アニメ

銀河英雄伝説nhk/動画/2話/die neue these/アニメ/2020年4月13日無料視聴

銀河英雄伝説nhk/動画/2話/die neue these/アニメ/2020年4月13日無料視聴
 

2020年4月13日22時50分からNHK Eテレで『アニメ 銀河英雄伝説 Die Neue These 「永遠の夜の中で」』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

銀河英雄伝説nhk/動画/2話/die neue these/アニメが無料視聴サイト
 

銀河英雄伝説 Die Neue These /番組内容

 

自由惑星同盟軍は、銀河帝国軍の遠征艦隊をアスターテ星域において迎撃。第二、第四、第六の三個艦隊は帝国軍を包囲すべく分進合撃を続けていた。必勝の布陣に勝利を確信する同盟軍上層部。しかし、第二艦隊次席幕僚のヤン准将は、包囲網が完成する前に敵が各個撃破の策に出る可能性を予測し、それに対応するための作戦案を第二艦隊司令官のパエッタ中将に提出していたが…。

 

銀河英雄伝説 Die Neue These キャスト

 


宮野真守,鈴村健一,梅原裕一郎,梶裕貴,諏訪部順一,小野大輔,中村悠一,川島得愛,遠藤綾,三木眞一郎,鈴木達央,石川界人,下山吉光

 

銀河英雄伝説nhk/動画/2話/die neue these/アニメストーリー性

 
この作品は、今から1000年後の人類を描いた作品だそうですね。

この作品に期待したいのは、その世界観ですね。なぜかというと、この作品の舞台となっているのは、宇宙なのです。

1000年後の人類は宇宙に進出していて、宇宙で暮らしているというのを描いているのです。1000も経てば人類が地球から抜け出して宇宙で暮らしていけるほど技術は進歩していると予想してもおかしくはないでしょう。

SF作品のような作品も期待しているので、楽しみにしてます。そして、注目すべき点はもう一つあります。

それは、宇宙に進出した後の人類は大きく分けて2つの陣営に分かれて争っているという点です。2つの違う政治体制を持った国同士が宇宙で争っているというのが、この作品の舞台でもあるのです。詳しく説明すると、専制政治を掲げる銀河帝国と、民主主義を掲げる自由惑星同盟の2つに分かれているというのです。

民主主義と専制政治という今の世の中にもある政治体制が争いの原因になっているのです。

1000年もの時が経っても、人類は専制政治によって争っているのか、と思ってしまいますが、1000年経っても争いは尽きないという事をわかってほしいのか、非常に興味深いです。
 

銀河英雄伝説nhk/動画/2話/die neue these/アニメ楽しみな点

 

ナレーションやセリフの言い回しなどは、以前にアニメ化された時の作品の雰囲気が残されており前作を見た人達にとっても違和感なく物語の中に入り込めると思うので心配ありません。そして、登場人物や戦いのシーンでは、当然のことながら映像の美しさや迫力がより良いものとなっています。

宇宙船同士による艦隊戦なだけに、戦う空間の奥行きや目の前まで迫ってくる時の圧力を表現できないと作品の魅力は伝わりません。

その意味では、原作が同じであっても新たに作り直す意味はあったと思います。

第一話では、ラインハルトについてのことが大まかに理解できたと思います。自分に対する絶対的な自信や周囲には好意を持たれていないことなど、彼のキャラクターがよくわかる回でした。そして、次回にはこの物語のもう一人の主人公たるヤンウェンリーが登場します。両雄が初めて激突し、同盟の大惨敗に終わりそうだった戦いに変化が起きます。

今まで自分より優秀な人物との戦いを経験したことのないラインハルトが、初めて対峙した強敵との戦いを終えてどのような感想を持つのかに注目してください。

 

銀河英雄伝説nhk/動画/2話/die neue these/アニメ 視聴者感想

 

今のところ、自由惑星同盟軍は、銀河帝国軍の遠征艦隊を撃ち破ることができているけれど、ここで波乱が起こるということなので気になりました。

包囲網を作って一気に攻めようという連合軍の作戦があるそうですが、その作戦に一人、ヤン・ウェンリーが異議を唱えるそうなので、どこに不備があるのかなと思いました。

ヤン・ウェンリーは天才だし、言うことに間違いはないんだろうけど、もう勝ちも目前の中で中将がヤン・ウェンリーの意見を聞き入れるのかなと気になります。

なんだか、ヤン・ウェンリーの意見なんか無視して、包囲網で攻めるという作戦を強行し、危機的状況になってしまうような予感がして心配です。

だけど、きっとヤン・ウェンリーは、そんな危うい状態になってしまったとしても、冷静にどうすべきかを考え出して、自由惑星同盟軍を勝利に導いてくれるんじゃないかなと期待しています。

もともと天才だと言われていたヤン・ウェンリーだけど、この戦いを制してさらにその名を挙げそうな予感がするのでとても楽しみです。

 
この作品を楽しむポイントとして思いつくのは、登場するキャラクター達が魅力的であることでしょう。特に、ラインハルトとヤンウェンリーが同じ軍人でありながら、対照的な性格の持ち主であることに注目します。

ラインハルトは、血筋だけで地位を得ている貴族たちを一掃したいという野心を持っているだけに、戦争は自分たちを出世させ力を高めてくれる道具として考えているようです。

対して、ヤンは給料分だけを働いて少しの間でも平和が維持されるなら、早く軍人を辞めたいと思っています。

ラインハルトに比べヤンを軍人らしくないとか感じるかもしれませんが、それは逆で間違いです。

ラインハルトこそ自分の欲望で動いており、ヤンが戦う理由は一時的であれ戦争を止めることです。

ラインハルトは、ある目的を果たすために戦っているだけで、大局的に平和を望んでいるのはヤンなのです。しかし、表面上が不真面目なためそのことがなかなか伝わりません。

この両者の性格は、互いの国の雰囲気を分かりやすく表している演出なのだと思います。

そうでなければ、ヤンの周りにいる部下たちがあそこまで不真面目であるはずがありません。本人たちだけでなくそれぞれの部下たちとの関係も含めて比べてみると、両国がどんな国かがよくわかり面白いと思います。
 

まとめ

 
長く戦いを続けてきて、尚、停滞気味である2つの国に変化をもたらすヒーローのような存在が登場する物語は、沈黙を破るかのようで心がざわめきます。

宇宙を舞台に繰り広げられる争いをテーマにした作品は多く見られますが、「銀河英雄伝説 Die Neue These」では天才の存在が不可欠なのです。

宇宙空間にあっても、どんよりとした暗雲垂れ込める世界の変化には神みたいな偉大な存在は必要なのです。

物語では、2つのそれぞれの国から天才が出現します。

しかも、互いが「常勝」と「不敗」の名を肩に提げているため、視聴前から抱くのは勝ち負けというよりは、「和睦」の展開が世界に新しい展開を生むような気がしてしまいます。

だって、天才同士の力を結集した方が世界は常に勝ち続けるため、何かに負ける必要はないと思うからです。

しかし、2つの国が「自由惑星」と「銀河帝国」という対称的なネーミングなので、なかなかに握手を交わしあうなんて難しそうに思えます。

なぜなら、楽観的なイメージを持つ自由な惑星と我が物顔で銀河をのさばる帝国が天才同士互いに生存し合える環境を育もう、と簡単には思えない気がするからです。

でも、そうはいっても新しい兆しを思わせる2つの国なので、平和的解決と新時代創造に貢献し合える関係になってほしいです。

私のアニメに対する結末願望が果たして、脚本家である田中芳樹さんに伝わるかは分かりませんので、一体、どんな結末を迎えるのか、今から興奮してしまいます。

 

 

銀河英雄伝説 die neue these/アニメ/動画/2話/b9、アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

銀河英雄伝説 die neue these/アニメ/動画/2話が無料で見れるサイト