バラエティ倉庫

運搬千鳥 再放送/nhk/主題歌や4月19日無料視聴まとめ/それ、どうやって運ぶんじゃ?

運搬千鳥 再放送/nhk/主題歌/4月19日無料視聴まとめ/それ、どうやって運ぶんじゃ?

 

2020年4月19日16時05分から『運搬千鳥 それ、どうやって運ぶんじゃ?』がOAされます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

運搬千鳥 それ、どうやって運ぶんじゃ/再放送/nhk/配信
 

運搬千鳥 それ、どうやって運ぶんじゃ?/番組内容

 

身近にある様々な「モノ」。それどうやって運ばれているのか考えたことありますか?千鳥がお送りする運搬に特化した番組。そこには驚きの技術と人間ドラマがある!
番組内容
日常生活の中で目にしているあんなモノやこんなモノ… 職人の技術と衝撃映像満載の運び方を紹介する「運搬千鳥」。水族館でイワシの群れが台風のように回る“イワシタイフーン”。そのイワシの数は、2万匹以上。この大群、どこで捕獲し、どこから運んで、どうやって運ばれてきたのか?細心の注意力を長時間保ち続けなければ、決して成功を成しえない過酷な現場に密着!千鳥はリポーターの頑張りにも思わず感情移入してしまうほどスゴイ運搬だった!また全国の展示場を回るマンモス頭部の運搬にも密着取材。それはロシアで発掘された唯一無二のモノ。専門スタッフによる驚きの技は千鳥を「あっ!」と驚かせた。さらには桜の木の運搬、標高1000m以上の山頂に毎日6時間以上掛けて山小屋に荷物を届け続ける人物にも密着取材。そこには運搬にかける熱すぎる思いがあった。

 

運搬千鳥 それ、どうやって運ぶんじゃ? 出演者

 

MC
千鳥
 
ゲスト
森泉  若槻千夏 

リポーター
川村エミコ(たんぽぽ)  ダイアン  箕輪はるか(ハリセンボン)  パンサー 

アシスタント
速水里彩(東海テレビアナウンサー)

 

運搬千鳥 再放送/nhk//4月19日無料視聴まとめストーリー性

 
わたしたちは日常的に運ばれてくるものを受け取って、受け取ったものを使いながら生活しています。

スーパーにある食材もそうですし、ネットショッピングをして使う宅配などもそうです。
この番組はそんな日常的に運ばれている「モノの運ばれ方」を紹介する番組です。

そんな今回はイワシ・マンモス・サクラ・山小屋に荷物を運搬する男性の運ばれ方を紹介するそうです。

私は今回1番気になるのは「山小屋に荷物を運搬する男性」の運ばれ方です。
運ぶ先は神奈川県にある塔ノ岳というところ、頂上までは一般の登山客の足で約6時間程かかります。

富士山から房総半島や伊豆半島、そして海の上に浮かぶ様々な島まで 360 度見渡せるすばらしく絶景の登山スポットです。

そんな山に毎日山頂に建っている山小屋に荷物を運搬するために登っている男性がいます。
運んでいる荷物の中身は何なのか、どういった理由で毎日続けて運搬しないといけいないのか、とても気になります。

 

運搬千鳥 再放送/nhk//4月19日無料視聴楽しみな点

 
運搬がテーマの番組なんて初めて聞きました。

タイトルだけ見た時、正直地味だなっと感じてしまったんですが、
内容を見るとすっかり興味をひかれてしまいました。

イワシの群れが台風の様に回る「イワシタイフーン」って何なんでしょうか。

ネーミングがなんだかヒーローの必殺技みたいですが、2万匹ものイワシが台風のように回るなんて説明をみると

途端に見てみたくなってしまいました。。

その2万匹のイワシもどこかの海から水族館まで運ばれてきてるんです。
泳ぎ続けるイワシをどうやって運んでくるんでしょうか。

愛知万博で有名になった冷凍マンモスの運搬も密着取材。

シベリアの永久凍土から冷凍状態で発見された、4万年前のマンモス。

世界各地で展示されてきたそうですが、どうやってこの世界で唯一の品を、完全な冷凍状態で運搬するんでしょうか。
自分がもし担当するなんて想像したらプレッシャーで潰れてしまいそうです。

桜の木の運搬も取材されているんですが、小さい桜じゃないんですか?
大きく育った桜の木なんて、トラックに積み込むことができるのか疑問です。
どんな状態で運搬されるのか、ちょっと想像がつきません。

運搬方法なんて考えたこともなかったですが、確かにどうやって運んだんだと思う物がたくさんあります。
その一つ一つに職人さんの技術と努力があるのかと思うと、尊敬してしまいます

 

運搬千鳥 再放送/nhk//4月19日視聴者感想

 

まず、『運搬千鳥 それ、どうやって運ぶんじゃ』のタイトルからして絶対面白いやんって思いました。千鳥が出る時点でもう面白いです。

番組内容は、世の中の「そんなんどうやってそこまで運んだん?」という疑問を解決していくみたいな番組です。

いつも思うのですが、誰が考えているのか、こういう物の捉え方というか視点というか、感心させられます。確かに、言われてみればそれどうやって運んだの?って

思う物ありますね。それをどうやって番組として成立させるか、面白くするか、その為のキャスティングはどうするか、いろいろ考えるんでしょうね。すごいです。

さて、番組の話ですが、自分が興味を持ったのは、マンモスの話です。

1万年以上前に生存していたマンモスの頭部を、日本の大都市に持ってきて展示場をまわるとの事。

どうやって運ばれてきたの?という内容。非常に重要な物で、何かあったら大変な代物です。興味がわかない訳がないです。

しっかり梱包・保存して運搬用飛行機かなにかで運んでくるのかな?日本についてから展示場をまわるのにも一苦労ですしね。

千鳥の番組の進め方にも注目したいです。あと、個人的には速水里彩アナにも注目したいですね。早く見たい番組です。
 

まとめ

 

ネットやAIの発達による時代の移り変わりと共に、人間の手が必要で無くなる時代が間近に迫っているという話を度々耳にします。

そんな中で、この番組では人間の技術にスポットライトを当てて、運搬業界の姿を写し出すという点に興味を抱きました。

番組内容を見ても興味深いものが多く、普段何気なく鑑賞している水族館の魚や、展示場の展示物が運ばれてくる経緯については考えたこともありませんでした。

確かに、2万匹以上の魚やマンモスの頭部などを簡単に運送出来るはずもなく、そこには熟練された職人の技が必要であると感じます。

それはネットやAIには不可能なことで、人間にしか行うことのできない技術であると言えるでしょう。

そこに今まで目を当てることもなく、我々は当たり前のように水族館や展示場での光景を楽しんで見ていたことを非常に申し訳ないと感じていますをこれを機に、運送業者さんの凄さを感じ取ることが出来ればと思います。

また、千鳥のお二人のコメントを拝見すると、数多くの芸人さんがロケに行ってらっしゃるということが分かりました。

芸人さんそれぞれの個性が見られるのが楽しみです。そして、それを見る千鳥のお二人のキレのあるツッコミが炸裂してほしいです。
 
運搬千鳥 再放送/nhk//4月19日無料視聴まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

運搬千鳥 再放送/nhk//4月19日無料視聴まとめ