ドラマ

映像研/実写/ドラマ/動画/2話/無料視聴/見逃し配信/再放送

映像研/実写/ドラマ/動画2話無料視聴/見逃し配信/再放送
 

2020年4月12日(関東4月14日)24時50分から『映像研には手を出すな!第壹話【齋藤飛鳥×山下美月×梅澤美波★ドラマイズム】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

映像研 /実写/ドラマ/動画2話
 

映像研には手を出すな! /番組内容

 

「娘のアニ研入部を絶っ対に阻止せよ!」──ツバメの両親からの厳命を受け、使用人たちがツバメ(山下美月)を大追跡!必死の逃走の末、自ら川に飛び込み、ずぶ濡れの制服を乾かすため浅草(齋藤飛鳥)と金森(梅澤美波)と一緒にコインランドリーへ。そこで、ツバメは将来の夢がアニメーターだと告白!ツバメのスケッチブックに描かれていたのは浅草が苦手な人物画。一方、浅草のスケッチブックには、ツバメがそれまで描いてこなかった人物以外の絵、背景やメカなどの設定画が描かれていた。 金森は、この2人に確かな金儲けの可能性を感じ、アニ研とは別に新たな部を作ることをひらめく。しかし、新たな部を作るには、芝浜高校を支配する“大・生徒会”の厳しく独裁的な審査を通過する必要が…。  

 

映像研には手を出すな! キャスト

 

浅草みどり…齋藤飛鳥 水崎ツバメ…山下美月 金森さやか…梅澤美波 道頓堀透…小西桜子 さかき・ソワンデ…グレイス・エマ 阿島九…福本莉子 王俊也…松崎亮 百目鬼…桜田ひより 小野…板垣瑞生 小林…赤楚衛二 小鳥遊…染野有来 小豆畑…亀田侑樹 晴子…浜辺美波 雨男…河津未来 水崎菜穂美…松本若菜 水崎葉平…山中聡 黒田…鈴之助 麻笠…出合正幸 藤本先生…高嶋政宏 ほか

 

映像研 /実写/ドラマ/動画2話ストーリー性

 

主人公浅草みどりを演じる乃木坂46のエース齋藤飛鳥が普段ファンに見せるものとは正反対ともいえる体当たりの演技を見せたことが予告映像からも確認できます。

特に齋藤飛鳥の白目の演技が大きな話題になったこともこの映画に対する大きな期待間の表れともとらえることができます。

乃木坂46のファンだけでなく、この「映像研には手を出すな!」原作のファンの相乗効果のよってお互いのファンが増えるという点でもこのキャストには大いな期待感が持つことができます。

また、期待間の高まる乃木坂46の人気メンバー、山下美月や梅澤美波の2人もまた原作を裏切らない演技を見せてくれるはずです。

先刻発表された新キャストの3名もまた、原作に感銘を受け、全力で演技したことが伝わってきます。

コメディーの強い作品ですから、彼女らのコメントから劇場が爆笑の渦に飲まれるような作品が出来上がっているのではないかと思います。

乃木坂46は今大きな変革期に突入しているといえます。

大きな知名度を持つ白石麻衣の卒業を控え、齋藤飛鳥にかかる期待は非常に大きいものとなっています。

この映画を足掛かりに乃木坂46の人気にさらに拍車がかかることは明確であります。

 

映像研 /実写/ドラマ/動画2話楽しみな点

 

「映像研には手を出すな」はざっくり言うと個性的な3人の主人公がアニメを作るために奮闘する物語なのですが、個性的なゆえ役に入るのがとても難しい物語になっています。

みどり役は斎藤飛鳥さんですが普段のイメージとは違い、ちょっと意味が不明な不思議だけど芯のある静かめな女の子をどう演じるか、こだわりの強い面を寡黙な面と共存させられるのか、みとりのキャラクターが良く現れている、イメージボードを手に取る時やイメージボードに空想の世界を描き出す時の表情なんかも注目ポイントの一つだと思います。

また、さやか役の梅澤みなみさんはとてもぴったりな配役だと思ってますが、他の個性的な2人をコントロールする役目を担っているので、上手く声色や表情で怒っているのか、ただ指示しているのか、はたまたその両方なのか伝えられるのかも見どころの一つだと思います。

最後にツバメ役の山下美月さんですが、ツバメは1番難しい役だと思います。

みどりとは違い好奇心を前面に出して楽しいことや興味あることに突っ走る性格なので演技するのはすごく難しいと思います。

わざとらしくならずにツバメらしい女性に仕上がっているのかも楽しみなところの一つです。

1番重要なのは3人の掛け合いのところです。

この物語は3人が話していたり3人が絡み合っているところが1番面白いので、原作のそういった面白さをどこまで表現出来ているのか凄く楽しみです。

 

映像研 /実写/ドラマ/2話動画視聴者感想

 

今回出演するキャストのなかに山本美月さんがいます。

私は山本美月さんのことが結構好きで、デビュー当時から応援してきています。

特に、年も近いということからとても便りにしているのです。

最近感じていることは、結構最近髪を切られてしまってイメージが変わってしまったのですが、髪を切ってしまったあとでも結構人気は衰えることない人だなと言うことを感じています。

特に、私は今回の山本美月さんの役柄がカリスマ読者モデルと言うことで、デビュー当時のことを思い出しながらみてみたいなと感じています。

山下美月さんの役がツバメと言う珍しい名前だと言うことと、アニメーターが志望だったようなので若干私も親近感を感じています。

なぜなら、私もアニメーターになりたいななんて感じていた時があったので。

なかなか人生思うようにはいきませんが、それでも現実を見ながら進んでいくこの番組を楽しみにしたいと思っています。

なかなか人生自分の思うようには行かないと思います。

しかしながら楽しい人生になるかと思うので楽しみに見ようと思っています。

私はもうとっくに高校生は卒業しましたが、山本美月さんの役はお若いので興味津々です。

イメチェンした感じも見られるでしょうし、あのくりくりしたかわいい顔も見ることができて楽しみです。

 

まとめ

 
綺麗どころばかりが揃っている乃木坂46の中でも特に小顔で顔のパーツがと整っている超美女という雰囲気を醸し出していて現在もほぼセンターとして活躍されている齋藤飛鳥さんです。

とにかく小顔なのに目が大きく顔のパーツがしっかりとしている美女というのにふさわしい美しすぎる見た目を持っているのに性格が超ネガティブでおとなしいとトップアイドル、モデル、女優とは思えないような二面性もあります。

おとなしくても暗くても何故かほおってけない独特な空気を出しているところも齋藤飛鳥さんの魅力なのだと思います。

乃木坂46に加入当時はまだ14歳くらいで美少女ばかりの乃木坂の中でも最年少でいつも静かでおとなしい、アイドルっぽくない独特な空気を出していた齋藤飛鳥さんもどんどんアイドルらしく可愛らしくなってきたかと思えば乃木坂での活動だけではなくモデル業や女優業も行うようになりどんなに人気者に、トップアイドルになっても決して性格が変わることなく自分の空気や時間を大切にしているところも見た目よりも芯の強さを持っている齋藤飛鳥さんらしい魅力でありそんないつまでもトプアイドルらしくないところも齋藤飛鳥さんを応援したくなる理由です。

齋藤飛鳥さんは乃木坂46の1期生のオーディションに最年少合格しています。

ミャンマーとのハーフでエキゾチックな顔立ちで、成長に連れて小顔が引き立つ美人のお姉さんになりました。

既に乃木坂でもセンターを何度も経験し、その表現力もお墨付きです。

声が高くて可愛いく、顔も童顔で、乃木坂の中でもひと際目をひく存在です。

華のある見た目と違い、小学6年生の頃から不登校になるなど、大人しく控えめな性格で、乃木坂の中でも一人で過ごすことが多いそうで、その外見と内面のギャップに興味を持ちファンになる人も多いようです。

乃木坂のドキュメンタリー映画の中で成人式や同窓会に出席する齋藤さんに密着していましたが、同級生の中に入りたくないけれど二十歳を機に自分を変えようと努力している所に惹かれました。

類まれなる容姿を持ち、誰もが憧れる乃木坂のアイドルなのに、そんな控えめな彼女にはもっと輝いてほしい気がします。

1期生はアイドルとして厳しい年齢になってきていますが、齋藤さんはまだ若く、これからトップアイドルとして活躍が期待される存在だと思います。

8年乃木坂で頑張ってきた中で、ドラマや映画や舞台でも女優としても活躍し、これからは連続ドラマと映画の主演が決まっています。

同じ乃木坂のメンバーとも一緒の作品なので、楽しく伸び伸び仕事をしてほしいです。

一見自信がなさそうな表情にも見えますが、齋藤さんが楽しく表現しているところが大好きです。

 
映像研 /実写/ドラマ/動画2話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

映像研 /実写/ドラマ/動画2話