バラエティ倉庫

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24)のオンデマンドサイト

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24)のオンデマンドサイト

 

2020年4月24日20時から『中居正広のキンスマスペシャル YOSHIKI 衝撃の半生で知った「生きる意味」』が放送されます

 

見逃した方/放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24)のオンデマンドサイト
 

金スマ/番組内容

 

金スマ波瀾万丈 特別放送…新型コロナウイルスについてメッセージを発信し続けるYOSHIKI…その言葉の裏側にあった、親しい人を次々に失った激動の半生とは…

 

金スマ 出演者

 

MC
中居正広

パネラー
大竹しのぶ 室井佑月 ベック (他) 安住紳一郎(TBSアナウンサー)

 

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24)のストーリー性

 

私はXJAPANのファンなので、今回の金スマはとても楽しみにしています。

YOSHIKIさんの半生が壮絶というのは、ファンなら誰しも知っている話です。

私も初めて聞いた時は、本当につらい半生を歩んできた方なんだなあと胸が痛くなりました。

それが本人のいる場で語られるのは少しつらいですが、それらの経験があるからこそ、あれだけの曲が作れて、優しくて人の事を想える方なのだと思います。

XJAPANの曲「ForeverLove」には「教えて 生きる意味」という歌詞があります。今でも「生きる意味」が何かと聞かれれば難しいです。

でも、人生に絶望していた学生の私に「生きる希望」を与えてくれたのは、XJAPANでした。

コロナについて発信や寄付を積極的に行っているYOSHIKIさんですが、その前から震災などの時は必ず寄付をしている優しい方です。

YOSHIKIさんやXJAPANのファン以外の方にも、YOSHIKIさんのメッセージが伝わるといいなと思います。

そもそもYOSHIKIさんはとても面白い方なので、今回はどんな名言が飛び出すか楽しみです。

そして今からでも遅くないので、XJAPANをあまり知らない層にも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24) 楽しみな点

 

中居正弘のキンスマ、いつも有名人の知られざる背景をすることができる、とても素晴らしいドキュメンタリータッチのバラエティー番組でいつも感動させられたり驚いたりしてしまうのですが、今回はトップスターでありながら最近ではさまざまな時事ネタの話題を発信したり、被災した地域などへ多額の寄付をしたりとその動向が注目されているYOSHIKIさんを紹介されるということで、どのような話しが出てくるのかとても楽しみにしています。

有名なミュージシャンである彼はその音楽の趣向からも謎がおおいのですが、そのYOSHIKIさんがなぜ今コロナウイルスの話題を懸命に発信するのか、彼の半生を知ることでその考えを知ることができるということなので、彼にどのような衝撃的な半生が起こったのか気になるところです。

近年ではご意見番のような存在にもなりつつあるYOSHIKIさんが生きる意味をどのように考えているか、メンバーに自殺した人がいることを知らない若者も増えていると思います

 

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24) 視聴者感想

 
中居正広のキンスマスペシャルは、YOSHIKIさんの特集ということなので楽しみだなと思いました。

YOSHIKIさんはコロナが流行し始めてからずっと一般人を代表してずっとSNSで発信をしてくれているのが印象的です。

コロナウイルスが日本で流行り始めた時、1000万円ほど寄付したというニュースがありましたが、また最近さらに1000万円を寄付したと聞いて驚きました。

それだけ真摯にこの問題に向き合い、多くの人の命を救いたいと願っているんだなと感じました。

その気持ちの裏側には、YOSHIKIさんの衝撃の半生がえいきょうしているということなので、どういうことなんだろうかと気になります。

YOSHIKIさんは親しい人を次々に失っていったそうで、そのことで生きる意味について考えたそうですが、とても辛い人生だったんだなと胸が痛くなりました。

大切な人を失った経験があるからこそ、コロナウイルスで多くの人が大切な人を失わないように、ずっと警鐘を鳴らし続けてくれていたのかと思うと感謝しかありません。

そして、自分にできることとして、押し付けるんじゃなく語りかけるような言葉で発信しているところも立派だなと感じました。

YOSHIKIさんが今どんな気持ちなのかについて知れたらいいなと思います。

 
私はXJAPANのにわかファンです。3年くらい前から聞き始めて彼らのことは調べてそれなりに知っています。

金スマと言えばそういえばtoshiを思い出します。

洗脳から解けたあとに金スマで洗いざらい話していました。そこで衝撃の事実を知りました。

なんとまだ洗脳が解けてないのにXJAPANを再結成してTOSHIは歌っていたというのです。

そしてある時洗脳が解けるます。

YOSHIKIの気持ちはわかりませんけど、彼はtoshiを迎え入れました。

1997年のラストライブでは洗脳により解散するはめになって、Forever Loveの時にぶん殴ってやろうと直前まで思っていたけど抱きしめたといいます。

リーダーですし、ふざけんなと思いつつもそこにTOSHIの子供の頃の姿を見て(YOSHIKIとTOSHIは幼稚園からの友達)思わず抱きしめたと言います。

昔は破天荒でベッドを旅館から川に突き落としたり、カレーが辛いとかシャワーが熱いとかで帰ったという嘘か真実かわからない噂もあり破天荒なイメージの彼ですが、根は人一倍優しいのかも知れません。

幼少期にお父上を亡くされたり、バンドのメンバーが死んでしまったりと彼の人生は人一倍辛いものでした。

そんな彼が金スマで何を語るのか、楽しみです。

まとめ

 

違法サイトをアップロードすることは、有害で違法行為に間違いはありません。小説・映画・漫画、この世のあらゆる創作物については、
自動的に作者に「著作権」が与えられるからです。これらを作者の許可や譲渡無しに、インターネット上に勝手にアップロードをすることは、
完全に犯罪行為となります。これは、利潤追求行為ではなくとも「著作権侵害」に該当するので注意が必要です。
さて、それでは、違法サイトサイトへのリンク先をまとめたサイトはどういった扱いになるのでしょうか。それが「リーチサイト」と呼ばれる、海外版サイトサービスなどへの
リンクをまとめたサイトです。リーチサイトの運営者は、実際に「著作権侵害」をしてはいません。ですが、著作権侵害を行っているサイトへのほう助を行っていると
捉えることができます。明らかに違法なサイトへの道標を作ることは、違法コンテンツのダウンロードを拡大させていると捉えられるわけです。
日本の過去の事例では、著作権侵害の違法サイトが摘発されたケースもありますし、また実際に大型リーチサイトが摘発されたケースもあります。
2017年に文化庁はリーチサイトに対する見方を示す公式資料を発表しております。今後も間違いなく取り締まりは強化される一方なので、
違法サイトをアップロードするだけではなく、リンク先を記載するだけでかなりの危険性があるということを注意しておきましょう。

 

リーチサイトとは一般的に、著作権法上の違反となるコンテンツにつながる外部リンクを集めて掲載しているWebサイトのことを言います。

違法サイト及び違法サイトへのリーチサイトが社会問題とされるのは、マンガ、小説、アニメ、映画などを著作権法の範囲を超えて、著作権を有する者、管理する者の許可なく公開しているサイトにたどり着くことを幇助することにあります。

つまり、リーチサイト自体は著作権法違反になっておらず、対処が難しいことが挙げられます。リーチサイトを野放しにすれば、著作権法違反のコンテンツにたどり着く機会が増えることになり、著作権侵害を助長することになります。

著作権侵害の被害が増えることになるので、リーチサイトの外部リンクの削除を求めますが、リーチサイトを直接に取り締まる法律はないとして応じてくれない場合があります。

検索エンジン会社にリーチサイトを検索結果に表示しないよう求めても、同様に法的位置づけが不明確なため対応されない場合があります。

リーチサイトを作成することは、憲法21条で保障された表現の自由の範囲内と考えられ、他人の著作権を侵害することとの関わり方により、刑事事件としての判断がなされています。

民事訴訟を用いた被害救済も膨大な手間と時間が必要であり、かつ、直接的な加害者はリーチサイトでもないので、リーチサイトの問題を解決する手段にはなりません。

著作権を有する側、管理する側からは、リーチサイト運営者自体を刑事摘発できるようにしてほしい旨の要望が出続けています。

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24)のpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

金スマ/見逃し配信/無料/ YOSHIKI/4月24日(4/24)のオンデマンドサイト