バラエティ倉庫

特捜9 season3/4話/動画4話/シーズン3無料視聴/2020年4月29日放送日

特捜9 season3/4話/動画4話/シーズン3無料視聴/2020年4月29日放送日

 

2020年4月29日21時から『特捜9 season3 第4話動画/「殺人の城」』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

特捜9 season3動画4話season3
 

特捜9 season3 season3 /番組内容

 

全世界に生配信されたマジック殺人!?古文書の呪いなのか?それとも仕組まれた事件なのか?浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、究極のトリックを見破ることができるのか…?

◇番組内容
特捜班の新藤亮(山田裕貴)は、ネット配信番組の観覧に出かける。番組は、その場で披露するマジックのトリックを見抜き、賞金をもらうという内容だった。しかし、マジシャン・遠野と、遠野を追い詰める挑戦者・江上の対決が始まった直後に事件が起きる。古文書に触れていた江上が突然せき込み、水を飲んだ途端、のどをかきむしりながら転倒。口から煙を吐き出し死亡してしまう。直樹(井ノ原快彦)らは捜査を開始するが…?

 

特捜9 season3 season3 キャスト

 

井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、原沙知絵、中村梅雀

 

特捜9 season3動画/4話みどころ

 

このシリーズは渡瀬恒彦さんが出演しなくなり見る機会も減ってしまいこのseason3も注目をしながらもまだ見ていないのですが#4は関心があるマジックがテーマですし、山田裕貴さんが中心になり描かれるようなので見てみようかと思います。

山田さんの事は朝ドラのなつぞらで好印象を持ちそれから注目するようになり、人気シリーズのこのドラマに刑事役としてぽんと飛び込んでベテランの俳優さん達の中でどういう演技をしているのか、どのような存在感があるのか自分の目で確かめてみたくなりました。

以前なら番組の観覧と言えばテレビのみの印象しかありませんでしたがネットの生配信という点でそういう時代になったのだなと実感しました。

どういう形でも生配信という点はその場にいなくても画像を通してでも緊張感が伝わりドキドキしますので、ドラマの中での事と言えそういう緊張感や臨場感が味わえればと思います。

マジックについては簡単なものでもなかなか見破る事ができませんので、高度テクニックのマジックを見破れば100万円というのは決して高いとは思えませんしどのような高度なマジックが披露されるのかとても楽しみです。

それにしても事件がリアルタイムで全世界に配信されてしまうのは衝撃的な出来事ですし、説明文を読んでいるだけでも緊迫感が半端なく伝わってくるのでそのシーンに最も注目をしたいと思いますし、勿論犯人が誰かも気になるので誰が犯人なのか予想を楽しみながら鑑賞したいと思います。

特捜9 season3/4話/動画の楽しみな点

 

口からポワーンと煙が出たかと思ったら、その時が江上の最期になるなんて、化学の実験のような冒頭かと思ってしまう第4話です。

公式サイトをチェックしたら、マジックが事件の舞台になると分かり、「あっ、そっちか」と勝手に事件の始まりに納得しました。

とはいえ、目の前で行われているマジック番組の出演者が事もあろうか事件の被害者になってしまうなんて、なんだか名探偵コナン君の展開を思わせます。

さて、コナン君の立場に立つのは特捜班の新藤です。

まるで、工藤新一君を思わせる名前で頭の中が混乱してしまいますが、新藤が事件の目撃者となるのです。

特捜班の中でも若手の新藤ですし、いつも浅輪についてくるようなタイプなので、コナン君や工藤君のように冷静に状況を把握できなさそうな気がします。

口から煙が出ないまでも、アワアワと泡を吹くような慌ただしい様子がイメージされてなりません。
しかし、新藤の慌てっぷりを気にした特捜班の先輩である青柳や矢沢が、「バカ、落ち着けって」と肩を叩く様子がイメージされたり小宮山がお母さんのような優しい声で「しっかりしなさいよ」と渇を入れてくれたりと、やっぱり特捜班は微笑ましいななんて思わせてくれそうな展開が期待されるのではないかと思います。

煙のように命の炎が消えた江上が、なぜ命を落とすはめになったのか、第4話「殺人の城」も見逃せないです。

 

 

 

違法リーチサイトは危険な理由まとめ

 

遺法動画や違法動画に誘導するリーチサイトをネットにアップする違法行為についてですが

経済活動というものは生き物です。

血の代わりにお金という流れがないと、衰退し、やがて死んでしまいます。

違法動画やそこに誘導するリーチサイトがなぜ社会悪であるかと言うとそのお金の流れを止めてしまうからです。

違法動画のアップという違法行為がお金の流れを止めてしまう理由はいくつかあります。その1つがBD/DVD販売や配信サービスで得られる収入の減少です

映画、アニメ、ドラマの多くは放映や放送後にBD/DVD化したり、動画配信サービスを利用して配信されたりします。そしてそれを見たいと思う人がそれを購入する、または配信サービスを利用することで動画の制作に関わった人達の収入の増加へと繋がるのです。

無料・無断の違法動画のアップは制作側の利益とはならず、ただその収入を削ってしまうことになります。

2つ目の理由はリアルタイムで見る人が減ることによるスポンサーの減少です。

視聴する側から見れば、視聴率など気にすることのない数値です。

けれどもCMを流しているスポンサー側からすれば、その数値は広告費用の効果へと繋がります。

違法動画の配信で、誰でも無料でいつでも見られることになったらどうでしょう。

視聴率は当てにできなくなり、スポンサーの撤退を引き起こしてしまうのです。

そうなれば映像を作る側に支払われる制作費もおのずと減らされることになります。

制作側への収入が減れば、制作される映像の質は下がります。質が下がれば、それを見る人が減っていきます。

そして見る人が減れば、また制作側の収入が減るのです。それは負のスパイラルです。

そしてそれが違法動画のアップの行き着く先になります。より良い映像を見るためにも、映像制作という経済活動を止めかねない違法動画やそこに誘導するリーチサイトには触れないようにしましょう。

 
リーチサイトとは、HP上に著作権を無視した動画等へのリンクを貼り付けるといった方法で、違法動画の視聴を促すサイトのことを指します。

近年、リーチサイトを法的に寄生する動きが推進されていますが、ここでは社会的な悪影響、同義的な問題に限って説明します。
 なぜ違法動画自体をアップしているわけではないリーチサイトが社会悪と呼ばれるのか、簡単に言うと、動画を含めた各種コンテンツの衰退を招くからです。

 違法動画は、元々コンテンツとして販売されていた動画をコピーして無断で公開しているものです。アニメや映画など、こうしたコンテンツの製作者はコンテンツを販売したり、レンタルショップの利用料により利益を得ています。

ところが違法アップロードが横行すると、コンテンツを購入・貸借せずに済ませてしまう視聴者が増えてしまうので、売り上げが減ってしまいます。

結果、製作者は生活が立ち行かなくなり、クリエイター業を断念してしまいます。

このようなケースが連続すると、最悪の場合、誰もコンテンツを制作しなくなってしまい、ジャンルそのものが消滅してしまいかねません。

リーチサイトの製作者はHPの広告料でお金を稼ぐことが目的かもしれませんが、ジャンルが消滅してしまったら、それすら不可能になってしまいます。違法動画をアップロードしたりリーチサイトにリンクを貼り付ける行為は、自分で自分の首を絞めているに等しい愚行なのです。

特捜9 season3動画/4話pandora、dailymotion、ナインtsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

特捜9 season3 (シーズン3)/動画/4話season3