ドラマ

仁 ドラマ 再放送/北海道/広島/東北放送/静岡/福岡/熊本/などで見れない時に見る方法

仁 ドラマ 再放送/北海道/広島/東北放送/静岡/福岡/熊本などで見れない時に見る方法

 

2020年4月25日14時からTBSテレビで『JIN-仁- レジェンド』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仁 ドラマ 再放送/関西/東海/名古屋/大阪/北海道で見れない時に見る方法
 

JIN-仁- レジェンド /番組内容

 

パート1第9話「残酷な神の裁定」第10話「坂本龍馬、暗殺…」最終話「タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!!」

番組内容
突如、野風(中谷美紀)にやってきた身受け話。女郎は身受け話を断ることができないということを知りながらも、野風の仁(大沢たかお)への気持ちは日に日に強くなるばかりであった。一方、佐分利(桐谷健太)らが作った新しい医療器具に感心していた仁。しかし、その医療器具を見た火消し「を組」親分・新門辰五郎(中村敦夫)に否定されてしまう。辰五郎の素性を知らずに反論した仁だったが…。次に火事があった時に火事場で治療することを辰五郎と約束した仁は、ある日、野風から手紙を受け取る。一緒にいた龍馬(内野聖陽)とともに吉原へ向かったその夜、江戸の町を覆いつくす大火事が起きて…。

 

JIN-仁- レジェンド キャスト

 

大沢たかお 綾瀬はるか 小出恵介 桐谷健太 田口浩正 戸田菜穂  〇 武田鉄矢 中村敦夫  〇 高岡早紀 六平直政 麻生祐未 小日向文世 中谷美紀(特別出演) 内野聖陽

 

仁 ドラマ 再放送ストーリー性

 
江戸時代を舞台にしたドラマだと最初知ったときは、正直あまり期待していませんでした。しかし、いざドラマを観てみると歴史上の実在人物が何人も登場してきて一気に親しみが沸きました。

そして、すぐにこのドラマの虜になってしまいました。登場人物だけではなく、ストーリーも分かりやすく進んでいくので感情移入しやすく非常に素晴らしいドラマだと思います。

メインの医療シーンは生々しい場面も多いため少し苦手ではありますが、そこもドラマの醍醐味だと思います。

また歴史は苦手だったのですが、このドラマをきっかけに少し江戸時代について勉強してみようとおもいました。

実際の江戸時代がどうだったかは映像ではみることが出来ませんが、このドラマを通し江戸時代の人が何で苦しんでいたのか、どんな事に喜びを感じていたのかと自分の中で想像しやすくなり、従来のドラマとは違い様々な観点を持ちながら見ることが出来るのもこのドラマの楽しみの一つでもあります。

また、このドラマは1クールだけではなく、シリーズ化されているでどんどん回数を重ねるごとにストーリに深みが増し、次々に予想外なことが起こるので全く飽きません。

今回、再び放送されるということで一度観たにも関わらず非常に楽しみにしております。

JIN-仁- レジェンド 楽しみな点

 
医療ドラマでタイムスリップをするというなかなかなかったSFドラマでした。

主人公のジンは外科の名医で様々な手術を成功させてその人が幕末にタイムスリップをして、その時代の技術で医療機器を作ったり、その当時の難病とも言われる結核に効く薬であるペニシリンを作ったりと。

最近、よく言われている異世界で俺つえーをリアルに描いた作品だなと思いました。作者の方の特集を見たんですが、意図としてはその当時の女郎?というか現代でいうと風俗嬢ですかね。

その人たちが梅毒で侵されておりそれを漫画でもいいから救いたかったという記事を見ました。

なので、作品には花魁とか女郎とかがよく出てきます。その当時の様子や吉原ってこんな感じなのかなって見るのも面白いと思います。あと、幕末といえば坂本龍馬ですよね。

なんでかしらないですが、主人公のジンは幕末の有名所と接点があり幕末好きにはたまらないですね。因みに坂本龍馬扮する内野聖陽さんの味のある演技がとても魅力的でした。ドラマ放送時はよく友達の前で坂本龍馬のマネしてました。

綾瀬はるかさんのヒロインも良かったですね。

女芸人がよくものまねでやってますが、ドラマを見たあとだとクオリティが高くて面白いです。

最後、なぜタイムスリップしたのかをドラマで追求してるんですが、結構そこはポヤポヤでちょっと不満でした。

それ以外は名作と呼べるドラマだと思います。
 

 

JIN-仁- レジェンド 視聴者感想

 
総集編のようですね。このドラマ、なんだかんだで有名な作品ですが、そういえば全部通しで見たことはありませんでした。

せっかくの機会ですから、見てみようと思います。原作も知りません。

ですが、ちらっとワンシーンくらいは見たことがあります。

「十八番、薬効あり!」で壮大な感動音楽が流れるところはこのドラマでみたのか、NG大賞か何かで見たかは定かではありませんが、記憶があります。

調べてみるとこのドラマってパート1とパート2があるんですね。知りませんでした。

というか調べてみたらパート1の一挙放送が4月18日にやっていたじゃないですか!うっかり見忘れました。

というか知りませんでした。もっと宣伝してくれればいいのに・・・これは結構ショックです。

なんだかんだでJIN-仁-と言えば、みんなが選ぶ人生のベストドラマトップ100とかあったら絶対に上位に食い込んでくるドラマじゃないですか。せっかくならパート1も観たかったです。まだ観ていない側の人間としては、パート2単体のみで楽しめるのか心配です。

とは言え見逃すのはもったいないので、パート2単体でも楽しめることを信じて観てみたいと思います。

 

まとめ

 
今回、社会問題である違法サイトアップに関して個人的に思うことは、何と言っても違法サイトをアップしている人がさほどの違法性を感じていない所にあると考えます。

アップしている人は「著作権法」に違反している事は理解できていると思います。

でも、「違法サイトリサーチサイト」をアップしてしまう行為は、そのサイトに多くの検索が集まり求めている人が存在する事にあると思います。求めている人も「著作権法」に違反している事は理解できていると思います。

違反してまで入手したいのは、友達やSNSなどで情報をいち早く発信して、社会の中で「自分が一番早く情報を得られた」という満足感が起こり、また、周りの人々がそれを評価している現象が根本的にあると思います。

これは、「違法サイトリサーチサイト」をアップする人も評価されていると思うと思います。

結果、「違法」と両者に認識があったとしても行為がなくならない理由ではないかと思います。

当然、放送事業者も対策をしている所ではあると思いますが、「違法サイト」をアップする事により需要と供給が存在する現状があり、情報発信が主になっている社会状況では対策のアミをくぐって新たな方式でアップしてくると思います。

この問題は、ルールがあいまいなまま、便利な情報化社会が生んだ問題であり一方的なルールではなく三者間の意見を取り入れて問題解決に向けて取り組む必要があると思います。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仁 ドラマ 再放送/関西/東海/名古屋/大阪/北海道で見れない時に見る方法