ドラマ

麒麟が来る 15話 動画/15話/無料再放送4月26日見逃し配信

麒麟が来る15話 動画/15話/無料再放送4月26日見逃し配信

放送地域にない方2020年4月26日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる』が放送されます

 

麒麟が来る 15話動画15話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 15話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)15話/ /番組内容

麒麟(きりん)がくる(15)「道三、わが父に非(あら)ず」

道三(本木雅弘)は出家し、家督を高政(伊藤英明)にゆずる。だが、道三の次男・孫四郎はそのことを快く思っていなかった。光秀たちは孫四郎にその相談を受ける。

番組内容
道三(本木雅弘)は出家し、家督を高政(伊藤英明)にゆずる。だが、道三の次男・孫四郎はそのことを快く思っていなかった。光秀たちは孫四郎にその相談を受ける。実は孫四郎の背後には、尾張の帰蝶(川口春奈)がいた。一方、駿府の駒(門脇麦)は、あいからず藤吉郎(佐々木蔵之介)につきまとわれていた。

 

麒麟がくる 第15話キャスト

 

長谷川博己,本木雅弘,伊藤英明,染谷将太,門脇麦,川口春奈,佐々木蔵之介,堺正章,

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画15話までの感想、ネタバレ、レビュー

 

〈信長の駆け引き〉
1553年、天文22年4月、尾張の聖德寺の近くの富田の小屋で信長の様子を伺う道三。

光秀に信長が通ったら肩を叩いて合図するように言います。

合図があり、道三の目に映った信長は鉄砲を持った500の兵を率いたたわけの姿でした。

その意図を確かめるために道三は聖德寺に向かい信長を待ちます。

信長は会見の定刻になっても現れず、道三が家臣に様子を伺うようにいってから信長はようやく会見の場に姿を現します。

着替えに手間取った、着物も全て今回のことは全て帰蝶が仕組んだこと、自分はそれに従っただけだと信長は道三に話します。

信長は道三が事と次第によっては自分を討ち取ろうとしていることも想定しており、道三を牽制します。

道三は信長に家老が誰一人として側についていないことを指摘し、求心力のなさを突いて来ますが、信長は前田利家と佐々成政を呼び、家督を継げなかった食いはぐれものたちだが戦になれば一騎当千、失うものなどない覚悟で戦い、自分たちで新しい世を作る気構えだと道三に宣戦布告とも取れるような野心と狂気を見せる信長。

道三は新しい世を見据え、乱世に生きる術を模索して生き抜こうとしている信長に感心し、信長をいたく気に入ったのでした。

光秀は一触即発の事態を回避できたとホッとします。

〈織田を巡る動乱〉
駿河に着いた駒と東庵は雪斎を診るために館に向かいます。

しかし駒は薬を買い忘れ薬屋に寄ります。
そこで菊丸と再会します。

しかしそこに地元の者と商いでケンカになり、殴られ倒れた藤吉郎に遭遇。

藤吉郎は駒を覚えており、ケガもそこそこに字が読めるようになったことを報告します。

ケガした藤吉郎に薬を付ける駒。
菊丸はその様子を羨ましそうに見ていました。

東庵は雪斎のケガを診て、雪斎から二年生かして欲しいと頼まれます。

東庵がその理由を問うと、その二年で織田を攻め落とす、信長を生かしておいてはいけないと信長を危険視するのでした。

今川軍が村木砦から尾張の緒川城を攻め落とそうと挙兵し、信長はその対応のために那古野城を留守にするためその間道三に那古野城を守って欲しいと頼みます。

道三はその申し出を快諾し、兵を送ります。

しかし義龍たちは猛反対します。
道三は信長の下剋上は当たり前、今川を自分の手で倒そうとする勇猛さにそのうち美濃も取られると義龍に警告しますが、織田の家柄は大したものではないという義龍、様子を見たほうがいいという光秀を振り切り、独断で兵を出す道三。

光秀に村木砦で信長の戦い方を見てくるようにといい、光安に彦五郎を牽制させ、那古野城を守るようにいいます。

村木砦では信長が鉄砲隊を用いて勝利を勝ち取り、光秀は新しい戦いの姿を目の当たりに心揺さぶられるのでした。

〈深芳野の死〉
深芳野は頼芸の一件で義龍の家督を継ぐことは絶望的と考え、命を絶ってしまいます。

深芳野の死に悲しむ道三に義龍は深芳野を苦しめた代償として家督を自分に譲るようにいいます。

もとから義龍に家督を譲る予定だった道三は、深芳野を失った失意のなか、義龍に家督を譲って隠居するのでした。

感想と次回考察

今回は信長と道三の腹の探り合いでした。
信長の野心と道三への牽制が見事でした。

先に鉄砲隊を見せつけ、道三を会見の場に着かせ、遅れたくることにより討ち取られるリスクを回避、帰蝶との円満をアピールしながらも、道三の連れてきた兵なら前田利家と佐々成政で討ち取れる、敵に回すと厄介という個とをアピールし、道三と同じように下剋上で世の中を変えようということもアピールした信長の作戦勝ちですね。

室町幕府や三好長慶が100から200の鉄砲を所有するなかで、尾張の織田の分家の信長が500丁持っている。

これは本能寺と通じた信長と帰蝶の作戦勝ちで、実践配備は少ないながらも村木砦の戦いは初めて鉄砲が使われた戦とされて居ます。

雪斎、道三が信長を脅威と考えているのが普通のことであり、義龍の家柄主義というものは道三は古いと思い、それに気づけぬ義龍に成長を促すためにきつく当たったのかもしれません。

それにより深芳野の死という誤算が生じ、義龍が家督を継ぎます。

次回は義龍の政策を危険視して光秀に義龍の説得させるようですが、道三への怒りと自身の保身のために次男の孫四郎を手に掛けるようです。

道三は怒り、長良川の戦いに突入という流れでしょうか。

今回は本木雅弘さんのプロフェッショナルの回で本木雅弘さんが苦戦していたシーンが流れました。

ああ、気に入ったというあのシーンをもっと高みに持っていこうとしていたようです。

あのシーンはネットでも大反響で十分凄みがあるのですが、本木雅弘さんの探求心に感嘆します。

帰蝶が討ちにいけばいいと言っているのは彦五郎のことか信勝のことなのでしょうか。

斯波義統を彦五郎が殺したことで信長は彦五郎を攻める大義名分を得るので、彦五郎を唆している可能性もあります。

帰蝶が信長躍進の一助を担い、また暗躍することは確実です。

川口春奈さんの帰蝶の演技も迫力満点で次回が待ち遠しいです。

藤吉郎も織田に向かうようでこれからの展開から目が離せません。

 

麒麟が来る第15話動画(大河ドラマ)までの感想、

 

明智光秀は織田信長に会っていますが、斎藤道三は初めて会う事になる聖徳寺での会見に行っていました。織田信長の軍勢の鉄砲を見て驚きましたが、道三を待たせた織田信長は帰蝶が父道三の喜ぶ事を準備していました。

斎藤道三は待ちながら立っていましたが、信長が聖徳寺に来ているのは知っています。

つまらない奴なら信長の出方を見る道三でしたが、こちらに来ると伝えに来ました。お待たせして申し訳ないと織田信長は正直に謝りました。娘帰蝶は喜んでいますが苦しんでいました父道三に信長が討たれるのではないかと道三に言いました。

帰蝶から聞いていた信長は黄色の着物に道三は喜んでいます。重臣は来ておらず強者前田利家達が来ていました。変わっている世の中よき世の中を作る我々も変わらねばと気構えで来ています。うつけとたわけ織田信長を見送って喜んで帰った斎藤道三山城の神と夫織田信長の会談の準備をしていた帰蝶です。

 

麒麟が来る第15話動画15話までのみんなの感想

 

聖徳寺の会見は笑って終わりました。斎藤道三は美濃の守護土岐家を追い払い気に入った織田信長に援軍を送ることを決めますが、斎藤高政と稲葉は反対していましたが織田信長を見ていない話していない斎藤高政と稲葉で、織田信長を甘く見ていると若き日の斎藤道三に似ている何も申すな那古野城尾張の織田に援軍を送ることを決めます。

亡くなった織田信秀が引き上げた理由に関係のある織田彦五郎と尾張の守護には力はない様子を見に行くように光秀に指示します。

駿河の今川義元の重臣太原の所に行っている東庵と駒は薬を忘れていた駒が買いに行った所で菊丸と会います。嘘をついて菊丸はいましたが運命の再会をして藤吉郎にも会いますが、字が読めるようになって出世する必ず天下をとると言っている木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)臨済寺にいる太原と東庵は話しています。名医東庵に後2年命をもたせてもらうように頼みます。織田を討つ役目の太原雪斎は尾張の織田を討つのが仕事みたいです。

那古野城から動けない織田信長を動けるように援軍を斎藤道三が送りました。

緖川城村木砦の戦いで今川軍と織田信長は戦いますが織田は多くの家臣を亡くしましたが、初めて鉄砲を使った戦を織田信長はして勝利します。様子を見に行っていた明智光秀も見ています。したたかな信長は野心を持っています。深芳野はお酒を楽しみながら居なくなりましたが、斎藤高政が探すように指示します。長良川で母深芳野は亡くしました。

 

 

まとめ

 

斎藤家を高政に継がせる夢をたたれたように感じていましたが、斎藤道三は深芳野に高政に継がせると言っていました。ずっと待っていた深芳野は土岐家が追い払われ使い駒にしたと高政は道三にいいました。斎藤高政に継がせる約束を母深芳野の喪があける前に継がせる事に泣きながらしました。深芳野を大事に思っていた斎藤道三で息子の斎藤高政に家徳をそなたに譲ると言いました。一人でずっと待っていた深芳野は亡くなり美濃守護に斎藤高政がなります。

高政と光秀は幼き頃からそなた(高政)がなるべきだと思っていました。

紀行:愛知県一宮市木曽川紀渡船場跡江戸時代に作られ美濃路尾張から美濃に続いています。冨田村にあったと言われる聖徳寺で斎藤道三と織田信長は初めて会います。両家の仲を深めていきます。那古野城に斎藤道三が援軍を送り守りましたから、織田信長は行けました。村木砦跡今川が作った砦村木神社に本陣をおいた織田信長は今川軍と戦います。

 

麒麟が来る動画15話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 15話/無料視聴フル