バラエティ倉庫

歴史秘話ヒストリア/エヴァンゲリオン/見逃し配信/4月15日や無料視聴nhk/4月14日2020年

歴史秘話ヒストリアヒストリア/エヴァンゲリオン/見逃し配信/無料視聴nhk/4月14日2020年

 

2020年4月14日25時25分と4月15日NHkBSで22:16~から『歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン』がOAされます

 

見逃した方や見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン/見逃し配信/無料視聴nhk/4月14日2020年
 

 

歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン/見逃し配信/無料視聴4月14日2020年ストーリー性

 

エヴァンゲリオンの魅力について徹底解説してくれるということなので、とても楽しみにしています。

エヴァンゲリオンは漫画も全巻読んだし、アニメも全話視聴して、今でも主題歌である残酷なテーゼはカラオケで歌うくらい大好きなので、こんな番組があるなんてとても嬉しいです。

特にやっぱりエヴァンゲリオンで魅力的なのは、キャラクターたちの設定がものすごくリアルで共感できるというところだとおもいます。

主人公の碇シンジは、主人公でありながらちょっと気が弱く、僕なんかと思っているところがすごく親近感が湧きます。

そんな少年がエヴァンゲリオンに乗り戦っていく中で変わっていく様子はすごく感動だったので、碇シンジの歴史秘話ヒストリアがたくさんあるといいなと期待しています。

また、絶対的ヒロインの綾波レイには秘密がたくさんあると思うので、こちらもとても楽しみにしています。

可愛いというより美しく、機械的なところがとても惹かれるけれど、悲しいことをたくさん背負っているものすごいキャラクターなので、シンジとのこともあわせて紹介してもらいたいです。

そして、戦闘シーンは絶対に必須だとおもいます。

最新技術が駆使されているそうなのでとても楽しみです。

歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン/見逃し配信/ / nhk/4月14日2020年 楽しみな点

 
楽しみな所は、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の歴史と魅力を紹介する所です。

面白そうな所は、シリーズごとに作品技術が、上がってきている所です。

3DCGの技術でエヴァンゲリオンの映像もよりきれいに描かれているので注目です。

手描きと3DCGを合わせてよりこだわりの映像を追及している所も楽しみです。

エヴァンゲリオンが、繊細な技術で時間の流れも考えられて描かれているのでいろんな角度からみてみるのも楽しそうです。

デジタルの技術の魅力をつめこんだヤシマ作戦も観てみたいです。

キャラクターの魅力的について紹介する所も楽しみです。

クールな綾波レイと勝気なアスカが、人気ですね。

アスカの「あんたバカ」は、有名なセリフで覚えています。

このアニメは、主人公のシンジが、いろんな問題に葛藤しながらも答えをだしてく所も面白かったです。

自問自答をしながら戦っていたり衝突もするけれども次第に精神的に強くなってくシンジの姿も印象的でした。

綾波レイやアスカとの恋愛関係も見どころでした。
シンジ達の他に大人の人間関係も掘り下げられているのでそこも面白かったです。

名作アニメの魅力を改めて紹介するのでこれから観てみたいと思っている人にもオススメの番組です。

番組みどころですがまずは魅力的なヒロイン達が見どころとなる作品だということが言えます。

ファンの間ではアスカ・ラングレーと綾波レイのどちらが好きか、という話題で盛り上がるほど、ツインヒロインがアニメの看板となるキャラクターになっています。萌えなキャラクター画はもちろん良いです。

華やかなヒロインたちが多数登場する中、その中心にいる主人公少年碇シンジは、冴えなくて気が弱いありふれた少年として描かれます。

非日常要素がたくさんある中、主人公が割と等身大なのに共感を得ることも多々ありました。エヴァンゲリオンが怖い、使徒が怖い、そして父親と向かい合うことも怖い、そんな具合に何からでも逃げがちだった彼が、エヴァンゲリオンに乗り込んでからは少しずつ強くなり、男らしくもなっていくという成長の物語が好きになります。

悩める主人公碇シンジを、女性の身でありながらも熱演した緒方恵美さんのお芝居の力もすごいものがありました。

シンジが葛藤の中で絶叫するシーンの演技には、真に迫ったものがありました。

緒方恵美さんシャウトの芝居に定評が集まるようになったのもここがきっかけです。

重厚なアニメシナリオはもちろん、役者陣の演技力の高さも伺える一大エンターテイメント作品となっています。だから時を超えて現代人にもうけるものとなっています。

歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン/見逃し配信/ nhk/4月14日2020年 視聴者感想

 
代であるエヴァンゲリオンから、映画やアニメ、漫画とすべて網羅しています。まずはキャラクター一人一人が魅力的であることは惹かれた要因です。

主人公のシンジ君が主人公らしからぬ弱気な性格で戦いに対してなど葛藤している姿も共感できます。心の成長もみられて、仲間と打ち解けていく過程もしっかりと心理描写がえがかれているため納得ができます。

世界観も秀逸で、強大な敵に全て言葉であることや、すでに世界が危機的かつ排他的な空間での戦い中のこと。それなのに技術が進化してそのロボットの精巧さやバッググラウンドには初めて読んだ時には驚かされました。

ロボットについてもガンダムみたいにゴツゴツしているのではなく、シャープでスタイリッシュなフォルムは受け入れやすく感じました。戦いもアクロバティックな動きで見てみて美しささえ感じます。

そして、制限があるなかでのギリギリの戦いには手に汗握りますし、作戦ごとの緊張感や新しい武器の登場にはマンネリ化さえ感じる隙さえありません。

こどもしか乗れないエヴァンゲリオン、その裏にある細やかな設定は掘り下げれば掘り下げるほど深くて考察しがいのある物語です。

だからこそ、何年経ってもまた違った角度で見ることができて飽きない作品です。

まとめ

 

NHKを代表する歴史情報番組です。
そんな、ちょっとお堅い方に分類される番組が、アニメの『新世紀エヴァンゲリオン』と合体しちゃった番組がされることにまずびっくりですね。

歴史ファンも、ある意味オタクの一種と言えるかも知れませんが、アニメオタクと、『歴史秘話ヒストリアヒストリア』の視聴者層はあまりかぶらないんじゃないかと想像するだけに、物凄く意外性を感じます。

肝心の番組内容としては、今年で開始25周年となる、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズについて、その歴史を振り返るとのこと。

テレビアニメの開始からもう25年が経っていることに驚きますが、考えてみれば、当時の私は中学生ですから、歳月の流れの早さを感じずにはいられません。

当時のテレビアニメシリーズから劇場版、そして2000年代以降の新劇場版まで、このシリーズの作品はほぼ欠かさず見ている私ですが、社会現象を引き起こしたことなどを含めて、第三者的立場から俯瞰的に振り返ったことはないように思えます。

私のような作品ファンにとっては、良いまとめになるでしょうし、『新世紀エヴァンゲリオン』を知らない人にとっても、作品の魅力を知るきっかけになる番組になることを期待したいですね。

エヴァンゲリオンの好きな点は、あの特殊な機体の独特な動きと謎の多さです。私はTVされた当時中学生でした。それまでに見たロボットアニメでは、動きは鈍重だけど力は強いというものばかりでした。その中にあってエヴァンゲリオンの動きは異様でした。人間のようなしなやかさを持っていて、スピード感がありました。

障害物をハードルのように越えてみたり、ジャンプした後の着地も人のそれでとてもインパクトがありました。機体と人との相性をシンクロ率なる言葉で表現したり、その数値が高い程、思い通りに動く反面、機体が受けるダメージを搭乗者がリアルに感じる点でもこれまでのロボットアニメとは一線を画していました。

そして暴走する初号機は今でも記憶に強く残っています。シンジ君がピンチや行動不能になると初号機はより人に近く、人の本能に近くなり獣のように動きます。敵を食べたりもしていました。なぜ暴走するのか?その辺りも謎でした。

機体にも色々な謎がありましたが、物語の中も謎だらけでした。

エヴァンゲリオンが所属する組織のネルフの狙い、人類補完計画や使徒がどこから来るのか、シンジ君の所属するクラスがパイロット候補で構成されていたことや綾波レイのクローンなどなど謎はいっぱいでした。
その多くはアニメの中で説明などはなかったと記憶しています。これらの謎とエヴァンゲリオンという機体がこのアニメの魅力だと思います。
 
歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン/見逃し配信/無料視聴nhk/4月14日2020年b9アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れません

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリアヒストリアエヴァンゲリオン/見逃し配信/無料視聴nhk/4月14日2020年