ドラマ

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴2020年4月22日(2007)

春子の物語

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴2020年4月22日(2007)

 

2020年4月22日22時から日本テレビで『春子の物語 ハケンの品格2007特別編 第二夜』が放送されます

 

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴
 

春子の物語 ハケンの品格2007特別編 /番組内容

 

特Aランクの派遣社員で、時給がなんと3000円。看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能。オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する・・・。 謎が多すぎる大前春子の歴史を振り返りながら、大泉洋、小泉孝太郎との三角関係、丁々発止など、「ハケンの品格」の魅力を余すことなくお届け!

 

春子の物語 ハケンの品格2007特別編 キャスト

 

篠原涼子、加藤あい、小泉孝太郎、大泉洋、勝地涼、板谷由夏、安田顕、上地雄輔、城田優、小松政夫、白川由美、松方弘樹

 

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/みどころ

 
現代日本の派遣社員の事情をリアルに表現してくれそれを考えさせられることができる所です。派遣社員といえば、契約も3ヶ月ごとや、正社員に比べて地位が低いなど同じ会社にいても少し下に見られがちで、会社が危なくなったら一番始めに切られる派遣切りなどあまり良い情報は聞きません。

ハケンの品格では主人公が様々な資格を持ち、時給が3000円で残業や休日出勤はしない、という確固たる意思を見せ付ける社員です。

一般の派遣社員といえば、時給が3000円などなくだいたい1000円で、なるべく会社の要望に答えないと、派遣切りされる可能性があるので残業を頼まれても断ることができず、休日出勤もなるべくして会社の機嫌を損ねないように仕事をしていると思われます。

実際、私も派遣社員で仕事をしたことがありますが、残業や休日出勤、正社員さんへの対応など気をつかって仕事をしていました。

このハケンの品格の主人公はそういった常識を覆して、3ヶ月で仕事を切り替え、正社員にも媚びずひたすら自分の仕事を全うするというプロゲッショナルな人です。

そこには自分のスキルの確固たる自信がなければできないわけで、ドラマを見て派遣社員の人はスカッとする部分もあると思うので、そういう部分が楽しみです。

 

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴 楽しみな点

 

この番組の楽しみなところはいろんな資格がある主人公がお仕事をする姿が見られるのが楽しみだとおもいました。

時給もとてもよく感じましたがどのような仕事ぶりなのかも気になりました。

こんなに素晴らしい資格をたくさん持っているのになぜ派遣社員なのかも気になりました。

派遣社員が悪いということではないですが私的には正社員の方がいろいろな面でいいと思ったからです。しかし派遣社員でいるのにはきっと意味もあるのだとおもいました。

なのでこの放送を見て派遣社員の良さもわかればいいとおもいました。

今の時期だからこそ、正社員は絶対安全とは言えなくなってしまったのでこの時期にぴったりなドラマだとおもいました。

今までは正社員がいいとずっと思っていましたがこんなに資格があって時給もよくてもしもその職業で働かなくなってもいろんな資格があれば仕事するのに困らないのでいいとおもいました。

そう考えたのはやはり今この時期で解雇される正社員が多いことが原因です。

また、正社員じゃなく自営業の人でも大変な状況にあると思います。

こうやって沢山の資格を取ることは大変役に立つことだと思ったのでこの番組をみてこれからまた就職活動する人は取る資格の参考になりそうだと思い楽しみにしています。-

 

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴 視聴者感想

 
2007年に放送された「ハケンの品格」の総集編的な作品です。「ハケンの品格」は、当時の派遣社員をめぐる問題にスーパー派遣という立場の主人公大前春子が切り込んでいくという物語。

春子を演じる篠原涼子と正社員を演じる大泉洋との掛け合いが面白く、話題になりました。特別編の第一夜では、春子の持つ資格の数や技量が次々と発覚する一方、派遣社員に対する正社員の扱いのひどさなどが描かれていました。

おそらく第二夜では、春子がなぜスーパー派遣の道を歩んでいるかの事情にも追及するでしょう。

そして大泉洋の演じる正社員が春子の魅力にとりつかれ、愛の告白をするところも是非描いてほしいと思います。「ハケンの品格」が放送されたのが13年前ということで、出演していた役者さんたちにも注目です。

まだ初々しさの残る小泉孝太郎、加藤あい。

まだそんなに売れていなかったころの上地雄輔。

今は亡き松方弘樹氏、白川由美さんの姿を偲べます。勝地涼君の軽い感じのキャラもこのころからだったのでしょうか。

また、あまりドラマには出なくなった城田優のイケメンぶりも確認できます。

今期から始まる予定だった「ハケンの品格」を見るつもりなら、ぜひとも見ておきたい特別編だと思います。

 

まとめ

 

篠原涼子さん演じる大前春子がどのように誕生したのかを知れるため、全話見たいと思っていました。

大前春子は派遣社員として完璧な仕事ぶりをする一方で、正社員に媚びを売らないところがカッコイイです。

必要以上に好かれる必要もなく、サービス残業もしない大前春子に、派遣社員の人はどれほど勇気をもらったことでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で、ハケンの品格の続編放送開始が延期されていますが、前作を振り返れるのは良い試みだと思っています。

大前春子の人生をしっかりと振り返った上で、今後の続編に期待を寄せたいです。

そして、大前春子を見ると、仕事に関する価値観と働き方について考えさせられます。

そのため、全社会人が見るべきドラマだと思っています。

大前春子が正社員とホチキス対決をし、わざと負けたシーンが印象に残りました。

決して愛想はないですが、大前春子なりに正社員と共存することを望んでいることが分かる大事なシーンだったと思います。

とても不器用な大前春子ですが、第2夜ではどんな争いが見られるのか楽しみにしています。
そして、大泉洋さんと篠原涼子さんの言い争いが聞けるのも楽しみにしています。

13年ぶりに戻ってきた「ハケンの品格」、とても楽しみにしていました。

13年前は「派遣法」が施行されたばかりで、派遣社員が新鮮だった時代で派遣の仕事を知りながら、派遣の強みや弱みを毎回感じながら鑑賞していました。

現在ではどの企業でも派遣社員が多く採用されており、派遣が当たり前になった世の中なので、また違った見方ができると思います。

派遣を作った小泉首相の息子である小泉孝太郎を起用しているところも非常に面白く、今回のクールでも続投が決定していてうれしいです。

また、大前春子との言い合いが名物になっていた東海林が出演しないことは同時に残念に思いました。

企業に感情移入して去りづらくなるという理由から、日ごろから周囲の社員とも距離を保ち、3か月更新なしで去っていく春子に、はじめは周りの社員も「冷たい印象」を持ち、近寄りがたい雰囲気を感じているが、様々な資格を駆使し社員を助ける春子の姿は非常に面白みがあるし、頼りになる人間味あふれるドラマです。

13年振りに戻ってきて、今クールでも3か月更新せず去っていくのか、はたまた考えが変わり「契約更新」や「社員昇格」など別の選択肢を選ぶのか。13年前とは違う「ハケンの品格」を楽しみにしています。

 

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ハケンの品格/特別編/動画/第2話/第2夜/無料視聴