ドラマ

fake motion/2話/動画 2話 無料/ドラマ/配信視聴4月15日放送分

fake motion/動画2話無料/ドラマ/配信視聴4月15日放送分

2020年4月15日24時59分から『fake motion-#02』がOAされます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

fake motion/ドラマ動画2話2話無料視聴できるサイト
 

fake motion- /第2話動画配信番組内容

 

20XX年、世は空前の卓球ブーム。東京を舞台に激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生達。彼らの優劣を決めるのも勉強や喧嘩の強さではなく、卓球の勝敗。卓球の強い高校は神の様に崇められ、下位校は上位校に絶対服従!誰かがこの時代を「卓球戦国時代」と呼んだ…▼2020年音楽シーン注目No.1マルチクリエイター「まふまふ」が主題歌プロデュース▼人気漫画家「おげれつたなか」がキャラクターデザインを担当!

 

fake motion- キャスト

 

佐野勇斗、古川毅/小笠原海、草川拓弥/森崎ウィン、板垣瑞生/北村匠海ほか

 

fake motion/動画/2話ストーリー性

 

校生が卓球で全国優勝を目指していくドラマなのですが、卓球の強さでランク付けされ、上位の高校は下位の高校に対してどんな理不尽なこともまかり通るという、卓球が絶対な世界となっています。その世界観がまず面白いです。

初回では、高杉律の起こした暴行事件によりエビ高卓球部は半年間の試合出場禁止とされ、格上高校からひどい仕打ちを受けることになるのですが、なんと部長の松陰久志が律を卓球部に誘います。

そして、仮入部すると桁外れに優れた聴力を活かして試合で勝利を収めます。エースの桂光太郎から入部を反対されている律ですが、無事に正式入部することができるのか、彼ら3人を中心とした人間模様に注目です。

そして、試合出場禁止が解かれたエビ高ですが、周りに卓球強豪校はたくさんあります。

そんな中でどう強くなり、どう周りを倒していくのか、そして目標とする全国優勝を成し遂げることができるのか、彼らの卓球の技術及びメンタルの成長に期待しながら追っていきたいと思います。

作品もさることながらキャストにも注目です。

俳優の佐野勇斗さんをはじめ、スターダストプロモーション所属の若手俳優で構成されるEBiDAN(恵比寿学園男子部)のメンバーを中心に、若手のイケメンが勢揃いしています。特に女性にとっては堪らない作品なのではないでしょうか。

 

fake motion/動画/2話ネタバレ

 

このドラマは、壮絶な卓球界を描いたドラマだそうですね。

この作品の舞台となっているのは、今よりもはるかに未来の時代で、空前の卓球ブームが到来している時代だそうですね。

東京を中心として高校生たちのピンポンバトルを繰り広げているそうですが、この作品のおもしろいと思う点は、そのぶっ飛んだ世界観ですね。

この時代の高校生たちの優劣をつけるのは全て卓球だということなのです。普通は勉強や運動能力、喧嘩の強さなどで優劣は決まっていくものだとは思うのですが、この世界ではそういったものではなく、全て卓球次第ということなのです。

つまり、卓球の実力があれば全てが自分の思う通りにいってしまうし、卓球の実力がなければ、何もかもがうまくいかなくなってしまう世界なのです。

こんなぶっ飛んだ設定のドラマは今まで観たことがありません。

この卓球戦国時代といってもおかしくはない時代に、高校生たちはどんな戦いを見せてくれるのか非常に楽しみですね。

そして、主題歌は今音楽界でもたいへん有名になっているまふまふさんが担当してきれるそうですね。

アニメの主題歌も担当していたりと、幅広い活躍をされている方なので、この卓球を舞台とした作品でどんな主題歌を歌ってくれるのか楽しみです。

 

fake motion//2話/視聴者感想

 

題名だけ聞いたら卓球か、見る気は起きないな。というのが、率直な感想でした。
ですが、公式サイトを見たらとても豪華なキャストさんが出ていて一気に興味を持ちました。

余は空前の卓球ブームで卓球戦国時代だとー?とキャストさんだけではく内容にも興味を持ちました。

上位校、下位校関係なく優劣を決める方法が勉強や喧嘩の強さではなく卓球だなんてすごく斬新だけど正々堂々の勝負事で決めているのは男らしくてかっこいいと思いました。
若手俳優がこんなにもかっこよく卓球をしているシーンを見ると卓球を始める子も増えるのではないでしょうか。

卓球に興味を持つ方は他のスポーツと比べると少ないと思うので若手俳優さんたちに演じてもらうことは競技のアピールとしても良いと思います。

予告動画を見ましたが、北村匠海くんの目力が半端なかったですね。

まだまだ知名度の低い俳優さんも出ていますがこのドラマをきっかけに一気に知名度が広がりそうだなと期待を持っています。

漫画も読んで原作がどのくらい表現されているのか気になりました。

原作ファンの人がこのドラマを見てどう思ったのかという感想も気になります。

 

番組内容は、高校生の卓球バトルがメインとなります。優劣を決めるのは勉強や喧嘩の強さではなく、卓球の勝敗で決まります。
卓球の強い高校は神の様に崇められ、下位校は上位校に絶対服従しなければいけないという、「卓球戦国時代」のお話です。
昔、窪塚洋介さん主演のピンポンという映画を見た事がありますが、意外と卓球を題材にした映画、ドラマは面白いという印象があります。

全ては卓球の勝敗で決まる、卓球さえ強ければあとはどうでもいい、という単純明快な内容なのでわかりやすくていいと思います。そして、ストーリー的に面白そうです。
キャストもいいと思います。イケメン揃いですけど、中でも北村匠海さんはファンが多いのではないかと男性目線ですがそう思います。

CMなんか見ててもカッコいいと思いますね。卓球は昨今急激に人気が上がってきたスポーツですね。元々面白いスポーツなんですけど、どうして今まで人気が無かったのか

不思議なくらいです。福原愛さんや水谷さん、張本くんなどが活躍されて今の卓球の人気があるのかなと思います。

スポーツ番組は好きなほうなので、この番組は見たいと思います。

 

まとめ

卓球の魅力に取りつかれた第2話からの第2話も目が離せないです。何しろ、卓球というスポーツに向かう男子高校生がかっこよすぎるのです。

しかも、熱いんです。まさに、天下分け目の戦いここにありという王者をかけた戦いが描かれています。

特に、第2話ではSNSの反響も多かった薩川勢には私もメロメロでした。常勝たる貫禄を持つ薩川勢の面々を見たら、ひれ伏さずにはいられないですし、道を開けない分けにはいかないだろうと思ってしまうくらいの風格が漂っていました。

彼らに勝てるのか、第2話では戦いへ挑むための展開されます。

展開されるのですが、そもそも律が卓球部の敷居を跨げるかが問題なのです。

部員だけでなく、学校全体で律の入部を嫌がっているという前代未聞のスタートです。

どれだけ、律は嫌われているのでしょうか。学校全体から嫌がられるって、なかなかないと思います。律に物凄く卓球の才能があって妬まれているからなのか
律が恵比寿長門学園卓球部、学校のみんなに認めてもらえるのか注目の第2話です。

第2話で卓球部のメンバーに大迷惑をかけてしまった律ですが、第2話ではなんとか部員のメンバーと楽しそうな部活ライフを送れそうなのです。

とはいえ、波乱は付き物なので、この部活ライフも実は律が卓球部へ入部するためのバトル前の出来事でした。

というのも、律はまだ卓球部の部員である光様に入部を拒まれているからなのです。

それはそうです。

律は第2話で、青春ドラマといえばのドンパチ騒動を起こしてしまった張本人、言わば問題児なのです。

加えて、参加する予定であった卓球部は律のせいで試合が出来なくなったわけなので、光様が律の入部を認めるなんてあり得ないのです。

部のエースである光太郎ですから、律が卓球部に加わった後の事を考えたり周りの部員に良くない影響があるのではないかと心配したりする気持ちが生まれているのでしょう。

どうして、こうも青春、スポーツドラマに登場するエースキャラクターは頭がキレちゃってかっこいいのでしょう。

考え出したら、勝手に胸が熱くなってしまいます。光様、かっこよすぎます。

しかし、卓球部を考える光様も律が部員と練習をエンジョイしていると思うと、心が動かないわけはないのです。

卓球を愛すために、その練習だって楽しいほうがいいに決まっていますし、卓球を楽しむ部員が一人でも増えたらチームの絆が深まらないわけないと光様は分かっているのでしょう。

さすが、エースです。

果たして、光様は律に手を差し伸べて共に戦う選手となるのか、光様の手腕に期待します

fake motion/2話動画2話無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

 

 

fake motion2話ドラマ動画2話無料視聴できるサイト