ドラマ

エール/動画 11話(朝ドラ)4月13日無料視聴/再放送見逃し配信/まとめ

エール動画 11話(朝ドラ)4月13日無料視聴/再放送見逃し配信/まとめ

 

2020年8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第11話動画の記事です

 

今すぐに放送後の本編を全話見たい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/動画11話 /NHK無料視聴ネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ第動画11話公式NHK/あらすじ番組内容

第3週のエールのタイトルはいばらの道。やりたいことや家業など、音楽の道が簡単ではないことを感じていくようになるのかもしれませんね。

大きくなった裕一(窪田正孝)は、商業学校の4年生に。4年生といっても音楽に夢中になるあまりに留年していて、2年目の4年生。

裕一はハーモニカの倶楽部に所属していてそれが楽しいみたいですね。

ハーモニカの倶楽部はその頃とても流行っていたそうなんですが、そこで作曲を続けているという裕一。そこで青春を謳歌してるんでしょうね。裕一の才能が重宝されていたりするのかもしれませんね。
ハーモニカ倶楽部に夢中になっている裕一だけど、家業はうまくいってるとはいえないみたいで…。

商売を立て直すのにお金が必要で、でもどこからも借りられなくて。まさ(菊池桃子)の実家に、容姿に出すか融資してもらうかというところで家のものをあれこれ売ってなんとかしのいだのが3年前。

やはりまた喜多一を立て直すことで頭を悩ませている三郎(唐沢寿明)。叔父のその場しのぎだというのは最もだったのでしょう。

京都の業者が三郎にもうけ話を持ちかけるそうですが、商売の才等もないらしい三郎のことなのでなんだか心配です。まわりの意見などもよく聞いてみて欲しいです。

弟は弟で、好きなことばかりしている兄の裕一に対して長男なのに家業のことを考えていないと不満を持ってもいるみたいです。

裕一が楽しく好きなことを何も考えずにただ夢中でやっていられるのは今だけになりそうですね。

エール 朝ドラ第11話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,吉原光夫,佐久本宝,相島一之,松尾諭,望月歩,堀内敬子,菊池桃子,薬師丸ひろ子,風間杜夫,唐沢寿明,

エール 朝ドラ/動画11話/ネタバレ

大きくなった裕一

裕一(石田星空)の子供時代、音(清水香帆)の子供時代ときて、大きくなった裕一(窪田正孝)の話へ。いよいよ窪田正孝さんの登場。窪田正孝さんももちろん楽しみだけど、子供の裕一や久志(山口太幹)、鉄男(込江大牙)達がとても良かったからやはり寂しさも少しありますが。

3年の月日が流れ、裕一は商業学校に通う学生に。子供の3年はとても大きいですよね。

内気でいじめられっこだった裕一が、作曲の楽しさに目覚め才能を認められ、別れもあってあれからどんな風に成長しているのか楽しみです。

しかし留年してしまっていて、2度目の4年生になっているのですね。

その理由というのは音楽に夢中になっていて。学業をおろそかにしてしまうほどにのめりこんでいる音楽。先生から得意なことにしがみつくように言われたけど、親や親族にとっては留年とまでなる程では心配や呆れもあったりするかもしれませんね。

やりたいことや夢中になれることがみつけられることはとてもいいことだと思いますが。

もう勉強はそっちのけになってしまってるんですね。

でもまわりの目を気にして下を向いてしょんぼりしてるのではなく、毎日のびのびできているということですね。

小学校は出ていても、恩師である藤堂先生には会ったりするようなのでまた藤堂先生(森山直太朗)がみられるのも嬉しいです。

エール 朝ドラ/動画11話/NHKみどころ

 

ピンチを凌げた関内家

探し当てた契約書で、請求すればかなりの違約金を陸軍が払わなくてはならないことが発覚。まさか子供達がこの危機を救うことになるとは。
打越(平田満)から、足元をみられたり立場の弱さを利用して迫られていた密(薬師丸ひろ子)だけど、逆に今度はこちらの番。請求するとなると、仲介者である打越と陸軍の関係も悪くなるのでは?という密は嬉しそうでした。このまま契約を続けた方がお互いよろしいと言われたじろぐ打越。安隆から「黒蜜が出た」と言われていたのをふと思い出しました。打越に、女子供ですけどと付け加えて笑う密。

そうですよね。女子供にと下にみられて馬鹿にされ嫌な気持ちになるのは、もちろん音(清水香帆)だけじゃないですよね。
そして音に母から、お父さんの過去が語られる場面も。やらずに後悔するよりやって後悔しない方が良いと言っていた父は、どこかの子を命がけで助けて、家族を残したことも後悔していないのか気にした音。

戦争で目の前で沢山の人が死んでいくのに助けられなかったことで、ずっと後悔していたから、今回体が自然に動いて助けたのではないかと。それをお父さんらしいと言うお母さん。お父さんがどんな人だったのかよくわかりますね。

戦争なんて壮絶な体験ですよね。

一人の人間が死ぬこともこんなに大きなことなのに。
優しくて強くて器の大きな家族思いだったすてきなお父さんは、きっとこれからもずっと音達家族にとってほこりでしょうね。

まとめ

学芸会も無事に終えて

音(清水香帆)の子供時代をみていると、なんだか朝ドラの定番という印象を受けました。朝ドラのヒロイン像を強く感じるようなキャラクターのような。

昔ながらの朝ドラファンには安定の面白さも感じたかもしれませんね。

元気のおし売りのような、実際にいたらちょっとうざキャラみたいな感じも。だからこそストーリーを進めていったり、くよくよめげてばかりではない姿にドラマの楽しさがあるのかなとも。

エールの主人公は男性で、内気な少年時代。それも新鮮でとても楽しく、こうして裕一のヒロインの話もあってダブルで楽しめたかもしれませんね。

職人さんの生活なども考えたりせずに、逃げたと避難し続けていたり、戻ってきた職人さんに対して「岩城のやつ~!」なんて、職人さんの態度が気に入らなくて怒っていたりするところなんかも、これから成長していくんだろうなと。
職人さんがいなかったら納期も守れなくて信用も失うことなども、そのうち分かっていくのでしょう。お母さんの密(薬師丸ひろ子)も納期について、職人さんもいないのに守れますなんてキッパリ宣言していてちょっとヒヤっとしました。

音の無鉄砲さなどは実はお母さん似?

主役が自分じゃなくて面白くなくてふてくされたり、皆も自分がいいって言ってくれたなんて口にしていた時も。

環に出会って目の前のことに全力で頑張るという考え方を持てるようになったり、自分のことしか考えてなかったこともお父さんからの言葉で気がついたりしたはずで、まだまだ子供でひとつひとつのことを吸収していってるところなんですよね。大人からは生意気にみえると思いますが、きっと基本的には素直。

お父さんの死は受け入れがたい辛いことだけど、それもまた音を強くして成長させたんですね。

悲しんでばかりはいられないと言った音は強い。かぐや姫も音の演技をみれば皆が納得でしたね。
泣きながら歌うシーン、これには視聴者はほとんどがつられて泣いたのでは?回想のお父さんのすてきなこと、家族皆の幸せそうな姿。あの良子ちゃん(田中里念)のお母さんも最後には笑顔になっていましたね。

下記で

エール朝ドラ動画11話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ動画11話