ドラマ

フェイクモーション/ドラマ/動画/4話(4月29日放送)無料視聴まとめ

フェイクモーション/ドラマ/動画/4話(4月29日放送)無料視聴まとめ

2020年4月29日24時59分から『フェイクモーション#04』がOAされます

 

見逃した方や見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

フェイクモーション/動画/4話無料視聴できるサイト
 

フェイクモーション /番組内容

 

20XX年、世は空前の卓球ブーム。東京を舞台に激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生達。彼らの優劣を決めるのも勉強や喧嘩の強さではなく、卓球の勝敗。卓球の強い高校は神の様に崇められ、下位校は上位校に絶対服従!誰かがこの時代を「卓球戦国時代」と呼んだ…▼2020年音楽シーン注目No.1マルチクリエイター「まふまふ」が主題歌プロデュース▼人気漫画家「おげれつたなか」がキャラクターデザインを担当!

 

フェイクモーション キャスト

 

佐野勇斗、古川毅/小笠原海、草川拓弥/森崎ウィン、板垣瑞生/北村匠海ほか

 

フェイクモーション/動画/4話ストーリー性

 
多くのテレビドラマが自粛しているない中で、今この時に放送している映像作品はとても貴重です。

卓球という誰でも一度は経験しているであろう身近なスポーツが題材となっているので、見ていてルールがよくわからないなど、躓いたりすることなく、話の流れを追っていけます。

延期してしまいましたが、来るオリンピックに向けて、スポーツ観戦の気分を味わえるのは嬉しいですね。

わかっているようで、きちんとは把握できていないルールも、物語の中で自然と覚えていくと、ますます卓球を楽しめるようになりそうです。

さらに、扱っているのは「卓球」であっても、あらすじとしては少年漫画の、それもスポーツものというよりは、まるでバトルもののようです。

もし最初は卓球自体に関心がなくても、切磋琢磨し上を目指す友情やある種のサクセスストーリーや下剋上としての要素も期待です。

そして、第4話ともなると、起承転結で言えばそろそろ承というところに差し掛かります。大体どんな話なのかが見えてきて、いよいよ物語の本格始動。

あるいは、まだ見ていなかった人でも、これから先を本番に向けて、追いつける頃合いかと思います。

懐かしさや憧れを抱きつつ、登場人物たちと青春できる今がそのチャンスです。

フェイクモーション/4話/動画/みどころ

 
恵比寿学園男子部、通称EBIDANメンバーが活躍できるようなテレビドラマ、漫画、音楽、SNSなど総合展開できるオリジナルコンテンツとして企画された「フェイクモーション-卓球の王将-」の中心となるドラマで、EBIDANメンバーが大量に出演しています。

舞台は東東京地区の高校卓球部で、薩川大学付属渋谷高校という圧倒的王者が存在するなか打倒薩川に立ち向かう恵比寿長門学園卓球部の奮闘にフォーカスを当てて描かれているドラマです。

恵比寿長門学園卓球部の救世主となるほどの才能を見せる2年生の高杉律役を佐野勇斗さんが演じていて、彼が主役ということになるのだと思います。

ほかの主要人物では、恵比寿長門学園卓球部の部長で周囲の反対を押し切って高杉律を卓球部にスカウトした3年生・松陰久志役を北村匠海さんが演じています。

また、恵比寿長門学園卓球部のエースで2年生の桂光太郎役を古川毅さんが演じていて、だいたいこの3名がメイン中のメインの出演者となっています。

ただ、学校の部活の話なので登場人物は多くて、副部長の日下丈道役を橘柊生さんが演じていたり、対戦する相手チームもどんどん登場するので、色々な場面でお気に入りにメンバーが登場するチャンスがあるのもいいですね。

さらに、登場人物の名前は幕末から明治維新ごろの有名人物由来のものになっているので、この部分でも楽しめると思います。

たとえば主役の高杉律は高杉晋作由来ですし、キャプテンの松陰久志は吉田松陰由来といったぐあいです。

ドラマは4月29日で第4話をむかえますが、これからどんどん話が佳境に入っていき盛り上がっていくと思いますので楽しみに見続けたいと思います。
 

フェイクモーション/4話/動画/視聴者感想

 
オリンピックでも世界大会でも、好成績を修めている日本の卓球界。

強豪国の中国選手に圧倒されていた時代は終わり、もはや打倒日本となりつつあるこの卓球界を背負う若者達をテレビでよく見る日々であります。

そんな卓球という物が身近になってきた今、卓球ドラマが始まりました。

有りそうでなかった卓球バトルが観られるということで、注目です。舞台は東京、高校生の彼らは卓球の勝敗により。

優劣を決められてしまいという訳で、勉強や喧嘩の強さではない卓球球が勝負になります。

下位校は上位校に絶対服従という卓球戦国時代と呼ばれる設定に、胸がワクワクします。
卓球だけではなく、どのスポーツにおいても強豪校と呼ばれる学校は存在するわけで、その強豪校には服従せざるを得ない弱輩校は肩身の狭い思いをすることになるのですから、自分のためチームのため学校のためにも命を掛ける彼等の真剣勝負に目が離せません。

4話は、北村匠海さん演じる松陰が倒れてしまう。恵比寿長門学園対八王子南工業高校との試合は、佐野勇斗さん演じる高杉&桂役の石川毅さんペアと、土方役の板垣瑞生さん&沖田役の矢部昌暉さんの結果は果たして。

映像が美しいのか彼等が美しいのか、男子の汗がこんなにも爽やかに見えるのは、卓球に掛ける思いの強さなのでしょうか。

佐野勇斗さんにおいては、以前より絶対ブレイクするであろうと睨んでいた俳優さんでした。どんな役もこなす演技力は天性と彼の努力が実を結んだ物だと思います。

躾の厳しかったご両親に育てられ、仕事に対しての姿勢は誰にも負けないとおっしゃっるインタビューを観たことがありました。

今回のこのドラマも相当なる意気込みだったと思います。更なる展開に期待しています。
 

違法リーチサイトは危険

 
最近知ったのですが、違法動画の公式のなりすましというのがあるみたいですね。

ツイッターではなりすましの芸能人がいるということは前から知っていましたが、Youtubeでもそういう公式を騙った悪質な違法アップロードが横行していると聞いて衝撃を受けました。
普通は公式と非公式は見れば分かると思うんですけどね。

でも「公式」とか「オフィシャル」とか書いてあるとみんな知らずに見てしまうのかも知れません。

まず公式の場合は再生回数が圧倒的に多いです。

ちゃんと宣伝もするのでそれだけ人が集まるからです。

違法動画をアップロードするというだけでも罪になりますが、公式になりすましをすることで更に重い罪が科せられるものと思われます。

アップロードしている人が日本人なのかどうか気になります。

なぜ公式じゃないのに「公式」と書いたりするのでしょうか。

いけないことだとは自覚はしているはずです。

それなのに公式を騙ることはどうしても許しません。

きっと広告を再生させて利益をたくさん得る為にとでも考えているのではないでしょうか。

もし皆さんも怪しい公式動画を見つけた時は絶対に再生をしてはいけません。

再生をすることで本当の公式さんに失礼なことをしていることになってしまいます。

フェイクモーション/動画/4話無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

 

 

フェイクモーション/動画4話無料視聴できるサイト