バラエティ倉庫

樹木希林の天国からコンニチワ/見逃し配信/再放送(こんにちは]無料視聴 4月22日について

樹木希林の天国からコンニチワ見逃し配信/再放送(こんにちは]無料視聴 4月22日について

 

2020年4月21日25時55分から放送されます『樹木希林の天国からこんにちはの見逃し配信/再放送』についての記事になります

 

見逃した方/放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

樹木希林の天国からコンニチワ/見逃し配信/再放送(内田也哉子)無料視聴できるサイト
 

樹木希林の天国からコンニチワ/番組内容

 

この番組は、故・樹木希林が訪れた旅先で残していった「謎」を、娘の内田也哉子がその足跡を辿るドキュメンタリー。ナレーターはスタジオジブリ代表の鈴木敏夫。

番組内容
2018年9月に亡くなった女優、樹木希林さん。晩年、東海テレビのスタッフと40日を超える旅をしていた。この番組では、その旅で残していった希林さんの「謎」を、娘の内田也哉子さんと巡る。伊勢への旅では、神宮、神宮林、伊勢うどん屋さんなど、母の残した足跡を辿り、静岡県伊東市には歌人の岡野弘彦さんを訪ねて希林さんが聞き取った若者と戦争との物語をなぞり、そして、長野県上田市にある戦没画学生の絶筆が展示されている無言館を訪れる。そして、希林さんの自宅に大切に掛けられていた絵画について、京都の「何必館」へ旅する。「謎」の底にあるのは、「見えないものの力」なのかもしれない…。

 

樹木希林の天国からコンニチワ 出演者

 

樹木希林  内田也哉子 

ナレーション
鈴木敏夫(スタジオジブリ代表)

 

樹木希林の天国から/見逃し配信/再放送/無料視聴ストーリー性

 

番組タイトルを見た時は、今まで放送したものをまとめて、それに対する知人等のコメントなどを放送するのかなと思いました。

娘さんが樹木希林さんの旅の足跡をたどる内容だったため、見たことの無い映像が見られそうで面白そうだと感じました。

旅先で戦争に関する事柄を樹木希林さん巡っていたそうなのが印象的でした。

戦争をリアルなものとしてとらえている世代の方ですし、色々と思うところがあったのだろうかと想像しました。

また、ジブリの鈴木さんがナレーションを担当されていて驚きました。私はあまり詳しくないのですが、生前お仕事などで親交があったのでしょうし、そこのエピソードも聞くことができたらいいなと思います。

また、鈴木さんにナレーションのイメージがなかったため、どのようなものなのが聞いてみたいし、楽しみです。

私は母が存命なので、気持ちは計り知れないですが、母の足跡をたどるというのはどういう気持ちなのだろと思います。

また、テレビで樹木希林さんの自宅の模様が放送されているものを見たことがあるのですが、シックでかっこよくて素敵なお家でした。お金を持っていると華美になりがちですが、樹木希林さんの家はそれとは違い落ち着いている印象でした。そういった部分も取り上げられるといいなと思います

 

樹木希林の天国から/見逃し配信/再放送/無料視聴 楽しみな点

 

2018年9月に永眠された女優の樹木希林さん。古いものを大切にしたり、自分の気に入ったものに囲まれて暮らしたり、その自由奔放な生き方に憧れた方も多いのではないでしょうか。私もその一人でした。

そんな樹木希林さんですが、晩年東海テレビのスタッフと40日を超える長旅をされていたそうです。

その旅の中で彼女が残していった「謎」を彼女の娘である内田也哉子さんと巡るという番組内容だそう。希林さんが訪れたうどん屋さん、実家に大切にかけられている絵の謎など、希林の面影をなぞりながらその謎に迫ります。

私たち視聴者から見ても不思議な人という印象が強い希林さんですが娘である也哉子さんから見ても「不思議な人」だと彼女が語っているのをテレビで見たことがあります。

でもその不思議には、きっと本人しか知りえない明確な理由があるのだと私は思います。この番組で也哉子さんと一緒に彼女が残した謎を理解し、少しでも生き方のヒントにできればと思います。

そしてエッセイストとして活躍する也哉子さんの情緒溢れる言葉遣いにも期待しています。さすがエッセイストというべきなのか、いつ拝見しても彼女の言葉運びには重みがあり、一言一言に説得力があります。彼女と辿る希林さんの軌跡、楽しみです。

唯一無二の存在感で、独特の雰囲気を持つ女優さんで、日本アカデミー賞の舞台でのインタビューでは全身がガンに侵されてるということを告白し、世間を驚かせました。この番組「樹木希林の天国からコンニチワ」は晩年、樹木希林さんが東海テレビのスタッフとともに伊勢へと旅した足跡を、娘の内田也哉子さんとともに振り返る番組の再放送になります。

伊勢神宮、伊勢うどんなど、伊勢を訪れた母である樹木希林さんの足取りをたどります。静岡県伊東市では歌人の岡野弘彦さんを訪ね、岡野さんから聞き取った若者の戦争の物語を聞き取り、樹木希林さんの戦争に対する思いを深く感じることになります。そして、長野県上田市では、戦没画学生慰霊美術館の「無言館」を訪れます。

母でもあり女優としての大先輩である娘の内田也哉子さんが樹木希林さんの足跡をたどります。どこか見た目も雰囲気も樹木希林の雰囲気を持ち合わせている娘の内田也哉子さん。その内田也哉子さんが何を想い、何を感じるのか。

バラエティやメディアに登場することもあまり多くないタレントさんであるため、非常に楽しみにしております。

樹木希林の天国からコンニチワは、番組タイトルからして、樹木希林さんが本当に天国からこんにちわとしてくれているような感じがして楽しみだなと思いました。

樹木希林さんは、東海テレビのスタッフと40日を超える旅をしていたということですが、どんな旅だったんだろうかと思いました。

樹木希林さんの言葉はとても心に刺さるようなものが多かったので、きっと多くの名言が残されているんじゃないかなと期待しています。

そして、その旅路を、樹木希林さんの娘である内田也哉子さんと巡るというのもなんだかすごくいいなと感じました。母の残した足跡を辿りながら、也哉子さんが何を思うんだろうかととても楽しみです。

もちろん誰にとっても母親というものは偉大だとは思うけど、樹木希林さんはきっとかなり也哉子さんにとっても偉大な人物だっただろうから、切ない胸の内があるんだろうなと思います。

樹木希林さんの自宅に、大切に掛けられていた絵画があったということだけど、それはどんな絵画なんだろうかと気になりました。

京都の何必館というところでその絵画について知れるということだけど、見えないものの力が謎の底にあったなんて、どういうことなんだろうかととても気になります。
 

樹木希林の天国から/見逃し配信/再放送/無料視聴 視聴者感想

 
樹木希林さんといえば、昭和から平成に掛けて映画やドラマで私達を楽しませてくれた大女優だと思うんです。

特に温かく見守るようなおばあちゃん役が凄く印象的で、その演技を観てると今は亡き祖母の面影を感じたものです。

もう樹木希林さんの演技を観られないかと思うと凄く残念でした。
でも今回、亡くなる前に東海テレビのスタッフと旅をしていた姿を拝見出来ると知り、楽しみにしています。

映像の上とはいえ、明るく楽しそうにしている樹木希林さんを見てみたいですから。

今回の旅で色々な所を回っているようですけど、気になったのは伊勢への旅ですね。
伊勢といえば、古くからお伊勢参りで訪れる人が多い地域です。
それだけに見所や美味しい食べ物を紹介してくれるのでは?と感じています。

例えば食べ物一つにしても、土産物なら赤福餅とかが有名です。
今回は伊勢うどん屋さんとかも紹介してくれそうなので、興味がわきます。

あとは内田裕也さんとのエピソードとかもあれば面白そうですね。
大ロックスター・内田裕也さんの妻であったわけですから、私達一般人の知らない内田裕也さんを樹木希林さんなら見てきたと思います。
二人の思い出話とかも語られるのではないかと期待しています。

 
本当に惜しい人を亡くしたと思います。まだ樹木希林が亡くなった実感がありません。

というか、彼女だったら本当に天国からこんにちはしてくれそうな気がして、なんとも秀逸な題名の番組だなあと思いました。

きっと、彼女のことをよく知った制作サイドのなのでしょう。それだけで、この番組に期待ができます。

晩年に40日におよぶロケをしたということでしょうか?それとも単純な旅だったのか。それはわかりませんが、いずれにしても40日というのは大変長い時間なので、彼女の思いがそこかしこに散らばっていそうです。

それを娘ならでは視点で見ていってくれることは、樹木希林がかつて確かに存在して、現在もその存在は確実にこの世界に存在するということの証明をしてくれそうで、楽しみでもあり、彼女を失った喪失感を埋めてくれそうです。

まず、彼女が辿った軌跡を追うみたいですが、そこから彼女の嗜好や生活が読み取れそうで、どんなものか知りたいです。

また、その後に戦争にまつわる軌跡もあるみたいですが、これが一番気になります。

無言館は戦争の悲惨さを文字ではなく絵で訴えるという非常に重みのある館です。

そこに彼女がいき、そして大切にしていた絵画が自宅にあるということは、何らかの繋がりがあるのかと推測します。

彼女が生きていたら、言葉として言ってくれそうなことをしっかりと届けてくれる番組であることを期待します。

まとめ

 
樹木希林さんが昨年亡くなった時、何とも言えない喪失感を味わいました。生身の人間で、全身を癌に侵されていることも存じ上げていましたが、どこか映像の中の、いつまでも変わらない存在のように感じていました。

そして、偏屈で、世論に反することも、スポンサーが嫌がりそうなコメントも素直に出す彼女に好感を持っていました。

私生活では内田さんとの関係も謎が多かった樹木さんを、ゆかりの土地伊勢や、自分の心に残っている戦争についてのゆかりの地を訪ねていくことで、彼女が何を考えていたのか、旅の途中で何を感じているのか少しでもみられることを期待しています。

また、きっと娘の内田也哉子さんにしか見せない顔も、也哉子さんがその旅路を辿ることでしか気づけない何かを、也哉子さんの言葉で語ってくれるのではないかと楽しみです。

也哉子さんのお顔立ちも樹木さんの面影が強いため、視聴者は樹木さんの若いころを想起できると思います。

樹木さん自体の旅のシーンも、未公開シーンや撮影の裏側が公開されるということで、彼女の素の部分を映してくれているのではないかと思っています。

また、ナレーションはスタジオジブリの鈴木敏夫さんとのことで、樹木さんのミステリアスで、少しファンタジーじみた人柄にぴったりだと思います。

 

私生活もとても注目されていた謎多く、自由奔放にも見えた樹木希林さんが番組で40日以上もの長期旅を行ない、その旅の途中で回収されていない謎を残したまま旅立ってしまった樹木希林さんに代わり、娘さんで作家をされている内田也哉子さんが母親の残した形跡を辿る旅に出ることで、何らかのメッセージを受け取ろうとするというコンセプトだけでももう涙があふれ出そうです。

母親が足を運んだ先に、まだ知らなかった母の顔を求める姿、作家らしい美しい言葉で語られるのではないかということにも注目をしています。

番組では神社めぐりやうどん屋さんめぐりなどいかにも旅行らしいシーンも登場するようですが、戦勝の話しを聞いたりとシリアスな旅に思い出にも内田さんは直面されるようで、戦争に対しての樹木希林さんの思いを内田さんは知ることになるのではないでしょうか。

旅番組としてみると重い印象を受けるかもしれませんが、娘である内田さんが訪れることで初めて理解することが出来た母親の気持ちなどもこの番組では感じ取ることが出来るはずです。

主演は娘さんではありますが、タイトルから娘の活躍を見守っている樹木さんの優しい笑顔が目に浮かぶ、素敵な作品であると、見る前から確信しています。

樹木希林の天国から/見逃し配信/再放送/無料視聴/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

樹木希林の天国から/見逃し配信/再放送/無料視聴