ドラマ

レミゼラブル nhk 再放送/7話 ドラマ 2020年4月26日/無料視聴方法

レミゼラブル nhk再放送/ドラマ 7話2020年4月26日無料視聴方法

 

2020年4月26日23時からNHK総合で『レ・ミゼラブル 7話』が放送されます

 

再放送//がないため、見れない方は(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル nhkドラマ 7話再放送//
 

レミゼラブル nhkドラマ 7話再放送// /番組内容

 

ヴィクトル・ユゴーの名作が、新たによみがえる!パリ市街での暴動が激しさを増す。バリケードを挟んで軍と市民がにらみ合い、避けられぬ衝突に人々の生死が分かれる…。

番組内容
パリでは市民が蜂起し、各地でバリケードが築かれる。騒動にジャン・バルジャンが現れると確信したジャベールは市民に紛れ込もうとするが、警官であることを見破られ拘束される。コゼットとすれ違いになったマリウスは恋に破れたと思い、死に場所を求めてバリケードへと向かう。そのことを知ったジャン・バルジャンもまた、バリケードへ。しかし、到着したバルジャンを待っていたのは、宿敵との再会だった…。

 

レ・ミゼラブル キャスト

 

ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,エリー・バンバー…寿美菜子,ジョシュ・オコナー…細谷佳正,エリン・ケリーマン…あんどうさくら,ジョセフ・クイン…佐川和正

 

 
エポニーヌの行動

マリウスに恋してしまってるエポニーヌが切なかったですね。

エポニーヌ、あのテナルディエの子とは思えないイイコです。

父親がマリウスの恋の相手の家を襲いに行くのをみて、止めたんですもん。

これがもしテナルディエなら、一緒になって襲いにいって金目のもの盗んでるだろうなぁ。

娘は人間でした。コゼットはエポニーヌにしてみれば、恋敵。

好きな人はコゼットにしか興味がないのを知ってるんですよね。コゼットがもしいなくなれば、自分にもチャンスはめぐってくる可能性も出てくる。落ち込んでいる彼の心の隙を、優しく慰めて埋めてあげるとか考えることだって。

でもエポニーヌはそれをしないどころか、父親達に殺されそうになっても、コゼットのことを守りました。悲しいかな、コゼットもマリウスもそんなこと知るよしもないんですよね。

さらにエポニーヌはバルジャンのところにわざわざ出向いて、父が狙ってると忠告までして。疑うバルジャンに、もういいとならずに自分の父だからと話してくれてありがとう!
しかしこの後もまだ報われないエポニーヌが描かれるを考えると辛いですね。

ところで野暮天て最初何だか分からなかったんです。初めて聞く言葉だなと。なるほど、野暮が天ほどってことでしたか。

 

レミゼラブル nhkドラマ再放送//7話2020年4月26日ネタバレ

 

ズル賢いテナルディエにジャンバルジャンは近づかなくても良いと思うのですが、正面から対抗するジャンバルジャンの正義感には驚いてしまいます。

市長なのですから、もう少し立場を考慮して、うまいやり方があるのでは、と思うのですが、少し呆れるところもあります。舞台が近代に成りたてのフランスであるため、日本とは文化の違い以上の社会の理不尽さに衝撃を感じます。

特に盗みに対する刑の重さは、理解できないくらいの驚きを感じます。ジャンバルジャンの愛するコゼット、そのコゼットを恋慕うマリウスの行動が、ジャンバルジャンの過去を白日のもとに晒すことになり、ジャベールに追い詰められることになるのかと思うと、やりきれないような、皮肉な想いを感じます。

このように悲しいドラマであっても、ジャンバルジャンを始め登場人物のそれぞれが、一瞬や一事でも報われるようなシーンがあることを望みながら、今後も視聴していきたいと思います。

このドラマは小説から最後の運命が分かっていても、それぞれの登場人物がどのような経緯で運命を迎えるのか、その経緯をたどっていきますが、運命が分かっていてもやはりドキドキする展開であり、改めてストーリーの強さを感じます。

今回は、ズル賢いテナルディエにジャンバルジャンは近づかなくても良いと思うのですが、正面から対抗するジャンバルジャンの正義感には驚いてしまいます。

市長なのですから、もう少し立場を考慮して、うまいやり方があるのでは、と思うのですが、少し呆れるところもあります。

舞台が近代に成りたてのフランスであるため、日本とは文化の違い以上の社会の理不尽さに衝撃を感じます。特に盗みに対する刑の重さは、理解できないくらいの驚きを感じます。ジャンバルジャンの愛するコゼット、そのコゼットを恋慕うマリウスの行動が、ジャンバルジャンの過去を白日のもとに晒すことになり、ジャベールに追い詰められることになるのかと思うと、やりきれないような、皮肉な想いを感じます

。このように悲しいドラマであっても、ジャンバルジャンを始め登場人物のそれぞれが、一瞬や一事でも報われるようなシーンがあることを望みながら、今後も視聴していきたいと思います。
 

レミゼラブル nhkドラマ再放送// 7話2020年4月26日視聴者感想

 

哀れな人

マリウスは嫌な登場人物も結構いるレ・ミゼラブルでも嫌われているキャラクターというイメージがあります。フラフラしてるし、鈍感で無神経なところもありますしね。

彼に惚れていなければ、エポニーヌもまあそれなりではいられたのかな。

飛び出したのに、コゼットと一緒になりたくてすぐ祖父のもとにも帰ってますしね。

さまざまな哀れな人々が出てくる中、このシーンのジルノルマンもまた哀れだなと思いました。
マリウスが出ていってすぐに戻ってくるなんてあのときは強がっていた彼は、今ではすっかり意気消沈。仲間達からも呆れられていました。

そんな時に戻ってきたマリウス。

喜んでいたけど、まあ嫌な言い方をしちゃうんですよね。素直にはなれないのかもしれないけど、それでも笑顔だし気分もあがってるのはよくわかります。元気を取り戻したなって。

だけど結婚をしたいというマリウスに対して、資産を持ってない女と聞いて結婚せず愛人にすれば良いなんて言ってしまってました。これは引きますよね。

2000フランは今のマリウスにはものすごく欲しいだろうけど、プライドがある。

父を侮辱して、今度は彼女を侮辱したと激怒してマリウスはまた出ていってしまいました。

しかしこの祖父は、なんでマリウスが怒ったのかを理解できていないんですよね。

階段でマリウスを呼び、へたりこんで悲しんでいるけど、人の気持ちを組めない哀れな老人でした。
まあ最後にはマリウスはこの人の元に戻ってくるとはいえ、まず自分がマリウスにしてきたことを最初から一度よく考えてみてほしいものです。

 

まとめ

 
民衆に慕われていた将軍の葬儀、爆発前のフランスについに火がついたっていう感じ。

パリの市民達の炎上。こらからいよいよ革命だっていうワッと盛り上がるところ。

イギリスに逃げるつもりのバルジャンだったけど、コゼットはマリウスとのことがあるからもう会えなくなっちゃうって気が気じゃないわけですよね。

マリウスはストーカーで怖いし、このドラマでは弁護士としても働いてないし、頼りないわで、コゼットはどこにひかれたのかなぁってなんか勝手に心配になっちゃう。

最初からついてきたり、ハンカチをにおってみたりがなぁ。お互いに一目惚れだったんだもんなぁ。
コゼットとマリウスのことに全く気がついてないバルジャン。

まさかこんな時にって感じですしね。

自分の顔が街には張り出されてるし。

あの2人はもう2人だけの世界にフワフワ生きてる。知ってるのはエポニーヌくらい。

トゥーサンは家には人が入ってこられないっていってたけど、簡単に入れちゃってるし。家のまわりから、入れる場所ないか探してたんだよね?敷地内に侵入してるし怖いよ。トゥーサンはいい人だけど。

2人は明日の5時にって約束をしたけど、それよりも早く出かけることになってしまって慌てるコゼットは手紙を残すことに。だけどその手紙をみたのはエポニーヌ。
この先の展開、エポニーヌがどうなるかを思い出すと観るのが怖い気もします。でもここから色んなことが動いて。もちろんみないわけがないです。

 

レミゼラブル nhkドラマ 7話再放送///2020年4月26日無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 7話/NHK/2020年4月26日無料視聴まとめ