バラエティ倉庫

放課後ていぼう日誌/アニメ/3話/動画/3話無料視聴/配信4月21日まとめ

放課後ていぼう日誌/アニメ/3話動画/3話無料視聴/配信4月21日まとめ

 

2020年4月21日24時30分からTOKYO MXで『放課後ていぼう日誌 #3「マゴチ」』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

放課後堤防日誌/アニメ/3話動画/再放送/
 

放課後堤防日誌 /番組内容

 

黒岩から「明日はマゴチを釣りに行こう」と伝えられた陽渚は、パソコンを使ってマゴチについて調べてみました。砂地に生息し、砂に擬態して小魚を食べる魚のようです。翌日、砂地のある近くの海水浴場に行くことになりました。しかし重い荷物を担いで徒歩で移動するにはつらい距離です。そこで先輩たちが持ってきたのは……。

 

放課後堤防日誌 キャスト

 

鶴木陽渚(高尾奏音)
帆高夏海(川井田夏海)
大野 真(明坂聡美)
黒岩悠希(篠原 侑)

 

放課後堤防日誌/アニメ/動画/再放送/3話ストーリー性

 

都会から田舎へ引っ越して来た主人公の鶴木陽渚は、インドア派で高校では手芸部志望のはずだったのに、ひょんなことから”ていぼう部”という謎の部活に入部することになってしまい、釣りを中心としたアウトドアライフを送ることになっちゃうお話。

なりゆきで入部することになった鶴木陽渚も、釣りの楽しさに覚醒してしまった感がありますね。リール整備では思わず才能を開花させてしまいましたし、早くもていぼう部の貴重な戦力になったかも知れません。

第3話では、マゴチを釣りに行くそうです。マゴチと言えば、スーパーの鮮魚売り場で見かけることも少なく、あまり有名ではないかも知れませんが、日本の沿岸部にたくさんいる底生魚です。
子供時代、海水浴場へ行って足元にいたのを見つけてびっくりした思い出があります。

鶴木陽渚もインターネットで、マゴチについて調べるようですね。しかも砂地に生息している魚ということで、釣る場所も海水浴場。

果たしてていぼう部のメンバーたちはマゴチを釣り上げることができるのでしょうか? 何やら一波乱ありそうな予感もしますし、結果が楽しみですね。

 

放課後堤防日誌/アニメ/動画/再放送/3話 楽しみな点

 

マゴチ釣りのようですね。自分は釣りをしないのでよく分からないですが、今回も丁寧に釣り方や魚の特徴を説明してくれるとありがたいです。素人でもわかる説明があると楽しく見れるので、ぜひお願いしたいですね。

内容もマニアックで勉強になることが多く新鮮に感じますし、女子高生の田舎での、ほっこりアニメは見ていて心が癒されますね。ギャグも適度にあるので楽しめます。

3話では、釣り針がスカートをひっかけて右往左往するシーンがおもしろかったですし、そういうシーンがあるといいですね。作画も美しく、リールの糸が絡み合っているシーンや、自転車で海岸沿いを部室に向かうシーン、魚やルアーの描写など、どれも美しいので楽しみです。また、個人的にはグルメシーンにも注目しています。

最近どの作品でもグルメシーンがでるとうれしくなってしまいますが、グルメシーンの作画力は高く、いわゆるキャベツ検定は十分クリアしていると思います。調べると、マゴチはけっこう大きい魚で、刺身はフグに匹敵する味だとか。ほかにも唐揚げ、煮付け、あら汁、単純に塩焼きでもいいでしょう。

ぜひ釣り上げて、おいしそうなグルメシーンを出してほしいですね。期待しています。

 

放課後堤防日誌/アニメ/動画/再放送/3話みんなの感想

 

都会から田舎に引っ越したため、都会のインドアさが仇となり、虫や大自然の雰囲気がたくさんある、田舎での生活に圧倒されていた鶴木の田舎生活が始まります。

その高校では鶴木は手芸部に入るだったの予定ですが、ひょんなことで堤防部に入れられてしまいます。

堤防部とは主に釣りをして、楽しむという趣旨のサークルでした。

インドアな主人公も部員と一緒に、釣りを楽しみ、釣った魚を自宅に持ち帰ったりしました。

自宅にいた両親も田舎での生活に馴染めるか不安がっていた為、一安心していたようでした。

当の本人も釣れた魚の手の感触を味わいながら、自然と触れ合う様子を楽しんでいたようでした。

そんなかんなで田舎での生活にすっかり馴染んでいった鶴木ですが、今回はマゴチを釣りに行きます。

マゴチとはなんだとおもったのですが、そこはしっかりと描写されていました。

パソコンで調べた主人公達ですが、どうやらマゴチとは砂地に生息していて、砂に擬態して小魚を食べる魚のようでした。

確かにこれをみた後に、この魚の存在がなんとなく想定できました。

砂浜を歩く堤防部員達、やはり荷物が重すぎて、苦戦をしている様子でした。そんな中でも一致団結している様子が素晴らしいと思いました。

 

まとめ

 
いざていぼう部へ

気になる主題歌ですが、メインキャストの4人が歌唱ユニットを組んで歌うことに。
ユニット名は、海野高校ていぼう部。そのままだけど、だからこそ良い気がします。
オープニングとエンディングどちらもですからね。楽しみですね!
オープニング曲がSEA HORIZON、
そしてエンディング曲が釣りの世界へ。

4人それぞれのキャラクターが、歌や歌詞にもあらわれてるんだろうと思うと楽しみだし、尊い!

無理矢理に近い状態でていぼう部に入った主人公の陽渚と、ムードメーカー的な明るい人懐っこい夏海という1年生コンビ。

2年生の真は釣りにも詳しいし料理も得意な女の子。落ち着いていた雰囲気のメガネ女子。今のところ個人的に1番気になってるキャラかも。

さて問題の曲者は3年の部長でしょうね。

イタズラして楽しむこともあるというけど、される方はたまりませんな。でもそんなワチャワチャするところをテレビでみて、ニヤニヤしちゃいそうですよね。

この人がいなければ陽渚はていぼう部に入ることもなかったんだろうから、そう考えればこの作品にとってのキーパーソンとも言えるキャラなのかな?

バラバラな個性を持った4人のていぼう部、釣りなどの楽しさも存分に感じられそうですね。
放課後ていぼう日誌の第3話は、前話で話に出ていたマゴチを本当に釣りに行くのかと楽しみです。ラブカの写真を見せられて騙された陽渚は、結局自分でマゴチについてネット検索するのかと、笑ってしまいました。

マゴチという魚の正体がなおさら気になってきました。重い荷物を担いで移動するのは大変ということで先輩たちが秘策を思いつくそうですが、どんな方法なんだろうかと気になります。
大野先輩の案なら安心だけど、黒岩先輩の案だとしたらどんでもないことになりそうな予感しかしなくて楽しみです。

また、マゴチは高級魚だということだけど、みんながどんなふうに料理して食べるんだろうかと気になりました。

今までは小魚をフライにして食べたりしていたけど、今回はちょっと大きいサイズの魚だと思うので、もしかしてさばいたりするんだろうかとドキドキします。

さらに、陽渚は小さい魚なら平気だけど、マゴチのようなサイズの魚は大丈夫なんだろうかと思いました。きっと黒岩先輩たちにまた騙されてまんまとマゴチを釣らされてしまうんだろうなという予感がします。

毎回、釣り初心者にも分かりやすい釣り知識が紹介されることも楽しみです。

意外にも黒岩先輩の説明がうまいところが笑ってしまいます。そもそもインドア派で手芸が趣味で手芸部に入るつもりだった主人公の鶴木陽渚が、ひょんなことからていぼう部に入ることからストーリーが動いていくわけですが、言ってしまえば「おやじたち」の趣味や楽しみである(あった)「釣り」の楽しさを普通の人たちに伝えていけるお話で、このアニメの人気が出て釣り人気の裾野がもっと広がることになればいいなと思います。

ていぼう部は部活といっても激しいものではないですし、日常のなかのひとこまという感じでハードルも高くなく描かれていますので、釣りに詳しくない人でも問題なく楽しめるでしょう。

田舎の時間の進み方のゆっくりさと全体的にまったり・ゆったりした雰囲気が出ていて、ゆるーい、良い感じのアニメになっていると思います。

しかも、完全な初心者の陽渚が主人公ということもあって、初心者が一歩一歩釣りを覚えていく過程が詳しすぎないくらいのちょうどよい丁寧さで描かれているので、これから釣りをはじめようかな、という人のきっかけにも成りやすいのでは?と思います。3話目以降どんどん話が展開していくと思いますが楽しみですね。期待したいアニメです。

 

放課後堤防日誌/アニメ/動画/再放送/3話アニポ、anitube、kissanime、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

放課後堤防日誌/アニメ/動画/再放送/3話