ドラマ

警視庁捜査一課長4期 第3話/動画/3話/無料視聴4月23日2020年

警視庁捜査一課長4期 第3話/動画/3話/無料視聴4月23日2020年

 

2020年4月23日20時からテレビ朝日で『警視庁・捜査一課長 2020 #3』が放送されます

 

見逃した方や、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/3話/無料視聴
 

警視庁・捜査一課長 2020/番組内容

 

3割引きシールの貼られた遺体!“内藤”一課長ら精鋭400人の捜査により、スーパーマーケットのクレーム処理係の女性が捜査線上に浮かぶが…!?

◇番組内容
割引シールを貼られた遺体が発見された!大岩一課長(内藤剛志)は被害者がスーパーにいつもクレームを入れていたことを突き止め、“苦情承り係”の菊子(杉田かおる)に疑いをかける。さらに、殺害に使用された可能性のあるバットを菊子も持っていたが、そのバットがなくなっていた。一方、真琴(斉藤由貴)は、菊子が1年前まで本部のマネージャーとして働いていたが、ある事件をきっかけにその立場を追われていることを知り…!?

 

警視庁・捜査一課長 2020 出演者

 

◇出演者
内藤剛志、斉藤由貴、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、塙宣之(ナイツ)、床嶋佳子、金田明夫

ゲスト
杉田かおる、小沢真珠、徳井優

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/3話/無料視聴ストーリー性

 

警視庁捜査一課長は私の好きな刑事ドラマの一つです。

刑事ドラマの王道ですが、それだけに安心して見ていられます。

殺伐とした殺人が起こるだけじゃなく、時には義理人情も絡んできてそこが面白いんですよね。特に好きなのが、本田博太郎さんとナイツの塙さんです。

二人とも惚けていてすごくいい味出してるんです。塙さんの棒読み演技もたまりません。

さて今回は割引シールが貼られた死体ということですが、これだけではどんな事件が起こるのか全く想像がつきません。

普通に考えたら死体に割引シールってもはやギャグですよね。でもそれが成立するのがこのドラマのいいところです。

スーパーマーケットのクレーム処理係が事件に絡んでくるようですが、こうした身近なところで事件が起こるのもリアリティがあって面白い点です。犯罪を暴くまでに二転三転するストーリー、そして金田明夫さんと斉藤由貴さんのやり取りも楽しいです。

金田さんから大福と呼ばれている斉藤さん、この二人のコミカルなやり取りにはいつもホッとさせられます。

それに斉藤さん演じる大福は直感が鋭い役で、意外と事件の本質をついたことを言うんですよね。今回もそうした活躍が見れるかと思うと楽しみです。

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/3話/無料視聴 楽しみな点

 

スーパーマーケットの割り引きのシールが貼られたしたいが発見されるところから始まります。このドラマの面白い点は、いつも少しんな死体から始まるところです。

警視庁でもエリート集団である捜査一課ですから、容疑者を見つけるのはそう難しいことではありません。

殺害された男性がスーパーにいつもクレームを言っていた男性で、それをいつも、杉田かおるさん演じる「苦情承り係」の菊子が相手しており、まずこの菊子が容疑者の第一候補として浮上するわけです。

このドラマの面白いのは、えん罪事件などではこの容疑者に厳しい尋問をして、「わたしがやりました」と自白させるところに至るのですが、そうではなく、別の角度から事件の裏を読み取ろうとするところです。

久々に復帰した、斉藤由貴さん演じる真琴が、早速その捜査に挑みます。

今では苦情処理係をしている菊子も、1年前までは本部のマネージャーをしていた事実を突き止め、そこにこの事件の闇を探ろうとするのです。

捜査にはもちろん推理は必要ですが、このドラマは、400人もの捜査一課の刑事たちが、残されたほんのわずかな証拠を求めて地をはいずり回り、そのわずかな証拠を見つけることで、事件の真相を明らかにします。

最後は、事件関係者を呼んで、事件についての捜査結果を伝え、犯人を逮捕するとともに、容疑者と見なされていた人物に、生きる勇気を与えるところで幕を閉じます。

今回は、どんな結末が待っているのか、楽しみです。

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/3話/無料視聴視聴者感想

 

内藤剛志さんが、殺人や強盗などの凶悪犯罪を担当する警視庁の捜査一課を束ねる課長を演じる刑事ドラマです。

「連ドラの鉄人」とも呼ばれる内藤剛志さんは、刑事ドラマの出演数だけでも半端ない実績がありますが、数百人もの捜査官を束ねるトップを演じているこのドラマは、その集大成とも言える作品かも知れませんね。

第4期に当たる本シリーズ。第3話では、3割引きシールの貼られた遺体が発見されるそうで、また突拍子もない事件だなと思います。

被害者は、スーパーマーケットにいつもクレームを入れていた迷惑客だったとのことで、個人的には小売業に従事する身として、いけないことではありますが、犯人の側に親近感を覚えてしまいますね。

ただ、“苦情承り係”の女性九条菊子に疑いがかけられるそうですが、そのまま犯人だと、ちょっと構図が単純すぎますね。ただ、その九条菊子は1年前まで本部のマネージャーとして働くバリバリのキャリアウーマンだったようで、事件の背景にはいろいろと複雑な事情が見え隠れしています。

犯人が誰かということ以上に、事件の背後にある人間関係の構図が気になる回となりそうですね。

 

まとめ

 

ずっと初期の頃からこのシリーズを見ています。内藤剛志のファンでいろんな刑事ものを見ていますがこのドラマの役は男らしくダイナミックで一番好きなドラマです。

どのシーズンも面白くて見ていますが、人気俳優たちが毎回レギュラーになっていてそれがとても楽しみです今シーズンから斉藤由貴演じる大福がシリーズに復帰して活躍するのが見どころで「大福の勘」でミラクルな事件解決するのが楽しみですが、コミカルな演技が多く本当に面白いと思います今シーズン復帰したレギュラーがもう一人いて、一課長の運転手を担当するブランクのナイツ塙も個性的です。

主夫経験が長く1番の常識人なのですがとても家庭的でフェミニンな役柄です。

内藤剛志との人間らしい心の交流が陰惨な事件の多い中、清涼感がありほっこりするシーンになっています

今回は杉田かおるがゲストということで人情味あふれる回になるのかなと思います。

スーパー店員の役なので主夫経験を活かしたブランクや一課長の奥様がヒントになり事件が解決するのかなと想像しています。

大人数で行うダイナミックな操作と細やかな人間描写、奇想天外なストーリー展開になるのではないでしょうかところどころに散りばめられる家庭の豆知識も楽しみにしたいと思います

主人公の大岩一課長を演じる内藤剛志さんの男気あふれる演技だと思います。

特に捜査前に捜査一課を全員集めて行う「魂の訓示」はいつ見ても心を揺さぶられ、鳥肌が立ちます。愚直に捜査して真実を突き止める姿勢がとても胸に刺さります。

そして斉藤由貴さん演じる「大福」を始め個性豊かな部下たちが課長の訓示通り鋭い捜査勘と愚直な捜査で犯人に迫っていく様子がどんどん物語に引き込まれていきます。

第三話を見ましたが、登場する容疑者が次々に入れ替わり見ている側の予想もつかせない、結果を絞らせない展開も魅力です。どんなトラブルにも動じずに事態を見守り、正確に解決に導いていく大岩一課長は本当にしぶいです。

次回放送の第三話は三割引きのシールが貼られている遺体が発見されるという展開だそうで、ちょっと不謹慎ですがその設定に笑ってしまいました。

出演ゲストに杉田かおるさんと小沢真珠さんという豪華な配役で毎回、素敵なゲストが登場するのもこのドラマの見どころだと思います。

エンドロールで流れるグリムスパンキーの主題歌もカッコよく、床嶋佳子恵子さん演じる課長の奥さんが「ご苦労様です」というシーンにほっこりさせられます。放送時間を通じて見どころ満載のドラマです。

 

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/3話/無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun
tver(ティーバー・ディーバー)で見れない方は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/3話/無料視聴