バラエティ倉庫

グローバルアジェンダ/動画/無料視聴4月30日~最新話まとめ

グローバルアジェンダ/動画/フル無料視聴4月30日~最新話まとめ

 

2020年4月30日23時から『グローバル・アジェンダ「緊急討論・世界はどう向き合う 感染爆発×ロックダウン」』がOAされます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グローバルアジェンダ/動画/無料視聴4月30日~最新話まとめ
 

グローバル・アジェンダ/番組内容

 

世界中が新型コロナウイルスの感染爆発で、ロックダウンする危機を迎えている。人類はどう立ち向かうのか?香港、イギリス、WHOなどから世界の識者たちが緊急討論。

番組内容
“免疫のない”ウイルスに、人類はどう対応していくのか?▽イギリスでのロックダウン(都市封鎖)は人々の生活をどう変えているのか?▽中国や香港の感染の実態と現状は?▽相互依存や国際供給網整備を進めたグローバル化が感染拡大も引き起こした。拡大防止の鍵は?▽ワクチン開発など今後の見通しは?いつ終息すると見込まれるか?▽混乱と隔離の中、いま必要とされるもの・試されているものは?医療の充実、連帯感、それから…

 

グローバル・アジェンダ 出演者

 

パネリスト
進藤奈邦子,ガブリエル・レオン,ロバート・ディングウォール,河岡義裕,

司会
榎原美樹

 

グローバルアジェンダ/動画/ 4月30日~最新話まとめストーリー性

 

現在世界的にコロナウイルスが蔓延し、生活が一変してしまいました。ニュースでは毎日コロナウイルスについて報じていますが、全体的に表面的な説明が多く、あまり掘り下げて解説などをしている印象がありません。

なので、このように特集を組んだ番組が放送されることは、とてもありがたいです。

日本だけでなく、世界の現状や取り組みを取り上げているのも魅力的に感じました。

日本はヨーロッパなどの感染者数が多い国より、ワンテンポ遅れてコロナウイルスが蔓延し始めたので、それらの国から得たデータを参考に、様々な対策が取れたはずです。それなのに、対策も遅く国民の意識が低いと感じます。

法的拘束力を持ったロックダウンや外出禁止令を出している国でさえ、こんなに事態が悪化してしまっているので、対策が緩く曖昧な表現が多い日本はもっと長引くと思います。

コロナウイルスは日本だけの問題ではないので、この番組で世界の現状等を知ることによって、会社経営などされている方がベストな選択・対策をされることを祈ります。

また、パチンコ店に行列を作っているような危機意識の低い国民の行動に少しでも反映されて欲しいです。

自分自身もまだまだ知らないことや至らないことがあるので、何か勉強になればいいなと思います。

 

グローバルアジェンダ/動画/ 4月30日~最新話まとめ 楽しみな点

 

NHKで放送される番組「グローバル・アジェンダ緊急討論、世界はどう向き合う感染爆発×ロックダウン」は、世界的に流行をしている新型コロナウィルスにより今後ロックダウンをしなければならない状況の中にあって、その大きな課題に取り組んでいくかを考える番組となっています。

私たちも家族内の感染などにより、自宅での隔離や入院といった状況に面しています。

今までの日常が大きく変ってしまうという、歴史上でも初めての自体がおきてしまっています。

このグローバル・アジェンダ緊急討論の番組を司会されるのはNHKの報道記者である榎原美樹さん、そしてゲストで登場されるのはWHOで現在活躍をしておられる、医学博士の進藤奈邦子さんやウィルス学者の河岡義裕さんなどが出演されます。

日本でも課題が山積みの新型コロナウィルスですが、世界的に見てもさらに大きな対策が必要な分野となっています。

この番組内では他国との相互で依存する関係や、また活発的なグローバル化がコロナウィルスの感染を拡大させる原因になった点が紹介されたり、新型コロナウィルスの最前線となっている医療現場で試されていると言えるものとは、また今必要なものは何なのかイギリスの現状と共に語られます。

この番組を見ることによって、新型コロナウィルスについてよく考えたりここから情報を得ようと思っています。

 

グローバルアジェンダ/動画/無料視聴4月30日~最新話まとめ 視聴者感想

 

世界で感染拡大が進みロックダウンが続いている国ではどんな生活を送っているのか、生活の変化にはどんなことがあるのか。

感染発生源といわれる武漢では、都市封鎖が解除されるほど、の回復を見せていますが、中国での現状の医療体制や感染の状況はどうなのかなどを知ることができます。

日本ではこれまでインフルエンザに効果的とされる薬が新型ウイルスに有効とされてきましたが、エボラ熱の時に開発された新薬がコロナに効果が期待できるということで、審査されることに。

通常、審査には1年ほどかかるものが特例法を利用して5月には適用できるようになるだと変化が続いています。しかし、この状況も割ることばかりではなく重い腰を上げない日本が大きな決断をするいい機会になるかもしれません。

例えば、これまで東大などで討論されていた9月新年度案、留学など世界に標準を合わせた時に4月入学はないかと面倒といわれていたのが、高校生のTwitterをきっかけに新法案に向けて慎重に議論するという国を動かすまでに発展しました。

ステイホームで過ごして、感染者は病院へ行くことで治療をしてもら。

このサイクルで元となるウイルスが増えることはない。だって日本に存在するウイルスは少ないのだから。

 

まとめ

 

世界で感染拡大が進みロックダウンが続いている国ではどんな生活を送っているのか、生活の変化にはどんなことがあるのか。

感染発生源といわれる武漢では、都市封鎖が解除されるほど、の回復を見せていますが、中国での現状の医療体制や感染の状況はどうなのかなどを知ることができます。

日本ではこれまでインフルエンザに効果的とされる薬が新型ウイルスに有効とされてきましたが、エボラ熱の時に開発された新薬がコロナに効果が期待できるということで、審査されることに。

通常、審査には1年ほどかかるものが特例法を利用して5月には適用できるようになるだと変化が続いています。

しかし、この状況も割ることばかりではなく重い腰を上げない日本が大きな決断をするいい機会になるかもしれません。例えば、これまで東大などで討論されていた9月新年度案、留学など世界に標準を合わせた時に4月入学はないかと面倒といわれていたのが、高校生のTwitterをきっかけに新法案に向けて慎重に議論するという国を動かすまでに発展しました。

ステイホームで過ごして、感染者は病院へ行くことで治療をしてもら。このサイクルで元となるウイルスが増えることはない。だって日本に存在するウイルスは少ないのだから。

現在、世界各国で新型コロナウイルスの感染爆発によって、医療崩壊などの深刻な問題が起こっています。

アメリカやヨーロッパ諸国は、新型コロナウイルスの対策のために、ロックダウンのような厳しい政策を行っています。

しかし、日本は現在ではロックダウンのような厳しい制度は出来ておらず、緊急事態宣言によって、自粛を呼びかける程度にとどまっています。政府や都知事などは、ロックダウンのような政策は行わないと今現在は言っていますが、今後ロックダウンを行わざるをえなくなり、ロックダウンしてしまったときのことを考えて、先にロックダウンを経験した国々の専門家のお話を聞いてみたいと思います。

また、わたしが新型コロナウイルスの話題の中で最も興味があるのは、治療薬やワクチンの開発についてです。

製薬についてはかなり興味を持ってニュースを見ています。

通常治療薬やワクチンを作って販売を行うにはかなりの長い時間がかかりますが、世界中がうまく協力して開発すればより速く開発できるのではないかと期待しています。

あとどのくらいで開発できるのかを専門家の人から聞いてみたいと思います。

また、わたしの生活も新型コロナウイルスの感染拡大によって変化してしまっているので、いつごろ感染が収束しそうかも専門家の人の意見を聞きたいと思います。
 
グローバルアジェンダ/動画/無料視聴4月30日~最新話まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グローバルアジェンダ/動画/無料視聴4月30日~最新話まとめ