ドラマ

エール 動画 12話(朝ドラ)4月14日無料視聴/再放送見逃し配信/まとめ

エール動画 12話(朝ドラ)4月14日無料視聴/再放送見逃し配信/まとめ

 

2020年8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第12話動画の記事です

 

今すぐに放送後の本編を全話見たい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/動画12話 /NHK無料視聴ネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ第動画12話公式NHK/あらすじ番組内容

エール 朝ドラ第12話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,吉原光夫,佐久本宝,相島一之,松尾諭,望月歩,堀内敬子,菊池桃子,薬師丸ひろ子,風間杜夫,唐沢寿明,

エール 朝ドラ/動画12話/ネタバレ

思うようにはいかない

ハーモニカ倶楽部に入っている裕一(窪田正孝)は、そっちに夢中のあまり学業がかなり厳しいみたいでしたね。

このままではまた留年、どころか落第とまで言われてしまっていて。

さすがに勉強も少しは身をいれないとまずい時期、裕一も危機感を少しは持ったかもしれませんね。

とはいってもやはり今はハーモニカ倶楽部での作曲が裕一にとって1番の大きなことなんでしょう。

大きな会場で講演するほどの人気のハーモニカ倶楽部に所属しているなんてすごいですね。

その演奏会で、自分のオリジナル曲が演奏されたらどんなに嬉しいでしょうね。

もちろん採用されるかどうかは分からない。

会長だって曲をかいてくる、選ばれることになるのは誰の曲になるのか。

会長もハーモニカ倶楽部を辞めることになってその前に、自分の作曲した曲を演奏したいと思う気持ちが強いかもしれませんし。

しかしプロになるというのは、皆を鼓舞するために言っていた嘘だったという会長。本気で音楽家を夢見る裕一に対してキツイ言い方をしてきましたね。

もしかしたら、自分の実力を思い知ったことへの悲しさや苛立ち、まだ夢をみている裕一への嫉妬の気持ちなんかがあってその感情をついぶつけてしまったのではないかと思ってしまいました。

エール 朝ドラ/動画12話/NHKみどころ

 
養子問題

三郎(唐沢寿明)にとって子供を養子に出すかどうかとても大きな問題ですよね。

音楽家になりたい裕一(窪田正孝)の夢を応援したいし、弟のことは跡継ぎにしたいと考えているでしょうからね。

しかし養子に出さないと実家と縁をきるとまで言われて、まさ(菊池桃子)の気持ちを思うとそれも複雑なわけで。

養子が必要な権藤家のことも考えてしまうでしょうし。

頼みにきた茂兵衛さん(風間杜夫)に頭を下げられてしまうのもまたキツイですよね。

実に悩ましい。

裕一も音楽家になりたいから、銀行の跡継ぎになるなんて困りますよね。

しかも慣れ親しんだ実家ではないうえ、怖い叔父の息子となるわけでもあり。

でもプロになることなんて夢のまた夢でしかないことをハーモニカ倶楽部の会長につきつけられたことで、少なからず裕一の心にも音楽家になるという夢への迷いや不安が生まれたかもしれませんよね。

なろうと思ってなれるものではない、自分よりも音楽の勉強などをしっかり学んだ会長からの言葉は現実味もありますし。

しかし裕一は本当に音楽家になるんですもんね。

これからどんな迷いがうまれ、まわり道をして、どうやって夢を叶えていくのか。

まずは今、演奏会にむけての作曲の完成が目標ですね。

選ばれるのは、やはり裕一の曲になるのでしょうか。

エール 朝ドラ/12話動画/みんなの感想

 

大きくなった裕一

学校では授業中に作曲をしていたのがみつかってバケツを持って廊下にたたされていた裕一(窪田正孝)。

またある時は眠ってしまって立たされていたり。

学業に専念できないのは、音楽に夢中になるあまりなんですね。

しかしこのバケツを持たされて立たされるのって結構きつそうですね。

あのバケツには水が入ってるんですよね?

両手にそれを持って立っていなきゃいけないわけですよね。

皆からは見られるし恥ずかしい。

しかし外に出されていては、その分ますます授業をうけられないから余計に遅れをとってしまうのでは?

留年してしまった裕一に今度は落第の危機。

入学祝に卓上ピアノを買ってもらったことがさらに音楽にのめり込ませてしまった結果になっているようで。

浩二(佐久本宝)はそんな兄に、兄に甘い両親にだいぶ不満そうでしたね。

兄がまた留年して同級生になるのが嫌だからと、商業ではなく高等学校に進路を変えると言い出しました。

しかし兄にその事を告げても、いいんじゃない?と笑顔。

あまりお兄ちゃん本人には強く言わないんですかね。

そして思った反応がかえってこなかったこともまた、浩二には不満が募る結果になったかもしれませんね。

まあとにかく裕一は音楽が大好きというところは変わっていませんね。

色々細かい問題はあるけど、好きなことを夢中でやっている裕一がみられました。
裕一のいるハーモニカ倶楽部

時は大正15年へ。

裕一(窪田正孝)のことをいじめていた史郎(大津尋葵)が、裕一と同じハーモニカ倶楽部にいるとは。

音楽なんて女のやることと裕一をバカにしていた立場だったのに。

でも人気のハーモニカ倶楽部にいるのだからすごいことですよね。

しかも自分のパートが不満だからと裕一から会長に変えてもらうことをしつこく頼みこんでいましたね。

終わった話なのに、それでも頼まれると引き受けてしまう裕一。

人が良いですね。

しかし会長には頼む前からピシャリと言われてしまいましたね。

会長になっているくらいだから色んなことをよくわかっているんでしょうね。

実力や練習などなど。

でもレコードを買ってもらったから、家に聞きに行っていいかと2人で盛り上がっていたり仲良くやっているのは良かったですよね。

調子良いなとは思いましたが。

今は妬む気持ちやバカにする気持ちはないんですよね。

受け入れている裕一もやはり優しいです。

そして成長した史郎は、太郎の方にちょっと似てるなと思ってしまいました。

太郎はどうしているのでしょう。

裕一の所属しているハーモニカ倶楽部には社会人もいるそうで、色んな人と交流があるから刺激にもなりそうですよね。

裕一は会長のことを尊敬していたようですし。

しかし会長からは、夢に対して現実を知るように厳しいお言葉も。

会長は音楽家になりたくても上には上がいることを知り挫折したんですね。

裕一が可哀想でした。

でも夢を叶えられて、しかもそれで成功する人なんて本当に一握りなんでしょうね。
亡くなった志村けんさんがエールの中で演じているのは日本を代表する作曲家の小山田耕三役です。

この小山田耕三のモデルのなっているのは作曲家の山田耕筰氏です。小山田耕三は、窪田正孝さんが演じる主人公の古山裕一の音楽人生に大きな影響を与える大事な役どころとなっています。

志村けんさんは、昨年の12月から既に収録に参加していました。

最後の収録は3月6日で、合計4回収録を行ったそうです。収録済みの部分は予定通り放送され、5月1日頃に放送予定です。

NHKは「今後については検討中」としているので、未収録分については代役を立てるのか等はまだわかっていません。収録された部分を放送することは、エールに関わったスタッフの方たちの追悼の意も込められているようです。

志村けんさんは、高倉健さん主演で高倉さんから誘われて出演した「鉄道員」での素晴らしい演技が有名ですが、それ以外にドラマや映画には出演者したことがありません。

なので、エールでの数少ない出演シーンはとても貴重なものだと言えます。

多くの人に愛された志村けんさんの出演シーンが無駄にならないことは素晴らしいことです。

逆に志村けんさんの出演シーンが少ししか観ることが出来ないことが残念ですなりません。もっともっと観たかったです。

まとめ

以前はインターネットの法律が曖昧で違法動画や違法動画へ誘導するリーチサイトをネットにアップしたとしても曖昧な法律によって罰せられないことが多く、違法な動画やリーチサイトをアップしても問題ないと思われている方も少なくはありませんが、このような行為は利益の侵害になるとして、近年では法が改善されて厳しい取締りが行なわれるようになっています。

近年では大手の出版社が国内最大級のリーチサイトを訴訟し、閉鎖へと追い込んだだけではなく多額の損害賠償の支払いを命じられたケースが世間を騒がせました。

国内最大級のリーチサイトが訴えられ運営者は多額の賠償金を背負うこととなったのですが、これは決して人事ではありません。

大手で目立っていたからといった考えをもたれている方も多いのですが、違法動画やリーチサイトを軽い気持ちでアップロードしたことによって個人が訴えらるケースも少なくはありません。

違法動画やリーチサイトをネットにアップするということは著作権の侵害にあたるとみなされ、損害賠償を求められたり、刑事罰を言い渡され懲役刑を受けるケースも少なくはなく、ほんの出来心などでアップロードしたことによってサイトの閉鎖だけでは済まされず、刑罰系をうけることになりかねません。

下記で

エール朝ドラ動画12話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ動画12話