ドラマ

捨ててよ安達さん/動画/pandora/Dailymotion/9tsu無料視聴2020年まとめ

捨ててよ安達さん/動画pandora/Dailymotion/9tsu無料視聴2020年まとめ

 

2020年4月17.日24時52分からテレビ東京で『ドラマ25 捨ててよ、安達さん。 第』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

捨ててよ、安達さん/動画//ドラマ/無料視聴
 

捨ててよ、安達さん /番組内容

 

ある日、安達さん(安達祐実)は女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに“毎号私物を一つ捨てる”
という連載企画の相談を持ちかけられる。
その夜、いつものように眠りについた安達さんの夢の中に謎の少女と「捨てられない
モノ」たちが擬人化して次々に登場し、自分を捨ててほしいとお願いする。
子どもであり母であり妻であり女優である安達祐実のリアルとフィクションが入り混じった、「安達さん」の心を紐解く物語。

 

捨ててよ、安達さん キャスト

 

安達祐実 
川上凛子 西村晋弥
臼田あさ美 梶原ひかり 片桐はいり 加藤諒 貫地谷しほり
北村匠海 早織 じろう(シソンヌ) 徳永えり 戸塚純貴
松本まりか YOU 渡辺大知 (五十音順)

 

捨ててよ、安達さん*動画//ドラマ/ストーリー性

 
テレビ東京系「ドラマ25」において、ドラマ『捨てよ、安達さん』が4月17日スタートする事になりました。主役は子役の頃から活躍されている女優の安達祐実さんで、彼女が演じるのは安達祐実本人役と言うものになっています。

ストーリーとしては安達祐実さんの断捨離的ドラマと言う内容ですが、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れて自分を捨ててくれと各話ごとに名乗り出ると言うシュールで草が生える(笑える)作りとなっています。

捨ててくれと名乗り出るものの役のゲストは、臼田あさ美さんや梶原あかりさんや片桐はいりさんなど10人以上が登場することが既に分かっています。

ですが、彼らが何の擬人化として登場するかはドラマを見るまでのお楽しみとなっています。

予告動画などを見ても誰も彼も捨ててくれと安達さんに懇願するパターンだが、それがものの擬人化っぽくないので、それだけ見ると安達さんが様々な相手に痴話喧嘩をしているかの様な印象になっています。

その為ドラマを実際に見てハッキリしたいと言うモヤモヤが発生してしまうので、製作者から見るとしてやったりとか思う壺と思われるのかも知れない(褒め言葉です)作りです。

捨ててよ、安達さん動画//ドラマ 楽しみな点

 
今春スタートのドラマで、楽しみNO.1は「捨てよ、安達さん」です。

安達祐実が本人役で登場する、それだけでまず視聴意欲を掻き立てられるではありませんか。芸歴36年とのこと、私は彼女と同世代でもあり、あの有名な「家なき子」に夢中になり、首からがま口財布を下げ、オーバーオールを着てあのセリフを叫んだ経験があります。
、、、話が逸れてしまいました。 

今回のドラマ、個人的な見どころは、安達祐実本人が、素に近い感覚で役に入っているというところです。

おそらく私と同年代の所謂「同情するなら金をくれ!」世代からみた安達祐実とは、どこかで子役の安達祐実ちゃんのまま時間がストップしていると思うのです。

そして自分自身は「いまも子役のまま変わらない安達祐実ちゃんを眺めてるけど、私は年を重ねちまったわ」と同時に思いながら時空のズレを感じているのです。

それが今回このドラマで「安達祐実が安達さん」を演じることが、また私達同世代の視聴者にとっては彼女の中にも私達と同じように時間がたち、年を重ねてきたんだと「しっくり」くるといいなと思うのです。

だって、、だって、、可愛いらしすぎるじゃないですか。

あ、可愛いらしさを単純に楽しみたいドラマでもあります。達さん。」が、面白かったと、みんなの話題の中心になりそうですね。

捨ててよ、安達さん /動画/視聴者感想

 
2020年の春ドラマ「捨てよ、安達さん」の面白そうな点は安達祐実さん自身が自分を演じている事に尽きます。

他の作品でも主演の役者さんが自分自身を演じている時はありますが、実力ある安達祐実さんがどのように自分を演じるかが気になって仕方がありません。

事前の情報では「子であり母であり妻であり女優である」をコンセプトにしているそうですが、それを当人で演じるのはすごく難しいと思います。

ある方にお勧めされた事がきっかけで手にした本、神田茜さんの「母のあしおと」という一冊があるのですが、これはある女性の一生が描かれているものの、作中その女性の視点になる事はありません。

年老いた旦那さんやその女性の次男、長男の婚約者などその女性の人生で深く関わった人たちが主人公をしているオムニバス形式のお話です。

主人公たちの立場や年齢、性別が異なっているおかげで1人の女性でも色んな面を見せ、それこそ「子であり母であり妻でもある」表情がうかがい知れます。

この春ドラマを知ってこの一冊を思い出し、だからこそ「どうなるんだろう」とワクワクしています。

それから捨てられるものたちが擬人化する演出は何だかそれだけで面白く、またこうした演出が許されるのは深夜ドラマの醍醐味だと感じました。
 

まとめ

安達祐実自身が「視聴者に見せたい、プライベート風の安達祐実」は、どんなキャラクターに仕上がっているのかが楽しみです。そしてテーマの「捨ててよ安達さん」、安達祐実を取り巻く、どんなモノたちが捨ててほしいというメッセージを発するのでしょうか。

予告編には演技派・個性派の俳優・女優さんが続々と登場していましたが、どの役者が何のモノ役なのか?気になって仕方がありません。

女優としての安達祐実が捨てるべきモノなのか、プライベートの安達祐実が捨てたいモノなのか…?

第1話で夢の中に登場する謎の少女の正体も気になります。

過去の子役時代の安達祐実役かな、という線を想像してしまいますが、もしかすると擬人化した何かのモノ役なのでしょうか。

設定が色々とぶっ飛んでいるため、世界観がどんな感じなのか、想像がつかないところが楽しみです。

何をどう頑張っても、よくあるドラマのよくあるパターンには、ならないでしょう

最近はどうも視聴者にこびたようなドラマが多くて、しょうじきあまり見る気が起きない番組が多いです。例えば視聴率が取れやすいからと言って、同じクールで医療もののドラマばかりがひしめくとか…。

そんななか、どうしちゃったんでしょうテレ東さん。摩訶不思議な内容のドラマが多くて、なんだか好感が持てますね。

そのなかでも『捨てよ、安達さん』は、ひねくれた自分が食いついてしまったドラマです。

タイトル通りに安達祐実さんが本人役という、まるで小劇場の一人舞台のような設定ではないですか!

これは見るしかないと、非常に期待に満ちています。

安達祐実さんがいろんなものを捨てていくという設定らしいのですが、彼女の栄光の子役時代を捨て去るような演出に、見る前からちょっと心を打たれています。

あまりにも人気のありすぎた安達祐実さんだからこそ、この設定が成り立つし、視聴者の興味も湧くのではないでしょうか。

安達祐実さんと年の近い自分からすると、妙に感慨深いものがあります。

それに…。子役の頃とあまり顔立ちが変わらなくて、同じ女性からして羨ましい限りです。もともと演技力は抜群な女優さんなので、このドラマで今まで以上に、”安達祐実”という人物像の殻を破ってほしいなと勝手に願っています。

「同情するなら金をくれ。」と子役とは思えぬセリフを堂々と吐き捨て、一大ブームを巻き起こしてからもう30年余りも経過しているとは。2歳から数えて芸歴36年目と言う安達祐実さん。

結婚、出産そして再婚と人生の酸いも甘いもご経験され、役者として子役からの実績に新たな厚みをもたらしている彼女は、最初で最後の安達祐実役演じられると言うことで、どのような気持ちで同姓同名を演じられるのかと思いながら拝見したいと思います。

子役からの演技は勿論定評ですから、私のように安達祐実さんを観て育った世代としては、子供の成長を観ているかのようです。

また13人にも及ぶ毎回ゲスト出演される俳優陣の豪華なことにも注目しています。

最近ブレイクを果たした松本まりかさんや、朝ドラでも大活躍益々女優としての磨きがかかった貫地谷しほりさん、イケメンで高校生役もまだいける北村匠海さんらは、小さい頃のあの安達祐実さんと共演に、大興奮とのことで、子役からの芸歴を考えてみると年齢は安達祐実さんが上でも下でも皆さん大先輩の安達祐実さんとなる訳で、リスペクトされていらっしゃるというコメントを拝見すると、益々安達祐実の凄さ、偉大さを実感します。

捨ててよ、安達さん動画//ドラマ1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

捨ててよ、安達さん動画//ドラマ