浦安鉄筋家族が実写ドラマ化すること自体が懐かしくもありすごく楽しみです。

少しお下品な表現があった漫画だった為、親が厳しかった私はこっそりお友達の家で読んでいました。

私は好きなキャラクターが3人います。1人目はお馬鹿さんキャラの春巻先生です。

あのキャラクターを誰がどのように演じられるのか想像も出来ませんが、口癖の「ちょりそー」は是非入れて欲しいで

2人目はやっぱり仁ママ、夢に出てきそうなちょっと恐怖を覚えるキャラクターですがチワワを飼った時の話は是非入れて欲しいです

仁ママは誰が演じるのか1番注目してます(笑)3人目は主人公の小鉄です。

おバカで元気でパワフルでいつも何やらかすのかハラハラ見ていました。ドラマでもギリギリまで攻めてくれるんじゃないかと楽しみです。

浦安鉄筋家族の特徴としてたくさんパロディも盛り込まれていましたので、ドラマでも是非パロディをたくさん盛り込んで頂けたらいいなと思います。

今日から俺はや、銀魂でもお馴染みの大好きな佐藤二朗さんが出演されると聞いて、あの独特のアドリブでの演技が浦安鉄筋家族の世界観にどのようにマッチしていくのか想像するだけで笑みがこぼれます。

浦安鉄筋家族という放送ギリギリの漫画がドラマ化となり、いい意味で問題作になるのではないかと今から見るのが楽しみです。
 

まとめ

 
四半世紀以上の歴史を持つ名作漫画の「浦安鉄筋家族」がついにドラマ化になると聞いて嬉しくなりました。

40代から50代の男性ならその名を一度は聞いたことがある、また読んだことがある漫画です。よく年季の入った食堂とか理容室の待合に置いてあることがあります。

あのハチャメチャな面白さのある漫画があのおなじみの佐藤二朗さん主演ということで期待感も2倍に膨れ上がります。主人公の家族の名字が大沢木(おおさわぎ)です。

つまり大騒ぎを毎回起こす家族の物語です。

何気ない日常が大沢木家にかかればほんとに大騒ぎになるというシンプルだけど笑いの連続が巻き起こり癖になる作品だと思います。

浦安というディズニーランドの近くにあるという舞台設定もなんだかマニアックで素敵です。このマニアックながら人気のある作品をドラマ化することはテレビ東京ならではだと思います。いい意味でフジテレビっていうカラーでもありません。

さすがです。ただ日常から大騒ぎを経て非日常になるあの作品の雰囲気をどうやって映像化していくのかはほんとに楽しみです。

佐藤二朗さん中心とする俳優陣も大変だと思いますが監督・脚本・演出も難題だと思います。昔からのファンも多いのでプレッシャーも大きいでしょうが是非そこも楽しみに見ていきたいと思います。
 
浦安鉄筋家族ドラマ動画1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

浦安鉄筋家族ドラマ動画1話無料視聴はこちら