ドラマ

警視庁捜査一課長2020 第4話/動画/4話/再放送/無料視聴4月30日

警視庁捜査一課長2020 第4話動画/4話/再放送/無料視聴4月30日

 

2020年4月30日20時からテレビ朝日で『警視庁・捜査一課長 2020 #4』が放送されます

 

見逃した方や、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/4話/無料視聴
 

警視庁・捜査一課長 2020/番組内容

 

ギョーザの皮を握りしめた遺体!“内藤”一課長ら精鋭400人の捜査により、中華料理店を転々とするギョーザだけを食べ歩く女が捜査線上に浮かぶが…!?

◇番組内容
中華料理店の店主が殺害された。遺体の手にはギョーザの皮が握られていたが、その店の皮ではないことが判明。真琴(斉藤由貴)が付近の中華料理店をめぐると、ギョーザだけを食べている女・久仁子(三倉佳奈)に遭遇。捜査を進めると、久仁子が店主に「居抜きで店を譲ってほしい」と持ち掛けたが断られたため殺意を抱いたという見方が浮上…!さらに、久仁子が捨てたごみの中から、店主の血痕がついた包丁が発見され…?

 

警視庁・捜査一課長 2020 出演者

 

内藤剛志、斉藤由貴、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、塙宣之(ナイツ)、床嶋佳子、金田明夫

ゲスト
三倉佳奈、内田朝陽、上島竜兵 ほか

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/4話/無料視聴ストーリー性

 
–この警視庁・捜査一課長では、一人女性の優秀な刑事が登場し、シーズンの違いで、斉藤由貴(だいふく)、安達祐実(もなか)、宮崎美子(チョコ)と歴代、変わって来ていました。また、面白い所は、ドラマの役名からニックネームを付けて彼女たちを呼んでいる点が面白い点です。

しかも、あだ名は、全て甘い物に例えていて、だいふく、もなか、チョコという様に呼ばれていました。

事件の解決を担っているのが、彼女たちで、しかも、「なんと言うか、刑事の感」という言い回しもこれまでの刑事ドラマになかったドラマ展開も楽しみの一つです。

内藤剛演じる大岩純一捜査一課長の上司を本田博太郎演じる笹川刑事部長は捜査一課長を非常に頼りにしていて、激励の仕方や事件解決に行き詰っている時に、ちょっと分かりにくいヒントを与えたりする行動が面白いです。

シリーズを重ねる毎に本田博太郎の演技がエスカレートしてきている様に感じます。

真面目な顔をして、突拍子もないことをやり出すこともあります。

このシリーズでは斉藤由貴が捜査一課に復帰して、出演しており、大好きな大福を食べながら、捜査の話をしているシーンも多くあります。

斎藤由貴が大福を食べているシーンを見ていると、撮影で何回撮り直ししているのだろう、太らないだろうかと要らぬ心配をしてしまいます。

捜査会議ではいつも「必ず、ほしを上げる」と厳しい面は刑事ドラマらしい緊張感や刑事としての誇りを出していますが、家に帰れば、妻(床嶋佳子)と猫のビビとの三人(二人と一匹)で、仲の良いおしどり夫婦的な家庭で、仕事と家庭のギャップの差は微笑ましい感じがするドラマです。

一度、見れば面白さ、楽しみな点が分かり、次回も見たいと思わせてくれるでしょう。

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/4話/無料視聴 楽しみな点

 

テレビドラマ捜査一課長の名物は、なんといっても「おいしそうな名前の刑事」だと思います。

今までも「萌奈佳(最中)、馬場呂亜(ババロア)、智代子(チョコ)、わかこ(和菓子)」と読める名前の刑事がたくさん登場してきましたが、今シリーズはなんとシリーズ1、2に出演していた元祖おいしそうな名前の平井真琴刑事が再び登場しています。彼女だけは名前が真琴と普通ですが、あだ名は「大福」です。

周りから「大福」「大福先輩」と呼ばれている彼女と内藤剛志さん演じる大岩捜査一課長の間で度々交わされていた決め台詞があります。それは「大福は白い餅で黒い餡を包む。黒星を白星で包む」です。

大岩捜査一課長が平井刑事に大福をたびたび差し入れるのですが、大福を食べてどんな難捜査(黒星)であっても、必ずホシを上げる(白星)」という願掛けでもあります。

このシーンはドラマ捜査一課長の名物シーンで、ファンを喜ばせてきました。

この名台詞はまたいつ聞けるのでしょうか?それにしても大福を食べる平井刑事のほっぺたがぷにぷにして可愛いです。

彼女と小山田管理官との絶妙なやりとり「大福の勘を頭のすみっこに置いておく」もシリーズ1から続く名台詞ですがこちらも期待です。

大岩捜査一課長の飼いネコ、名前はビビと言います。

ビビのふくよかボディも相変わらずのようで微笑ましいです。-

-捜査一課長は、いつもすっきりする終わり方をするので、普段は刑事ドラマを見ない人でも気軽に見られる刑事ドラマだと思います。今回のシーズンも、少しコミカルなノリもあって、登場人物達のほのぼのしたやり取りも和みます。

他の刑事ドラマとは違って、シリアスな雰囲気の中にクスッと笑いながら見られるシーンもあるのが特徴だと思います。

今回のシーズンでは、通称・大福こと平井真琴も戻ってきて、初期の頃の雰囲気が甦ってきています。

斉藤由貴演じる平井真琴は、初期から登場している人物で、もう出てこないのかと思っていたので個人的には再登場してくれて嬉しかったです。

今シーズンの初回二時間スペシャルの時から登場していましたが、登場した時にはとても懐かしい気分になりました。

続けて登場してくれたので、今後も活躍してくれると期待しています。

事件解決も楽しみですが、登場人物達のやり取りや、少しコメディチックな部分もこのドラマの魅力なので、ついついそっちに注目してしまいます。

一課長の相変わらず熱い性格や、今シーズンでは、小山田管理官と平井真琴の凸凹コンビが復活したのも嬉しかったです。今後の展開にも期待したいです

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/4話/無料視聴視聴者感想

 

ギョウザの皮を握った遺体というのが何を示しているのかということが不思議です。

捜査一課長は出だしの場面で、大体殺人事件があるのですがその遺体の不自然さや不思議な死に方が視聴者の心を引き付けると思います。

また、大福さん(斉藤由貴)が復帰したことで従来の一課長の雰囲気が戻ったことも楽しみの1つです。

大岩一課長が大福さんを優しくいじる姿にホッとさせられます。

最近では本田博太郎さんの笹川刑事部長の可愛さというか、自由で気さくな感じで笑わせてくれる場面が凄く和みます。

刑事ものであり、硬い内容に思えても途中と最後に出る大岩一課長の家の雰囲気と、ビビちゃん、小春さんに見ている方が癒されます。

家に帰った時の一課長のリラックスした顔がいいのですが、すぐに行かなくてはいけないお決まりのパターンはわかっているだけに笑ってしまいます。

また気合の入った「必ず星を上げる!」が段々声が大きくなってきているような気がします。

シリーズが始まったはじめの頃はあそこまで気合を入れていなかったので、お決まりとは言えわかっていても楽しみにしている場面です。でもあの密室のでの「星を上げる!」が今後どうなってしまうのかなと思います。

勝手に一課長がウェブで出演するとか、山さんしかそばにいないのではないかとか想像していますが、今後に期待をしつつも現状のまま収録が可能なのかも心配です。

刑事ドラマなのに和む場面やキャラクターが逸材ぞろいなので、今後も楽しみです

 

 

まとめ

 

餃子の皮を握りしめて死んでいる死体というのはなかなか斬新でまず興味を惹かれました。なので、全体的に斬新でありそうで楽しみです。今回は竜ちゃんが出てくれるのが嬉しいですね。

なかなか味のある存在感なので、竜ちゃんがどんな演技をしてくれるのかワクワクしています。

また、中華料理店の常連というのも、竜ちゃんにぴったりな気がするので面白いです。

また、餃子を売りにしている地域と自分が近い関係にあるので、こうやって餃子が取り上げられるのが嬉しいです。

餃子の新たな魅力が自分でも発見できそうですし、全国にも餃子の魅力が発信できそうで嬉しいです。

餃子のみを食べ歩く三倉佳奈ですが、そういった食べ歩きの仕方もあるのかと感心しました。この方法を放送されることで、中華料理店やラーメン店のテイクアウトの利用が増えそうなので、今の経済を活性化せる一つの方法としても視聴者に伝わりそうで、有意義な番組構成でもあるなと感心しました。

ここの部分が魅力的に描かれると嬉しいです。

そして内容的にも、このままだと三倉佳奈が犯人として扱われてしまいそうです。

でもこうした場合はたいてい真犯人は違う人なので、もしかして竜ちゃんが?と想像してしまいます。

また、店の立ち退きや、ライバル店との不和など、色々複雑な関係性がありそうなので、想像豊かに待ちながらストーリーを追えそうなサスペンスです。-

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/4話/無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun
tver(ティーバー・ディーバー)で見れない方は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

警視庁捜査一課長 2020/見逃し配信/再放送/4話/無料視聴