アニメ

文豪とアルケミスト/2話/動画/2話1話~アニメ最新話4月10日無料視聴まとめ

文豪とアルケミスト/2話/動画/2話1話~アニメ最新話4月10日無料視聴まとめ
 

2020年4月3日25時23分からテレビ東京で『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~「走れメロス」』が放送されます

 

見逃した方/放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

文豪とアルケミスト動画アニメ1話無料視聴
 

文豪とアルケミスト /番組内容

 

その男は知らされる。自身が転生した文豪であり、過去の文豪を元に形作られた魂のような存在であること、それゆえに本の中に入り込み、侵蝕者と戦う潜書ができることを。今侵蝕されている本、「桜の森の満開の下」へと潜書した男は、脳裏にしだれ桜が焼き付いたまま、闇の中へと落ちていく。草原で目覚めた男は、若い女に遭遇し、都へと同行することに。だが都に着いた時、男には想像を絶する出会いと惨劇が待ち構えていた……。 番組内容(1) 文豪により綴られてきた数多の本。独創的な世界観や感情揺さぶる物語が記されたそれは文学として人々の心を彩り、世界を豊かにしてきた。しかし、そんな本を黒く染める異形のモノ達が現れる。それは、文学に対する負の感情から生まれた“侵蝕者”と呼ばれる存在だった。 番組内容(2) 本を侵し、この世界から消し去ることを目的とする侵蝕者に対抗できるのは、“アルケミスト”の力で転生を果たした文豪達のみ。文豪は侵蝕された本に潜り、侵蝕者を討ち果たすことで本を救う。 全てはこの世界の文学を守るため。これは、魂を込めて作品を創ってきた者達が綴る、新たなる文豪譚ーー

 

文豪とアルケミスト キャスト

 

芥川龍之介:諏訪部順一、太宰治:中村悠一、中原中也:柿原徹也、島崎藤村:立花慎之介、織田作之助:小野坂昌也、徳田秋声:渡辺拓海、坂口安吾:杉田智和、萩原朔太郎:野島健児、室生犀星:逢坂良太、志賀直哉:前野智昭、武者小路実篤:KENN、菊池寛:三木眞一郎、久米正雄:吉野裕行、佐藤春夫:泰勇気、谷崎潤一郎:岡本信彦、堀辰雄:高橋孝治、ネコ:大河元気

 

文豪とアルケミスト/動画1話ストーリー性

 
初回放送のタイトルである「走れメロス」は、教科書にも掲載された誰もが知っている太宰治による小説です。

今作品は、その小説の中に侵食者と呼ばれる敵が侵入し、勝手に小説を改変していってしまうファンタジー作品です。

侵食者に対抗できるのは、「アルケミスト」の力で転生を果たした文豪達のみという事で、メインビジュアルには、開いた本から文字があふれ出すさまを興味深そうに見る芥川龍之介が採用されています。

芥川龍之介と言えば、これまた教科書で有名な「羅生門」等を書いた日本を代表する文豪の一人です。

昨今「文豪ストレイドッグス」に代表されるように、小説ではなく、文豪本人に焦点をあてた作品が増えてきているようです。

また、それぞれの文豪のメインビジュアルも、どこかしらに現代を取り込んだ和洋折衷なイケメンが勢ぞろいです。

今後、モデルとなった文豪と彼らの作品をどのように融合させて話を展開させていくのかが楽しみです。

日本文学に詳しい人は、織り交ぜられた彼らのエピソードにきっとにやりとするのでしょうし、日本文学にそれほど詳しくなくビジュアルに惹かれて視聴した人は、このアニメーションを通して、日本文学に興味を持つようになると思います。
どちらかと言うと私は後者になりそうです。

文豪とアルケミスト/1話動画 楽しみな点

 
 

日本、そして、世界には文豪たちによって綴られてきた、果てしないほど数多くの素晴らしい「本」があります。

それらは、文豪が自らの魂を込めた傑作であるが故に、私たちの感情を揺さぶり、時には人生に大きな影響を与えることさえあります。

そんな天才たちの独創的な世界観は、物語として形作られ、長い時を経ても、尚、現代の私たちや、未来の人々に受け継がれていきます。

しかし、本作品ではそんな大切な「本」を黒く染めてしまう異形のモノたちが現れます。それは、文学に対する負の感情から生まれた「侵蝕者」と呼ばれる存在でした。これは、大変です。なんとかしなければなりません。

でなければ、世界から名作が消えてしまいます。

そんなことは、絶対にあってはならないのです。そして、文豪たちが立ち上がります。

「アルケミスト」の力によって転生した文豪たちが、「侵蝕者」から「本」を救うために戦います。無事に「本」の世界を取り戻すことができるのでしょうか。

文豪たちは、いったいどのように謎の「侵蝕者」に立ち向かっていくのでしょうか。

というのも、諏訪部さんが演じたキャラクターで個人的に印象に残っているのは、どちらかというと荒々しい口調のキャラクターだからです。

文豪とアルケミスト動画1話視聴者感想

『文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~「走れメロス」』という番組が始まりますが、タイトルから推測されるようにかつて文豪と呼ばれた人を題材にしたアニメです。

太宰治や芥川龍之介など国語の教科書にも掲載されたことがある作家が現代に生き返り、文学の隆盛のジャマをするもの(アルケミスト)を排除するという内容です。

教科書に載っていることで歴史上の人物に近い印象を持ち、遠い存在である感じがしますが、実はギャンブルや酒好きだったりマゾだったりし、結構人間っぽい面も持ち合わせています。

その文豪たちが現代に甦り、全世界の文学を侵蝕しようとするアルケミストから守るために立ち上がり対抗します。

少しSFっぽい雰囲気が漂いますが、このアニメを見ることで、これまであまり馴染みがなかった文豪という人種やその作品世界に触れることができると思われますから、その点も含めてどう描かれているのか今から大変楽しみ。文字離れ著しい若い人にとっても異議のあるアニメと言え、またこれまでアニメに縁がなかった人にもオススメしたくなる番組なのだろうと想像します。

作品がタイトルになっていることから、太宰治が中心になって構成されているアニメかと思いきや、番組HPを確認すると、芥川龍之介が中心となっている感じもしますが、さて実際はどうなっているのでしょうか?異色のアニメですが非常に期待しています!アニメファンのみならず、近代文学ファンにとって、絶対にオススメのファンタジーアニメがスタートします
 

 

まとめ

 

少年漫画が原作のアニメが好きなので、諏訪部さんの役といえば、『鋼の錬金術師』のグリードや『BLEACH』のグリムジョーを思い浮かべてしまいます。

しかし、PVではそれらとは真逆の演技でした。

あまりにもギャップがあるため、思わず聞き入ってしまったほどです。

確かに諏訪部さんの声でしたが、凶暴で野獣のようなキャラクターたちとはまったくの別人になっており、プロの本気を感じました。

新しいお気に入りのキャラクターが増えることになりそうなので、放送ではしっかりと耳を澄ましておくつもりです。

また、太宰治役の中村悠一さんも、気になる声優さんです。

個人的にクリス・エヴァンスさんの吹き替えの印象が強かったのですが、今回の美少年な雰囲気の太宰治も、なかなか魅力的に感じました。

どんな役にもしっかり演技をフィットさせる仕事ぶりには、やはりプロのすごみを感じます。

このアニメを見たあとは、中村さんが少年役を演じた作品も、いろいろとチェックいきたいと思います。

文豪とアルケミスト動画1話無料視聴アニポ、anitube、kissanime、b9、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

文豪とアルケミスト動画1話無料視聴