アニメ

ウルトラマン/アニメ/動画1話見逃し配信再放送無料視聴4月12日~初回~最新話まとめ

ウルトラマン/アニメ/動画1話見逃し配信1話再放送無料視聴4月12日~初回~最新話まとめ

 

2020年4月12日23時から『ウルトラマン #1』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ウルトラマン/アニメ見逃し配信1話
 

ウルトラマン 第1話見逃し配信/番組内容

 

かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。
早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。
そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。
そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。
進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。
「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

 

ウルトラマン キャスト

 

早田進次郎(木村良平)
諸星弾(江口拓也)
北斗星司(潘めぐみ)
早田進(田中秀幸)
佐山レナ(諸星すみれ)
井手光弘(魚建)
エド(牛山茂)
ジャック(竹内良太)
遠藤庸介(花輪英司)
倉田(関戸博一)
白石(白石稔)
アダド(津田健次郎)
ベムラー(曽世海司)

 

ウルトラマン/アニメ見逃し配信1話ストーリー性

 
日本のヒーローといえば?」と問われれば必ず挙げられるのが、みなさんお馴染みの「ウルトラマン」だと思います。

今回そのウルトラマンがアニメ化されるとのことで、かなり驚きました。特撮のイメージが強いため、アニメになったときにウルトラマンらしさが損なわれてしまうのではないかと心配したからです。

ですが、放送前に発表されたPVを見てその心配が杞憂であることがわかりました。

本当にすごい。感動すら覚えるほどのアニメーションです。

今までに見たことのないような映像技術で、「ウルトラマン」の名を冠するにふさわしい出来となっているようです。

特撮でのウルトラマンの質感を決して損なわず、けれど進化したかっこよさがとても斬新監督として、神山健治さん、荒牧伸志さんという世界にもその名を轟かす2人のトップクリエイターが名を連ね、この作品への力の入れようが感じ取られます。

声優陣は木村良平さん、平田広明さん等実力派で固められており、期待は高まります。

令和のウルトラマンが、新しいアニメーションの形を見せてくれる突破口のような作品になってくれると思います。

 

ウルトラマン/アニメ見逃し配信1話 楽しみな点

 
「あのウルトラマンが帰ってきたということで、ウルトラマンの新シリーズということらしいですね。

そして、今回の舞台となるのはあのウルトラマンが活躍していた時代ではなく、それから長い月日が流れ人類が繁栄の時代を迎えている時だそうですね。

つまり、今の我々がいる時代に近いということではないでしょうか。
次に、物語に注目していきたいのですが、主人公は悩み多き高校生のようですね。

その高校生が、再び光の巨人の因子を受け継いで戦っていくそうですね。そして主人公の彼の名前ですが、早田進次郎なんです。過去のウルトラマンであった早田進の息子なんだそうですね。これはとても面白そうですね。

ウルトラマンの息子もまたウルトラマンになるという親子揃ってウルトラマンになるのはウルトラマンファンからしたら嬉しいことです。

その主人公は高校生でありながらもウルトラマンになるということで、どんなウルトラマンとなるのであろうか、非常に楽しみにしています。

また、父親もウルトラマンであったので、親子でウルトラマンを見ることもできないかなと期待しています。

今回のシリーズは、今までとは違う部分が多いそうなので、相違点などに注目してみていきたいです。
 

ウルトラマン/アニメ見逃し配信1話 視聴者感想

 
怪獣のアクションが激しく、効果音や音楽、そして怪獣の声が昔のウルトラマンのときのままのような感じがして好きでした。

今作はProductionI.GとSOLADIGITALARTSが手掛けるということで、ProductionI.Gは、昔からレベルの高い作品を作り続けている製作会社なので安心です。

攻殻機動隊や図書館戦争は好きでしたし、最近だとサイコパスや歌舞伎町シャーロックが好きですね。

公式HPを見ましたが、一番びっくりしたのはスタッフキャスト陣のコメントが英訳もされていること。こんなHP初めて見た気がします。

国内はもとより世界へ挑戦しようとする姿勢は、レベルの高い作品になっていると期待できますね。

声優陣もメインキャストは実力ある方たちばかりですし、脇役に竹内良太さん、津田健次郎さん、平田広明さんを起用しているのは作品に深みが出ると思います。

最近CMでちょくちょく見かけていましたが、あまり本気で見ていませんでした。
 

まとめ

 

かつて地球を救ったウルトラマン、その2世がいったいどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。想像しただけでも子供の頃の気持ちを思い出してワクワクしてきます。

しかもかつてのウルトラマンのように巨大化するのではなく、ウルトラスーツを着て等身大で戦うというのですから、戦いのバリエーションも広がりそうですね。

その内容の方はウルトラマンが地球を去った後が描かれるようですが、平和は一時的なものだったということでしょうか。

ただウルトラマンが等身大なら敵として立ちはだかる異星人だけが巨大化するのもおかしな話なので、宇宙を舞台に駆け巡るというよりも地球での戦いが主になりそうです。

果たして私が見てきたウルトラマンとどんな違いがあるのか、それはこの目で見て確かめてみようと思います。
またウルトラマンといえば特撮でしたが、今回はアニメです。

なのでアニメでしかできない演出なんかも見られるだろうと思うと一味も二味も違うウルトラマンになるかもしれません。

今までとは違うウルトラマンが見られるかと思うとワクワクが止まりません。
 

、ウルトラマンのカッコよさに思わず変な声が出て、「これが今どきのウルトラマン!!?」ととても驚きました。どこかの風景をロケ地にして撮影しているもの、恐竜(怪獣といった方が正しいのでしょうか?もしそうだとしたら申し訳ありません)はメカか何かで動かしているもの、という思い込みというか先入観を持った状態だったので、時代の流れと共にこんなにも変わるのかという技術の進歩にも感動しています。

小さい子には少し怖さを感じるビジュアルにも見えますが、CGで描かれるウルトラマンは新しいと個人的には思うので、昔からのファンの方々から最近ウルトラマンの魅力に気がついた人まで、そして親子で楽しめる内容になっているのではないかと感じています。

ウルトラマンは3分しか戦えない、ということしか知らない私です

ウルトラマン/アニメ見逃し配信1話/b9/アニポ、anitube、kissanime。「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ウルトラマン/アニメ見逃し配信1話