ドラマ

エール 20話 動画20話(朝ドラ)4月24日無料視聴/見逃し配信/再放送(4/24)まとめ

エール20話動画/20話(朝ドラ)4月24日無料視聴/見逃し配信/再放送(4/24)まとめ

 

2020年4月24日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第20話動画の記事です

 

今すぐに放送後の本編を全話見たい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/動画20話 4月24日/NHK無料視聴ネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ第動画20話公式NHK/番組内容

 

学が認められずに落ち込んでいる裕一(窪田正孝)だったが、突然留学の許可が出る。一方、音(二階堂ふみ)は裕一と自分の立場の違いを痛感することになる。.

番組内容

祖父の源蔵(森山周一郎)が亡くなり、裕一(窪田正孝)を銀行の跡取りにするために、もしもの事を考えて養子縁組を急いでいる茂兵衛(風間杜夫)だったが、母・八重(三田和代)からの入れ知恵で、一転して裕一の挑戦を認めるという申し出をする。裕一は音(二階堂ふみ)にせっせと手紙を書いて送るが、妹の梅(森七菜)や御手洗先生(古川雄大)に、自分と世界に旅立つ裕一は大きな差があるという現実を指摘された音は…

 

エール 朝ドラ第20話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,吉原光夫,佐久本宝,相島一之,松尾諭,望月歩,堀内敬子,菊池桃子,薬師丸ひろ子,風間杜夫,唐沢寿明,

エール 朝ドラ/動画20話4月24日/ネタバレ

 

2人の距離

ついに手紙のやりとりが始まって、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)がつながりましたね。

しかし留学となると、最低でも5年の期間外国。音はミュージックティーチャーに言われて、自分もイギリスに行きたがってしまっていたのは驚きました。情熱的が過ぎますよね。

でもとにかくお金はかかるし、まだ若い。それに海外での生活なんて、簡単に親を説得できるはずはない。
裕一はコンクール入賞の実力、渡航費や留学費用も全額負担してもらえてですからね。

しかしもうすっかり2人ともが恋みたいな状態になってますよね。

まだ会ったことはないけど。裕一のロマンチックな手紙、文通から始まる恋。

音は母からも現実的な事を言われ、ミュージックティーチャーもとい御手洗先生(古川雄大)からもハッキリと身分の違いを痛感させられる言葉。

手紙では相思相愛な感じで、裕一もそんなことを思ってはいないでしょうけど。音は諦めきれないでしょうね。

音なら自分も歌手として早く大物になれるように頑張ろうとするかもしれませんね。

でも裕一は留学できるかもまだ分からないところなんですけどね。

ところで裕一って実は結構惚れやすいタイプなのかなと思ってしまいました。踊り子志津(堀田真由)の時と違って、今回は中身とやりとりで好きになってる感じでしょうね。

エール 朝ドラ/動画20話4月24日/NHKみどころ

 
驚きの理由

留学という大きなチャンスも、裕一(窪田正孝)の養子の話で諦めるかどうか難しい局面。裕一は音(二階堂ふみ)との文通で舞い上がっていて、落ち込む気持ちも半減できていたようですが、今度は夢みる音が刺激になって留学の夢も膨らんできてしまっているんですね。現実はそうもいかず、茂兵衛叔父さん(風間杜夫)は今すぐにでも裕一を息子にしようとする勢い。
19話のラストシーンで、叫び声をあげるほどに驚いている三郎(唐沢寿明)。想像だにしない知らせが届いたということですが、一体何があったのでしょう。三郎は嬉しいとか困ったとかは分からない感じで、もうとにかくびっくりしている感じでしたよね。まさかあの三郎を騙した人が見つかったとか?例えば捕まったとしてもお金に関しては泣き寝入りになってしまうんでしょうかね。
もしくは色々不満がたまっていそうな浩二(佐久本宝)がなにか行動を起こしてしまったとか?
それとも…今1番驚くとしたら、留学に行けることですから、行けることになるかもという話かもしれませんよね。
まさか浩二が茂兵衛の養子になると言い出したとか。それはないでしょうね。今とにかく自分が継ぐ喜多一のことや、そこでうまくいって皆から認められたいと思うかもしれませんし。
しかし留学という大きなチャンスが、このままではもったいないですよね。
 

エール 朝ドラ/20話動画4月24日/みんなの感想

 

 

まとめ

 
走り出した恋

留学できないかもしれないというのに冷静な裕一(窪田正孝)。その理由は音(二階堂ふみ)との手紙だったんですよね。見せられた詩の書かれた紙の手紙、三郎(唐沢寿明)がもちっとマシな紙で送ってきてもとポツリ。そこが良いと興奮気味の裕一、常識にとらわれないところが裕一の心をさらにつかんだみたいで。舞い上がって浮かれまくりの裕一が可愛い。ひどくただ落ち込むのではなく、大きな救いとなっている音の存在があって良かったですよね。
音もファンレターの返事が来て大喜びでしたね。しかもそこには自分のために曲を作ってくれるなんてあったのだから、興奮するなっていう方が無理かも。

そして今週のタイトルにもある、君はるか。その詩を送った音と作曲した裕一。素敵な詞ですね。
しかし裕一が、いかに離れていても心は結ばれていますだなんて情熱的な事を書いていてちょっと驚きました。

今後作曲するすべての曲をアナタに捧げますとも。

ミュージックティーチャーにもささりまくりでしたね。ロマンチックな純粋な愛とか好きそう。

ミュージックティーチャー濃くて面白いです。ズバズバ言うけど、そのぶん裏表もなくて気持ちも良いですよね。音も言われまくりでも、ハッキリ言うから好きと言えるのが良い。でもあれだけ言ってるんだし、そろそろミュージックティーチャーと読んであげて?

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)ともに手紙をみてるときの嬉しそうな顔、観ているだけで幸せな気分になれます。

音からのハートがいくつもある封筒、手紙に笑顔になる裕一最高です。音もポストの手紙に浮かれて、手紙に口づけしてしまう程。

しかしミュージックティーチャーこと御手洗先生(古川雄大)にも手紙を見せていたけど、裕一は他人にこの手紙みせられてたなんて恥ずかしいし嫌がりそうな気もしますが。

でも手紙の内容に感激して涙までみせたなんて、嬉しいかな?ファンタスティックな音楽を作る人は、文章もハートもビューティフルと言ってくれてましたね。

思ったことはハッキリ言う先生だから、本心からの言葉とも分かるし。

最初ではファンレターにまだ返事がなかった時の音に、彼にとっては蟻んこの中の一匹とか数の子の中の一粒とか現実をつきつけていましたが。

未来のインターナショナルコンポーサーの裕一と今の音ではクラスが
違うと。落ち込む音にさらなる追い討ちを容赦なくかけてましたよね。そんな差のある2人の純愛がまた先生の心にも響いているんでしょうね。

しかし会ったことのない相手の留学に一緒にいけばという発想はすごいですね。

後先考えずに行動する勢い、さすがにそれは心配ですが。

亡き父のやらずに後悔するよりやって後悔した方がいいという言葉を思い出しました。

そういえば、岩城さんは仕事を手伝う音に安隆さん(光石研)譲りの腕があると言ってましたね。

岩城さん腕があれば女子供関係ないと言っていて、考え方も変わってましたね。そんな時代じゃないと言っていたのをみると、柔軟な人だったようで。
音が歌手になる夢にたいしても、夢みたいなことをとバカにすることなどもなくただ、筋がいいからもったいないなぁみたいな感じ。いい人ですね。

 

私は、このドラマの主人公の古山裕一の小学校の担任である藤堂清晴恩師役を演じる、森山直太朗さんに注目しています。

森山さんは主に歌手としてこれまで活動されていましたので、本格的にお芝居をされているところは見たことがありませんでした。

今回の「エール」への出演にあたっては、「率先してチャレンジしていきたい」と本人も語っておられるようなので、どんな演技をされるのか楽しみににしています。
森山さんはお芝居の経験は少ないかもしれませんが、ご自身のライブなどではとてもトークが上手いと評判がいいそうです。

歌からは真面目な人なのではないかという印象を受けていましたが、意外とキャラクターが強くて面白い人柄のようなので、作品中でも表現力豊かなお芝居を見せてくれるのではないかと思っています。

また、歌をテーマにしている作品だということもあり、森山さんが実際に歌うシーンが出てくることも期待しています。

10代や20代の若い方、また高齢の方は森山直太朗さんのことは詳しく知らないという方も多いと思いますが、森山さんの歌唱力には定評があり、どの世代の方が聴いても美しく心に響くものがありますので、この機会に彼のお芝居と歌の魅力が広まればいいなとも思っています。
下記で

エール朝ドラ動画20話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ動画20話